なつぞら

【なつぞら】86話のあらすじと感想!なつの企画を支持する坂場

スポンサーリンク



ここでは、NHK朝ドラ「なつぞら」第15週「なつよ、わくわくが止まらない」の86話のあらすじ(ネタバレ)・感想についてお伝えしています。

十勝で夕見子(福地桃子)と再会したなつ(広瀬すず)は、夕見子からなつたち兄妹はヘンゼルとグレーテルのようだと例えられます。

夕見子に次にやる短編映画の企画はこれしかないと言われ考えるなつ。

一方、咲太郎(岡田将生)は泰樹(草刈正雄)から「今までよく頑張った。」と声を掛けられます。

そして翌日、なつと咲太郎は別れを惜しみつつも東京へ帰って行くのでした。

朝ドラ【なつぞら】あらすじネタバレを公開中!(1話から最終回結末まで追跡)朝ドラ「なつぞら」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「なつぞら」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)を無料視聴する方法はこちら!2019年4月から始まった連続テレビ小説「なつぞら」。 連続テレビ小説の記念すべき100作目ということで、豪華キャストが話題になっ...

朝ドラ「なつぞら」  86話のあらすじ(ネタバレ)

なつ(広瀬すず)と咲太郎(岡田将生)は東京に到着します。

風車に着くと亜矢美(山口智子)に千遥(清原果耶)と会えなかったことなどすべてを報告するなつと咲太郎。

亜矢美は「千遥ちゃんが自分で決めたことならきっと前に進んでいける。もし本当に辛くなったとしても千遥ちゃんにはもう北海道があるじゃない。」と話します。

その言葉に納得し頷くなつ。

なつは宿題になっていた短編映画の企画に「ヘンゼルとグレーテル」を提案することにします。

部屋には千遥の描いた似顔絵と写真を飾り、夕見子(福地桃子)が「ヘンゼルとグレーテル」をなつたち兄妹に重ね合わせて話していたことを思い出すなつ。

翌日からなつは東洋動画に出勤し、短編映画の企画メンバーに休んでいたことを謝ります。

麻子(貫地谷しほり)と坂場(中川大志)も企画を考えていましたが2人の考えが全く合わず話は進んでいませんでした。

なつが「ヘンゼルとグレーテル」を原作にして短編映画を作りたいと話すと、坂場はどうして「ヘンゼルとグレーテル」をやりたいと思ったのかをなつに尋ねます。

なつは「私は戦争で孤児になりました。兄は元気で、ずっと別れていた妹が生きていると分かったので確認に行っていました。そのことがヘンゼルとグレーテルをやりたいきっかけになりました。」と話します。

ヘンゼルとグレーテルで継母に捨てられた兄妹が生きるとこを諦めなかったという子供たちの冒険を描きたいと思ったとその気持ちを伝えるなつ。

坂場も麻子も「ヘンゼルとグレーテル」をテーマにすることに賛成し企画が決まるのでした。

なつは昼休みに桃代(伊原六花)に会い食事をします。

なつは桃代に坂場とは上手くいっているのかと聞かれ、「何を言い出すか怖いところもあるけれど、この人がいればいい作品が出来ると安心するの。」と話します。

その話を聞いた桃代は「それってもしかして好きになった?」と言いますが「ほんと、なんもないから!」と否定するなつ。

その日の夜、坂場はなつの住む風車を突然訪ねてきます。

突然の坂場の訪問に驚きを隠せないなつ。

企画書を考えていてなつに相談に来たと言う坂場を部屋に案内します。

坂場はなつの部屋に飾られていた写真と絵を見て「その写真はもしかして妹さんですか?妹さんも絵を描くんですか?」と尋ねると、「はい。ある人に私たち兄妹にとって絵はヘンゼルとグレーテルに出てくるパンだと言われました。」と答えるなつ。

坂場はヘンゼルとグレーテルのあらすじの最後の部分をなつに相談します。

物語の最後で妹が兄を助けるために、魔女を釜の中に突き落として殺してしまう結末が気になっていたという坂場に「私もそこが気になっていました!」と同意するなつ。

「それならどうすればいいでしょう?」と聞く坂場に、なつは「魔女を殺さずに逃げるのはどうでしょうか?」と提案します。

「逃げても追ってくる魔女は社会の理不尽さの象徴です。それとどう戦うのか…。」と言いそれを急いでメモする坂場。

そして坂場は「今、君と話していて確信しました。これは君が作るべき作品です。その為に必ずこの企画を通します!」となつに話します。

その言葉に驚くなつ。

そう話して坂場は「失礼します。」と言って帰って行ってしまうのでした。



スポンサーリンク

朝ドラ「なつぞら」  86話の評価評判は?



スポンサーリンク

朝ドラ「なつぞら」  86話の感想

なつが十勝から帰ってきて、再びアニメーションの世界へと戻ってきました。

なつがいない間はどうやら麻子と坂場の意見が全くかみ合わず、短編映画の企画の話は進んでいなかったようです…。

確かに論理的な坂場とアニメーターとしての勘が鋭い麻子ではなかなか話が噛み合いそうにありませんよね。

それでも、なつが帰ってきて「ヘンゼルとグレーテル」という短編映画のテーマが決まりました。

この企画を考えたのは夕見子ですので、やっぱり夕見子の発想力はすごいですね!

なつが自分が孤児であることと兄と妹がいることを坂場達に話をした時に、すぐにヘンゼルとグレーテルの話の内容からなつの表現したかったことを理解していた坂場も凄いと思いました。

なつは麻子とは違い、坂場に対して最初は嫌悪感が少しはあったものの、だんだん心を開いて理解し合っているように感じます。

仕事の面での感覚もあっているようです。

桃代が指摘した通り、なんだか2人には恋の予感もしますね!

坂場が突然なつの家を訪ねてきたことに驚きましたが、最後の「この企画はあなたがやるべき企画です。そのために必ず僕がこの企画を通して見せます。」というセリフはかっこよかったです。

これからの二人の関係がどうなっていくのか楽しみですね!

朝ドラ【なつぞら】あらすじネタバレを公開中!(1話から最終回結末まで追跡)朝ドラ「なつぞら」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「なつぞら」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)を無料視聴する方法はこちら!2019年4月から始まった連続テレビ小説「なつぞら」。 連続テレビ小説の記念すべき100作目ということで、豪華キャストが話題になっ...


スポンサーリンク