2019年冬ドラマ

【トレース~科捜研の男~】最終回(11話)のあらすじと感想評判「真野(錦戸亮)の復讐」

スポンサーリンク



月9ドラマ「トレース~科捜研の男~」最終回(11話)が2019年3月18日(月)に放送されました。

ここでは、「トレース~科捜研の男~」最終回(11話)のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の反応(評価評判)を紹介していきます。

いよいよ最終回!真野(錦戸亮)は家族の死の真実を見つけられるのでしょうか。

【トレース~科捜研の男~】10話のあらすじと感想評判「真野(錦戸亮)の姉の子。父親は!?」

月9ドラマ【トレース~科捜研の男~】最終回(11話)のあらすじ(ネタバレ)

姉を妊娠させた相手=犯人?

『武蔵野一家殺人事件』追う真野は、教師の早川(萩原聖人)とともに食品会社社長の佐保(袴田吉彦)に会いに行きました。

しかし佐保は、ガス爆発に巻き込まれて死んでしまいます。

佐保は、以前不審死を遂げたホームレスの新妻(伊藤高史)と同じく早川の教え子のひとりで、真野の兄・義一(倉悠貴)をいじめていた主犯格でもありました。

科捜研に戻った真野は、虎丸(船越英一郎)、ノンナ(新木優子)、海塚(小雪)にこれまでの経緯を語ります。

真野は、『武蔵野一家殺人事件』の証拠品だった軍手に残されていた身元不明のDNA型と、妊娠していた姉・仁美(夏子)の胎児のDNA型を鑑定し、その2つに親子関係が認められることを突き止めていました。

つまり、仁美を妊娠させた相手が、真野の家族を殺した犯人である可能性が高いのです。

そこで真野は、佐保の心臓血のDNA型を調べましたが、親子鑑定の結果は不一致でした。

佐保が死亡したボイラー室に臨場した真野は、ガスの元栓部分に付着した手袋の皮革を発見。

その持ち主と思われる人物の皮膚片から採取したDNA型は、『武蔵野一家殺人事件』の軍手のDNA型と一致していました。

刑事部長・壇が関係していた?

新妻の事件同様、佐保の事件にも捜査の打ち切り命令が出た中、仁美の交際関係をもう一度洗い直す真野たち。

そこで得た証言を基にさらに調べていくと,現在刑事部長の壇弘樹(千原ジュニア)の名前が挙がり、衝撃が走ります。

そんな折、科捜研に刑事部長の壇(千原ジュニア)が突然視察に訪れます。

壇はDNA鑑定キッドを手に取り、自らのDNAを採取し真野に挑戦的に渡します。

親子鑑定をした結果、DNA型は一致しませんでした。

子供の父親は教師・早川

真野は、その旨を早川に報告。

会話の中で、早川の「妊娠3ヶ月ということは、9月ごろか。」という言葉に、真野ははっとします。

早川が知るはずのない情報を知っていたことから、真野は彼を疑い、ストローを持ち帰ります。

DNA鑑定をしたところ、早川が姉の子の父親だったことが判明します。

すると早川と連絡が取れなくなり、早川の自宅には遺書が残されていました。

その書き方は、武蔵野一家殺人事件の兄の遺書の書き方に類似しています。

真野は事件のことで話がある、と壇の元を訪れ、ナイフで脅し、軽井沢の壇の別荘に向かいます。

それをGPSを使い虎丸とノンナが追います。

早川は、壇により偽物の遺書を書かされ、海外に逃亡していました。

真野は自分の推理を壇に語ります。

狂気的な真相

新妻と佐保の殺害は、壇が早川にさせたことでした。

25年前の武蔵野一家殺人事件を、当時警視総監であった壇の父親が隠蔽したことをネタに、壇は早川を脅していたのです。

壇は、自分の目的は「キミ(真野)に真実を突き止めさせること」と語ります。

そのために新妻と佐保を殺した、と。

壇は、学生の頃に出会った義一を一目見て、彼が苦しむ顔を見たいという衝動が抑えられなくなったといいます。

壇は新妻と佐保に、義一をいじめさせました。

また、その頃早川と不倫していた姉・仁美が、妊娠したとたん捨てられたため、早川を兄と同じようにいじめてほしいと依頼してきたというのです。

早川は生徒からのいじめに苦しみ、限界を迎えていました。

壇はそんな早川に、いじめの原因が仁美であること、仁美が早川の子を産んで家庭を壊そうとしていることを告げ、仁美を殺してしまえばいい、と囁きます。

早川は仁美、両親を殺害。

壇は義一に、弟を殺されたくなければ罪をかぶって自殺をするよう命令したのです。

真野は激昂し壇を殺そうとしますが、拳銃の引き金をひけません。

立ち去る壇を悔しそうに見つめるなか、早川が飛び出し、壇を刺し殺し、自らも死のうとします。

前に進む真野

そこに虎丸とノンナが駆け付けます。

真野は壇と早川の命を助けようと、救急車を呼ぶよう虎丸に願います。

真野は復讐をしたら、自分はまた暗闇の中、どこにも行けなくなる。

自分はもう前に進みたいのだ、と語ります。

3日後、無断欠勤をし行方不明だった真野ですが、科捜研に出勤し、仲間に温かく迎えられます。

最後のシーンは植物状態のはずの壇の病室。

誰もいない病室で、壇は静かに目を開きます。



スポンサーリンク

月9ドラマ【トレース~科捜研の男~】最終回(11話)の感想

武蔵野一家殺人事件、衝撃の真実でした。

錦戸亮さんの演技が素晴らしいのはもちろんですが、千原ジュニアさんの演技が(いい意味で)怖すぎる、そして気持ち悪すぎる…!

初めは壇と姉・仁美の関係を調べていたのですが、壇と関係があったのは兄・義一の方だった、という展開も驚きです。

壇の義一への変態的な執着心は恐ろしいです。

一方真野は、復讐のチャンスがあっても「俺はあんた達とは違うんだ、もううんざりだ」と壇と早川を殺すことはせず、自分自身が前に進むために命を助けます。

一度はナイフを壇に突きつけた真野が思い直せたのは、虎丸やノンナの存在があったからかと思います。

しかし、ラストで目を開ける壇のシーン。

罪に問われないであろう壇が戻ってきたら、兄に向けていた執着を真野に向けそうで恐ろしい…と思いつつ、続編を期待してしまうラストでした。



スポンサーリンク

月9ドラマ【トレース~科捜研の男~】最終回(11話)の評価評判

月9ドラマ【トレース~科捜研の男~】の見逃し動画を無料視聴する方法

放送から一週間以内の場合、TverやFODで無料視聴することができます。

Tverで無料視聴する

FODで無料視聴する

放送から一週間以上経過している場合、FODプレミアムで無料視聴ができます。
詳しくはこちらをご覧ください。
月9【トレース】最終回(11話)を見逃した方へ!動画の無料視聴はこちら!(3月18日放送分)

まとめ

最終回視聴率が二桁越えということで、皆さん結末が気になっていたことが伺えますね。

また、ネットには錦戸さんの涙の演技、千原ジュニアさんの怪演についてのコメントが多数寄せられていたようです。

後半の真野と壇の対決シーンの迫力のすごさが伺えます。

かなり辛い真実でしたが、最後の真野の笑顔に救われます。

月9としてはかなり重たいドラマでしたが、恋愛要素は少ないながらも錦戸さんと新木さんの魅力に癒された方、事件は辛いながらも関係者の苦しみや希望に心を揺さぶられた方も多かったのではないでしょうか。



スポンサーリンク