2019年春ドラマ

【集団左遷!!】最終回(10話)のあらすじ(ネタバレ)と感想「片岡と横山の最終対決!!」

スポンサーリンク



ドラマ「集団左遷!!」最終回(10話)が2019年6月23日(日)に放送されました。

片岡は最後に下克上を果たす事が出来るのか、注目です。

ここでは、「ドラマ名」最終回(10話)のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の反応(評価評判)を紹介していきます。

集団左遷!!
【集団左遷!!】キャスト(出演者)紹介!銀行員福山雅治が仕掛ける史上最大の下克上!大人がじっくり観られる良質なドラマで定評があるTBS日曜劇場。 2019年春ドラマのTBS日曜劇場は福山雅治さん主演の「集団左遷!...
集団左遷!!
【集団左遷!!】視聴率推移と分析!視聴者の評価評判は?(最新速報)日曜劇場(TBS日曜21時)「集団左遷!!」が2019年4月からスタートします。 主人公の片岡洋(福山雅治)が廃店候補の支店長に着...

【集団左遷!!】最終回(10話)のあらすじ(ネタバレ)

不正の証拠を探す

横山輝生(三上博史)から副頭取に就任した事を聞いた片岡洋(福山雅治)は驚きます。

決定的な証拠がなく、三友銀行にとってメリットがない主張する横山は手を出して、「手帳を渡して頂けませんか」と言いました。

片岡は手帳を出しますが、「この手帳を渡す事は出来ません」と拒み、部屋を去っていきます。

横山の事を梅原尊(尾美としのり)に伝えるとマスコミに告発する事を提案されました。

改めて片岡は梅原に手帳の事を尋ねると、自らの意思で出したと口にします。

更に島津議員(石丸謙二郎)と面会に立ち会っていた事を明かして、「僕が証言しても良い」と覚悟を決めていました。

そして、自分達の代で負を断ち切ると誓います。

片岡は隅田優(別所哲也)に横山が賄賂を渡した人物と場所が書いている紙を渡しました。

内部告発に慎重な隅田は三友を窮地に追い込む危険があると心配しつつ、知り合いの新聞に話に行く事を決めます。

会社に同士を探す隅田と手帳の証拠を探す片岡に分かれて、準備を進めました。

真山徹(香川照之)に事情を話した片岡は梅原との決意を伝えて、書類を渡して政治家と会っていた証拠を探し始めます。

片岡は内部告発での戦い方の正当性を尋ねると、「銀行員として、最後まで戦いましょう」と背中を押されました。

その頃、横山は島津と面会して、片岡達の行動を察して今後の面会を控えると用心します。

証拠を掴んだ片岡達

片岡と真山は定時で帰り、それぞれがリストの場所に行き聞き込みを行います。

横山は藤田秀樹(市村正親)に新規事業プロジェクトの報告をして、「どうか全て飲み込んで下さい」と言いました。

そこにダイバーサーチのCEOが現れて、プロジェクトの打ち合わせをします。

「失礼します」と真山は片岡・隅田・梅原のいる部屋に入り、調査報告をしました。

片岡も証言を得て、隅田と金融庁に行く事を決めます。

その頃、鮫島や栖原光男(伊藤正之)が横山の元に集まっていました。

今後の人事について話をすると「まずは真山さんですね」と横山は緊急で人事異動の書類を部署に出すのです。

走って隅田の部屋に駆け付けた片岡は真山の出向の書類を見て、自分達が横山から脅迫されていると察します。

支店では鮫島から報告を受けた真山は何も言わずに頭を下げました。

片岡は落ち込み、真山に電話しようとすると「片岡さん」と横山に呼び出されます。

真山の出向は自らの責任かと問い質す片岡に横山はプロジェクターで、資料を見せながらダイバーサーチの提携のメリットを説明しました。

不正を批判する片岡に横山は自らの地位まで上がってくるように口にします。

更に片岡の頑張りを評価して出向させずに今回のプロジェクトメンバーに入れている事を明かしました。

当日、手帳も持ってくるように忠告して去っていきます。

ある時、梅原の元に隅田がやってきて、彼はその意味を察しました。

「片岡君」と梅原はロビーで声を掛けて、出向になった事を片岡に話しました。

決断に迷う

1人で会社に残っていた片岡はどうするのか悩んでいました。

そこに隅田から電話が入り合流して、新聞社に向かいます。

新聞社を訪れて片岡は決断が出来ずに「あの隅田さん」と話するのを躊躇いました。

翌日、真山が新聞に目を通すと横山の記事がなく、片岡にも連絡がつきません。

急いで片岡に会いに行くと職場にも来ておらず、隅田達も困っていました。

告発の話を聞いた真山が元蒲田支店に行くと片岡が1人でいたのです。

