2019年冬ドラマ

【スキャンダル専門弁護士 QUEEN】2話のあらすじと感想評判「セクハラ疑惑に氷見たちが挑む!」

スポンサーリンク



ドラマ「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」第2話が2019年1月17日(木)に放送されました。

ここでは、「スキャンダル専門弁護士 QUEEN」第2話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の声(評価評判)を紹介していきます。

今回、氷見たちは広告代理店クリエイターのセクハラ疑惑に挑む。

次第にこの疑惑の裏に隠された秘密が明らかに。

【スキャンダル専門弁護士 QUEEN】1話のあらすじと感想評判「国民的アイドルグループの秘密!」

【スキャンダル専門弁護士 QUEEN】2話のあらすじ(ネタバレ)

依頼者登場

氷見(竹内結子)の元に大手広告代理店人事部長の藤原貴美子(国生さゆり)とクリエイティブディレクターの谷正輝(波岡一喜)がやって来る。

谷は契約社員へのセクハラを疑われ、そのことが週刊誌『週刊文新』に出て困っていた。

谷と貴美子は事実無根だと主張。

氷見はとりあえず代理店を調査すると告げるのだった。

事実確認のため調査へ

与田(水川あさみ)と藤枝(中川大志)が代理店に行き、社員たちに話を聞く。

しかし誰からもセクハラをに関する話を聞くことはできないのだった。

その頃、氷見は『週刊文新』の編集部を訪れると東堂(泉里香)を通じて編集者に話を聞くことに。

そこで氷見は、谷のセクハラ被害者が暴露本を出そうとしていることを知る。

被害者と接触

与田と藤枝は被害者が暴露本を出そうとしていることを貴美子に報告すると、貴美子は激怒し、出版をやめさせるよう言う。

すると与田はそのために被害者の名前を教えるよう迫るのだった。

その後、氷見と与田は被害者の女性の佐藤瑠璃(成海璃子)に会いに行く。

氷見は暴露本の出版中止のためお金で解決しようと提案するも瑠璃は拒否。

瑠璃は谷の謝罪を要求するのだった。

その後、氷見は鈴木(バカリズム)を連れて貴美子の元へ行き、瑠璃は谷の謝罪を望んでいることを伝えるも、貴美子は謝罪はしないと言うのだった。

被害者の宣戦布告

瑠璃はセクハラ被害者として動画で顔を出し、これからも戦うとを宣言。

すると瑠璃が顔を出したことでネットでは瑠璃への誹謗中傷で盛り上がるのだった。

その後、氷見たちはテレビのニュースで谷のパワハラの様子を録音した音声が公開されているのを目にする。

谷と貴美子はパワハラのことを隠していたのだった。

氷見と与田はたちと貴美子の元を訪れると、瑠璃が次に何を仕掛けてくるか分からないから傷が浅いうちに謝罪した方が良いと話す。

しかし、氷見の提案には応じず貴美子は謝罪なしで解決するよう強い口調で言うのだった。

被害者と加害者の関係は?

