2018年秋ドラマ

黄昏流星群 6話のあらすじと感想「完治(佐々木蔵之介)と美咲(石川恋)の決断はいかに?」

スポンサーリンク



ドラマ「黄昏流星群」第6話が2018年11月15日(木)に放送されました。

ここでは、「黄昏流星群」第6話のあらすじと感想、視聴者の反応(評判)を紹介していきます。

黄昏流星群 6話のあらすじ

瀧沢完治(佐々木蔵之介)は目黒栞(黒木瞳)とついに一晩過ごした。真璃子(中山美穂)には、銀行の同期と飲んでいたらタイミングを逃したので、井上英樹(平山祐介)の家に泊まると電話した。そんな完治を栞は心配そうに見ていた。

翌朝、完治は栞と朝食をともにし、清々しい朝を迎えた。しかし、帰宅する完治を送り出し、洗濯物を干し始めた栞は体に異変を感じる。

一方、家に帰ったもののすぐに出社する完治の姿に途方に暮れる真璃子は、水原聡美(八木亜希子)に夫の浮気は確定的だと打ち明ける。

思わず出てしまった完治の携帯電話から聞こえてきた知らない女性の声、表示された目黒栞という名前、そして、明らかにおかしい昨晩の外泊…。ここまではっきり浮気と分かってしまうと逆に問いただす気にもなれないと真璃子は嘆く。

美咲(石川恋)と日野春輝(藤井流星)の結婚を進めるため両家で顔合わせをすることになり、日野家に出向いた完治たちは、豪華な邸宅や春輝の母、冴(麻生祐未)の厳しい目、凛とした物言いに圧倒される。特に、早く孫をと望む冴のプレッシャーに美咲は窮屈に感じていた。

帰り道、完治は美咲に戸浪恭介(高田純次)とは別れるのか問いただす。美咲はきちんと別れるから心配しないでと答える。

完治が荻野倉庫に出社すると、川本保(礼二)が荒れていた。メインの取引先から契約を打ち切られた、という。完治は融資を頼みにかつての勤め先、若葉銀行へと赴くが、融資はあっさりと断られる。完治はその時、初めて融資を断られる人達の気持ちを知った。

美咲が戸浪教授と金沢に行くことを完治は知り、戸浪教授のもとへ会いに行った。完治は戸浪教授に娘と別れて欲しいと頼むが、教授は彼女とただ時を過ごしているだけだという。流星のように、偶然、彼女と軌道が重なり、何万分の一の確率でたまたま出会えたのだという教授の言葉に、完治は栞のことが思い浮かぶ。

完治は出世コースではなかった井上が昇進していることを知り、3000万円の融資をしてもらえることになった。完治は企業努力を試みるが、川本ともめてケガをする。

真璃子と春輝は結婚式の下見に行く。真璃子は美咲となんでも話せる友達親子の関係を築いていると思っていたが、美咲には隠し事があるようで寂しく思っていた。美咲にはほかに好きな人がいるが、その人とは結婚できないということを春輝は知っていた。

春輝もすい臓がんの母を安心させるために早く結婚したかったので、お互いに利用していたのだった。春輝にもほかに好きな人がいて、それは真璃子であると告白した。

完治は美咲に戸浪教授と別れるように言う。美咲は先生とけじめをつける代わりに、完治も栞と別れるようにいう。



スポンサーリンク

黄昏流星群 6話の感想

今回はドラマのタイトルとなっている「黄昏流星群」の意味が、やっと分かる回となりました。戸浪教授と美咲の時間の軌道が重なった…。

何万分の一の確率で出会えたという戸浪教授の言葉を聞いた時、今まで流星群の描写はなかったので、ここで繋がるのかと驚きました。完治と栞にも当てはまることでしたね。

完治と美咲は大きな決断をしましたね。美咲は戸浪教授と別れるから、完治も栞と別れて欲しいと…。美咲はきちんと別れるような気がしますが、完治は栞と別れる決断が出来るのでしょうか?完治と栞は結ばれる話だと予想していたのですが、個人的には今週は予定外なことが起こるなと思いました。

そして、春輝も真璃子に告白するという行動に出ました。春輝と美咲の結婚式の下見であるのに、春輝と真璃子コンビがとてもお似合いで素敵でした。この二人には、以前から幸せになって欲しいと思っていましたので嬉しかったです。

それと同時に、完治と美咲が分かれる決断をした矢先のことだったので複雑な気持ちになりました。

来週の予告では真璃子が栞の存在を見てしまうようです。完治は美咲との別れるという約束を果たして守ったのでしょうか。このドラマを見ていると、みんなが幸せになるのがいかに難しいかということを感じさせられます。



スポンサーリンク

黄昏流星群 6話の視聴者の反応(評判)とまとめ

最初の方は家族全員が不倫するというなかなか奇妙な話でしたが、今回は好きな人と一緒にいることの尊さについて考えさせられましたね。そして、藤井流星くんの人気は相変わらずありますね。それではまた来週。



スポンサーリンク