2019年春ドラマ

【ラジエーションハウス】3話のあらすじ(ネタバレ)と感想「裕乃の笑顔とたまきの涙!」

スポンサーリンク



月9ドラマ「ラジエーションハウス~放射線科の診断レポート~」第3話が2019年4月22日(月)に放送されました。

ここでは、「ラジエーションハウス」第3話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の声(評価評判)を紹介していきます。

今回のテーマはマンモグラフィ検査です。

女性のアイデンティティの根幹を揺るがすともいえる案件に、五十嵐唯織はどう貢献するのでしょうか?

辻村先生と甘春先生の食事が「デート」だったのかも、若干気になりますね!

ラジエーションハウス
「ラジエーションハウス」キャスト(出演者)紹介!科捜研の次は窪田正孝演じる放射線技師!2019年4月スタートのフジテレビ月9ドラマは窪田正孝さん×本田翼さんの「ラジエーションハウス」です。 月曜日の夜は街から若い女性...
ラジエーションハウス
【ラジエーションハウス】視聴率(最新速報)と推移分析!視聴者の評価評判は?月9ドラマ「ラジエーションハウス」が2019年4月からスタートです。 主人公の五十嵐唯織(窪田正孝)は天才放射線技師として、「写真...

【ラジエーションハウス】3話のあらすじ(ネタバレ)

