2019年冬ドラマ

【グッドワイフ】3話のあらすじと感想評判「暗躍する壮一郎(唐沢寿明)の真意とは?!」

スポンサーリンク



ドラマ「グッドワイフ」3話が2019年1月27日(日)に放送されました。

ここでは、「グッドワイフ」第3話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の声(評価評判)を紹介していきます。

事務所のボスの神山(賀来千香子)の父親の事件を解明し、親子の問題を一つクリアすることに貢献して、杏子(常盤貴子)は「弁護士に復帰して、良かった…!」と多田(小泉孝太郎)に笑って話すことができるようになりましたが、プライベートの問題、夫の事件は全く解決していません。

今回は、労働問題がテーマ。

相手の河合弁護士には個性派の江口のりこさんが扮し、剛腕でしかも妊婦と言うコンボで杏子たちを翻弄します。

【グッドワイフ】2話のあらすじと感想評判「橋爪功登場、その父と娘の過去とは?!」

【グッドワイフ】3話のあらすじ(ネタバレ)

過重労働による鉄道事故

東神鉄道の回送列車が脱線事故を起こし、運転士が死亡しました。

それから三か月後、杏子は多田や朝飛(北村匠海)らとともにその遺族の代理人として過重労働による事故として一億円の賠償金を提案したのです。

対する東神鉄道の代理人は河合映美弁護士。
彼女は運転士の居眠り事故だと主張して、見舞金50万円という案を出してくるのです。

お互い譲れない闘いを展開するのですが、妊婦である河合は自分らの旗色が悪くなると体調不良を言い訳にその場を離れるなど、やりたい放題で、杏子も多田も振り回されっぱなし。

労務担当役員の安西(高木渉)はサービス残業はありえない、と頑強に否定します。

労務担当の小川(山本裕子)も、会社から一切しゃべるなと言われ、「記憶にありません」と繰り返すばかり。
彼女は事故前に井口の妻(安藤聖)から夫の過重労働の相談を受けていたはずだというのに、何も話してはくれなかったのです。

河合は、もし裁判にするのなら、会社側は遺族に対して車両の損賠賠償についての裁判を起こす、というのです。

検察の追い込み

東京地検特捜部長の脇坂(吉田鋼太郎)は、目の上のたんこぶだった壮一郎がいなくなったことで「我が世の春」を満喫していました。
しかしそれを承知で壮一郎は弁護士に何事かを依頼して暗躍していたのです。

脇坂は、自身がマスコミに注目される中、佐々木(滝藤賢一)をそそのかして壮一郎の後ろにある秘密を探らせようと企んでいました。

三日の間に壮一郎を起訴するよう、と命じた脇坂でしたが、壮一郎は佐々木と組み、林弁護士(博多華丸)を使って脇坂を引きずり下ろすための算段をたてていたのです。

残された家族の苦しみ

河合弁護士は資料を調べつくしている杏子たちのもとに、運転手の井口が違法薬物を使用していた可能性がある、という話を持ってきました。

井口の妻は、サービス残業のない実態の勤務時間を手帳に付けていたのです。
「もっと早く会社を辞めろ、って言えば良かった、味方は家族だけなのに」と、彼女は今でも思い悩んでいました。

その頃、杏子の暮らすマンションに壮一郎の母・幸枝(高橋由紀子)がやってきました。
手伝いを申し出るのですが、もともと杏子にとっては厳しい人だったこともあり、子供たち、隼人(小林喜日)も綾香(安藤美優)も良い顔をしません。

手伝いはやんわり拒んだものの、そのすべてを拒絶することはできず。
杏子は義母の頼みを聞き入れることになるのです。

歩み寄る二人

その頃、杏子は拘置所に夫の壮一郎(唐沢寿明)を訪ねました。
義母に託された差し入れを持ってきたのです。

杏子は、そのおつかいを頼まれたことで、少しだけ余裕をもって壮一郎に相対せるようになった気がしていました。

義母は息子のそんな姿を見たくないんだろう、と杏子は察していたのです。

二人は昔の、子供が小さい頃の話をして、やっと笑顔を作れるようになったことに杏子は気付いたのです。

「がんばれよ」という言葉に背中を押され、杏子は拘置所を出ました。

手帳に残された“OR”の謎

井口の家にあったすべての薬の成分検査をした結果、違法薬物の可能性はシロと出ました。
杏子や多田は河合が突然押しかけてそのことを突き付けてきたことに不信感を持っていました。

