2019年冬ドラマ

【トレース~科捜研の男~】2話のあらすじと感想評判「仕事の意味って?」

スポンサーリンク



月9ドラマ「トレース~科捜研の男~」第2話が2019年1月14日(月)に放送されました。

ここでは、「トレース~科捜研の男~」第2話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の声(評価評判)を紹介していきます。

前回は初出勤からバラバラ遺体を見てダウンしていたノンナでしたが、今回はしっかり捜査に協力できるのでしょうか?

【トレース~科捜研の男~】1話のあらすじと感想評判「配属初日からバラバラ遺体…!?」

月9ドラマ【トレース~科捜研の男~】2話のあらすじ(ネタバレ)

舞台は東凛大学病院の外科医・真田和寿(名高達男)の教授就任を祝うパーティー。

教授の娘の有里(関めぐみ)は、会場で血痕を見つけます。

不審に思った有里が血痕を辿ると、控え室のバルコニーから転落した父。和寿の遺体を発見します。

一方科捜研の新人・沢口ノンナ(新木優子)は、科捜研のメンバーの仕事の早さについていけない怒涛の日々を過ごしています。

他のメンバー達の有能さを目の当たりにし、自分の能力のなさに悩むノンナ。

そんなノンナを、上司である海塚律子(小雪)は心配そうに見つめます。

警察は教授殺害の被疑者を宮永渉(篠原篤)と特定し、宮永を逮捕。

宮永は手に怪我をしていたため、現場に残された犯人のものと思われる血液と宮永の血液をDNA鑑定することになりました。

しかし、なんとDNAは不一致。

事情聴取では宮永は犯行を否認しており、

証拠不十分により宮永は釈放されました。

警察は誤認逮捕をしたとして、マスコミに叩かれます。

担当刑事の虎丸(船越英一郎)は間違いなく宮永が犯人であると思い続けていますが、

上司からは1週間以内に真犯人を見つけないと虎丸班を解散するとプレッシャーをかけられます。

有里は、宮永が父を殺したのを見たと真野たちに語ります。

その時、検証の現場でノンナは貧血により倒れてしまいます。

病院に運ばれたノンナ。

ノンナを診察した有里は、捜査はどうなっているのかと尋ねます。

幼い頃から心臓が弱い有里。

患者として父を見てきた有里は、尊敬する父がなぜ死ななくてはならなかったのかをどうしても知りたい。犯人を絶対に捕まえて欲しいと訴えます。

再度現場に赴いた真野は、真田の靴の跡が不自然であることに気づきます。

教授が飛び降りた際の靴の跡から、塀に登った後、飛び降りるまでに時間があったこと、つまり会話がなされた痕跡を発見したのです。

真野は教授に恨みを持っている人を知らないかと有里に尋ねますが、有里は全く心当たりがありません。

その頃警察は、尾行していた宮永に逃げられ、虎丸の焦りは募ります。

その夜、ノンナは自宅で、妹に「もう辞めたい」と漏らします。

なぜ自分は科捜研になんか入ってしまったのかと悩むノンナ。

一方、夜の科捜研。

残業する真野は、家族が亡くなった過去を思い出します。

兄がやったのではない、と必死に訴える真野少年。

海塚は真野に、ノンナは大丈夫か尋ねますが、真野は「俺には関係ありません」と一言。

しかし海塚が去った後、何かを考えるこむ真野。

翌日、現場を訪れた真野とノンナは、現場に落ちる汚れた折り鶴を発見します。

その折り鶴は10年以上前の古い紙でおられており、女性の血痕がついています。

そこから、宮永の指紋が検出されました。

大きな手がかりを発見する真野を見て、ノンナは自分は真野のようにはなれないと更に落ち込見ます。

真田の葬式。
娘の有里の生気のない顔に、ノンナは心が痛みます。

葬式の後、有里は見知らぬ女性に話しかけられます。

女性は教授が殺された理由について謝らなくてはならないと言いますが、有里がマスコミに取り囲まれ話を聞くことができないまま姿を消してしまいます。

有里は女性が何者かわからないままです。

遺品整理をしていると、折り鶴が出てきたという有里。

その折り鶴は、血が付いていて、真っ赤だったと言います。

付着した血液を調べたところ、真野が現場で見つけた折り鶴についていた血と一致。

宮永と教授が顔見知りであった可能性が出てきました。

カフェでお茶をするノンナと有里。

有里はストレスにより倒れたノンナを心配します。

自分を気遣う有里に心を開くノンナは、大学院に残れず科捜研に来た自分は何のために仕事を頑張っていけば良いのかわからない、と有里に漏らします。

宮永の足取りが未だつかめず、焦る虎丸。

現場で出たDNAを、公安のデータベースに照合させたところ、岸田哲也のものであると判明します。

岸田を取り調べますが、岸田はどこにも怪我をしておらず、血液が残るわけがないと主張。

行き詰まった虎丸は、DNAの再鑑定を真野に依頼しにきます。

岸田の体には本当に傷はなかったのか?と尋ねる真野。

身体検査の写真を見た真野は、岸田の体の斑点を見て、何かをひらめきます。

その後、真野の助言により事件当夜現場の近くで包帯を買っていった人物がいたことが判明。

折り鶴についた血痕の成分を見直すと、折り鶴は「中原」という人物の答案用紙で折られたものと分かります。

包帯を買った男が支払ったお金に目をつける真野。

支払われた500円玉に血痕を発見。宮永のものと分かります。

ではなぜ、現場に残された犯人の血痕は宮永のものではなく、岸田のものだったのか?

