なつぞら

【なつぞら】87話のあらすじと感想!新人の神地の才能に驚くなつ

スポンサーリンク



ここでは、NHK朝ドラ「なつぞら」第15週「なつよ、ワクワクが止まらない」の87話のあらすじ(ネタバレ)・感想についてお伝えしています。

久しぶりに東洋動画に出勤したなつは、早速「ヘンゼルとグレーテル」の企画を話すと、麻子(貫地谷しほり)や坂場(中川大志)の賛成を得てその企画が通ります。

「ヘンゼルとグレーテル」のあらすじについて考えていた坂場はなつの意見を聞きに突然風車へやって来ます。

なつのヘンゼルとグレーテルへの思いとあらすじへの意見を聞いた坂場は「この企画は必ず僕が通します。」となつに話すのでした。

朝ドラ【なつぞら】あらすじネタバレを公開中!(1話から最終回結末まで追跡)朝ドラ「なつぞら」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「なつぞら」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)を無料視聴する方法はこちら!2019年4月から始まった連続テレビ小説「なつぞら」。 連続テレビ小説の記念すべき100作目ということで、豪華キャストが話題になっ...

朝ドラ「なつぞら」  87話のあらすじ(ネタバレ)

「ヘンゼルとグレーテル」の企画は無事に通り、とうとう短編映画の制作が始まります。

演出の坂場(中川大志)はみんなの前で「この企画は短編です。今までのやり方とは違ったものになってもいいと思っています。脚本家を置かずストーリーもアニメーターの皆さんと考えていきたい。」と話します。

その言葉を聞いていた新人アニメーターの神地(染谷将太)は「面白い!!」と突然発言します。

脚本を作る前にキャラクターを描くことになったなつたちは、早速なつがヘンゼルとグレーテルを、麻子(貫地谷しほり)が魔女のキャラクターデザインを描き始めます。

しかし、その坂場のやり方に納得がいかず、仲(井浦新)に相談をする麻子。

仲は「短編だったらそのやり方もあっていいと思う。昔はアニメーター主導で短編映画を作っていたから原点に返ろうと考えてるのではないか?」と助言しますが、麻子は納得がいかないのでした。

なつは坂場と一緒にキャラクターから物語のイメージを膨らませて行きました。

そして、なつの描いたイメージ画をもとにストーリ検討会が開かれます。

ストーリーの問題は、ラストの魔女を殺してしまう場面を魔女から逃げるという風に変更したらどうかという点でした。

なつは魔女よりももっと悪い奴がいて、森の奥にある塔に住んでいるという設定をどんどん話し始めます。

するとメンバーは話が全く違うものになってしまうのではないかと困惑しますが、神地だけは「面白い!僕もやっとこの企画に乗れるような気がしてきました。」と乗り気になります。

神地は自分の意見をどんどん言い始め「妹が兄を塔に上って助ける方が面白い。」と言い、すぐにそのイメージを絵に描き始めます。

その神地の発想力と画力に感心するなつ。

「魔女より強い悪魔の目的ってなんなの?」という疑問を茜(渡辺麻友)が指摘すると、「魔女に変わって子供たちを食べることじゃないか?」とみんなが話します。

しかし、神地は「そんなの面白くない!オオカミはどうですか?オオカミの餌食として子供たちは連れてこられていたんです。」と言ってまたそのイメージ画をすぐに描きあげるのでした。

「そこから魔女が裏切ってヘンゼルとグレーテルの仲間になるんです。」と言い放つと、なつはその面白さに感心します。

しかし、麻子は「短編なのにそんなに話を膨らませてどうするの?」と反対し、一度話し合いは中断します。

話し合いの後、喫茶店でなつは下山(川島明)たちと神地の才能について話していました。

神地は東洋動画の試験を一番の成績で通り、動画に抜擢されたことを聞くなつ。

その頃、神地は一心不乱に「ヘンゼルとグレーテル」の絵コンテを描き続けていました。

なつたちが話をしていると、麻子は「私は自分が何を作っているかわからないことが不安なの。話を作る才能も必要なのよ。」と不満を露呈します。

するとそこへ神地が喫茶店へやって来て、今描いたという「ヘンゼルとグレーテル」の絵コンテを見せます。

その出来上がりの素晴らしさに驚きを隠せないなつたち。

「言いっぱなしは嫌なので。要らなかったら捨ててください。僕、魔女のキャラクターが好きなんですよね。だから悪い奴にしたくなかったんです。」と言ってすぐに帰って行く神地。

なつはその新しい才能に触れて何とも言えないワクワク感が湧いてくるのでした。



スポンサーリンク

朝ドラ「なつぞら」  87話の評価評判は?



スポンサーリンク

朝ドラ「なつぞら」  87話の感想

今日は初登場の新人アニメーターである神地のインパクトが凄かったですね!

面白そうな企画だとわかった途端に自分の意見をズバズバと言って、そのイメージをすぐに絵にしてしまう天才ぶりになつだけでなくこちらまでワクワクが止まりませんでした。

なつたちがアニメーターはストーリを考える力がないのではと麻子と悩んでいるところへ颯爽と現れて絵コンテを持ってくる所は感心して見ていました。

絵コンテを集中してすばらしい速さで描く迫力もすごかったです。

経歴や人物設定から、この新人アニメーター神地航也の実在モデルは宮崎駿さんだと言われています。

そのことを分かって見ていると、宮崎駿さんはこんな感じの人物だったのかとその天才ぶりを見ることが出来て楽しかったです。

なつぞらのアニメーション考証を担当している小田部羊一さんは、宮崎駿さんと実際に一緒に仕事をしている人なので、きっと宮崎駿さんもあんな風に才能を発揮していったのだと想像できました。

なつぞらに初登場で強烈なインパクトを残した神地ですが、これからなつとどのように関わっていくのかとても楽しみですね。

その溢れんばかりの才能で視聴者を驚かせて欲しいです!

朝ドラ【なつぞら】あらすじネタバレを公開中!(1話から最終回結末まで追跡)朝ドラ「なつぞら」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「なつぞら」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)を無料視聴する方法はこちら!2019年4月から始まった連続テレビ小説「なつぞら」。 連続テレビ小説の記念すべき100作目ということで、豪華キャストが話題になっ...


スポンサーリンク