2019年春ドラマ

【わたし、定時で帰ります。】視聴率推移と分析!視聴者の評価評判は?(最新速報)

スポンサーリンク



BS系列・火曜ドラマ「わたし、定時で帰ります。」が2019年からスタートします。

主人公の東山結衣(吉高由里子)は、過去のある出来事から「必ず定時で帰る」を貫いて働いています。

そんな彼女の周囲には個性の強い人達がいますが、上手く関係を保ちながら仕事とプライベートを分ける事が出来るのでしょうか。

ここでは、ドラマ「わたし、定時で帰ります。」の最新の視聴率(速報値)と推移、視聴者の評価評判などを紹介していきます。

わたし、定時で帰ります。
【わたし、定時で帰ります。】キャスト(出演者)紹介!吉高由里子主演ドラマ2019年4月スタートの注目ドラマのひとつが、TBS火曜ドラマ、吉高由里子さん主演の「わたし、定時で帰ります。」 現在、働き方改革...

目次

ドラマ「わたし、定時で帰ります。」最新話の視聴率とこれまでの推移(最新速報)

最終回(10話)の視聴率は12.5%でした。(※ビデオリサーチ調べ)

ここまでの視聴率の推移は以下のようになっています。

9.5%(1話)⇒10.4%(2話)⇒6.5%(3話)⇒8.4%(4話)⇒9.8%(5話)⇒10.3%(6話)⇒10.3%(7話)⇒9.1%(8話)⇒10.2%(9話)⇒12.5% 最終回(10話)

第1話・第2話は、約10%で好調から第3話で6.5%とまさかの急降下です。

巻き返しを図った第4話で8.4%まで回復して、第5話は1.4%増の9.8%を記録しました。

第6、7話は10.3%と、10%台に回復して勢いに乗っていました。

最高視聴率の期待が掛かった第8話は9.1%と再び1桁台に戻ります。

第9話は10.2%と2桁へV字回復をします。

迎えた最終回は12.5%を記録して、前話より2.3%の大幅アップしました。

同番組最高視聴率を更新して、有終の美を飾る事が出来ました。

種田との関係も再び戻り、幸せな様子を見せていて良かったですね。

働き方について、改めて考える事が出来た良いドラマだったと思います。



スポンサーリンク

同枠(TBS系列・火曜ドラマ)での視聴率の傾向

過去1年間、同枠のTBS系列・火曜ドラマと平均視聴率を紹介します。(※ビデオリサーチ調べ)

初めて恋をした日に読む話(2019年 冬)
平均視聴率…8.5%

中学聖日記(2018年 秋)
平均視聴率…6.9%

義母と娘のブルース(2018年 夏)
平均視聴率…14.2%

花のち晴れ〜花男 Next Season〜(2018年 春)
平均視聴率…8.3%

ここ1年間では「義母と娘のブルース」が2ケタの視聴率を出していますが、他作品は1ケタとあまり伸びていません。

しかし、視聴率と反して話題が高い作品が続いているのが、最近の「火曜ドラマ」の特徴です。

また、2016年に放送された「逃げるは恥だが役に立つ」などでは高視聴率と話題の両方を上がり、「恋ダンス」は社会現象を起こしました。

「恋愛ドラマ」が多くありますが、話題性が強い「火曜ドラマ」は十分に視聴率が伸びる可能性を秘めています。



スポンサーリンク

同テーマ(ワーキングドラマ)での視聴率の傾向

「わたし、定時で帰ります。」と同テーマのドラマでの視聴率の傾向を紹介します。

ハケンの品格(2007年 冬)
平均視聴率…20.2%

働く女性に焦点を当てた作品は多くありますが、その中でも「ハケンの品格」が類似した作品だと思います。

就業時間内に自らの仕事をキッチリと行い、休日は出勤しないオン・オフを使い分けるスタイルを貫くのは今も昔も難しい部分があるでしょう。

現在は「働き方改革」と働くスタイルが徐々に変化しているので、注目を集めるテーマになっています。

現実とはかけ離れている部分を感じながら、このドラマが世間に与える影響は見物ですね。

吉高由里子さんの主演時過去視聴率は?

