2019年夏ドラマ

【ノーサイド・ゲーム】5話のあらすじネタバレと感想!君嶋とサイクロンズが窮地に!?

スポンサーリンク



ドラマ「ノーサイド・ゲーム」第5話が2019年8月11日(日)に放送されました。

君嶋とサイクロンズが更なる窮地に追い込まれそうですが、打開出来るのでしょうか。

ここでは、「ノーサイド・ゲーム」第5話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の声を紹介していきます。

ドラマ「ノーサイド・ゲーム」見逃しても1話から最新話まで動画を無料で視聴する方法!ドラマ「ノーサイド・ゲーム」を見逃しても無料で全話視聴できるサービスを紹介します。初回の方は、登録しないと損なサービスです。...
ドラマ【ノーサイド・ゲーム】あらすじと原作小説ネタバレ!ドラマ「ノーサイド・ゲーム」は、池井戸潤さんによる小説が原作となっています。 ここでは、ドラマ「ノーサイド・ゲーム」の各話のあ...

【ノーサイド・ゲーム】5話のあらすじ(ネタバレ)

勢いに乗るアストロズ

アストロズは開幕から負けなしで10連勝と勢いに乗っていました。

ブルズとの第11節を迎えて、ロッカールームのいた選手達に君嶋隼人(大泉洋)は「優勝だ」と叫び、士気が上がります。

七尾圭太(眞栄田郷敦)はトキワ自動車の内定が決まっていましたが、君嶋からある提案をされていました。

ラグビーに仮入部という方になっていて、彼は悩みます。

本社の来ていた君嶋は脇坂賢治(石川禅)から滝川佳一郎(上川隆也)の動きを聞きました。

風前の灯火であるアストロズを含めて、忠告を受けます。

その中で迎えた12・13節は大差をつけて勝利を収めました。

破竹の勢いで14節を迎えたアストロズは試合会場でサイクロンズの津田三郎(渡辺裕之)と鍵原誠(松尾諭)に声を掛けられます。

津田から厳しい言葉を浴びせられて、柴門琢磨(大谷亮平)の様子に君嶋は心配しました。

サイクロンズの試合を見るアストロズは圧倒されてしまい、改めて力の差を感じるのです。

ある日、府中工場に視察に来た滝川は人員削減を推し進めようとします。

君嶋はカザマ商事の買収話が正式な発表前に新聞に載った事を引っ掛かっていました。

それは買収話がなくなる事がないと彼は読みます。

グラウンドでは居残り練習をしている本波寛人(天野義久)と佐々一(林家たま平)達に岸和田徹(高橋光臣)が声を掛けました。

本波と岸和田は佐々のある能力を認めて、アドバイスをして練習に加わりその様子を柴門は見ていました。

1人残っていた君嶋は佐倉多英(笹本玲奈)から柴門がサイクロンズ戦に向けて、苦戦している事を聞きます。

佐倉から同期という言葉を耳にして、風間有也(中村芝翫)と滝川が動機だったという事を突き止めました。

脇坂もその事を知らず、他の企みがあるかもと考えます。

滝川と風間は2人で面会していて、買収の話をするのです。

突破口を見つける

ある日、ジュニアラグビーが行われて、君嶋の息子である博人(市川右近)も参加します。

次の試合のメンバーが大和田から発表されて、博人はレギュラーから外れて落ち込みました。

サイクロンズの津田はアストロズとの試合に向けて不安要素を無くすため、里村亮太(佳久創)の攻略を立てます。

柴門と君嶋はグラウンドで現状を話して、君嶋は選手達の頑張りをお褒めました。

2人が話していると柴門は急に走り出して、ビデオを確認します。

時間を計り出して、駆け付けた君嶋に「俺も腹を括るしかないな」と言いました。

選手達を集めて、作戦会議を始めてリロードの時間に突破口を見つけます。

パワーではなく、スピードで勝負すると決めて特訓の必要性を口にしました。

レスリング場で君嶋も着替えて、練習をし始めます。

吉田沙保里が登場して君嶋は気合いを入れて突っ込んでいきますが、技を掛けられてしまいました。

早速、グラウンドで選手達がレスリングを応用した練習を取り組みます。

最後は気持ちが優先すると口にして、飛び道具が欲しいと柴門は作戦を考え始めました。

夜になり、柴門は七尾をご飯に誘い、一度アストロズを見て欲しいとお願いします。

練習をしている選手達は緊張のあまりミスが多くて、不安が募っていました。