「やはり、ここでしたか」と声を掛けて、片岡は謝りました。

横山との事や新規事業の事を話した片岡は告発する事が会社のためになるのか、色々と悩みます。

話を聞いた真山は片岡に「後悔しませんか」と尋ねて、「決着をつけましょうよ」と言いました。

その言葉に片岡は立ち上がって「はい」と答えます。

隅田は片岡から連絡を受けて、金融庁に入っていきました。

片岡は梅原にも連絡して、新規事業説明会で決着をつけると伝えて、頼みごとをします。

最終対決を迎えた2人

新規事業説明会に遅れてきた片岡に「来てくれると思ってましたよ」と横山が話し掛けました。

片岡は手帳を新聞社に渡したと事を明かして、ダイバーサーチのCEOにも事情を説明していると口にします。

横山は片岡に自らの行動の重大さを問いました。

負の連鎖を断ち切るのは今だと主張する片岡に今後会社が生きる方法を聞くと「正しくあるべきだと思います」と答えます。

批判的な言葉で返す横山に「最後のお願いです」と不正や隠ぺいを終わらすようにと頼みました。

そして、三友銀行の未来のためと次世代に彼らに道を譲るように伝えます。

「宜しくお願いします」と頭を下げる片岡に横山は自らの非を認めようとしません。

傍にいた藤田は「もういい」と隠ぺいした手帳を出して事実を明らかにしました。

藤田は自らの責任はあると口にすると、隅田が金融庁の職員と入ってきます。

「行こうか、横山くん」と別室に移動しようとする横山は立ち止まる。

振り向いて、「では、皆さん頑張って下さい」と言って、片岡の方をジッと見ました。

藤田は「片岡君、ありがとう」と言い、去っていきます。

部屋に戻った横山は崩れ落ちて、涙を浮かべました。

その後、政界を巻き込んで事件は大きくなって、三友にも変化が訪れます。

隅田が頭取に就任して、生き残りを掛けて新たな人事体制が組まれました。

片岡はセンター長に就任して、真山は銀行を辞めて妻の実家の会社の経理を行う事を決めます。

2人はお互い感謝の言葉を交わして、固く握手をしました。

そして、「まだまだ、お互い頑張っていきましょう」と口にして離れていきます。

元蒲田支店の行員達はそれぞれの職場で奮闘していました。



スポンサーリンク

【集団左遷!!】最終回(10話)の感想

横山本人から副頭取の就任を聞かされて、片岡は驚きを隠せません。

片岡は役員会議で必死に事実を訴えましたが、上層部には伝わらずに悔しそうでした。

上層部の隠ぺい体質は根深くて、簡単には覆す事が出来ない状況でしたが、それでも諦めない片岡は凄いです。

真山と協力して真実を探しますが、2人の正義や熱い思いは銀行員の鏡だと思います。

この2人がいなければ事実は明らかにならなかったはずです。

片岡の真っすぐで素直な気持ちはブレる事はないと思いましたが、まさか横山の言葉に悩んでしまうとは意外でした。

しかし、真山や梅原の言葉に背中を押されて、決意を固めて安心しました。

藤田も自らの過ちを明かした事で事件は一気に解決しましたが、彼なりのけじめだったのだと思います。

負の連鎖を断ち切るためにはそれなりの覚悟がいるのだと、感じました。

新聞社に全てを明らかにして、三友銀行の先行きが心配になりましたが、新体制になって立て直しそうで良かったです。

片岡が人材育成を行う部署の責任者を務める事になって、今後三友銀行がどう生き残っていくのか楽しみです。

真山が銀行を辞めて、片岡とのコンビが見る事が出来ないのは残念ですが、それぞれの道に頑張って欲しいです。

元蒲田支店のメンバーの成長を描く続編があれば、見てみたいです。



スポンサーリンク

ドラマ【集団左遷!!】の見逃し配信動画を無料視聴する方法

放送から1週間以内の場合、Tver(民放公式テレビポータル)やTBS FREEで無料視聴が可能です。

Tverで無料視聴する

TBS FREEで無料視聴する

放送から1週間以上経過している場合、Paravi(パラビ)で無料視聴できます。
詳しくはこちらをご覧ください。
【集団左遷!!】最終回(10話)を見逃した方へ!動画の無料視聴はこちら!

【集団左遷!!】最終回(10話)の評価評判

まとめ

最後までハラハラする展開でしたが、見事に不正を暴く事が出来ましたね。

片岡の熱い思いが最後に会社の体制を変える事が出来て、良かったです。

面白いとの声も上がっていて、最終回を惜しむ声がありました。

第1章と第2章の両方もそれぞれの面白さがあったと思います。

また、続編がある事を期待しましょう。



スポンサーリンク