なつぞら

【なつぞら】12話「天陽(荒井雄斗)の家の土地を開拓する泰樹(草刈正雄)」

スポンサーリンク



ここでは、NHK朝ドラ「なつぞら」第2週「なつよ、夢の扉を開け」の12話のあらすじ(ネタバレ)・視聴者の評価評判・感想についてお伝えしています。

なつ(粟野咲莉)は天陽(荒井雄斗)の家に遊びに行きます。

すると天陽の家の土地は荒地で作物が出来るような土地ではなく、天陽は悔しい思いをしていることを知るなつ。

なつは泰樹(草刈正雄)に天陽を助けて欲しいと頼むのでした。

朝ドラ【なつぞら】あらすじネタバレを公開中!(1話から最終回結末まで追跡)朝ドラ「なつぞら」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「なつぞら」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)を無料視聴する方法はこちら!2019年4月から始まった連続テレビ小説「なつぞら」。 連続テレビ小説の記念すべき100作目ということで、豪華キャストが話題になっ...

朝ドラ「なつぞら」  12話のあらすじ(ネタバレ)

なつ(粟野咲莉)はいつものように牛舎へ行くと、泰樹(草刈正雄)から「今日、土を見に行くぞ。」と言われます。

なつが天陽(荒井雄斗)を助けて欲しいと言った気持ちに、泰樹は応えてくれたのです。

早速、天陽とともになつと泰樹が天陽の家の土地を見に行きます。

その荒地を見て、泰樹は「この土のままではだめだ。作物は育たない。」と言います。

しかし、「ただ、このくらいの土地ならいくらでもわしは開拓してきた。今夜、お前の親に会いに行く。」と天陽に話すのでした。

家への帰り道、なつは馬車で泰樹の隣に座りニコニコ笑顔を見せます。

なつはこの頃から、泰樹のそばにいると誇らしい気持ちになるのでした。

その日の夜、なつたちは天陽の家へ向かいます。

「東京から来て、こっちの冬は厳しかったと思います。あなた方は強い。」と話す剛男(藤木直人)。

天陽の父の正治(戸次重幸)は「石を焼いてぼろ切れで包んで抱いて寝ました。それでも寒くて朝起きると子供の背中に雪が積もっていたこともあります。」と言います。

「もう子供たちには辛い思いはさせたくない…。今年ダメなら東京に戻るしかないんです。」と辛い胸の内を話すのでした。

「子供たちが何を言ったのか知らないが、真剣に話すことではない。」と言う正治。

すると泰樹は「なつの気持ちを真剣に聞いてあげることがなぜいけない。お宅の息子の気持ちも聞いてあげなければならない。」と話します。

そして、「本当に畑をやりたいという気持ちがあるなら、時間はかかるが手はある。それでもやる気があるのか?」と聞く泰樹。

すると天陽は「僕は、やりたい!お父さんは今までのように仕事をしていいから、僕が畑をやる!!」と言います。

正治は「こっちにも事情がある。」と言うと、泰樹は「事情なんて関係ない!!大人の事情で、この子たちがどんな思いをしてきたか。子供の気持ちを大人がきちんと聞いてあげるべきだろ!!」と強い口調で話します。

天陽の母のタミ(小林綾子)は、「本当はやりたいんでしょ?あれだけの覚悟をしてここまで来たんだもの。」と涙を流します。

後日、天陽の家の荒れ地に男たちが集まります。

「みなさん。どうかよろしくお願いします!」と挨拶をする正治。

正治は畑を続ける決意をしたのです。

泰樹は男たちに「何年かかっても、ここを豊かな土地に生まれ変わらせる!!」と声をかけると気合が入ります。

切り株をみんな力を合わせて引き抜く作業を始めると、天陽やなつも一緒になって手伝います。

その時、なつにはみんなの声が歌を歌っているように聞こえていました。

そして、切り株が抜けるとみんなから歓声が上がります!

天陽の家の表に一頭の馬がいました。

泰樹が天陽のためにと連れて来てくれたのです。

「お金は?」と気にする天陽に泰樹は「お前がこの馬を育てて稼ぐようになったら返せばいい。」と話します。

そんな泰樹になつは抱き着いて「おじいちゃん、大好き!」と笑顔を見せます。

それから時は経ち、9年後。

荒れ地だった土地一面にじゃがいもの葉が並んでいます。

18歳になったなつ(広瀬すず)は、馬に乗って笑顔で天陽(吉沢亮)の元へやって来るのでした。



スポンサーリンク

朝ドラ「なつぞら」  12話の評価評判は?



スポンサーリンク

朝ドラ「なつぞら」  12話の感想

なつの熱い思いを受け止めて、天陽の家の荒地の開拓を泰樹が手伝ってくれました!

あれだけの荒地を開拓する開拓者魂は本当にすごいです。

それだけ開拓者たちの諦めない心はすごかったのでしょう。

今の北海道の豊かな自然があるのは、たくさんの開拓者たちのおかげなのですね。

天陽の畑に対する熱い思いにも心を打たれました。

子供ながらに一人畑をやるという覚悟は相当なものだったと思います。

正治も泰樹もどちらも子供のことを思う気持ちは一緒でしたね。

特に、泰樹のなつや天陽の意見や気持ちを真剣に考え、天陽の思いを生かす方法を練るところは素晴らしいですし、本当に手伝いを実行に移す心意気はなかなか出来るものではありません。

そして、泰樹を演じている草刈正雄さんの迫力ある演技にも圧倒されました。

粟野咲莉ちゃん演じるなつが今まで泰樹を「おじさん」と呼んでいたのですが、開拓を手伝った後は「おじいちゃん」と呼んでしました。

2人の絆がぐっと縮まり感動的な回でした。

今日の放送の最後に、とうとうヒロインである広瀬すずさんが爽やかに馬に乗って登場しました。

成長した天陽を演じるのは吉沢亮さん。

とても素敵な青年に成長していましたね。

Twitterでは吉沢亮さんの登場に対するたくさんの反響がありました。

幼少時代を演じた子役たちの演技はみんな本当に素晴らしかったです。

来週は子役からバトンを引き継いで、たくさんの新キャストたちが登場するのが楽しみです。

朝ドラ【なつぞら】あらすじネタバレを公開中!(1話から最終回結末まで追跡)朝ドラ「なつぞら」のあらすじネタバレを最終回結末まで記録していきます!...
朝ドラ「なつぞら」見逃した方へ!配信動画(1話~最新話)を無料視聴する方法はこちら!2019年4月から始まった連続テレビ小説「なつぞら」。 連続テレビ小説の記念すべき100作目ということで、豪華キャストが話題になっ...


スポンサーリンク