吉高由里子さんの過去出演作の視聴率は以下のようです

正義のセ(2018年 春)
竹村凜々子役
平均視聴率…9.8%

東京タラレバ娘(2017年 冬)
鎌田 倫子役
平均視聴率…11.4%

花子とアン(2014年)
安東 はな役
平均視聴率…22.6%

美丘-君がいた日々-(2010年 夏)
峰岸 美丘役
平均視聴率…9.7%

個性的なキャラクターの吉高さんはドラマ・映画・CM・舞台と様々なジャンルで活躍しています。

ドラマでも彼女らしさの出た型にハマらない元気ハツラツなキャラを演じていますが、一方で感情に強弱のある演技を見せていて、演技力は高いと思います。

視聴率もほぼ2ケタの数字を出していますので、今回も期待出来そうです。

さらに、現代社会の問題でもある「働き方」にも注目しているため、話題性は高いでしょう。

このドラマが社会に良い影響を与えて欲しいですね!

ドラマ「わたし、定時で帰ります。」の視聴率を予想!

「わたし、定時で帰ります。」のキャストは以下のメンバーが演じる予定です。

東山 結衣役・吉高由里子さん
種田晃太郎役・向井理さん
諏訪 巧 役・中丸雄一さん
吾妻 徹 役・柄本時生さん
来栖 泰斗役・泉澤祐希さん
三谷佳菜子役・シシド・カフカさん
賤ヶ岳八重役・内田有紀さん
福永 清次役・ユースケ・サンタマリアさん
王  丹 役・江口のりこさん
戸塚 学 役・梶原善さん
篠原 友之役・酒井敏也さん
愁  役・桜田通さん
小泉 咲 役・ついひじ杏奈さん
田槻 翔平役・高野洸さん
児玉 剛 役・加治将樹さん
則本 真希役・佐々木史帆さん
灰原 忍 役・佐伯新さん
霧  野 役・牧田哲也さん
三谷 芳子役・泉晶子さん
桂 木  役・亀田侑樹さん
丸山 陽介役・坪倉由幸さん

さらにスタッフ陣も紹介します。

原  作  ・ 朱野帰子さん
脚  本  ・ 奥寺佐渡子さん、清水友佳子さん
音  楽  ・ 平野義久さん、新屋豊さん
演  出  ・ 金子文紀さん、竹村謙太郎さん
プロデューサー・ 新井順子さん、八尾香澄さん

原作は小説家の朱野帰子さんで、「対岸の家事」・「会社を綴る人」・「くらやみガールズトーク」の作品があります。

過去にダ・ヴィンチ文学賞大賞を受賞して、「駅物語」が多くのメディアに取り上げられ、反響を呼びました。

脚本は2人が担当していて、1人目は奥寺佐渡子さんです。

テレビドラマ「夜行観覧車」・「Nのために」・「リバース」を手掛けて、日本アカデミー賞脚本賞・東京アニメアワード脚本賞、日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞しています。

2人目の清水友佳子さんは、過去にザテレビジョンドラマアカデミー賞脚本賞・最優秀作品賞、コンフィデンスアワード・ドラマ賞脚本賞・作品賞(リバース)を受賞した経歴があります。

テレビドラマでは「不機嫌な果実」・「リバース」・「あいの結婚相談所」を担当しました。

音楽は2人が担当しています。

1人目は平野義久さんが担当していて、「先に生まれただけの僕」・「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」・「獣になれない私たち」の作品があります。

2人目は新屋豊さんで、「HUNTER×HUNTER(第2作)」・「ちはやふる」・「ちはやふる2」を手掛けています。

演出は2人が担当していて、1人目の金子文紀さんは「きみが心に棲みついた」・「チア☆ダン」・「大恋愛〜僕を忘れる君と」の作品があります。

2人目の竹村謙太郎さんは「ガン消滅の罠~完全寛解の謎」・「アンナチュラル」・「警視庁ゼロ係シーズン2」を手掛けていました。

プロデューサーは2人が担当していて、1人目は新井順子さんで、「アンナチュラル」・「リバース」・「私 結婚できないんじゃなくて、しないんです」の作品があります。

2人目は八尾香澄さんで、「美人が婚活してみたら」・「坂道のアポロン」・「ReLIFE リライフ 」を担当しました。

キャストやスタッフとも豊富な経験があるメンバーが揃っています。

今回のドラマの視聴率は…10%と予想します!

