なつぞら

【なつぞら】38話のあらすじと感想「東京へ行きたいことをみんなへ話すなつ(広瀬すず)」

スポンサーリンク



ここでは、NHK朝ドラ「なつぞら」第7週「なつよ、今が決断のとき」の38話のあらすじ(ネタバレ)・視聴者の評価評判・感想についてお伝えしています。

なつ(広瀬すず)は雪道で遭難しかけた所を阿川弥市郎(中原丈雄)・砂良(北乃きい)親子に助けられます。

二人も家族を空襲で亡くし、辛い思いをしていました。

その思いを魂に込めて木彫りをしているという弥市郎。

一方、なつが天陽(吉沢亮)の家に行っていないことを知った柴田家の面々は驚きます。

するとそこへなつが帰って来るのでした。

朝ドラ【なつぞら】あらすじネタバレを公開中!(1話から最終回結末まで追跡)朝ドラ「なつぞら」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「なつぞら」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)を無料視聴する方法はこちら!2019年4月から始まった連続テレビ小説「なつぞら」。 連続テレビ小説の記念すべき100作目ということで、豪華キャストが話題になっ...

朝ドラ「なつぞら」  38話のあらすじ(ネタバレ)

遭難しかけながらも無事に帰って来たなつ(広瀬すず)。

柴田家の面々がみんな笑顔と涙で出迎えます。

なつは「森に住む彫刻家の親子に助けてもらった。」と話すと、剛男(藤木直人)は「阿川さんか?」と聞きます。

剛男は阿川親子が森の中に住んでいることを知っていました。

なつは「私はこの通り生きているから。」と言ってみんなに心配かけたことを謝るのでした。

なつは心配して来てくれた天陽(吉沢亮)を送って行きます。

天陽に「話したいことがあって。」と切り出すなつ。

そしてなつは「私、これから日本でアニメーションを作る人、アニメーターになりたい。それを天陽君に一番に話したかった。」と言います。

「なっちゃんの決意が聞けて良かった。俺はいいと思うよ。」と話す天陽。

「俺のことはいいから今日は帰ってゆっくり休んで。」と言われたなつは「またね。」と言って小走りに帰って行きます。

そのなつの後姿を見ながら天陽は少し寂しそうな表情を浮かべるのでした。

その日の夕食の時、なつはみんなといつもと変りなく食事をしました。

食事の後、なつは話を切り出します。

「お父さん、お母さん、じいちゃん、みんな。私を東京に行かせてください。」

「いつ行きたいの?冬休み?」と言う富士子(松嶋菜々子)に「そうではなくて、そのうち何年かしたら…。東京へ行かせてください。」と言うなつ。

剛男は「それはつまり、東京に住みたいっていうことか?東京に行ってなにかしたいのか?」となつに聞きます。

なつはアニメーションのことは言わずに「お兄ちゃんのそばにいて、少しでもお兄ちゃんの助けになりたい。そして妹も探したいの。」と話します。

「どうしてそのうちなんだ?何年かしたらってどういうことだ?」と聞く剛男。

なつは「だって、農業高校まで出してもらってまだなんもしてないのに…。」と言うと泰樹(草刈正雄)が話しだします。

「そんなことは気にする必要はない。これ以上わしの勝手に付き合う必要はない。お前と牛飼いは何の関係もない。この家族とお前も何の関係もない。お前の顔はもう見たくない。出ていきたければ勝手に出ていけ!」と言い放つ泰樹。

なつはショックを受けて部屋に走っていきカバンに荷物を詰め始めます。

そこへ富士子がやって来て、「今こんな時間に出ていけばみんなに迷惑がかかることぐらいわかるでしょ。」と話すと、「ここにはもう申し訳なくていられない…。」と呟くなつ。

それを聞いた富士子はなつの頬を強く叩きます!

「そしたらこれで帳消しにすればいいでしょ。出ていくあんたに申し訳ないなんて言われるくらいなら憎まれた方がよっぽどましだわ。一人で苦しみたいなら家族は要らないでしょ!!」と話す富士子。

その富士子の言葉に涙が止まらず、富士子の胸に飛び込むなつ。

泰樹は牛舎で1人、なつのことを思い涙を浮かべるのでした。

なつは富士子と剛男から「高校はちゃんと卒業して欲しい。子供は親の言うことを聞くものだ。なつが本当に望むことならだれも反対しない。」と言われます。

夕見子(福地桃子)は「要するに、なつが自分で自分に納得することよ。難しく考えるなってこと。」となつに話します。

「自分勝手で恥ずかしい。」というなつに「あれ、自分勝手なことに今気づいたの?」という夕見子。

しかし、なつはまだ肝心な「アニメーターになりたい。」ということはみんなに話すことが出来ないのでした。

 



スポンサーリンク

朝ドラ「なつぞら」  38話の評価評判は?



スポンサーリンク

朝ドラ「なつぞら」  38話の感想

なつがみんなに東京に行きたいという決意を話しました。

しかし、アニメーターになりたいとは言わずにお兄ちゃんのそばで力になりたいからと言っていましたね。

なつが本心を言わないのは酪農の仕事以外に夢を持ったことが後ろめたいからなのでしょうか?

本当の気持ちを正直に話して分かってもらって東京に行く方が、なつも後悔しないと思うのですが…。

これからなつがみんなに正直に話してくれるといいと思います。

泰樹がなつの東京に行きたいという気持ちを聞いた時は相当ショックだったのしょう。

その気持ちが「お前の顔なんかもう見たくない。すぐに出ていけ。」という言葉になってしまったのだと思います。

それでも泰樹は本当になつのことを思っていますから、きっと時間が経てば分かってくれるに違いありません。

そして、今日は富士子の母親としての強さと優しさがとても感じられましたね。

なつが十勝に来たばかりの頃はなつの存在に戸惑っていましたが、本当にたくましく強い女性だと感じました。

これから東京へ旅立つまで、なつが十勝の人たちとどのように向き合っていくのか楽しみです。

涙なしでは見られない展開が待っていそうですね。

これからの放送も楽しみです。

朝ドラ【なつぞら】あらすじネタバレを公開中!(1話から最終回結末まで追跡)朝ドラ「なつぞら」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「なつぞら」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)を無料視聴する方法はこちら!2019年4月から始まった連続テレビ小説「なつぞら」。 連続テレビ小説の記念すべき100作目ということで、豪華キャストが話題になっ...


スポンサーリンク