2019年冬ドラマ

【私のおじさん】2話のあらすじと感想評判「ひかり(岡田結実)がお局APとバトル!?」

スポンサーリンク



ドラマ「私のおじさん~WATAOJI~」第2話が2019年1月18日(金)に放送されました。

ここでは、「私のおじさん~WATAOJI~」第2話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の声(評価評判)を紹介していきます。

前回、ディレクター千葉のキスシーンを目撃してしまったひかりでしたが、今回はどんな展開が待っているのでしょうか?

【私のおじさん~WATAOJI~】2話のあらすじ(ネタバレ)

ディレクター・千葉迅(城田優)のキスシーンを目撃してしまった一ノ瀬ひかり(岡田結実)。

しかし千葉はその後、何事もなかったのように職場へ向かっていました。

打ち合わせでは大物女優の霞美良子が「限界MAX★あなたも私もヤッテミー!!」に出ると発表されますが、寝不足のひかりは資料も見ずに居眠りしていました。

お局APの馬場桃花(青木さやか)は「たるんでるんじゃない?」とその日からひかりの言動や言葉遣いなどにネチネチと口を出すようになります。

「寝てたのは悪いけど、私にばっかり当たりすぎ。標的にされてる」と居酒屋でおじさん(遠藤憲一)に愚痴るひかり。

ひかりの話を聞いて、以前馬場に「もう20過ぎてるし、私若くない」と言ったのが原因で色々当たるようになったんじゃないか?とおじさん。

馬場からしたら、ひかりの年齢は十分若いからです。

おじさんと2人馬場の話をしていたら、居酒屋に本人がやってきて気まずいひかりでした。

翌日、馬場はひかりに「議事録が読みづらい。誤字、句読点が多い」など、余計ひかりに対して厳しいことを言ってくるようになります。

ため息すらつくなと言われ、飲みかけのペットボトルはすぐに処分しろと言われ、デスクも汚いと言われるひかり。

馬場のいない隙に「パワハラ対策」の検索をかけようとしますが、馬場は頻繁にひかりのデスクのほうにもやってくるので、それすらできないまま時は過ぎていきます。

窓の外を見ながら「やっぱり辞めます」と弱音を吐くひかりに、「お局ってどこでもいるよ」と言うおじさん。

それを見て「完全にパワハラっすね」と言いながら、九条隼人(戸塚純貴)と出渕輝彦(小手伸也)がひかりのもとへやってきます。

実はこれまで2人も似たような目に遭ってきたのでした。

それがひかりにバトンタッチされたというだけで、馬場がひかりをひがんでやっていることでもなかったようです。

そして霞美良子がやってくるロケ日に。

当日の朝、馬場はとてもイキイキしていましたが、ひかりはあまり余裕のない中現場に向かいます。

しかし、やはり馬場はひかりと顔を合わすとあいかわらずの機嫌の悪さでした。

霞美は現場に到着するも、企画内容を読んでおらず、やりたくないと言います。

そしてロケ弁を見て悲鳴を上げる霞美。

彼女は貝のアレルギーだったのですが、居眠りしていて資料を読んでいなかったひかりが間違えて貝入りのものにしてしまったのです。

しかし馬場が誰よりも早く「私のミスです!」と謝罪し、他のスタッフも霞美が激怒する中平謝り。

霞美がいなくなったあとに、静かに馬場や千葉に怒られたひかりは、1人泣いていました。

おじさん「でも君も悪い。全部お局のせいにしてたからね」
ひかり 「そうですよね。仕事できない私が悪いんですよね」

そこへ千葉が呼び戻しにやってきますが、ひかりは「これ以上いてもみんなに迷惑かけるだけ」と戻ろうとしません。

そんなひかりに千葉は馬場が最初からお局ではなく、ひかりのように「辞めてやる!」と言いながら仕事を続けてきたことを話します。

なんだかんだで馬場がいないと会社はまわらないのです。

その話を聞いてひかりは仕事に戻ります。

「田んぼの中に落とした思い出のキーホルダーを探す」番組を撮る予定で進められていましたが、霞美が泥の中に手を入れたくないと拒否。

