2019年春ドラマ

【集団左遷!!】7話のあらすじ(ネタバレ)と感想「異動先でも奮闘する片岡達!!」

スポンサーリンク



ドラマ「集団左遷!!」第7話が2019年6月2日(日)に放送されました。

蒲田支店の行員達が異動先でも活躍する姿に注目です!

ここでは、「ドラマ名」第7話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の声(評価評判)を紹介していきます。

集団左遷!!
【集団左遷!!】キャスト(出演者)紹介!銀行員福山雅治が仕掛ける史上最大の下克上!大人がじっくり観られる良質なドラマで定評があるTBS日曜劇場。 2019年春ドラマのTBS日曜劇場は福山雅治さん主演の「集団左遷!...
集団左遷!!
【集団左遷!!】視聴率推移と分析!視聴者の評価評判は?(最新速報)日曜劇場(TBS日曜21時)「集団左遷!!」が2019年4月からスタートします。 主人公の片岡洋(福山雅治)が廃店候補の支店長に着...

【集団左遷!!】7話のあらすじ(ネタバレ)

新しい部署で早くも問題が…

片岡洋(福山雅治)は異動で融資部付部長に配属されました。

本社の役員会議ではAIシステムの導入が検討されて、横山輝生(三上博史)が再度行員のスリム化を提案します。

その時、マルハシホールディングスのCEOが逮捕された話が入りました。

すぐに横山は鮫島正義(小手伸也)に「予定通り計画書を準備して下さい」と連絡を入れるのです。

融資部では3000億円の融資をしている事もあり、部内は混乱していました。

片岡は部下の篠田学(須田邦裕)から5年前にマルハシの親子が対立して、副社長の丸橋太郎(筒井道隆)が実権を握りましたが低迷が続き、1年後にウィルマンズと提携した事を聞きます。

金融庁の検査を翌日に控えて、片岡はマルハシの窓口を真山徹(香川照之)がいる日本橋支店だと知りました。

支店では真山に匿名のメールが入りましたが、支店長に相手にしてもらえません。

役員会議ではマルハシの件で横山が「私に1つご提案があります」と鮫島とマルハシの会長・丸橋雄一郎が入ってきます。

資料を配り、内密で横山が再建計画を立てていた事が明らかになったのです。

融資担当の常務・隅田勝(別所哲也)には話は来ていませんでしたが、「分かりました」と頭取の藤田秀樹(市村正親)は承諾しました。

上司の栖原光男(伊原正之)から融資部の会議に参加を断れて、苛立つ片岡の元に真山が現れます。

そして、メールの事を伝えて隅田に報告しようとしますが、横山にも話をする事になりました。

横山は「ただのいたずらでしょう」と調査を拒み、「これは経営判断です」と去っていきます。

片岡は横山の判断が正しいのか隅田に問い質すと「これを見て下さい」と会議の資料を見せられました。

そして、メールの差出人を探すように片岡は指示を受けて、副社長の元に向かいます。

一方、横山は片岡達の行動を読んだ上で鮫島に「ここに行ってきてもらえませんか」と新聞社に行くように指示をしました。

動き出した片岡

翌朝、本社に金融庁がやってきて、マルハシの再建計画書を10日後まで出すように言われて、横山は自信満々の対応を見せます。

鮫島に呼ばれた梅原尊(尾美としのり)は左遷をされた宿利雅史(酒向芳)の姿を見せられて、片岡との関係を考えるように忠告を受けました。

その頃、片岡は走ってマルハシの副社長の太郎に会いにマルハシ百貨店に行きます。

太郎は三友銀行の動向を尋ねると、片岡は「それで宜しいんですか」と今後の対応を問いました。

2人はCEOのダニエルの背任を疑問に感じるのです。

片岡はメールの送り主は別にいる事を伝えると、「流石ですね、横山さん」と隅田は横山が新聞社に内部情報リークして、自らの状況に有利になるように進めている事を察していました。