スポンサーリンク



ドラマ「わたし、定時で帰ります。」各話の視聴率と視聴者の評価評判

第1話の視聴率と評価評判

ドラマ「わたし、定時で帰ります。」の第1話の視聴率は9.5%でした。(※ビデオリサーチ調べ)

以下に視聴率の感想を紹介します。

定時までに仕事を終わらせて、極力残業をしないスタイルを貫くのは凄いですね。

現代の社会問題にもなっていて、初回から興味を持った人も多かったはずです。

面白いとの声も多く上がっていた一方で、物足りなかったとの声もありました。

初回は賛否両論が分かれますが、まだまだ視聴率は伸びそうです。

第2話の視聴率と評価評判

ドラマ「わたし、定時で帰ります。」の第2話の視聴率は10.4%でした。(※ビデオリサーチ調べ)

以下に視聴率の感想を紹介します。

初回に引き続き、主人公の結衣は自らのモットーを貫いた働き方をしました。

2話も初回に引き続き、面白いとの高評価が多かったです。

内容に少し重さを感じとの声もありましたが、働く事を改めて考える機会になったのではないでしょうか。

次回への期待も高まっていますので楽しみですね!

第3話の視聴率と評価評判

ドラマ「わたし、定時で帰ります。」の第3話の視聴率は6.5%でした。(※ビデオリサーチ調べ)

以下に視聴率の感想を紹介します。

新人の来栖の行動に結衣は大事な約束をキャンセルする事になりました。

彼の行動に振り回される結衣ですが、温かく見守る姿は良い上司だと思います。

回を重ねる毎に面白みが増しているのか、高評価の声が多く上がっています。

視聴率も今後、上昇していくのではないでしょうか。

結衣は自らのモットーをどう突き通していくのか、見物ですね。

第4話の視聴率と評価評判

ドラマ「わたし、定時で帰ります。」の第4話の視聴率は8.4%でした。(※ビデオリサーチ調べ)

以下に視聴率の感想を紹介します。

吾妻の恋が始まり、結衣のアドバイスもあり上手くいきそうでしたが、彼は疲れてしまいました。

何も趣味や生きがいのない彼にも結衣の言葉が響き、変わって良かったですね。

面白いとの声も上がっていますが、ストーリーや登場人物が重く感じる意見もありました。

今回は前回に比べて視聴率は上がりそうですが、まだ伸び悩みそうです。

中盤からの話の急展開が楽しみですね!

第5話の視聴率と評価評判

ドラマ「わたし、定時で帰ります。」の第5話の視聴率は9.8%でした。(※ビデオリサーチ調べ)

以下に視聴率の感想を紹介します。

結衣は同僚を守るためにクライアントに立ち向かいましたが、種田の行動は見事でした。

種田や結衣の行動に高評価が相次ぎ、現実にも居て欲しいとの声が上がっていました。

面白い内容ですが、問題を解決する方法に不満がある声もあります。

現代の社会問題を取り上げて、リアルな部分を表現しているので視聴率は安定すると思います。

視聴率も9.8%まで巻き返して、2ケタも目前です。

次回は諏訪と種田の直接対決が見れそうで、どんな展開になるのか楽しみですね。

第6話の視聴率と評価評判

ドラマ「わたし、定時で帰ります。」の第6話の視聴率は10.3%でした。(※ビデオリサーチ調べ)

以下に視聴率の感想を紹介します。

いつも冷静で完璧な種田の意外な表情が出てきましたけど、結衣は彼の事を最も理解している存在ですね。

種田の相変わらずの活躍に魅了されたり、最後の告白シーンに驚きの声が上がっていました。

一方、福永の独特な雰囲気に抵抗のある意見もあります。

波乱の幕開けで終わった今回の視聴率は前回より0.5%アップの10.3%でした。

久々の2ケタを記録して、更なる伸びが楽しみですね。

次回の波乱の展開に視聴率も影響する事を期待しています。

第7話の視聴率と評価評判

ドラマ「わたし、定時で帰ります。」の第7話の視聴率は10.3%でした。(※ビデオリサーチ調べ)

以下に視聴率の感想を紹介します。

両親の離婚騒動があって、珍しく結衣に落ち着きなかったですね。

同僚の協力もあって、無事仲直りした両親に安心する結衣ですが、今度は種田との関係で悩むかもしれません。

今回も面白かったとの声が上がっていて、結衣と同僚達との仲もホッコリしましたね。

しかし、上司の福永が本性を出してきて、彼の存在が不気味だと感じる意見がありました。

7話の視聴率は前回と同じの10.3%と、好調をキープしています。

次回は大変な展開が待っていそうで、内容が重くなり過ぎないか心配ですね。

結衣らしく働くスタイルが見れる事を期待しています。

第8話の視聴率と評価評判

ドラマ「わたし、定時で帰ります。」の第8話の視聴率は9.1%でした。(※ビデオリサーチ調べ)