マンモグラフィとたまき

3分測りカップラーメンを作る黒羽たまき(山口紗弥加)。

「おっさんだよ」と仲間に影で言われてしまうが、実は何か悩みがあるようだ。

“3分”とは医者がかけられる実質の診察時間だ。

一方「忙しい診察を陰で支えるのが放射線科医」と講義をしている甘春杏(本田翼)。

「放射線科医は花形」とドヤ顔で語るも、講義室はガラガラだ。

「杏ちゃんカッコイイ!」とウットリ見つめる五十嵐唯織(窪田正孝)だけがテンションが高い。

飲み物を用意していたのに、辻村駿太郎医師(鈴木伸之)を見て隠れてしまう唯織。

「ご飯美味しかったね」などと語り、肩に手を回すそぶりを見せる辻村。

「嘘でしょ」と唯織はしょんぼりするのだった。

・ ・ ・

マンモグラフィ検査は、いまだ広瀬裕乃(広瀬アリス)の苦手分野だ。

ブライダルチェックということでマンモグラフィを受けに来た雑誌編集者の葉山今日子(内山理名)を、裕乃がモニタ係で、たまきが撮影する。

余計なおしゃべりが過ぎ、「プライベートを聞きこまない」と、たまきに怒られてしまう裕乃。

カリカリしているたまきを心配する小野寺俊夫技師長(遠藤憲一)だった。

今日子は「デンスブレスト」という乳腺密度の濃い体質で「画像が読めない」と杏は困る。

病気じゃないから「異常なし」と勝手に打ち込む効率重視の鏑木安富部長(浅野和之)。

困惑していた杏に、たまきは「友人から頼まれた」と、とあるマンモ画像を見せる。

「圧力がたりない、再検査を」と勧める杏。

お礼を言いつつも「散らかっている、男ができないわけだ」とイヤミも忘れないたまき。

画像診断の「未読58件」にため息をつく杏だった。

デンスブレストに潜む危険

唯織は今日子のデンスブレストがわかるマンモ画像を見つめ、急に走り出す。

今日子を追いかけて、「早めに超音波検査を」と主張する唯織。

今日子はデンスブレストなうえに、母・祖母がガンで亡くなっている家系だ。

通常の方よりもリスクがあると主張するが、バスに乗って去ってしまう今日子。

唯織は杏にも直談判に行く。

「高濃度な乳腺を是非超音波で」と主張する唯織。

しかし杏は「日本女性の半数がデンスブレストだし病気ではない、特別扱いはできない」と断ってしまう。

・ ・ ・

たまきが夜勤の買い出しから戻ってくると、裕乃がマンモグラフィの練習をしていた。

「本物で練習してみる?私の胸、貸してあげる」と言い出す、たまき。

「練習」後、USBにデータを映して、削除してしまうたまき。

自分の胸に違和感があるのを気にしている様子で、当直だった唯織はその仕草を目撃してしまう。

裕乃はたまきが消したデータを復元して、驚いていた。

技師長に相談すると、要超音波検査案件だというので、悩んでしまうのだった。

患者・今日子に謝る唯織

「雪景色の教会」という今日子の描いた記事を気に入り、式場見学の予約を入れたと話す婚約者を前に、今日子は悩んでいた。

別の日、「異常なし」のレポートとデンスブレストでは正確な結果が出ないという知識を得て、今日子は唯織に抗議する。

「マンモでは見つけられない、隠れたガンがある可能性もある」という唯織。

「お医者さんは何で大事なこと言ってくれないんですか」と憤る今日子。

後悔している、だからこそ真剣に毎年マンモ検査を受けてきたのに無駄だったのか、との嘆きを、隠れてコッソリ聞いている杏。

唯織は頑張って説得する。

…僕も悔しい、今まで手遅れの患者さんを何人も見てきた。
でも、日本も少しずつ変わり続けているし、変えようと頑張っている人もいる。
最後に自分の命を守れるのは自分だけなんです!

超音波検査をやらせてくださいと、深々とお辞儀する唯織。

影で聞いている杏、目をそらすたまき、心配そうにたまきを見る裕乃だった。

唯織が超音波検査を実施し、杏がまわってきた画像を診断する。

勝手な再検査に、谷山医師が小野寺技師長にクレームを付ける。

「金輪際こういうことのないように」と技師長が怒られている横で、「もう一度造影剤を使ってMRI検査を」と空気を読まない唯織。

些細な病変らしき疑問を見つけてしまったのだ。

怒る谷山医師、母親を乳がんで亡くしている今日子のことを考え、食い下がる唯織。

「おねがいします!」と頭を下げる唯織に、同調する杏!

「1人の女性の命がかかっています、あいまいなレポートは書きたくありません!」と言うのだった。

・ ・ ・

一方、たまきも自分のマンモ画像を見て落ち込んでおり、それを知っている裕乃は行動を起こす!

「同僚のプライバシー」と拒絶しようとするたまきに「10万円払うから超音波検査の練習をさせて!」と食い下がる裕乃。

「減るもんじゃないし、付き合ってやれ」と、事情を察知した技師長も加勢する。

「一番不安なのは患者ご本人です、頑張りましょう」と唯織が裕乃にささやく。

超音波検査室に入る2人を技師長がかばい、結果を見守るのだった。

2つの再検査

たまきと、今日子、両方の再検査が同時進行する!

「今までの努力も決して無駄ではない、石灰化などはマンモでないとわからない」と、今日子を励ます唯織。

「デンスブレストについて教えてくれたのはあなただけ」と、信頼する今日子。

しかしMRIの結果に「これは…!」と唯織。

「蜘蛛の巣状の非浸潤性乳ガンです」と言い、隣で見守っていた杏も、間違いないと認めるのだった。

・ ・ ・

診察台のたまきに指導されながら、口を開けっぱなしで、腫瘍らしき影を真剣に凝視する裕乃。

技師長が外のモニタから「エラストモード!」と指示する。

裕乃は「柔らかい良性の腫瘍、ガンじゃない!」と大喜びだ!

「わかってる」とクールに言いつつも、裕乃に隠れて涙をぬぐうたまき。

外では技師長もホッとしているのだった。

・ ・ ・

「ガンは転移していない、全摘出すれば大丈夫でしょう」と谷山医師が今日子に宣告する。

“全摘”に絶句して、ショックを隠せない今日子。

今日子とたまきが廊下ですれ違う…。

唯織と杏は今日子に頭を下げていた。

泣きながらも「ありがとうございます、早期に発見してくれて」と言う今日子。

「もっとできることがあったと思います」と、上手く気休めを言えない唯織。

今日子は年下の婚約者のことを考え「申し訳ない」と泣き出してしまう。

たまきは我慢できなくなって「何が申し訳ないんですか」と口を挟む。

…乳がんは11人に1人がなる時代、珍しくはない、でも結婚したいと思える相手に出会う確率は奇跡です!