「こんなことやらされるって聞いてなかったし、こんなバカなこと必死にやる意味が分からない」と帰ろうとする霞美。

しかし馬場は「それはドラマや映画と同じじゃないですか?私たちも面白いこと必死に考えてやってるんです!」と説得。

霞美はマネージャーの小田島にも言われて、やることを決意。

悲鳴を上げながら泥の中から探し当てたキーホルダーは、霞美が若い頃の写真が入った、ファンクラブのキーホルダーだったのです。

その後も色々な無茶ぶりに応える霞美は、どんな時も小田島とともに乗り越えてきたことを思い出していました。

売れないときも、問題を起こしたときもありましたが、霞美のマネージャーを辞めなかった小田島。

霞美の出た番組はSNSでも大反響でした。

いつもの居酒屋に来ていたひかりは、やってきた馬場とお疲れ様の思いをこめて乾杯します。

仲直りできるかと思った2人でしたが、ひかりが飲みすぎて余計なことを言ってしまって、また馬場を怒らせてしまいます。

でもなんだかんだで仲良くなれた感じの2人でした。

しかし店を出ると、千葉がまた別の女性とキスしているのを目撃してしまうのでした。



スポンサーリンク

【私のおじさん~WATAOJI~】2話の感想

ひかりは妖精のおじさんが側にいることにすっかり慣れてしまった感じですね(笑)

1話ではあんなに嫌がっていたのに、そこは1つの成長だなと思いました。

ただ、あまりにもおじさんがいることに慣れすぎて、他の人には見えないことを忘れてしまっている感じが今回特に感じられました。

ひかりは今回仕事中に居眠りしたり、大事な資料をちゃんと読んでおかなかったりと結構ひどかったですが、ちゃんと反省はしていたのでこれから少しずつ変わっていくんじゃないかなと思います。

なんとなくおじさんの毒舌がマイルドだったのは、ひかりの精神面に合わせて手加減してあげていたのかもしれません。

今回かなり細かいことまで馬場に注意されて落ち込んでいましたからね。

お局AP問題はどんな仕事をしていてもああいう人はいそうだな、と思いながら見てしまいました。

20過ぎの女の子というのは、馬場じゃなくても「若いな」と思ってしまいますし、女性ならイラッとしてしまう気持ちも分かりますが。

しかし馬場が実際は誰よりも努力家で、ただの口うるさいおばさんではないというオチだったので良かったです。

面と向かって言うからこそ変わっていくことも多いと思いますし、陰でぐちぐち言われるよりはまだいいんじゃないかと思います。

言い方はきつかったかもしれませんが、馬場なりの「あなたのためを思って言ってあげてるのよ」という思いもあったような気がします。

最終的にひかりと少し仲良くなれたようで、その終わり方もよかったです。



スポンサーリンク

【私のおじさん~WATAOJI~】2話の評価評判

ドラマ【私のおじさん~WATAOJI~】の見逃し動画を無料視聴する方法

放送から1週間以内の場合、Tverやテレ朝キャッチアップで無料視聴が可能です。

Tverで無料視聴する

テレ朝キャッチアップで無料視聴する

放送から一週間以上経過している場合、U-NEXTで無料視聴ができます。
詳しくはこちらをご覧ください。
【私のおじさん~WATAOJI~】2話を見逃した方へ!動画の無料視聴はこちら!(1月18日放送分)

まとめ

「私のおじさん~WATAOJI~」第2話のあらすじや、視聴者の声などをご紹介しました。

今のところひかりは社会人としてはまだまだ学ばなければならないことが多いですが、1話完結型というのは確かにいいなと思います。

しかしラストは千葉のキスシーンで締められていますね。

今後もどんどん別の女性が出てくるのでしょうか?

3話では出渕にスポットライトが当てられるようです。

今のところあまり出番のない出渕ですが、小手伸也さんは「コンフィデンスマンJP」でも味のある演技をされていたので、今作でも期待しています。

https://www.doraeiga-vr.com/wataoji-2-watching/



スポンサーリンク