なつぞら

【なつぞら】「東洋動画の実在モデルは東映アニメーション?!」

スポンサーリンク



なつぞらに登場する『東洋動画』は、親会社である『東洋映画』の社長の大杉満(角野卓造)がアニメの将来性を見通して『東洋のディズニーアニメ』を目指して設立されたアニメーション会社です。

なつが入社を決めた『東洋動画』の実在するモデルは現在の『東映アニメーション』だと言われています。

東洋動画の実在のモデルは日本動画

東洋動画のモデルとなったのは、昭和23年に創立された『日本動画』です。

その後、昭和27年に『日本動画』株式会社は『日動映画』株式会社に称号変更をします。

当時の動画スタッフは20数名。

動画の草創期であったこともあり、経営状態は思わしくなかったようです。

そんな中、アニメに将来の展望を見出した大杉社長のモデルであった『東映』の初代社長大川博氏が『日動映画』を買収する形で親会社となりました。



スポンサーリンク

東映動画株式会社が日本初の長編カラーアニメ『白蛇伝』を制作!

昭和31年、東映に買収された『日動映画』は『東映動画』株式会社として設立され発足します。

設立当時のメンバーの1人に、なつぞらの仲努のモデルである森康二氏がいました。

東映動画株式会社の創立は日本のアニメの発展に向け大きな礎を創ることとなります。

35名程いた発足メンバーはほぼ「日動映画」株式会社からの移籍メンバーで成り立っていました。

当時はまだ、アニメ制作に関する知識や情報は乏しく、東映動画は、日動映画を買収することによりアニメのノウハウも同時に習得する事を狙いとしていました。

その後、1956年に東映東京撮影所に隣接して専用のスタジオを完成させ、翌年には同スタジオに移転、本格的な長編アニメの制作に着手することになります。

それが日本初の長編カラーアニメ『白蛇伝』でした。

なつぞらでは『白蛇姫』として登場します。

長編アニメ『白蛇伝』制作にあたり1957年東映動画は東映動画第一期生となるアニメスタッフの大募集を行います。

なつぞらではなつと共に『白蛇姫』制作にかかわる主要メンバー達が東映動画第一期生のモデルとなっています。

なつが入社試験を受ける前に 元警察官として仲努から紹介された川島明演じる下山克己は大塚康生氏のモデルとされており、彼も東映動画の第一期生となっています。

ドラマでは、一足先に『東洋動画』(東映動画)にかかわっていたように描かれています。

募集、採用は一斉にではなく長期に渡り何度かにわけて行われていたことがドラマから推測される一コマといえます。

そして『白蛇伝』制作の傍ら、『狼少年ケン』など多くのテレビアニメに対応するためスタジオの設備の増設を続け現在のようなスタジオに成長を遂げていきます。

なつぞらで『白蛇姫』のモデルとなった『白蛇伝』は、スタジオが完成後日本でテレビ放送がはじまって5年後に当時の価格としては最高の4000万円もの
制作費と9か月という長期に渡る制作期間を経て完成しました。

日本初のカラー長編アニメ『白蛇伝』は日本のアニメ業界に新たな風を吹き込みました。



スポンサーリンク

現在の東映アニメーションになるまでの経歴

その後、『白蛇伝』(白蛇姫)に影響を受けて、東映動画(東洋動画)に入社する染谷将太演じる神地航也のモデルの宮崎駿氏をはじめ中川大志演じる坂場一久のモデル高畑勲など、ジブリ映画で一世を風靡するなど長編アニメに貢献する人々が、東映動画(東洋動画)で活躍の場を広げていきました。

その後も、順調に日本のアニメ界を牽引してきた東映動画でしたが1971年に初代社長の大川博氏が亡くなると、後任の岡田社長が赤字続きの長編アニメ制作のコストダウンをするために東映動画のスタッフのリストラやロックアウトを敢行するなどしたことから激しい労使紛争が続き、制作に没頭っできない環境に嫌気がさした宮崎駿はじめ、多くの有力なアニメーターらは、新天地を求めて東映動画を去っていく事となります。

同時期、なつのモデルである奥山玲子も東映動画を辞めたいと考えたようですが、有力なスタッフが次々と辞任していく中、東映動画を辞める事が出来ませんでした。

その後も、テレビシリーズに押され、コストがかさむ長編アニメの制作は縮小されていく一方でした。

が、また、その一方で、大手制作会社というイメージは放送局や広告代理店、出版社などに安心感を与える事となり、少年漫画雑誌などから原作となるアニメの依頼も順調に増えていきました。

漫画が原作となるテレビアニメの制作はその後も勢いを落とすことなく1972年に放映を開始した『マジンガーZ』を筆頭に『キャンディ・キャンディ』『Drスランプアラレちゃん』など、玩具メーカーと提携をし、キャラクターグッズも販売するなど、アニメ業界として様々な方面への多角化へと発展を遂げていきます。

知名度を上げる事で1951年には『カンヌ映画祭』へ日本で初となるアニメ作品『マジンガーZ』を出店するも、日本のアニメの認知度は世界には通用せず惨敗をきします。

それにもめげずに東映は海外にアニメを売り込んでいった結果、1978年『キャンディ・キャンディ』と『UFOロボ・グレンダイザー』がその突破口を開きます。

1990年に入り、フランスで敷かれていたアニメの様々な規制が外れた事で『ドラゴンボール』『美少女戦士セーラームーン』などの作品が日本のアニメの世界進出の
大きな口火を切る事となります。

世界進出をきっかけに東映では新たな人材育成が不可欠となり、現在は閉所していますが、東映アニメーション研究所を設立し、デレクター・アニメーター・美術デザイナー、CGクリエイターの研究生を募集しました。

その後1998年に現在の『東映アニメーション株式会社』に商号を変更しました。

〆の一言

『日本動画』として出発し、実に50年程の長き歳月をかけ、世界的に有名になった『東映アニメーション』なつぞらに登場する『東洋動画』は、まさしく『東映アニメーション』の激動の50年を物語るストーリー展開と言えるのではないでしょうか。

ヒロインなつの活躍と共に『東洋アニメーション』のたどってきた波乱の軌道に思いをはせつつドラマの展開も楽しみにしたいと思います。



スポンサーリンク