宮永は2つの異なる骨髄移植を受けたことにより2つの遺伝子を持つ人物だったのです。

岸田は宮永のドナーであり、斑点は移植の跡。

中原という女子高生は宮永の恋人でした。

中原は宮永の見舞いに行く時に事故に遭いなくなっていました。

医療ミスが原因かもしれない、と考える虎丸。

当直をしている有里の病院に忍びこむ影。

その人物は、宮永でした。

有里のピンチに病院に駆けつける真野とノンナ。

宮永は有里を拉致し、襲いかかります。

宮永は教授への恨みから、娘である有里まで手にかけようと首を締めますが、苦しむ有里に、その手を離します。

その場を取り押さえられ、宮永は警察に逮捕されます。

15年前宮永には中原沙知絵という恋人がいました。

中原は事故に遭い、緊急手術を担当したのが真田教授でした。

危篤状態になった有里の命を案じた真田は、有里に中原の心臓を移植していたのです。

何かおかしいと思っていた宮永ですが、真田と共に中原の処置をしていた三井という女性に会い、当時の移植の真相を聞きます。

三井とは、お通夜に現れた女性です。

中原が教授に殺された事実を知った宮永は、真田と有里に復讐をすることに決めました。

教授が死んだバルコニーでは何が起こったのか?

教授は宮永に抵抗し難を逃れるところでしたが、自分が犯した罪を思い、「すまなかった」と言って自ら飛び降りたのです。

有里は真相を知り、自分は生きていて良いのだろうかと呟きます。

そんな有里に、真野は言います。

宮永は有里さんの首を絞めるのを途中でやめ、泣いていた。

首を絞めた時、脈動を感じ、有里さんの中に、恋人の心臓があることを感じた。

あなたはあなたの命を大切にすべきだ。

有里に本当のことを伝えてよかったのか、と問うノンナ。

例え悲しい事実であっても、知らなくてよかった真実なんてない。

その真実を突き止めるのも、科捜研である我々の仕事だ、という真野。

その言葉に、ノンナは仕事へのやる気を取り戻します。

自宅への帰路につく真野。

夜道に兄の幻影を見ます。

「あの日何があったの? 教えてよ兄ちゃん」と呟きます。



スポンサーリンク

月9ドラマ【トレース~科捜研の男~】2話の感想

1話に続き、事件の真相が非常に凝っていて面白かったです。

誤認逮捕と思いきや誤認じゃない、と思いきや、殺人ではなく自殺だった、というどんデン返しは意外でした。

教授が転落した時の足跡から、塀に登って飛び降りるまでに時間がありそうという大ヒントが前半で出てくるため、教授は自殺だったのではないかと視聴者が推測することができます。

事件ものの楽しみである「謎解き」をするための情報が小出しにされていたのが良かったです。

一方キャラクターの魅力は少し物足りなく感じました。

自分の仕事の意味に悩むノンナは典型的すぎる新人のように思えますし(立ち直り方も単純)

クールな一匹狼のはずの真野は、普通の、優しい「いい人」にしか見えないですし。

「いい人」ばかり出てくるので、主役はもっとつっけんどんでいてもらいたかった・・・!

錦戸さん、1話の渋い演技をもう一度!

前回意味ありげに登場した千原ジュニアさんは今回は出番がなかったですね。

千原さんのキャラクターが物語をかき乱し、真野やノンナの人間性を引き出してくれることを期待します。



スポンサーリンク

月9ドラマ【トレース~科捜研の男~】2話の評価評判

月9ドラマ【トレース~科捜研の男~】の見逃し動画を無料視聴する方法

放送から一週間以内の場合、TverやFODで無料視聴することができます。

Tverで無料視聴する

FODで無料視聴する

放送から一週間以上経過している場合、FODプレミアムで無料視聴ができます。
詳しくはこちらをご覧ください。
月9【トレース】2話を見逃した方へ!動画の無料視聴はこちら!(1月14日放送分)

まとめ

今回の2話は被害者、遺族、犯人、どの立場に立っていても悲しい事件の話でした。

ミステリーとして楽しめる一方、特に女性の方はノンナ視点で、お仕事ドラマとしても楽しんでいるようですね。

真野がノンナを元気付けるシーンが好評なので、今後も様々な励ましシーンがあるのではないでしょうか。

当初は月9としては重めで意外でしたが、「お仕事を頑張る人を応援する月9」の立ち位置も実は守っているのかも・・・?

今回出番が少なかった科捜研のメンバーたちとの絡みや新キャラの登場で、ストーリーに変化が出てくるのにも期待です。

https://www.doraeiga-vr.com/trace_drama-2-watching/



スポンサーリンク