融資部に戻り、バタバタしている状況に手伝う片岡が書類を会議室に運ぶと行員が金融庁職員から厳しく書類を追及されています。

その後、書類を梅原の元に持っていきますが、素っ気ない態度を取られました。

すると片岡の電話が鳴り、真山から「また、来たんです」と匿名のメールが来たと報告を受けます。

明日の14時に会うことが決まり、片岡も同席する事になりました。

会長の不正を知る人物

片岡と真山はマルハシの元経理部長・上原友治(モロ師岡)と会い、会長の私的流用が本当だと訴えます。

2か月前にある貸出記録を見つけて、それが会長の秘密をだと分かりましたが、すぐさま出向させられる事になったのです。

副社長の太郎に電話をした片岡は会社の経理部で書類を確認すると署名が違っている事が判明して、改ざんの疑惑が浮上します。

「諦めるのはまだ早いです」と太郎に本当のあり方を尋ねると、2人は会社の会長室に足を運びました。

会長室で鍵を探していると、会長の雄一郎が突如現れて自ら金庫を開けますが何も出てきません。

隅田に報告すると片岡に明日、マルハシの件で会議がある事を伝えます。

「残念ながら、ここでタイムアウトですね」と諦める隅田に片岡は三友銀行の判断を再び問いました。

片岡は本当の貸出記録を再び探し始めるのです。

真山とどう探すか悩みますが、警戒という言葉に閃いた片岡は副社長の太郎に会いに行きます。

ある作戦を立てた片岡

太郎は雄一郎に不正の証拠を見つけたとの電話を入れて、隠れて動向を見守ります。

雄一郎は車に乗って、投資目的で購入したマンションを訪れて書類を持って帰ろうとしました。

そこに2人が現れて、書類を見せるように迫ります。

本社では会議が始まり、隅田が時間を気にしているとドアがノックされて、「どうぞ、入って来て下さい」と片岡と太郎が入ってきました。

片岡は藤田に「こちらをご覧下さい」とある資料を見せて、雄一郎の不正を隠ぺいした事を明かすのです。

横山に再建計画を問うと彼は笑顔を見せて、「片岡さん、貴重な資料ありがとうございます」と新たな案を提案すると表情を変えません。

片岡はその様子に厳しい目線を送ります。

本社の外で片岡と真山は今回の出来事に納得していませんでした。

2人は日本橋支店に何か隠していると新たな疑いが浮上します。



スポンサーリンク

【集団左遷!!】7話の感想

融資部に異動になった片岡ですが、彼の存在感は相変わらず健在で安心しました。

しかし、横山から目を付けられていて、あまり良い待遇は受けていないようです。

横山の派閥が多い中、隅田という片岡の味方になる人物がいて良かったです。

今回から登場してきた人物でしたが、どのような人物なのか気になります。

片岡の意見にも耳を傾けて、横山とは逆の立場を取る隅田の存在は今後も注目したいです。

蒲田支店とは異なり、より身近で多くの敵と対峙する片岡は逞しく見えました。

真山も片岡に相談に来ていましたが、やはり2人の信頼関係は素晴らしいです。

この2人の協力がなければ、今回の事件も解決する事はなかったと思います。

三上は自らの方針を強行していきますが、恐怖すら感じます。

宿利も左遷される事になって、梅原にとっては従うしかないのでしょう。

片岡との仲が悪くなるのは残念ですが、梅原の立場の危なくなってきそうです。

次回は今回明るみになった日本橋支店の隠されている事を調べていくと思いますが、鮫島が支店長として就任するようです。

真山は身動きが取れない状態になるのではないかと心配です。

片岡とどうやって協力して、真相を突き止めるのか楽しみです。

また、元蒲田支店の行員達が集結するのを期待しています。



スポンサーリンク

ドラマ【集団左遷!!】の見逃し配信動画を無料視聴する方法

放送から1週間以内の場合、Tver(民放公式テレビポータル)やTBS FREEで無料視聴が可能です。

Tverで無料視聴する

TBS FREEで無料視聴する

放送から1週間以上経過している場合、Paravi(パラビ)で無料視聴できます。
詳しくはこちらをご覧ください。
【集団左遷!!】7話を見逃した方へ!動画の無料視聴はこちら!

【集団左遷!!】7話の評価評判

まとめ

本部の融資部に異動した片岡の活躍は健在でした。

真山と部署が離れても協力し合う信頼関係は良いですね。

今回から第2章になりましたが、面白いとの声が上がっていました。

次回は日本橋支店が注目されそうですが、横山が今度はどんな手を打ってくるのでしょうか。

片岡と真山のコンビで真相を突き止めるのを期待しています。



スポンサーリンク