氷見たちはトレーニングジムで汗を流しているとそこのスタッフから谷と一緒に瑠璃もこのジムに来ていたことを聞くのだった。

氷見たち谷と瑠璃が付き合っていたのではと推測。

真野は谷の仕事のデータを盗むと、谷はある時期から交友関係が派手になり会社の経費を使い込んでいたことが判明。

氷見と与田は年齢を偽り広告代理店勤務の男と合コンをする。その中で谷についての話も聞くのだった。

その頃、藤枝は貴美子に接触すると、発売前の週刊誌の記事を持っていたことが判明。

その記事の内容は、谷のセクハラを認めるもので、他にも谷の女性関係、経費の着服など問題行動を暴露するものだった。

その後、氷見は貴美子の元を訪れなぜ今になって谷のセクハラを認めたのか問うと、貴美子は自分たちは谷に裏切られたと話す。

そしてセクハラ問題については終了したが暴露本の出版中止の件が残ってると貴美子は言うのだった。

代理店が隠したい秘密

氷見らは代理店側は隠したい情報があり、それを隠すために谷のセクハラのネタを売ったと推測する。

すると氷見と与田はある結論に落ち着く。

会社が利益優先で尋常じゃないノルマを営業部に課す。すると自ずとクリエーティブ側は短期間で広告を量産しなければならなくなる。

そうなれば質が落ち粗悪品や盗作が生まれるように。

そして優秀なクリエイターだった谷がそれらを作ったことにすることで会社は利益を得ていたと氷見と与田は推測。

つまり、会社は盗作を容認していたのだ。

さらに氷見と与田は谷と瑠璃が同じハリネズミのアクセサリーを身につけていたことに気がつくと二人が付き合っていたことが判明。

氷見は谷と瑠璃を呼び出すと、谷と瑠璃は口喧嘩を始める。

氷見はそれを止めると「あなたたちは利用されているんです」と言い、「解決方法を提案します」と言う。

そして、氷見は解決法提案の前に谷は瑠璃に謝罪するように、瑠璃は暴露本出版を中止するよう言う。

しかし、瑠璃は暴露本を予定通り出版すると言うのだった。

決着

氷見は代理店を訪れ盗作について問い詰めると、氷見はこのことを口外しない代わりに謝罪会見を開くよう言うのだった。

瑠璃の暴露本については、与田が瑠璃と谷の関係を週刊誌記者の茂呂(佐野岳)にリークしたことで出版が中止になるのだった。

氷見の過去

無事今回の件を解決した氷見は茂呂と会い話す。そこで氷見は茂呂に過去の殺人事件の記事を見せられ「人を殺してますよね?」と問い詰められるのだった。



スポンサーリンク

【スキャンダル専門弁護士 QUEEN】2話の感想

真野が過去に不倫経験がありそれが一国の大統領だったという意外な過去が明らかになり、しかも最後には黒人の息子が登場し面白かった。

それにしても斎藤由貴が不倫経験ある女性の役なのは面白いなと思った。

瑠璃が顔を出しセクハラと戦うことを宣言するも、ネットで誹謗中傷を受ける場面では、少し前にレイプ告発をしてバッシングを受けたジャーナリストの一件を思い出した。

また代理店が盗作を容認していたことが明らかになった場面では、東京オリンピックのロゴの一件を思い出し、次回以降も実際に起きた出来事のパロディ的要素が組み込まれるんだろうなと思った。

茂呂が氷見に過去の殺人事件の記事を見せ「人を殺してますよね?」と言う場面では、前回に続き今回も氷見の過去についての謎を残し終わったなと思った。

氷見と茂呂が知り合いだったことにまず驚いたが、氷見が過去に人を殺していたことが判明しさらに驚き衝撃的だった。

もしかしたら本当は殺してなくて何か疑われた理由があるのかもしれないが今後明らかになるのを楽しみにしたい。

最後の場面を観て、序盤で氷見が茂呂をじっと見つめていたのも、ただただイケメンだから見惚れていたのではなかったんだなと思った。



スポンサーリンク

【スキャンダル専門弁護士 QUEEN】2話の評価評判

ドラマ【スキャンダル専門弁護士 QUEEN】の見逃し動画を無料視聴する方法

放送から一週間以内の場合、TverやFODで無料視聴することができます。

Tverで無料視聴する

FODで無料視聴する

放送から一週間以上経過している場合、FODプレミアムで無料視聴ができます。
詳しくはこちらをご覧ください。
【ドラマQUEEN】2話の見逃し動画を配信しているサービスで無料視聴!(1月17日放送)

まとめ

次回は氷見たちが殺人事件の被疑者を担当するということなので、これまではあまり弁護士ドラマっぽくなかったが、次の話では弁護士ドラマっぽい展開になるのではないだろうか。

また個人的にバカリズム演じる鈴木太郎のキャラクターが好きで今回はあまり出番がなかったので次回に期待したい。

これまで1話と2話を観てそれぞれ実際に起きた出来事のパロディ的要素が組み込まれていたので、次回はどんな事件のパロディが組み込まれるのか楽しみだ。

https://www.doraeiga-vr.com/queen-2-watching/



スポンサーリンク