以下に視聴率の感想を紹介します。

福永の取ってきた仕事で職場内は混乱して、更に波乱が起きそうですね。

結衣の先輩・賤ケ岳が家庭の事情で休職でを決断して、結衣が仕事を引き継ぐ事になりました。

今回も最後まで見応えのある展開に面白いや次回を期待する声が上がっています。

一方で、仕事場では福永の本性が出てきて、巧も今まで明らかにならなかった部分が見えるなど、怖いとの意見が多くありました。

この2人とは逆に、種田は回を重ねるごとに高評価が増えています。

視聴率は9.1%と1桁台に下がってしまい、良い波に乗り切れませんでした。

結衣の仕事や恋に大きな分岐点を迎えそうですが、どうなるのか楽しみですね。

第9話の視聴率と評価評判

ドラマ「わたし、定時で帰ります。」の第9話の視聴率は10.2%でした。(※ビデオリサーチ調べ)

以下に視聴率の感想を紹介します。

結衣の恋や仕事のスタイルが大きく変わった展開になりましたね。

定時を貫いてきた結衣がついに残業をするようにもなって、驚きです。

今回も面白いとの声や種田への好評価の声が上がっています。

福永や牛松以外は良い印象がありますが、2人は独特の存在感を出していますね。

視聴率は10.2%と、再び2桁へ回復を果たしました。

次回、最終回になりますが、結衣が下す決断に注目ですね。

最終回(第10話)の視聴率と評価評判

ドラマ「わたし、定時で帰ります。」の第9話の視聴率は12.5%でした。(※ビデオリサーチ調べ)

以下に視聴率の感想を紹介します。

結衣が過労で倒れてしまいますが、チームは結束を固めたまま納期に間に合って良かったです。

種田も結衣へ本当の気持ちを伝えて、2人が再び結ばれる事になりましたね。

最終回、見応えがあったとの声が上がって、種田への評価がとても良かったです。

一緒に暮らそうと問いかけるシーンには多くの視聴者が衝撃を受けたようでした。

視聴率は同番組最高視聴率の12.5%を記録して、有終の美を飾りました。

出演者の演技力や働き方など、同ドラマは話題性がありましたね。

今後の展開が描かれる続編がある事を期待しましょう。

まとめ

現代社会でも取り上げられている「働き方革命」がドラマの中にも出てきています。

主人公の結衣が自らのモットーを貫いていく事が出来るのでしょうか。

彼女の影響を受けて、周囲がどのように変化して行くのか楽しみの1つです。

働く人達にも元気を与えるドラマになって欲しいです。

視聴者の共感は視聴率にも影響してきそうなので、大いに期待しましょう。

視聴率ニュース1 初回は9.5%発進!

女優の吉高由里子が主演するTBS系連続ドラマ『わたし、定時で帰ります。』(毎週火曜 後10:00)第1話が16日放送され、初回平均視聴率が9.5%だったことが17日、わかった。(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。

引用元:ORICON NewS

初回の視聴率は9.5%でした。

まだ序盤なので、2話以降の盛り上がりを楽しみにしましょう!

視聴率ニュース2 2話は10.4%と2ケタに上昇!

吉高由里子(30)主演のTBS系ドラマ「わたし、定時で帰ります。」(火曜午後10時)の第2話が23日に放送され平均視聴率が10・4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だったことが24日、分かった。

引用元:日刊スポーツ

2話目は前回より0.9%アップの10.4%でした。

ついに2ケタを記録して、更なる上昇が期待が膨らみますね!

視聴率ニュース3 第3話は6.5%と、前話より3.9%の大幅ダウン!

女優の吉高由里子さんの主演ドラマ「わたし、定時で帰ります。」(TBS系、火曜午後10時)の第2話が4月30日に放送され、平均視聴率は6.5%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

引用元: MANTAN

第3話は6.5%を記録しましたが、第2話より3.9%の大幅ダウンです。

この厳しい状況を打開できるのでしょうか。

視聴率ニュース4 第4話視聴率は3話より1.9%増の8.4%!

女優の吉高由里子さんが主演する連続ドラマ「わたし、定時で帰ります。」(TBS系、火曜午後10時)の第4話が7日に放送され、平均視聴率は8.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)だった。

引用元:MANTAN

ゴールデンウイーク明けの第4話は3話に比べて、1.9%増の8.4%と回復しました。

再び2ケタへの道も近付いてきましたね!