選手達の様子を心配していた君嶋に取材依頼の話が耳に入り、津田と柴門の合同記者会見を行う事になります。

トキワ自動車本社で合同記者会見が始まって、柴門は城南大学の退任の話や現在の心境を質問されました。

皆の注目を浴びる中で柴門は「徹底的に叩き潰す」と言い切り、津田に宣戦布告をするのです。

会見を見ていた選手達の士気が上がり、君嶋の戦略は成功しました。

決戦当日を迎える

サイクロンズとの優勝決定戦当日を迎えて、グラウンドでは選手紹介をされます。

ロッカールームでは君嶋や佐倉も円陣に加わり、「勝つぞ」と気合いが入りました。

社長の島本博(西郷輝彦)や役員達も応援に来ていて、今季最高の集客数にもなります。

島本は期待を高まらせ「あとは勝つだけです」と君嶋が口にして、運命の試合が始まりました。

攻撃は軸である里村はことごとく止められて、激しい攻防が繰り広げられます。

パスミスからサイクロンズにトライをされてしまいますが、アストロズのフォワードが力を発揮していくのです。

しかし、徐々に点差が開き苦しい展開で前半を終えます。

負傷した本波が交代する事になりましたが、柴門は驚きの采配を見せました。

里村に代わって、佐々が入る事になります。

流れを変えた飛び道具

佐々は観客席にいた博人と合図をして、後半戦が始まりました。

テンポが良くなって佐々のパスが飛び道具として活躍します。

佐々自身もトライを決めて、徐々に点差は縮まります。

サイクロンズも底力を出して、4点差の状態で20分が過ぎてしまいました。

試合も残り僅かでトライしか勝つ方法がないアストロズは声援を受けて、ラストのプレイをします。

次々とパスが通り、最後のトライがビデオ判定になりましたが、結果ノートライになってしまいました。

激戦の末、力尽きたアストロズの姿に「負けた」と口にして、君嶋は落胆するのです。



スポンサーリンク

【ノーサイド・ゲーム】5話の感想

アストロズは破竹の勢いでプラチナリーグを勝ち進んでいき、誰にも止める事が出来ないように感じました。

しかし、サイクロンズの試合を見て実力の差を目の当たりにします。

柴門は必死で突破口を探している時に君嶋との会話から見つけるとは意外でした。

役割は違う2人でもチームのために力を合わせた事で歯車がここまで上手く行くとは名コンビだと思います。

君嶋は柴門や選手達との絆が深まり、サイクロンズにも果敢に立ち向かっていきます。

経営面でも知恵を絞って、アストロズに貢献していく君嶋の行動は素晴らしいです。

激戦の末、試合には負けてしまいますが、ここまで強くなったのは選手達がぶつかりながらも結束を固めた結果です。

今後更なるチームの活躍に期待が出来ます。

佐々や若手選手も頭角を現して、レギュラー陣に匹敵する日も近くなってきました。

その中で、七尾が新たなに加わってくれないか注目しています。

アストロズの試合を見て刺激を受けたはずなので、チームに入って欲しいです。

プラチナリーグ2位で優勝には届かなく、収支も劇的な改善をする事が出来なかったチームは今後存続できるのか気になります。

滝川の経営戦力で厳しい状況のアストロズが巻き返す事が出来るのでしょうか。

君嶋は今後、どのような選択をしていくのか楽しみです。



スポンサーリンク

ドラマ【ノーサイド・ゲーム】の見逃し配信動画を無料視聴する方法

放送から1週間以内の場合、Tver(民放公式テレビポータル)やTBS FREEで無料視聴が可能です。

Tverで無料視聴する

TBS FREEで無料視聴する

放送から1週間以上経過している場合、Paravi(パラビ)で無料視聴できます。
詳しくはこちらをご覧ください。
【ノーサイド・ゲーム】5話を見逃した方へ!動画の無料視聴はこちら!

【ノーサイド・ゲーム】5話の視聴者の声

まとめ

宿敵サイクロンズとの優勝決定戦は接戦で見応えがありましたね。

試合には負けてしまいましたが、ここまで強くなったアストロズは立派です。

面白いや感動したとの視聴者の声も上がっていました。

次回は君嶋が自らの出世の道に選択を迫られそうです。

果たして、どのような答えを出すのか気になります。



スポンサーリンク