なつぞら

【なつぞら】9話「泰樹(草刈正雄)たちに迎えに来てもらい、柴田家へ戻るなつ(粟野咲莉)。」

スポンサーリンク



ここでは、NHK朝ドラ「なつぞら」第2週「なつよ、夢の扉を開け」の9話のあらすじ(ネタバレ)・視聴者の評価評判・感想についてお伝えしています。

なつ(粟野咲莉)は保護された警察署から逃げ出してしまいます。

剛男(藤木直人)たちが警察署に着いた時には、なつはもういませんでした。

剛男は、孤児院で初めてなつとなつの兄に会った時のことをみんなに話します。

その頃、なつは帯広の川にいたのでした。

朝ドラ【なつぞら】あらすじネタバレを公開中!(1話から最終回結末まで追跡)朝ドラ「なつぞら」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「なつぞら」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)を無料視聴する方法はこちら!2019年4月から始まった連続テレビ小説「なつぞら」。 連続テレビ小説の記念すべき100作目ということで、豪華キャストが話題になっ...

朝ドラ「なつぞら」  9話のあらすじ(ネタバレ)

柴田家のみんなは必死になつ(粟野咲莉)を探します。

その時、富士子(松嶋菜々子)は「あの子の母親になれる自信がない。やっぱりお兄さんたちといるのが一番だと思う。」と弱音を漏らします。

「とにかく今はなっちゃんを探そう!」と言う剛男(藤木直人)。

その頃なつは、川辺で魚を焼きながら父からの手紙を読み返していました。

手紙を読みながら涙が溢れてくるなつ。

しかし、父の願いであった家族みんなで浅草の祭りに行くことを頭の中で想像すると、涙を流しながらも少しだけ笑みを浮かべます。

それは、なつが初めて自分の想像力で描いた最初の夢でした。

その瞬間、「なつ!!」と呼ぶ泰樹(草刈正雄)の声が響きます。

なつを迎えに来た柴田家のみんなの顔を見て、涙をこらえきれず号泣するなつ。

そして「どうして私には家族がいないの?」と怒ります。

泰樹は「もっと怒れ!怒ればいい!!」と声をかけます。

するとなつは泰樹の元へ走って行き、強く抱きつくのでした。

そんななつに「お前には家族はいない。だが、わしらがいる。一緒にいる。」と言う泰樹。

泰樹は小さいなつを抱きしめながら涙が溢れてくるのでした。

なつは柴田家のみんなと帰路につきます。

「今度黙っていなくなったら絶対に許さないからね!」と涙ながらになつに声をかける富士子。

そして富士子はなつと夕見子(荒川梨杏)と手をつないで歩きだすのでした。

帰り道に「雪月」に立ち寄り、アイスクリームを食べる柴田家の面々。

剛男はアイスクリームの美味しさに感動し、「この味で僕は戦争が終わったことを実感しました!平和の味がします。」と言います。

とよ(高畑淳子)と泰樹の軽妙なやり取りに自然と雰囲気が明るくなります。

すると照男(岡島遼太郎)が泰樹に「僕にも搾乳を教えてください!」と頼みます。

すると泰樹は「分かった。教えよう。夕見子もやるか?」と言います。

「私はやらないわよ。やるくらいなら家出するわ。」と夕見子らしく答えるのでした。

柴田家に戻ったなつは、泰樹たちの代わりに牛舎を守ってくれた悠吉(小林隆)と菊介(音尾琢真)にお礼を言います。

泰樹が搾乳の時間に家を空けることなど、今までになかったことだったのです。

牛たちに「ただいま!」と挨拶をするなつ。

そして産まれたばかりの仔牛に「きっとお兄ちゃんたちも大丈夫。私はここにいても大丈夫よね?」と声をかけます。

そこへ泰樹がやって来て「なつ、ちょっと来てみろ。」と2階の物置に連れて行きます。

すると泰樹はなつに「バターチャーン」というバターをつくる機会を見せてくれます。

「これで牛乳から世界一のバターを作るんだ。俺の夢だ。」と嬉しそうに話す泰樹。

その「世界一のバター」という言葉になつの目は輝くのでした。



スポンサーリンク

朝ドラ「なつぞら」  9話の評価評判は?



スポンサーリンク

朝ドラ「なつぞら」  9話の感想

なつが柴田家に戻ってきました。

川辺でなつが父からの手紙を読んで泣きながらも、家族でお祭りに行くというなつ自身の想像力で描いた夢のシーンは、将来のなつのアニメーターとしての片鱗を見た気がします。

初回以来で物語本編にアニメーションが出てきましたね。

物語の重要な場面でアニメーションを効果的に使い、なつの夢という想像の世界をアニメーションで描くことによって、現実との対比が上手く現わせていて印象的でした。

アニメーションが本編に出てくることは少し違和感があるかと思っていましたが、今回のアニメーションはとても効果的で全く違和感なしに見ることが出来ました。

今回も粟野咲莉ちゃんの演技に脱帽でしたね。

なつが、柴田家のみんなに自分の気持ちをさらけ出して怒ることが出来、ここが自分の居場所だと思えたことは本当に良かったです。

泰樹はなつの気持ちをよくわかっていて、しっかりなつの気持ちを受け止められる存在です。

「もっと怒れ!怒っていい。お前には家族がいない。でもわしらが一緒にいる。」

この言葉になつは救われたのでしょう。

2人のやりとりに今朝も涙がこぼれました。

柴田家に居場所を見つけたなつは、今度は泰樹の夢であるバターづくりに挑戦するのでしょうか?

今後の展開も楽しみです。

朝ドラ【なつぞら】あらすじネタバレを公開中!(1話から最終回結末まで追跡)朝ドラ「なつぞら」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「なつぞら」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)を無料視聴する方法はこちら!2019年4月から始まった連続テレビ小説「なつぞら」。 連続テレビ小説の記念すべき100作目ということで、豪華キャストが話題になっ...


スポンサーリンク