2019年春ドラマ

【家政夫のミタゾノ】4話のあらすじ(ネタバレ)と感想「裁判官一家の隠された事実を美田園が暴く!」

スポンサーリンク



ドラマ「家政夫のミタゾノ(第3シリーズ)」第4話が2019年5月10日(金)に放送されました。

美田園が裁判官一家にどう切り込んでいくのか注目です!

ここでは、「家政夫のミタゾノ」第4話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の反応(評価評判)を紹介していきます。

家政夫のミタゾノ
【家政夫のミタゾノ】キャスト(出演者)紹介!松岡昌宏ミタゾノが帰ってくる!あのミタゾノが2019年春ドラマで帰ってくる! TOKIO松岡昌宏さん演じる女装の家政夫「美田園」。タイトルも「家政婦は見た!」「...

【家政夫のミタゾノ】4話のあらすじ(ネタバレ)

厳しい裁判官一家

裁判官・玄角厳吾(山崎一)は宝石店強盗事件の裁判を担当していました。

傍聴席からの声に「おだまりなさい」と言い、その場は静まり返ります。

そして、正義を貫き裁ける人物は裁判官であると主張するのです。

村田光(伊野尾慧)と恩田萌(川栄李奈)は派遣先の内容に目を通します。

口癖が「おだまりさない」と萌が熱く説明する玄角を「正しい裁判官です」と称えるのです。

やけに詳しく光が理由を問うと「新聞観たから」と慌てて誤魔化します。

翌日、玄角家では朝の朝食から父親が厳しい言葉を家族に浴びせるのです。

寝坊して息子の公平(田中奏生)を怒る一方で娘の正子(矢作穂香)の事は褒めます。

そして、朝食を食べようと美田園薫(松岡昌宏)達が訪ねてきました。

妻はぎっくり腰で家政婦を頼んだと厳吾に伝えますが、彼は納得しません。

帰るように促すと家の中から叫び声が聞こえて、美田園はいち早く現場に向かいます。

外に干していたスーツに落書きされていましたが、「お任せ下さい」と美田園はクレヨンで書かれた文字を見事に綺麗にするのです。

立ち去ろうとする美田園達を厳吾は引き止めて、「目立たぬように」と承諾しました。

嫌がらせが相次ぐ

厳吾には嫌がらせのメールが届いて、宝石強盗事件の事を同僚に電話していました。

ゴミを集めに来た萌と光が部屋に入ってきて、嫌がらせの事を聞きます。

萌が「目星が付いている」と推理を始めて、被害にあった店主だと主張しました。

しかし、突如入ってきた美田園は、家の中にあったスーツの事で家族に犯人がいると意見するのです。

厳吾はその言葉に怒り出して、家族の中に犯人がいる事を否定しました。

ある時、公平はトイレに入り姉から借りた携帯で自宅に脅迫電話します。

すると「トイレットペーパー切れておりましたので、お持ち致しました。」と美田園が鍵を開けて入ってくるのです。

公平の指についているクレヨンを見つけると、彼は誰にも言わないようにお願いします。

美田園の代わりに掃除をし始めた公平は雑巾に誓いの言葉を書いていたのを萌が発見しました。

そこに病院に行く母親の優美子(中島ひろ子)が現れて、大きな荷物を持って外出します。

疑問を感じる美田園の読みは当たっていて、荷物には洋服が入っていて着替えをしてから別の男にあっていたのです。

血の付いたバットが発見

家では萌がある部屋に入ると無数の裁判の資料があり、喜んでいました。

資料に目を通していると血が付いたバットを発見して、驚きます。

光が玄関を掃除していると美田園が帰ってきて、萌がバットの事を伝えてくるのです。

ケースには正子の名前が書いていて、3人は不思議に思います。

そこに厳吾が入ってきて3人はとっさに押し入れに隠れますが、彼は血の付いたバット見つけて慌てて持ち去っていきました。

別の部屋を掃除している3人が、家族の行動について話し合い、「嘘裁判官一家」と美田園が吐き捨てるのです。

厳吾は自分の部屋でバットの事を考えて、脅迫メールを確認しようとします。

すると美田園が電球を替えようとして、作業中にポケットの携帯が鳴り始めました。

「取って頂けますか」と厳吾が取ると正子の携帯で画面には宝石店が写っていたのです。

美田園が血液に関する事を話すと厳吾は動揺して、「どうして正子」が落ち込みます。

公平と正子がトイレで携帯を探していると美田園が渡しに来て、彼女は中身の事を問うのです。

その頃、厳吾は娘のパソコンを開き、意味深なSNSを見つけて「まさか…本当に」と目を疑います。

料理を作りながら光と萌が正子の部屋にあったカレンダーの話をして、再び犯行を行い共犯者をいると疑うのです。

各人の抱えるもの

夕食を無言で食べる玄角一家は「ごちそうさま」と厳吾以外の3人は早々と食事を切り上げようとします。