視聴率ニュース5 高評価に反して、伸び悩む視聴率

働き方改革が叫ばれ、様々なものごとに関する多様性を認めようとする風潮のある昨今、時代にマッチしたテーマやエピソードのリアリティは、多くの視聴者の心を掴んでいます。  そんな好意的な反響の一方で、放映後のSNSの感想において、しばし目についたのが次のようなものでした。 「定時で帰りたいけど、現実それができないからイライラ」 「氷河期世代で、私は三谷さん派(※シシド・カフカ演じる、真面目過ぎる努力家で、融通が利かないタイプの同僚)の意見だけど、責められているのが辛い」 「(復帰直後のワ―ママの話は)産休復帰直後の自分をみてるようで泣けてくる」

共感の声がある反面、共感するからこそ現実と切り離すことができず、「息抜きができない」というつぶやきが見受けられました。人間模様や仕事環境が鋭く、リアルに描かれているからこそ、出てくる感想でしょう。

引用元:女子SPA!

結衣の働き方に共感する声も多くあり、高評価が上がっています。

一方で現実的には難しい部分があり、悲観的な意見も出ているようです。

働き方改革が推進されている現代で、少しでも結衣のような働き方が出来るようになって欲しいですね。

視聴率ニュース6 視聴率の回復を見せる戦略!

第4話(8.4%)から第5話にかけてゲスト出演していたのが、吉高と同じアミューズ所属の後輩・清水くるみ(24)。「なんだ、バーターじゃないのか」と言うなかれ。ここにアミューズのしたたかな戦略が見え隠れする。

女優を人気ドラマの端役で出演させ、視聴者や各局のプロデューサーの目を惹き、大化けさせるというのが、アミューズの戦略です。

現場マネージャーの慧眼あってこそ。『わた定』は、『逃げるは恥だが役に立つ』や『義母と娘のブルース』といった大ヒットドラマと同じ、TBSの火曜ドラマの枠です。この枠でヒットしたドラマは、番組中盤から視聴率が上がっていく尻上がりが特徴です。それも見越しての第4話、第5話でのゲスト出演ということなら、アミューズのプロデュース力は、大したものですね

引用元:デイリー新潮

第4、5話で注目を集めた女優の清水くるみさんは吉高さんと同じアミューズに所属しています。

清水さんの評価は良く、これもアミューズの戦略だったようです。

同枠は今まで人気ドラマが放送されて、中盤から視聴率が伸びていく傾向があります。

今クールのドラマにも期待が出来そうですね!

視聴率ニュース7 視聴率が伸び続ける理由は?

去る5月21日に放映された、吉高由里子主演の「わたし、定時で帰ります。」(TBS系)の第6話の平均視聴率は10.3%。最低視聴率となった3話の6.5%から視聴率がジワジワと回復、ついに第2話(10.4%)以来の2ケタとなった。物語はいよいよ終盤だが、この視聴率回復の裏には何があるのか。

仕事上でのトラブルを山あり谷ありで解決していく考えさせられる場面だけではなく、恋に揺れる吉高も観たい!という需要が大きかった、ということでしょう。ドキドキワクワクするような恋愛要素を盛り込むことで、視聴者的にもより現実感・リアリティが出てくる。また、吉高は、恋愛で苦しむ女性を演じたほうが断然ハマっているし、どんな相手役の男性とも違和感なく恋愛を演じられる柔軟性も彼女の魅力のひとつ。日に日に向井扮する種田に対するネットでの熱いコメントが増加しているようですが、このドラマの原作小説も、元彼と復縁する、というような“匂わせ”で終わっています。巧と結衣は婚約を済ませ、すでに一緒に住み始めて結婚へと進んでいるが、はたしてどのような結末を迎えるのか、かなり気になるところ。今後もこの恋愛要素を下地に視聴率が上向きになる可能性は大いにあるでしょう

引用元:アサ芸プラス

徐々に視聴率を伸ばしていますが、結衣の恋愛模様が影響しているようです。

また、結衣役を吉高さんが演じているのも更に視聴者の心を掴んでいます。

元カレの種田との距離も急接近して、恋の波乱が起きそうで楽しみですね。

視聴率ニュース8 ドラマ満足度、自己最高を記録!

