なつぞら

【なつぞら】30話のあらすじと感想「咲太郎(岡田将生)が逮捕され、心配でたまらないなつ(広瀬すず)」

スポンサーリンク



ここでは、NHK朝ドラ「なつぞら」第5週「なつよ、お兄ちゃんはどこへ?」の30話のあらすじ(ネタバレ)・視聴者の評価評判・感想についてお伝えしています。

なつ(広瀬すず)は浅草・六区館で咲太郎(岡田将生)と再会します。

ふたりは再会を喜びますが、咲太郎は新宿の話をすると様子がおかしくなります。

なつと咲太郎は翌日川村屋で会う約束をして別れますが、咲太郎の笑顔はどこか無理をしているようでした。

そして、なつもどこか嫌な予感を感じていたのでした。

朝ドラ【なつぞら】あらすじネタバレを公開中!(1話から最終回結末まで追跡)朝ドラ「なつぞら」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「なつぞら」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)を無料視聴する方法はこちら!2019年4月から始まった連続テレビ小説「なつぞら」。 連続テレビ小説の記念すべき100作目ということで、豪華キャストが話題になっ...

朝ドラ「なつぞら」  30話のあらすじ(ネタバレ)

咲太郎(岡田将生)は、六区館にやって来た芸人の松木(有薗芳記)にお金を10万円貸してほしいと頼みます。

「しょうがねえなぁ。これを売れば10万くらいになるかもしれない。」と言って、博打の戦利品だという高級時計を咲太郎に渡す松木。

翌日、咲太郎は約束の時間になっても川村屋に現れません。

なつ(広瀬すず)と富士子(松嶋菜々子)は夜になっても現れない咲太郎を心配し、待ち続けていました。

すると様子を見に行った信哉(工藤阿須加)が急いで戻ってきて「咲太郎が警察に捕まった。質屋に持って行った時計が盗品として手配されていたものだったらしい。」と言います。

「嘘だ…。」と信じられないという表情のなつ。

なつたちは翌日、浅草に向かい六区館のダンサーであるローズマリー(エリザベス・マリー)に話を聞きます。

すると「時計が盗まれた3日前は、咲太郎とずっと一緒にいたから盗みなんてやっていないわ。警察にも話したわよ。」と教えてくれます。

しかし、警察に捕まったらそう簡単に戻って来れないと言うのでした。

なつは落ち込んでしまい全く元気がありません。

なつと富士子が川村屋に戻ると、茂木(リリーフランキー)と藤田(辻萬長)という男が待っていました。

藤田は元ムーランルージュの支配人で咲太郎の親分だといいます。

藤田は「戦後の新宿をさまよっていた咲太郎を助けたのは岸川亜矢美(山口智子)という女だ。亜矢美は咲太郎の母親代わりだった。咲太郎は亜矢美の居場所であるムーランを買い戻したくてだまされたんだ。」と事情を話してくれます。

「10万円用意すれば共同経営者として買い戻せると言われたらしい。そして金貸しから借りた10万円を持ち逃げされたんだ。保証人が要るはずなんだが。」と言う藤田。

「どこの誰が保証人なんですかね?そうとうのお人良しだ。」と言う茂木。

すると、ずっと隣で静かに話を聞いていた光子(比嘉愛未)がそっと手を上げます。

「マダム??まさか。マダムが?」とみんなが驚きます。

光子は「咲ちゃんはだまされたんですか?私のことをだましたわけではないんですね。」と言ってホッとした様子を見せます。

「どうしてマダムともあろう人が10万円の保証人なんて?ムーランルージュが10万円で買い戻せるわけがない。」と聞く茂木に、光子は「私は咲ちゃんの夢を買ったんです!」と話すのでした。

そして、「私のせいだわ。お兄さんは私に借金を返さないとあなたに請求が行くと思ったのよ。」となつに話す光子。

そこへ信哉がやって来て警察で少し話が聞けたと言います。

「咲太郎は盗みはやってないと話しているが、盗品の時計を誰からもらったのかは言わないらしい。そして、この手紙を預かってきた。」と言い、なつに一通の手紙を渡します。

それは咲太郎からなつへの手紙でした。

その手紙をそっと開き、読み始めるなつ。

「また、なつに会える日が来るなんて本当に信じられない。東京まで兄ちゃんを探しに来てくれてありがとう。お前はもうこんな兄ちゃんのことは忘れた方がいい。そして北海道で幸せになってくれ。兄ちゃんもお前を忘れる。ごめんな。」

なつの目から涙が溢れます。

そして、牢に入っている咲太郎も同じように1人涙を流していたのでした。

その頃、北海道十勝では泰樹(草刈正雄)が照男(清原翔)の元に真剣な表情でやって来ます。

「そんな怖い顔してどうしたんだ?」と言う照男に、「お前、なつと結婚しろ。そうすればなつは正真正銘柴田家の家族になる。一生この家に居ることになるんだ。」と言います。

なつがいない間に十勝でも何かが変わろうとしていました。



スポンサーリンク

朝ドラ「なつぞら」  30話の評価評判は?



スポンサーリンク

朝ドラ「なつぞら」  30話の感想

やっと10年ぶりに再会を果たしたなつと咲太郎ですが、なんと再会の翌日に咲太郎が警察に捕まってしまうという悲劇…。

なつの悪い予感が当たってしまいました。

咲太郎が新宿に行きたがらなかったのは、マダムに借金の保証人になってもらっていたからでした。

でも、再会したなつのためになんとか借金を返して堂々と新宿に行きたかったのでしょう。

咲太郎は、母親代わりの亜矢美という女性のために「ムーランルージュ」を取り戻したかっただけなのですね。

何か、人に言えないような悪いことをしたというような展開ではなくて良かったです。

なつのためにも早く咲太郎には警察から出てきてほしいです。

咲太郎の母親のような女性として、山口智子さんが登場しました!!

まだ名前しか出てきていませんが、きっとこれから徐々に登場が増えそうで楽しみになりました。

「なつぞら」は朝ドラの歴代ヒロインがどんどん出てきてすごい豪華キャストです。

さすが記念の100作目の朝ドラですね。

そして、ラストの泰樹の照男へ「おまえ、なつと結婚しろ。」の衝撃の一言がびっくりです。

泰樹はなつが柴田家を離れてしまうのではないかと危惧しているのでしょうか?

もうなつは柴田家の一員だと思うのですが。

来週はなつがアニメーターへの憧れが増す展開が待っているようですね。

楽しみに待ちたいと思います。

朝ドラ【なつぞら】あらすじネタバレを公開中!(1話から最終回結末まで追跡)朝ドラ「なつぞら」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「なつぞら」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)を無料視聴する方法はこちら!2019年4月から始まった連続テレビ小説「なつぞら」。 連続テレビ小説の記念すべき100作目ということで、豪華キャストが話題になっ...


スポンサーリンク