なつぞら

【なつぞら】64話のあらすじと感想「白蛇姫の声入れを見学するなつ(広瀬すず)」

スポンサーリンク



ここでは、NHK朝ドラ「なつぞら」第11週「なつよ、アニメーターは君だ」の64話のあらすじ(ネタバレ)・視聴者の評価評判・感想についてお伝えしています。

なつ(広瀬すず)はトレースの作業をしてみますが、なかなか上手くいきません。

川村屋に向かったなつは、テレビで信哉(工藤阿須加)の取材した「都会の迷い子」のニュースを見ます。

そのニュースを見たなつは咲太郎(岡田将生)に妹の千遥を探したいと話すのでした。

朝ドラ【なつぞら】あらすじネタバレを公開中!(1話から最終回結末まで追跡)朝ドラ「なつぞら」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「なつぞら」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)を無料視聴する方法はこちら!2019年4月から始まった連続テレビ小説「なつぞら」。 連続テレビ小説の記念すべき100作目ということで、豪華キャストが話題になっ...

朝ドラ「なつぞら」  64話のあらすじ(ネタバレ)

公開を間近に控えた白蛇姫は、俳優のアフレコ作業を残すのみとなりました。

その間もなつ(広瀬すず)はトレースの練習を続けます。

1つの作品が終わるとアニメーターたちはのんびりとした時間を自分の勉強の時間にあてていました。

仲(井浦新)はなつから見て欲しいと頼まれた動画の紙の山を、麻子(貫地谷しほり)に見て欲しいと頼みます。

なつが描いた動画の枚数に驚く麻子。

「どうして私が?」という麻子に仲は「君は奥原なつの才能に気づいた一番最初の人だからだよ。」と話します。

「あれは才能なんでしょうか?」という麻子に「正直僕も分からないよ。だから君にも見て欲しい。」という仲でした。

麻子はなつの描いた動画をパラパラとめくり、見始めます。

なつが昼休みにスケッチをしていると仲がやって来たので声を掛けます。

なつに「君のお兄さんはまだ赤い星座にいるの?」と聞く仲。

なつがまだいると答えると、仲は「白蛇姫の声を取り直すことになったんだけど、新たに役者を2人立てたんだ。その1人が亀山蘭子(鈴木杏樹)になったんだよ。」と言います。

その頃、蘭子は咲太郎(岡田将生)と東洋動画に来ていました。

蘭子は演出の露木(木下ほうか)から白蛇姫の絵を見せてもらい、役柄の説明を受けています。

「先日の人形の家の芝居拝見いたしました。この役は亀山さんにしかできない。漫画映画といえども声の深みが欲しいのです。」と話す露木。

そして、蘭子は白蛇姫と一緒に侍女の声も変えてやって欲しいと言われます。

そこへ許仙と法海の声を担当する豊富遊声(山寺宏一)がやって来ます。

豊富に丁寧に挨拶をする蘭子。

そしてとうとう声入れが始まります。

蘭子は侍女役の少女の声がなかなか上手くイメージ出来ずにやり直しになりますが、露木のアドバイスですぐに対応し少女の声になるのでした。

そして、順調に声入れは進んでいきます。

休憩中、「これも劇団のため。活動資金を貯めるためよね。」と咲太郎に話す蘭子。

咲太郎は「そうです。でも、とっても面白いです。」と答えます。

蘭子は「豊富先生は流石にお上手ね。」と言うと「でも、森繁久彌の方が上手い気がします。」と小さな声で呟く咲太郎でした。

そこへ仲となつが見学にやって来て蘭子と対面します。

その頃、麻子は仕上課にやって来て富子(梅舟惟永)に「奥原なつは優秀ですか?」と聞きます。

「優秀とは言えないわね。入ってまだ1年経ってないし、丁寧なんだけど作業も遅いわ。」と言う富子。

麻子は「あの子はただの素人なのか、天才なのか。どっちなんだろう。」と戸惑うのでした。

白蛇姫の声入れは順調に進んでいきます。

声の変化を素晴らしく表現する豊富とそれについて行く蘭子。

そして、なつの動画が採用された白姫のワンシーンが映像で流れます。

そのシーンを見て涙を浮かべるなつ。

なつは見学を終えると仲から次の映画の制作が決まったことを教えられます。

そして仲はなつに「また、動画の試験を受けて見ないか?」と誘うのでした。



スポンサーリンク

朝ドラ「なつぞら」  64話の評価評判は?



スポンサーリンク

朝ドラ「なつぞら」  64話の感想

とうとう白蛇姫も最後の声入れを残すのみとなりました。

その声入れで白姫の声を担当することになったのは蘭子でした!!

劇団赤い星座がプロレタリアの流れをくむ劇団だからと社長の大杉が危惧してなつを採用試験から落とした経緯がありましたが、もうその誤解は解けたということでしょうか?

社長の誤解が解けているのなら安心です。

今回は声入れのシーンがメインだったので、鈴木杏樹さんと山寺宏一さんの2人のお芝居が見ごたえがありましたね。

七色の声と呼ばれているほど声優として活躍している山寺宏一さんは流石でした!!

許仙と法海という全く違うキャラクターを完ぺきに演じ分けていてすごいの一言です。

女優で声優の仕事は初めてという設定の鈴木杏樹さんも、少女の声と白姫の声を必死にイメージしてこなしている様子が上手く表現されていてとても良かったです。

アニメーターやなつたちが必死に作り出したキャラクターが映像となって声が入って映画が出来上がる様子は感動的でした。

なつの描いたワンシーンもとても力強く印象的に表現されていましたね。

そのシーンを見た時のなつの浮かべた涙が印象的でした。

そして、またなつに動画の試験を受ける機会が訪れます!

3度目の正直で今回は合格できるでしょうか?

楽しみですね。

朝ドラ【なつぞら】あらすじネタバレを公開中!(1話から最終回結末まで追跡)朝ドラ「なつぞら」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「なつぞら」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)を無料視聴する方法はこちら!2019年4月から始まった連続テレビ小説「なつぞら」。 連続テレビ小説の記念すべき100作目ということで、豪華キャストが話題になっ...


スポンサーリンク