なつぞら

【なつぞら】17話「農協に話を聞きに行くなつ(広瀬すず)と倉田(柄本佑)」

スポンサーリンク



ここでは、NHK朝ドラ「なつぞら」第3週「なつ、これが青春だ」の17話のあらすじ(ネタバレ)・視聴者の評価評判・感想についてお伝えしています。

なつ(広瀬すず)は泰樹(草刈正雄)と農協の対立を高校の演劇部顧問である倉田(柄本佑)に相談します。

なつは倉田から「お前自身で答えを出さないと誰にも意見が出来ない。」とアドバイスされます。

その後、なつは倉田から演劇をやってみないかと誘われます。

倉田は、演劇で泰樹を助けられるかもしれないと話すのでした。

朝ドラ【なつぞら】あらすじネタバレを公開中!(1話から最終回結末まで追跡)朝ドラ「なつぞら」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「なつぞら」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)を無料視聴する方法はこちら!2019年4月から始まった連続テレビ小説「なつぞら」。 連続テレビ小説の記念すべき100作目ということで、豪華キャストが話題になっ...

朝ドラ「なつぞら」  17話のあらすじ(ネタバレ)

なつ(広瀬すず)は柴田家のみんなには演劇のことは黙っていました。

「雪月のみんなは元気だった?」と聞く富士子(松嶋菜々子)に、なつは「みんな相変わらず元気だったよ。」とだけ話します。

夕見子(福地桃子)は、なんだかんだ言いながらも雪次郎(山田裕貴)の様子が気になるようでした。

翌日、なつは倉田先生(柄本佑)と一緒に農協に向かいました。

なつは剛男(藤木直人)に農協の問題を知りたいと頼むと、田辺(宇梶剛士)と剛男が快く対応してくれます。

なつは「農協は、じいちゃんに手を焼いているんですか?」とストレートに聞くと、田辺は丁寧に農協について教えてくれます。

今は、乳業メーカーが増えたことにより、牛乳の価格の決めるための乳業メーカの脂肪分検査が正しく行われているかわからない状態でした。

そのため、農協が牛乳を一括して引き取り、農協が検査をすることで牧場の大きさに関わらず公平に取引をしたいのだと話す田辺。

なつの家である柴田牧場は大きな牧場だから、メーカーに優遇されていると言います。

「小さな牧場をつぶさないためにも、私は十勝全体を酪農王国にしたい!」と農協の理想を話す田辺なのでした。

帰り道、なつは剛男に「農協の考え方は正しいと思う。」とはっきり自分の考えを話します。

なつと剛男が一緒に帰って来ると、富士子が酪農メーカーからお金を渡されて困っていました。

その様子を見た剛男は「そういう付き合い方はもう古いんじゃないですか?」と言います。

すると泰樹(草刈正雄)もそこへやって来て、「もらっておけ。メーカーは公平に牛乳を買っている!この牧場が正当に評価されているだけだ。」と反論します。

「そんな理屈は通りませんよ。」と言う剛男に、泰樹は「理屈が通らないことなんて今までいくらでもあった!開拓の苦労を思えば、きれいごとだけで家族を守れるか!!」と声を荒げるのでした。

結局、富士子はそのお金をメーカーに返します。

なつは悠吉(小林隆)と菊介(音尾琢真)に「悠吉さんたちは農協のこと、どう思う?」と意見を求めます。

すると「親父さんの気持ちは分かるけれど、助かる農家は多いべな。」と話します。

酪農家は交渉下手だから農協に任せた方がいいと言うのです。

「この牧場は親父さんそのものだ。だからそう簡単には道を変えられないんだわ。」と泰樹の気持ちを話す悠吉。

その晩、泰樹は食欲がないと言って食卓に現れませんでした。

「自分が話をこじらせてしまった。」と落ち込むなつでしたが、富士子は「あんなことでめげる人じゃないわ。開拓一斉はたくましいの。」と話します。

夕見子も「じいちゃんがこれで変わるとも思えない。」と言います。

その頃、泰樹は部屋で1人まんじゅうを食べながら「お茶が欲しい…。お茶が欲しい…。」と呟いていたのでした。



スポンサーリンク

朝ドラ「なつぞら」  17話の評価評判は?



スポンサーリンク

朝ドラ「なつぞら」  17話の感想

なつが農協に行って牛乳の取引の現状を聞いたことで、なつ自身「農協の考えは正しいと思う。」と剛男に伝えることが出来ました。

牛乳の価格が脂肪分によって決まるということは全く知らなかったので驚きでした。

しかし、その脂肪分の検査がメーカーでどのように行われているのかが分からないというのは確かに問題ですね。

農協がその問題を解決しようとしていることは私も正しいと思いました。

泰樹は、荒地だった十勝を開拓してきて自分が柴田牧場を大きくしてきたという自負があるのでしょう。

その気持ちもよくわかりますが、時代の流れには逆らえないような気もします。

泰樹は、目の前の人との関係を本当に大切にしているからこそ、悠吉親子のように泰樹の人柄に引き寄せられているというのもあると思います。

しかし、メーカーの組織の人たちは商売をしているわけですから、徐々に自分の利益が優先になっていしまいますよね。

人と人との信頼関係を崩さないためにも泰樹には考え直してほしいです。

泰樹の頑なな心を、なつが演劇を通して溶かしていくことができるのでしょうか?

倉田先生が農協の話を聞いていい脚本を書いてくれそうな気もします。

明日の展開も楽しみですね。

朝ドラ【なつぞら】あらすじネタバレを公開中!(1話から最終回結末まで追跡)朝ドラ「なつぞら」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「なつぞら」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)を無料視聴する方法はこちら!2019年4月から始まった連続テレビ小説「なつぞら」。 連続テレビ小説の記念すべき100作目ということで、豪華キャストが話題になっ...


スポンサーリンク