「奇跡を大事にしてください、生きるために決断したあなたを、心から応援しています!」

そう励ますたまきに、お礼をいう今日子。

その様子を隠れて見守っている、裕乃だった。

今日子は、婚約者に乳がんと右胸摘出を打ち明ける。

「手術すれば助かるんだよね?」と言い、自分もメタボやハゲになるかも、お互い様、と励ます婚約者。

泣きながらも笑顔になって、婚約指輪をはめた手を婚約者に差し出す、今日子だった。

支え合うラジエーションハウス

院長室で次第を話すと、「技師と医者も同じかも」と、“支え合い”ということを語る院長。

「昔約束した人って甘春先生?」とズバリ指摘され、パンダの糞でできたという熊猫健康茶をグイっと飲んでしまう唯織だった。

今日子は『雪山の中で白兎を探すのに似ている、乳がんの検査』と経験を記事にする。

・石灰化の有無をグラフィで調査すること
・デンブレストかどうか聞くこと
・もしそうなら、超音波検査を推奨すること

今日子は後輩たちに記事をほめられ、幸せそうにのろけているのだった。

調子を取り戻して、カップラーメンをすするたまきは、「広瀬、10万!」と裕乃をからかう。

一方「素敵な雑誌が発売されました!」と、頑張って今日子の記事を杏に見せる唯織。

「甘春先生が検査を後押しして下さったおかげ」とお礼を言い、いい雰囲気に持っていきたかったのだが…。

「言っておきますけれど、あなたには負けませんから!」と、強面に返してしまう杏。

辻村先生と楽しそうに、立ち去る杏を見送り、「うそだろ…」と呟く唯織だった。



スポンサーリンク

【ラジエーションハウス】3話の感想

マンモグラフィのこと、乳がんのことは何となくしか知らなかったので、とても勉強になりました!

超音波にMRI、どの検査方法も完璧ではなくて、病変の特徴次第なのですね。

また、たまきのキツイ態度も、後からよく納得できましたね!

裕乃の雑談を叱った時も、自分に余裕がなくなっていたのですね。

それでも「乳がんより結婚相手を見つける方が奇跡」との話が言えるようになったのは、裕乃の粘りのおかげでした。

裕乃役の広瀬アリスは、嬉しそうな演技が上手いですね!

全身で、たまきのために喜んでいるのが、クールなたまき本人や技師長と対照的で、感動シーンでした。

・ ・ ・

それにしても、相変わらずワンコのように甘春杏のことを慕う、窪田正孝演じる五十嵐唯織が可愛すぎます。

ドリンクを杏に渡し損ねた、少年のように情けないシーンもありましたね!

最後のシーンで「うそだろ」と言った呆然の演技も、ピュアさが出ていて良かったです。

「うそ」とは、辻村と杏の仲が良さそうなのを信じたくないということでしょうか、それとも「負けませんから」と杏にライバル視されたことでしょうか。

そろそろ、過去の約束を杏に話してみてもいいように思うのですが、やっぱり打ち明けない、唯織なのでした。



スポンサーリンク

【ラジエーションハウス】3話の評価評判

月9ドラマ【ラジエーションハウス】の見逃し配信動画を無料視聴する方法

放送から一週間以内の場合、TverやFODで無料視聴することができます。

Tverで無料視聴する

FODで無料視聴する

放送から一週間以上経過している場合、FODプレミアムで無料視聴ができます。
詳しくはこちらをご覧ください。
月9【ラジエーションハウス】3話を見逃した方へ!動画の無料視聴はこちら!

まとめ

無事病気を打ち明けても、婚約者に受け止めてもらえた、患者の今日子。

それに対して、杏にライバル視されて、アプローチどころか過去を思い出してすらもらえない唯織。

「そんなんじゃ、辻村先生にかっさらわれるぞー!」と心配です。

しかし、次回は急展開がありそうです!

何と唯織と杏が2人でいる時に、杏が寝入ってしまい、唯織が肩を貸すシーンが予告にありました。

なんで2人きりになれたのかも、興味津々です。

次回は4/29、GWに入りますが、ドラマ「ラジエーションハウス」は見逃せませんね!



スポンサーリンク