東神鉄道の運転手の勤務形態に疑問を持った朝飛らがSNSを調べた結果、井口の手帳にあった“OR”の文字がオーバーランではないかと思い至ります。
国交省に報告義務のないオーバーランでしたが、乗り合わせた乗客らがUPしたツイートなどでその状況が分かってきたのです。

河合が薬物云々の情報をもたらしたのは、それに杏子らが奔走している間に、運転手や関係者らに対する口止めをされていた可能性まで出てきました。
多田は絶体に反撃してやるのだと決意を口にするほどの憤りを見せたのです。

綻びから見えた手掛かり

検察事務官だった円香は、自身が壮一郎によって検察事務官をクビにされた時のいきさつを話しましたが、それが事実だったかどうかは定かではない、むしろ自分に対する気遣いがそこにあったのだと杏子は思いました。

しかし、会話の中で井口の葬儀の時に書かれているはずの芳名帳から住所を辿り、退職者を探っていけば、口を割らせられるのでは、と糸口が見えました。

つきとめたその退職者、北原運転手(平原テツ)はその暮らしぶりから、東神鉄道から口止め料をもらっているのではないかという気配を感じたのです。

多田と杏子は、退職者で怪しい動きを見せている北原の家の前で張り込みをしていました。
その時に、杏子は夫の話をしてしまうのです。

「もう一度、夫と向き合ってみようと思う」という彼女に、多田は、「応援するよ」と口にしてしまい、切ない想いを募らせていくのです。

現れた北原は、二人を振り切って逃げるようにドアの向こうに消えてしまいました。
それを背後から見ている労務管理の小川は、渋い顔をしてエレベーターに駆け込んでしまうのです。

多田の想い

杏子と離れてから、多田はバーで美しい着物姿の女性(森崎友紀)と同席していました。
何事か、匂わせる空気を醸し出していた二人の姿。

そして敵対する河合からも、女っ気が無かった多田のプライベートの理由が杏子ではないか、という突込みが入ります。
杏子は笑って受け流しますが、多田にとっては杏子の事務所への正式採用に関する重要なファクターでもあり、複雑な想いを巡らすことにもなるのです。

求める過重労働の証拠がなかなか出てこず煮詰まってきた杏子らのもとに、一本の電話がかかってきたのはそんなときです。
待ち合わせのカフェにやってきたのは、東神鉄道の小川でした。

真実の、さらに向こう側にあったもの

河合は「2000万円の見舞金で手を打ちませんか?」と申し出ました。

労務管理の小川は、その過重労働とオーバーランの関係を告白したのです。
北原が過重労働を告白したものの、全く改善されないままに井口が亡くなった___その事実を小川は一人で抱え込むことができなかったのだと。

河合は、小川のことを察して、余計なことを言うな、とプレッシャーを与えますが、そのやり取りを聞いていた役員の安西は「裁判は困る、そちらの要求を呑む」と言い出しました。
しかしその引き際が気持ち悪く、多田や杏子には釈然としない思いが残りました。

そのころ。
杏子はホームレスの男性が脱線事故の現場に花を供えていたことを知りました。
彼は事故の時に悲鳴のようなけたたましい汽笛を聞いたというのに、レールにブレーキ痕がなかったのです。

その事実が杏子の頭の中でパズルのように組みあがりました。
壮一郎と交わした会話で、息子の隼人が初めて自転車に乗って上手くいかなかったのは、故障があったからで、本人のせいじゃなかった、ということを話したばかりだったことも幸いしました。

終わりじゃない。

「終わりにしちゃだめだったんです!」
杏子はそうつぶやき、現場を見渡すのです。

運転士の死に隠された真実とは

東神鉄道には和解を突っぱねることを申し渡した杏子たち。
安西らが隠したがっていたのは過重労働ではなかった、整備不良___ブレーキの故障だった、というのです。

ブレーキが利かなかった。

北原のオーバーランも原因は整備不良です。
本来は1年に一度のブレーキの部品交換が、経費節約で2年に一度になっていた…これは安全の基準を会社が守っていなかった紛れもない事実でした。

