2019年春ドラマ

【わたし、定時で帰ります。】8話のあらすじ(ネタバレ)と感想「賤ヶ岳が決断を迫られる!」

スポンサーリンク



ドラマ「わたし、定時で帰ります。」第8話が2019年6月4日(火)に放送されました。

ここでは、「わたし、定時で帰ります。」第8話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の声(評価評判)を紹介していきます。

社内審査の結果、予算が低く赤字が確定している案件がなぜか通ってしまいます。

ディレクターには賤ケ岳が任命され、残業しながらその案件の作業を進めていた制作4部のメンバー。

そんななか、賤ケ岳の夫・陽介の母親が倒れてしまい陽介は急遽実家の熊本へ。

賤ケ岳は一人で双子の世話をしなければならなくなります。

賤ケ岳は仕事と育児の両立をうまくできるのでしょうか?

一方で、結衣はひょんなことから巧と喧嘩に。

二人の関係はどうなってしまうのでしょうか?

わたし、定時で帰ります。
【わたし、定時で帰ります。】キャスト(出演者)紹介!吉高由里子主演ドラマ2019年4月スタートの注目ドラマのひとつが、TBS火曜ドラマ、吉高由里子さん主演の「わたし、定時で帰ります。」 現在、働き方改革...
わたし、定時で帰ります。
【わたし、定時で帰ります。】視聴率推移と分析!視聴者の評価評判は?(最新速報)BS系列・火曜ドラマ「わたし、定時で帰ります。」が2019年からスタートします。 主人公の東山結衣(吉高由里子)は、過去のある出来...

【わたし、定時で帰ります。】8話のあらすじ(ネタバレ)

