なつぞら

【なつぞら】19話「なつ(広瀬すず)の演劇部の練習が始まる!」

スポンサーリンク



ここでは、NHK朝ドラ「なつぞら」第4週「なつよ、女優になれ」19話のあらすじ(ネタバレ)・視聴者の評価評判・感想についてお伝えしています。

なつ(広瀬すず)は倉田(柄本佑)に「演劇は本当にじいちゃんの感動するものになるのか?」と尋ねます。

すると、倉田は「そうでなければ演劇をする意味がない。」と言ってなつを演劇に出るように勧めます。

なつは泰樹(草刈正雄)に演劇を始めたいこと、そしてその演劇を見に来てほしいと伝えます。

すると泰樹は「お前が出るならもちろん見に行く。」と応援してくれるのでした。

朝ドラ【なつぞら】あらすじネタバレを公開中!(1話から最終回結末まで追跡)朝ドラ「なつぞら」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「なつぞら」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)を無料視聴する方法はこちら!2019年4月から始まった連続テレビ小説「なつぞら」。 連続テレビ小説の記念すべき100作目ということで、豪華キャストが話題になっ...

朝ドラ「なつぞら」  19話のあらすじ(ネタバレ)

なつ(広瀬すず)の演劇部の練習が本格的に始まります。

想像以上の稽古の厳しさに驚くなつ。

牧場の仕事と演劇部の練習で朝からなつが疲れている様子を見た富士子(松嶋菜々子)たちは、しばらく牧場の仕事は休んでいいと言います。

泰樹(草刈正雄)も「なつが演劇の主役をやるのを楽しみにしている。」と話すのでした。

そのころ農協では剛男(藤木直人)と田辺(宇梶剛士)が酪農家を集めて農協が一括で牛乳をメーカーに卸すための説明会を行っていました。

しかし、十勝で影響力のある泰樹が来ていないことで、酪農家たちの足並みは全くそろいません。

ある時、なつは照男(清原翔)から「あんまりじいちゃんを期待させない方がいい。ここの跡取りとして期待されてるのが分かるだろ?」と言われます。

「ここには照男兄ちゃんがいるし、ここを継ぐなんてことは考えてない。」というなつ。

すると照男は、「お前はずっとここにいていいのか?そういうことも考えろ。」と言って立ち去って行きます。

「そんなこと言われても…。」と呟くなつ。

なつは、東京の兄に手紙を書いていました。

「お兄ちゃん、久しぶりに手紙を書きます。私は今、農業高校の3年生で来年の春卒業です。卒業してもしばらくこの家で働こうと思います。私は大事にしてもらっている柴田家の家族に何もしていません。今でも、兄ちゃんと千遥に会いたいです。」

あて先は兄がいた孤児院です。

そこにいないことは分かっていましたが、そこしか送るところがなかったのです。

高校の放課後、なつが良子(富田望生)と雪次郎(山田裕貴)と話していると、良子が演劇部に興味を持っているようです。

なつは「よっちゃん、良かったら本当に手伝ってよ!」と話します。

すると3人の前に1年の生徒たちがやって来て「門倉さんがお呼びです。」と言います。

門倉(板橋駿谷)とは十勝農業高校の番長と呼ばれている3年生でした。

門倉はどことなく、なつを意識しているようで「演劇部に入ったらしいじゃないか?」と聞きます。

「それがあんたに関係あるんですか?女が演劇をやってだめなんですか?」と物おじせず門倉に言い放つなつ。

雪次郎と良子は門倉を怖がっていましたが、なつは強気で思ったことをどんどん話すのでした。

結局、門倉と良子は演劇部を手伝うことになります。

門倉を見て、部員たちは怖がっていましたが倉田(柄本佑)は「門倉が真面目なのはわかっている。」と言って二人と握手をするのでした。

そして、倉田は「やっと台本が上がったところだ!」と言います。

その脚本を一枚ずつ回し読みをする部員たち。

殴り書きしたその本を必死で読むなつたち。

その脚本は「白蛇伝説」という題名なのでした。



スポンサーリンク

朝ドラ「なつぞら」  19話の評価評判は?



スポンサーリンク

朝ドラ「なつぞら」  19話の感想

今日から、なつの演劇部の練習が本格的に始まりました。

十勝農業高校の演劇部の練習は体育会系で、本当に大変そうでした。

練習と牧場の仕事に疲れているなつを気遣い、牧場の仕事は休んでも良いと言う柴田家や悠吉たちの優しさは嬉しいですよね。

9歳のころから酪農の仕事一筋で、自分から初めて何かをやりたいとなつが言ったことが嬉しかったのだと思いました。

そして、新しいキャラクターの登場です。

十勝農場高校の番長、門倉。

良子が言うには「熊と魚を採りあって勝った男」のようですが、どうやらなつを女性として意識しているように見えました。

だから文句をいいながらも演劇部に入ったのでしょうね。

なつも倉田に言っていましたが、門倉はとても真面目な男のようです。

演じている板橋駿谷さんはなんと実年齢34歳!!

確かに少し年齢がみんなより上には見えますが、そこまで違和感がないのはすごいです。

これから良子とともに演劇部を盛り上げてくれそうで楽しみです。

倉田の脚本が出来上がり、これからは体力づくりとともに演劇の本格的な練習も始まります。

「白蛇伝説」どんな話なのか気になりますね。

明日を楽しみに待ちたいと思います。

朝ドラ「なつぞら」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)を無料視聴する方法はこちら!2019年4月から始まった連続テレビ小説「なつぞら」。 連続テレビ小説の記念すべき100作目ということで、豪華キャストが話題になっ...



スポンサーリンク