なつぞら

【なつぞら】29話のあらすじと感想「なつ(広瀬すず)が兄の咲太郎(岡田将生)と再会!」

スポンサーリンク



ここでは、NHK朝ドラ「なつぞら」第5週「なつよ、お兄ちゃんはどこへ?」の29話のあらすじ(ネタバレ)・視聴者の評価評判・感想についてお伝えしています。

なつ(広瀬すず)は富士子(松嶋菜々子)とともに東京・新宿で咲太郎(岡田将生)を探します。

すると、信哉(工藤明須加)が咲太郎らしい人物が浅草にいるらしいとなつに教えにやって来ます。

早速、浅草・六区館へ向かう3人。

果たして、なつと咲太郎は再会できるのでしょうか?

朝ドラ【なつぞら】あらすじネタバレを公開中!(1話から最終回結末まで追跡)朝ドラ「なつぞら」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「なつぞら」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)を無料視聴する方法はこちら!2019年4月から始まった連続テレビ小説「なつぞら」。 連続テレビ小説の記念すべき100作目ということで、豪華キャストが話題になっ...

朝ドラ「なつぞら」  29話のあらすじ(ネタバレ)

浅草の劇場・六区館にやって来るなつ(広瀬すず)と富士子(松嶋菜々子)と信哉(工藤阿須加)。

そこでは下着姿の女性たちが踊っていて富士子は思わずなつの目を覆います。

ショーが終わりダンサーたちが袖に入ると、咲太郎(岡田将生)が出番を待っていました。

ダンサーのローズマリー(エリザベス・マリー)に「今夜も待ってる。」と声をかけられ「無事に生きてたらね…。」と呟く咲太郎。

そして、咲太郎はステージに立ち歌を歌い出します。

徐々に歌とともにタップダンスを踊り出す咲太郎。

その咲太郎の様子を見て、兄だと確信するなつ。

なつの目には涙が溢れてきます。

すると女性たちの出番を待つ客席から罵声が飛び始めます。

その罵声の中で「お兄ちゃん!!」と叫ぶなつ。

その声に気が付いた咲太郎は「誰だ?」と言い、なつだと気が付きません。

なつはステージへ駆け寄り、「お兄ちゃん。なつです。」と声をかけます。

咲太郎は驚いた様子でなつの顔を見て「なつ?お前、なつか?」と言いなつをステージへ上げます。

「なつ!!」と言い、なつを力いっぱい抱きしめる咲太郎。

なつは咲太郎の胸のなかで涙が止まりません。

富士子と信哉はそんな二人を感慨深そうに見つめているのでした。

咲太郎はなつと富士子、信哉とともに昼食を食べに行きます。

「わたしはずっと幸せだった。」と咲太郎に話すなつ。

咲太郎は、富士子の方を見て「ありがとうございました。」とお辞儀をします。

富士子は「いいの。なつが家族になってくれて私たちも幸せだったんだから。でも、なつはあなたや妹さんのことを忘れた日は一日もないのよ。」と話します。

「あなただって、いつかはなつのことを新宿に呼び寄せたいとずっと思っていたんでしょ?」と問う富士子に、咲太郎は「えっ?新宿に行ったんですか?」と言い表情が硬くなります。

なつが、新宿に行き川村屋で世話になっていることを話すと、咲太郎は「マダムは何か言っていたか?」と聞きます。

「お兄ちゃんはみんなに愛されていたって話していたよ。」と話すと、安心したような表情を浮かべる咲太郎。

そこへ天丼が運ばれてきます。

「あ、来た来た。なつは天丼が好きだったもんな。」と言う咲太郎。

なつは自分が小さい頃天丼が好きだったことを覚えていませんでした。

咲太郎は「親父がよく作ってくれたんだよ。昔の俺はお前たちに腹いっぱい天丼を食べさせてあげたい一心だったな。」と話す咲太郎。

「それで、これからどうするの?」と富士子が咲太郎に聞くと、咲太郎は「なつはどうしたいんだ?」と言います。

なつは「私は、お兄ちゃんに会えたから今度は千遥に会いたい…。」と言います。

咲太郎は「今は引っ越したみたいで行方が分からないんだけど、千遥は大丈夫だ。一度手紙を送ったら、おばさんから返信が来て幸せに暮らしているから里心が付かないように連絡はしないように言われている。」と話します。

「今頃、千遥は俺たちのことをすっかり忘れているかもしれない。」と言う咲太郎に、「それでもいいから千遥に会いたい。」と話すなつ。

すると「わかったよ。それは俺に任せろ。」と言う咲太郎。

なつが「これから、一緒に新宿に行かない?」と言うと、咲太郎は「明日いくよ。明日の昼に必ずお礼に行くと川村屋のマダムに伝えて欲しい。」と言うのでした。

その日、咲太郎は少し無理して笑っていたようです。

本当はもっと心の底から笑いたかった咲太郎。

川村屋に戻ったなつは、やっと咲太郎に会えた喜びとともに、何か悪い予感がしていたのでした。



スポンサーリンク

朝ドラ「なつぞら」  29話の評価評判は?



スポンサーリンク

朝ドラ「なつぞら」  29話の感想

なつがやっとずっと会いたかった兄の咲太郎と再会することが出来ました。

咲太郎が小さいころから得意だったタップダンスを見た時、なつが目の前にいるのが兄だと確信した時の涙と表情はとても印象に残りました。

咲太郎もなつにずっと会いたかったのですね。

ステージ上でなつを抱きしめたときの咲太郎の表情で、なつをずっと思っていたことが分かりました。

この辺の繊細な演技が出来るのは、さすが広瀬すずさんと岡田将生さんですね。

しかし、咲太郎の時折見せる不安げな表情が気になります。

なつが川村屋に世話になっていると聞いた時も、マダムのことを気にして表情がこわばっていました。

マダムがなつを川村屋に泊めているのは「咲太郎を逃がさないため。」と言っていたこととつながっているのでしょうか?

咲太郎は「明日、必ず新宿に会いに行く。」と言っていましたが、無事にまたなつと会うことが出来るのでしょうか?

その時の咲太郎の表情は何かを決意したように見えましたが、それは一体なんなのか気になります。

兄との再会を果たしたことで、なつの今後が気になります。

妹の千遥のことも気にしていましたが、このまま柴田家に戻るのでしょうか?

柴田家のみんなが仕事をしながらもどこかなつのことを心配している様子をみて、やはり本当の家族なんだと感じました。

なつの悪い予感が当たらないことを祈りたいですね。

朝ドラ【なつぞら】あらすじネタバレを公開中!(1話から最終回結末まで追跡)朝ドラ「なつぞら」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「なつぞら」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)を無料視聴する方法はこちら!2019年4月から始まった連続テレビ小説「なつぞら」。 連続テレビ小説の記念すべき100作目ということで、豪華キャストが話題になっ...


スポンサーリンク