2018年秋ドラマ

黄昏流星群 7話のあらすじと感想評判「美咲(石川恋)、春輝(藤井流星)と結婚するのか」

スポンサーリンク



ドラマ「黄昏流星群」第7話が2018年11月22日(木)に放送されました。ここでは、「黄昏流星群」第7話のあらすじと感想、視聴者の声(評判)を紹介していきます。

いい夫婦の日の放送された黄昏流星群ですが、話の中での夫婦仲はとんでもないことになっています。それでは、あらすじを書いていきます。

黄昏流星群 7話のあらすじ

瀧沢完治(佐々木蔵之介)の病室に、水原聡美(八木亜希子)と須藤武史(岡田浩暉)が見舞いに来た。須藤と聡美は交際を始めたという。聡美と買い物に出た真璃子(中山美穂)は、須藤と屈託なく仕事の話をする完治の姿に寂しさを感じる。

真璃子が家に帰ると、日野春輝(藤井流星)から電話が入った。完治の容体について話す二人だが、美咲(石川恋)の話題になると気まずい空気になる。また連絡して良いかと言う春輝に、美咲のいない時にはかけてこないで、と真璃子は断って電話を切った。

退院した完治が荻野倉庫に出社した。大口の取引先に契約を打ち切られ経営は相変わらず苦しい。完治の入院に一端の責任を感じる川本保(礼二)は気まずそうにしながらも、「経費削減」をうったえる。そんな川本に、完治は新事業の資料を差し出す。

須藤から、別れた家族の思い出の品を倉庫で預かって欲しいと頼まれた完治は、捨てられない品を個別で預かるサービスを考えたのだ。商売として成り立たないと反対する川本だが、荷物の整理まで一人で行うと言う完治の熱意に負けて渋々了承する。

その昼、食堂で働く目黒栞(黒木瞳)を見つけるが何故かよそよそしい態度であった。気がかりながらも、完治は新事業を軌道に乗せるため駈けずり回り、毎日残業をこなしていた。その理由を尋ねることができないまま栞と会えない日々が続いた。実は、栞は完治と別れて欲しいと美咲に言われたことに大きく心を揺さぶられ、ある大きな決断を下そうとしていた。

そんななか、美咲と春輝の結納が行われることになる。真璃子は、美咲に結納して本当に良いのか尋ねた。美咲の正直な気持ちを知りたかったのだ。しかし、お母さんは、お父さんが浮気していることを知っているのか、逆に聞かれる。真璃子は、美咲とお父さんと家族でいたいから家庭を壊さないようにしていたと答える。その答えに、美咲は納得できなかった。

完治は新しく始めた新事業「想い出ボックス」のために、川本に無断で機械を買う。そのことを川本が知り、ビジネスにならないものに余計な投資をするなと怒られる。ところが、完治は銀行時代のIT社長にインターネット事業を協力してもらったことで、事業が軌道に乗り出す。

完治が事業で遅くなるという連絡にため息をついていると、春輝から電話がかかってきて、家にやってきた。真璃子は、作りすぎたパンを春輝にあげる。家族を愛しているからパンを作るのですねと春輝に言われる。その後、真璃子は春輝と夜の遊園地に行った。

完治は栞のもとへ行くと、別れたいと告げられる。一方、美咲は結婚できない、先生とロンドンに行くという置き手紙が残されていた。



スポンサーリンク

黄昏流星群 7話の感想

先週は完治の怪我にどうなることかと思いましたが、そんな心配をする必要のないくらい元気になりましたね。心配した家族や栞がみんな、病院に集合したことで栞にとっては複雑な心境だったのかもしれません。

完治の新事業は軌道に乗り出したようで良かったです。左遷されたことがもったいないくらい完治は優秀だなと思いました。ただ、完治が忙しくなるにつれて、真璃子の寂しさが募るように見受けられました。

真璃子が、完治と栞を目撃してしまったのも、ショックが大きかっただろうなと思います。普通なら、なぜ一緒にいるのか問い詰めるところです。そんなに、我慢しなくても良いのではないかと思います。どちらかが上手くいくと、どちらかがうまくいかないのでもどかしいです。

つらい思いをしている真璃子の心の支えになっているのが、春輝です。今回も絶妙なタイミングでの登場です。この春輝の登場によって、ほっこりするというか、安心してみていられます。

完治と美咲は浮気、不倫相手と別れるという約束をしました。やはり、別れるのはなかなか厳しいようですね。美咲が戸浪教授とロンドンに行くという決断をしたのにはかなり驚きました。孫、祖父といった関係でもおかしくない年齢差でも、愛が芽生えることもあることに考えさせられました。



スポンサーリンク

黄昏流星群 7話の視聴者の声(評判)とまとめ

真璃子と春輝の遊園地デート素敵でしたね。このドラマは何回も繰り返し見ることで面白さを感じるような気がします。それでは、また来週。



スポンサーリンク