訴訟を起こす、と畳みかけるように言い募る多田らに、河合は自ら降りました。
彼女が請け負っていたのは過重労働の問題のみで、故障の隠ぺいは自分の問題ではない、というのです。

安西がブチ切れる中で、勝負はついていました。
杏子らの、明らかな圧勝でした。

夫が仕掛ける策略とは

その朝のニュースに、杏子はフリーズしました。
井口の事故が起こる前に、東神鉄道に横浜地検が捜査に入っていたのだというのです。

東神鉄道の異常事態、定期的に部品交換をしていると言いながら、その実それは行われておらず、さらにその費用が架空計上されたことに気づき、捜査が入っていたのに、結果は不起訴。

しかるべき処理が何もなされないままに、北原のオーバーランが、そして井口の死亡事故は起きてしまった、それが今回内部告発で露見したのです。

その当時の横浜地検の責任者は脇坂でした。
テレビの画面では、報道陣に囲まれて糾弾される脇坂の姿がありました。
検事正の御手洗(中村育二)は、そんな脇坂を静かに叱責し、脇坂も首を垂れるのです。

杏子が東神鉄道の案件を担当したその裏で、全ての糸を引いていたのは、林弁護士と、そして、ヒントを与えたのも壮一郎だった___それに気づいてしまった杏子は、自分が大きな輪の中で夫に仕組まれ、政敵である脇坂を追い落とすために利用されたことを知るのです。

多田は、悔しさに涙をこぼす杏子を抱きしめ、その耳元でささやくのです。

「もうやめろよ、もう、別の未来を行けばいい」

杏子は、その言葉に背中を押されてひとつ決断を下すのです。



スポンサーリンク

【グッドワイフ】3話の感想

遺族のために懸命に弁護を行う杏子の姿と、彼女を利用しつくしてまで、違うステージで暗躍している壮一郎の、もはやどす黒いレベルの腹黒さにものすごい乖離を感じます。

壮一郎が家族のもとに戻れたとしても、杏子はもう彼のことを受け入れることはできないだろうなぁ、と。

隼人と綾香のために、ひたすら家を守ってきた杏子は、守るがゆえに、片目を瞑って夫を見てきたことに気づいてしまったのです。

対する江口のりこさんは、清々しいほどに迷いなく、お腹の赤ちゃんまでを利用して自分たちのペースを構築していました。

依頼人の利益を追求するのが弁護士の仕事というのであれば、彼女こそが“良い弁護士”なのかもしれませんが、視聴者側に嫌悪すら抱かせる彼女のお芝居はさすがです。

終盤、ニュース画面を見て呆然としていた杏子と同様に、視聴者側も「えーーーーーー…」と全員が思ったはず。

なぜ、脇坂は東神鉄道を不起訴にしたのか。

もしも壮一郎の一件に注意が向いていて、起訴すべき案件を見逃してしまったのか。
しかしそのせいで人が一人亡くなり、家族の人生が大きく変わることになっていったのです。

杏子が、一層割り切れない気持ちを抱えることになった裏に夫の存在があったとしたなら…きっと、もう二度と戻れないところに杏子は立ち尽くしている、ということなのです。



スポンサーリンク

【グッドワイフ】3話の評価評判

まとめ

今回のスペシャルゲストは料理研究家の森崎友紀さんです。
クラブのママということで、妖艶な雰囲気の和服で登場し、多田との過去を匂わせるようなシーンを展開します。

多田先生はモテる、という河合の言葉もあり。
それでも彼が独身を貫いている理由が杏子なのだということがじわじわと伝わってくるのです。

そしてとうとう、ラストシーンは多田の告白という展開で、杏子自身にも“離婚”の意思が芽生えます。

次週の予告で目に涙をためた杏子の姿と、面会室で壮一郎と多田が対峙するシーンが流れました。

フラッシュ画像のようなカットの細かいたった30秒の予告に、ものすごい密度の情報が詰め込まれています。

壮一郎の大きなたくらみを軸に、杏子や子供たちの人生、そして扱う事件の物語が重なり合って進行していくのです。

そして事前情報でしたが、次回の法廷シーンでは、リアルに常盤貴子さんがリスペクトしている傍聴マニアの男性が登場しますよ。
傍聴席の金髪に赤いパーカーの男性に注目です!



スポンサーリンク