なつぞら

【なつぞら】22話「血のつながらない家族を思うセリフで涙が溢れるなつ(広瀬すず)」

スポンサーリンク



ここでは、NHK朝ドラ「なつぞら」第4週「なつよ、女優になれ」の22話のあらすじ(ネタバレ)・視聴者の評価評判・感想についてお伝えしています。

演劇部の芝居の稽古が始まります。

なつ(広瀬すず)は何度も倉田(柄本佑)に「ダメだ!」と言われ落ち込みます。

翌日、倉田がなつの芝居は「魂がこもっていない」と言うと、その様子を見ていた天陽が「魂なんて、どこにあるんですか?魂なんて作れません」と呟くのでした。

朝ドラ【なつぞら】あらすじネタバレを公開中!(1話から最終回結末まで追跡)朝ドラ「なつぞら」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「なつぞら」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)を無料視聴する方法はこちら!2019年4月から始まった連続テレビ小説「なつぞら」。 連続テレビ小説の記念すべき100作目ということで、豪華キャストが話題になっ...

朝ドラ「なつぞら」  22話のあらすじ(ネタバレ)

天陽(吉沢亮)は倉田(柄本佑)に「魂は作らないといけないんですか?なっちゃんのままではだめなんですか?」と尋ねます。

天陽の発言に凍り付く演劇部の部員たち。

しかし、倉田は「彼の言うとおりだ。登場人物の魂なんてどこにもないんだ。魂はお前たち一人ひとりの中にしか存在しない。自分の魂を使うんだ!」と話します。

「あとは自分たちで考えてやってみろ。」と言い、部屋を出ていく倉田。

天陽はみんなに「余計なことを言ってごめん。」と言います。

なつは「ごめんね。私をかばってくれたんだよね。」と言いますが、天陽は「違うんだ。イライラしちゃって。なっちゃんの芝居に…。」と話すのでした。

芝居の難しさに愕然とするなつ。

その頃、剛男(藤木直人)は天陽の家を訪ねていました。

「農協としては、メーカーの検査に口を出すことが出来ないんです。」と言う剛男。

正治(戸次重幸)はそのことを理解していて、「だから農協が一括して牛乳を引き取り、検査してくれようとしてくれているんですよね。でも泰樹さんが納得してないとか…。」と言います。

剛男は「父のことは必ず説得します。」と言い、「マメ科の餌を与えて、今は乳量を増やすことを考えてみたらどうか。」と提案するのでした。

なつは牛舎の中で、牛に向かって演劇のセリフの練習をしていました。

なつが牛に話しかけていると勘違いし、たじろぐ泰樹(草刈正雄)。

泰樹は「なにを牛に相談してるんだ?」となつに話しかけます。

泰樹に演劇の練習を見られて恥ずかしいなつは、「なんも相談してないよ!」と言って牛舎から出て行きます。

柴田家に雪次郎(山田裕貴)がやってきます。

なつは雪次郎に借りていた本「俳優修業」を返します。

「自分らしく役になりきるにはどうしたらいいの?」と聞くなつに「それは、想像力しかないと思う。」と言う雪次郎。

「要するに、台本は与えられた環境に過ぎずその中で生きることは自分自身だってことだよ。」と話す夕見子(福地桃子)。

「なんで夕見子ちゃんがわかる?」と驚く雪次郎に、夕見子は「その本に書いてあったもの。」と答えるのでした。

なつは富士子(松嶋菜々子)に「演劇だけじゃなくて農業高校らしいこともしたい。演劇を見に来た人に牛乳を飲んでもらうとか。」と相談します。

「だって、母さんたちにこんなに親切にしてもらって演劇をやらせてもらってるんだもん。何かの役に立ちたいの。」と話すなつ。

その言葉を聞いてどことなく寂しそうな表情を浮かべる富士子。

富士子は「雪月」を訪ねて、妙子(仙道敦子)に牛乳を使ったお菓子を演劇の時に配れないかを相談します。

「私もなつを応援したいんだわ。」と言う富士子に、「もう十分になっちゃんを応援してるでしょ。」と話す妙子。

「なつに言われたの。母さんたちに親切にしてもらってるって。本当の親子なら親切なんて言わないでしょ。でもそれでいいの。私はあの子を応援したいの。」と話す富士子。

その頃、なつは演劇のセリフを言っていました。

「わたしにとって、村人は家族です。血はつながっていなくても。みんなが私にとって大事な家族なんです。もしその家族が命を落とすようなことがあれば、私はその悲しみに耐えられない。だから、私が家族を守るんです。」

その時、なつは初めて自分の感情を使って芝居をしました。

そのセリフを言いながら、なつは自然と涙を流しているのでした。



スポンサーリンク

朝ドラ「なつぞら」  22話の評価評判は?



スポンサーリンク

朝ドラ「なつぞら」  22話の感想

富士子がなつを思う気持ちと、なつの柴田家のみんなを思う気持ちが上手く表現されていたラストに胸が熱くなりました。

富士子は自分はなつの本当の母親にはなれないと壁を感じていたのですね。

普段はそんな素振りを見せず、ただ真っすぐになつと向き合って応援する姿が本当に大きな気持ちの女性だと感じました。

なつの最後のセリフにあったように、血がつながっていなくてもお互いを思う気持ちは本当の家族と同じだと思います。

2人がお互いを大切に思っていることがとても伝わる場面でした。

最後のお芝居のシーンは、演技力が高く評価されている広瀬すずさんでも難しかったのではないでしょうか。

「演技が下手でも、感情が入ったお芝居」というのは難しそうです。

でも流石広瀬すずさんです!

すこしたどたどしくても懸命に芝居と向き合うなつを見事に表現していました。

そして、夕見子の本を読んだだけで演劇のことをなつより理解していたことにびっくりしました。

夕見子はいつも本を読んでいる時、ただ何となく眺めているだけなのかと思っていましたが真剣に読んでいたのですね…。

なつの感情が入った演技は、果たして倉田や泰樹の心にも響くのでしょうか?

明日も楽しみです。

朝ドラ【なつぞら】あらすじネタバレを公開中!(1話から最終回結末まで追跡)朝ドラ「なつぞら」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「なつぞら」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)を無料視聴する方法はこちら!2019年4月から始まった連続テレビ小説「なつぞら」。 連続テレビ小説の記念すべき100作目ということで、豪華キャストが話題になっ...


スポンサーリンク