社内審査の結果

福永(ユースケ・サンタマリア)が持ってきた著しく予算が低く赤字必至な案件が社内審査をなぜか通ってしまう。

「ありえない…」

それを知った結衣(吉高由里子)は思わずつぶやく。

そして、福永はこの案件のディレクターに賤ヶ岳(内田有紀)を任命するのだった。

この案件は予算は少なくさらに納期に間に合わせるには人手が足りず、結衣たちはこれから残業しこの案件を進めなければならず結衣はうんざり。

その後、結衣は石黒(木下隆行)の元へ。

社内審査のことについて問い詰めると、どうやら役員の横やりが入ったため今回の案件は審査に通ったらしい。

賤ヶ岳の義母が倒れる

そんななか、賤ヶ岳に夫・陽介(坪倉由幸)から着信が。

「おふくろが倒れた…」

その知らせを受けた賤ヶ岳は慌てて帰宅。

そして急遽陽介は一人で熊本に帰省することに。

双子の世話を1人ですることになった賤ヶ岳は保育園の送り迎えなど自分の親に協力してもらうのだった。

次の日、賤ヶ岳は結衣にそのことを報告。

そして賤ヶ岳は会社の他のメンバーにはこのことを黙っておくようにと結衣に言うのだった。

その後、結衣の元に柊(桜田通)から情報が。

そこで結衣は星印の担当者・牛松との父親が会社の取引先の明成銀行の頭取だと結衣は知るのだった。

その後、種田と賤ヶ岳はクライアント側ににコストの圧縮など交渉。

そしてその交渉は無事成立するのだった。

悩む賤ヶ岳

その日の仕事終わり、結衣が帰宅すると家の前に巧(中丸雄介)の母の姿が。

巧の帰宅が遅くなるということで、結衣は1人で巧の母の相手をすることに。

すると巧の母は「お仕事はいつまで?」と突然結衣に尋ねる。

結衣が結婚しても仕事を続けることを知った巧の母は「うらやましい」と、共働きを応援するのだった。

次の日…

結衣は1人で双子の世話と仕事に奮闘する賤ケ岳をサポートすべく賤ヶ岳の家へ。

そこで賤ヶ岳は、夫・陽介が母親の介護のためしばらく東京に帰らないことを明かす。

賤ヶ岳は福永と種田にはそのことを話しているものの、自分も仕事を辞めて子どもと熊本に行くべきか悩んでいたのだった。

そこに巧も合流、しかしラー油がないことに気づき巧は買い出しに。

巧が帰ってくると、賤ヶ岳と結衣が種田について話しているのを耳にする。

結衣の前の会社でのことなど初めて聞いた巧は複雑な気持ちになるのだった。

結衣と巧がケンカ

1週間後…

「納期を早めたい」と牛松から賤ヶ岳に連絡が。

賤ヶ岳は痺れを切らし福永に相談するも、福永は取り合ってくれない。

その様子を見ていた種田は「納期の件は僕が交渉します」と賤ヶ岳に言うのだった。

仕事が終わり帰宅した結衣は賤ヶ岳と仕事のメールをしていた。

その様子を見た巧は結衣と種田の関係に嫉妬し、種田との関係について問い詰める。

そして2人は口論になるのだった。

口論の末、家を飛び出した結衣は行きつけの中華料理店へ。

そこで結衣はやけ酒し酔いつぶれてしまう。

するとそこに偶然種田がやって来る。

種田はフラフラで歩けない結衣をおんぶし会社に連れて行き、結衣をオフィスのソファに寝かせるのだった。

翌朝…

結衣は目を覚まし帰宅。

結衣の姿を見た巧は結衣に謝り二人は仲直りするのだった。

賤ヶ岳の決断

賤ヶ岳の夫・陽介は結婚記念日に突然帰って来る。

そこで賤ヶ岳は家族みんなで一緒に居たいとおもうのだった。

その後、賤ヶ岳は子どもと一緒に熊本へ行くことを決めたことを結衣に報告。

それを聞いた結衣は、

「覚悟を決めて決断した先輩は凄いと思います。先輩がどっちを選んでも、私は先輩を応援します」

と、賤ヶ岳に言うのだった。

その後、賤ヶ岳は休職願を福永に提出。

すると福永はいま賤ヶ岳に辞められては困ると説得。

賤ヶ岳は「本当に申し訳ありません」と福永やみんなに何度も頭を下げる。

その様子を見ていられなくなった結衣は勢いで、「私がチーフを引き継ぎます」と宣言してしまうのだった。

そんな結衣を周りはサポートすることを決意するのだった。

その後、福永は結衣に声をかける。

そして福永は「教えてあげるよ、種田くんがなんで僕の会社を辞めたのか、何で今の会社に来たのか、その本当の理由…」と結衣に言うのだった。



スポンサーリンク

【わたし、定時で帰ります。】8話の感想

前回、福永が持ってきた予算が著しく低い案件が社内審査にかけられ、結衣たちはこの案件は審査で落ちるだろうと推測していました。

しかし今回、その審査結果が出てなぜかその案件は審査に通ってしまいました。

やはりクライアントの担当者が明成銀行の頭取の息子だということが関係していたんですね。

賤ヶ岳がディレクターになりその案件を進めることになった制作4部のメンバーですが、期限が迫っているということもあり大忙し。

さらに賤ヶ岳の夫・陽介の母が倒れ、陽介は実家の熊本に帰ってしまい賤ヶ岳が双子の世話を1人で行わなければならない状況に。

忙しく仕事をしながら1人で子どもの面倒を見るとなるとかなりしんどいだろうなと思いました。

さらにそれが双子となるとそのしんどさは相当だろうなと思いました。

もし自分が賤ヶ岳の立場なら、賤ヶ岳と同じように仕事よりも家族を優先し家族みんなで熊本に行くだろうなと思いました。

また今回、結衣と巧がひょんなことからケンカをしていました。

巧は種田と結衣の関係を疑っている様子でしたね。

確かに前に種田から面と向かって「今でも結衣のことが好きです」と言われ、その種田と結衣が職場で毎日顔を合わせていることを考えると巧が不安になる気持ちも分かり少し共感できました。

次の日には巧は冷静になり結衣に謝り2人は仲直りできて良かったです。

ラストには福永が種田の秘密について結衣に明かそうとしていてとても気になりました。



スポンサーリンク

ドラマ【わたし、定時で帰ります。】の見逃し配信動画を無料視聴する方法

放送から1週間以内の場合、Tver(民放公式テレビポータル)やTBS FREEで無料視聴が可能です。

Tverで無料視聴する

TBS FREEで無料視聴する

放送から1週間以上経過している場合、Paravi(パラビ)で無料視聴できます。
詳しくはこちらをご覧ください。
【わたし、定時で帰ります。】8話を見逃した方へ!動画の無料視聴はこちら!

【わたし、定時で帰ります。】8話の評価評判

まとめ

今回は夫の母親が倒れ夫が実家に帰省してしまい、1人で双子の世話をしなければならなくなった賤ヶ岳が仕事を優先すべきか家族を優先すべきか決断を迫られる回でした。

賤ヶ岳の家庭の事情を知りながら、休日にゴルフに誘うなどデリカシーのない福永に今回もイライラさせられました。

ラストには福永が種田の秘密を結衣に明かそうとしていましたね。

種田が福永の会社を辞めた本当の理由、今のこの会社にやって来た本当の理由とは何なのか、次回明らかになりそうで楽しみです。



スポンサーリンク