すると美田園はオムライスを出して、ケチャップで各人が抱えている不正を文字で表現していました。

美田園は正子の部屋の前に落ちていたジュエリーを出し、Jとデザインされている意味を家族が考えます。

正子は「宝石が好きなの」と言うと父親が怒り出すのです。

「いよいよ明日か」と何か気合いを入れる正子の元に厳吾が入ってきて、明日の事を心配して、自らが責任を被ると言い放ちます。

事務所では玄角家の話が話題になり、明日の裁判の行方を気にするのです。

光は傍聴するために半休を取る事になっていましたが、「そういえば、美田園さんは」と彼は事務所にはいませんでした。

同僚に連絡を入れる厳吾は有罪にする事を伝えて、血の付いたバットを拭き取りゴルフクラブの中に入れて隠します。

明かされる玄角一家の真実

裁判が始まり、光は萌の存在に気付き「膨張マニアなの」と聞かされました。

騒ぐ被告人に「おだまりなさい」と言い、更に弁護人にも「おだまりなさい」と強引に有罪にしようとします。

すると弁護側から新たな証人がある事を伝えられて、厳吾は渋々「分かりました」と承諾するのです。

「はい」と傍聴席にいた美田園が手を上げ、ゴルフクラブを証言台の横に置きます。

しかし、ゴルフバックは証拠ではなく、弁護人と打ち合わせした内容ではない事を口にするのです。

「ちょっと待ってくれ」と美田園が携帯の画面を厳吾が拡大すると弁護人と優美子が一緒にいるところが写っていました。

その時、傍聴席に玄角一家が現れて、優美子は弁護人との関係がバレてしまし、公平のいたずら書きも明らかになります。

休廷にしようとする厳吾と弁護人はゴルフバックを掴み合い、中身が出てしまうのです。

中からはプロレスのチラシが入っていて、正子から女子プロレスラーになりたいとカミングアウトされました。

「実は今日デビュー戦なの」と言われて、バットは練習によるものだと安心した厳吾は家族に厳しい言葉を口にします。

公平だと思っていた脅迫メールの送り主は検察の野川によるものだと分かり、問い詰めると「証拠があるんだよ」と厳吾が幼児になり女性に甘えている姿が映し出されるのです。

傍聴人から「この変態裁判官」と批判の声が上がる中、公平が「おだまりなさい」と父親の口癖を真似て、自らも裁判官を目指している事を伝えました。

そして、厳吾も自らの行動や発言を謝罪して、傍聴席にお詫びするのです。

突如被告人は泣き出して、「裁判長、感動しました」と自らの犯行を認めるのでした。



スポンサーリンク

【家政夫のミタゾノ】4話の感想

厳格な裁判官の家に派遣される事になった美田園達でしたが、次々と明らかになる真相に驚きを隠せませんでした。

表面だけでは分からない人間の内面の隠された部分が明らかになると強烈だと感じます。

特に不正を許さない厳格な父親であるがために家族は不満を募らせていたのでしょう。

しかし、その父親も自らのやり方にストレスを溜めていたとは意外でした。

家族が各人の思いを伝えて、笑顔のある家庭に戻り安心しました。

美田園は相変わらずの洞察力・行動力で家族の秘密を明らかにしていきましたが、彼に見抜けないものはないような気がします。

相手を圧倒するような態度と意味深な言葉は何度聞いても怖いと感じます。

彼を敵に回すと大変な事になる事が良く伝わってきます。

今回は光と萌も一緒に派遣されましたが、2人は良いコンビだと思います。

萌が傍聴マニアには驚きましたが、やはり推理は当たりません。

美田園が推理するように萌が言い当てる日はいつになるのか、気が遠くなりそうです。

次回は美田園の苦手な幽霊に関する事が話になりそうです。

彼の唯一の苦手な部分ですが、克服してどう立ち向かっていくのか見物です。

また、光と萌のコンビの活躍にも大いに期待しています。



スポンサーリンク

ドラマ【家政夫のミタゾノ】の見逃し動画を無料視聴する方法

放送から1週間以内の場合、Tverやテレ朝キャッチアップで無料視聴が可能です。

Tverで無料視聴する

テレ朝キャッチアップで無料視聴する

放送から一週間以上経過している場合、U-NEXTで無料視聴ができます。
詳しくはこちらをご覧ください。
【家政夫のミタゾノ】4話を見逃した方へ!動画の無料視聴はこちら!

【家政夫のミタゾノ】4話の評価評判

まとめ

裁判官一家に対しても、容赦しない美田園は凄いですね。

今回も面白いの声やキャスト陣の評価がする声がありました。

美田園の相変わらずの家事情報は勉強になります。

来週は美田園の苦手な幽霊に関する話になりそうです。

果たして、どうやって切り抜けるのか楽しみですね。



スポンサーリンク