吉高由里子主演のお仕事ドラマ『わたし、定時で帰ります。』(TBS系)が、視聴率は二桁前後を推移と好調。『週刊エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』による視聴者ドラマ満足度調査「オリコンドラマバリュー」でも、第5話で84Ptを獲得(100Pt満点)。自己最高を更新するとともに、ドラマ中盤で80Pt台へと押し上げてきた。

引用元: oricon

視聴率が回を進むごとに上昇するのと並行して、ドラマ満足度も着実に上がっています。

ジワジワと支持層を固める同ドラマは人気だけではなく、現在の問題を取られた話題性も評価をされているようです。

終盤に入り、結衣の心境にも変化が出てきた恋模様にも注目しましょう。

視聴率ニュース8 現代の働き方に影響を与える!?

新しい働き方を視聴者に提示している本作。中には、働き方について、本作に影響を受けたという視聴者もいるという。

「ブラック企業で身体を壊した経験から、基本的に定時で帰宅することを信念としている結衣ですが、視聴者からは『このドラマ観るようになって、定時で帰るようになりました』『朝礼のスケジュール報告で定時です!って言うようになった』という声が相次いでいます。今年4月から『働き方改革法』が施行され、さまざまな企業が働き方改革に着手していますが、本作も『働き方改革』の一端を担い、現実の会社員たちへ大きな影響を与えているようです」

引用元: リアルライブ

現在働き方改革を進められている会社が多くなってる中で、同ドラマが視聴者に影響を与えているようです。

ドラマを見て定時で帰る事が出来るようになったとの声が上がったり、現在の会社員の背中を押すような形になっていますね。

今の社会問題に合っている内容を取り上げているので、同ドラマがきっかけで働き方改革が更に加速しそうです。

視聴率ニュース9 世間の夫婦関係を見つめ直すきっかけに!?

今回は結衣の両親に“熟年離婚”危機が浮上。結衣の父親で仕事人間だった宗典(小林隆)は、妻・美園(山下容莉枝)が還暦を迎える誕生日も忘れてゴルフ旅行に出かけてしまい、離婚を突きつけられたのだが、ネットユーザーからは「両親世代は、こういう感じで熟年離婚する人が多そう。なんかリアル」「結衣もお母さんも、さびしい思いをしてきたんだろうね」「でもお父さんはお父さんで、家族のために仕事人間にならざるを得ない時代だったんでしょう」「とはいえ、毎年妻の誕生日さえ忘れてるのはダメ」「考えさせられる」など、さまざまな意見が寄せられた。

引用元:Business Journal

結衣と種田の関係が再び縮まり、巧との関係がギクシャクした展開になってきました。

その中で結衣の両親の離婚騒動が明らかになりましたが、リアル過ぎて話題になっています。

ドラマを視聴して改めて、夫婦関係を見直す人も少なくないと思います。

働き方だけでない部分が話題になっていますが、同ドラマが世間に与える影響は大きいようです。

視聴率ニュース10 福永の行動に驚きの声!

福永は結衣に残業するよう提案しつつ、三谷佳菜子(シシド・カフカ)や来栖泰斗(泉澤祐希)など制作4部の面々をうまいこと丸め込み、サービス残業させ始めた。見かねた結衣も、ついに残業をするようになるが、現在の婚約者・諏訪巧(KAT-TUN・中丸雄一)とのすれ違いが増えていく……という内容だった。

以前から、インターネット上で「嫌なヤツ!」と言われていた福永だが、彼には鋭い観察眼があり、“丸め込める相手”や“どう言えば相手の心を揺さぶれるか”を把握する能力の持ち主だったことが判明。相手を気分良くさせながら操って、自分はいいとこ取りして、そうやってうまく渡り歩いてきたのだろう。つまり、ただの嫌なヤツではなく、相当なクセ者だったのだ。

この展開に、ネットユーザーも「福永の能力は使い方次第ではいい上司になれそうなのに。恐ろしすぎる」「みんなが洗脳されてて、こんな上司が職場にいたらと思うとゾッとする」などと騒然。

引用元:Business Journal

福永の存在は以前から嫌な上司の立ち位置にいましたが、ここに来て彼が本領発揮をして厄介なクセ者だと明らかになりました。

素晴らしい能力を持ちながらも使い方次第で脅威となる彼の能力に結衣達は振り回されます。

視聴者からも恐ろしいとのコメントが上がるほど、福永の行動は尋常ではないですね。

果たして、暴走する彼の行動を止める事が出来るのでしょうか。



スポンサーリンク