2019年春ドラマ

【家政夫のミタゾノ】キャスト(出演者)紹介!松岡昌宏ミタゾノが帰ってくる!

スポンサーリンク



あのミタゾノが2019年春ドラマで帰ってくる!

TOKIO松岡昌宏さん演じる女装の家政夫「美田園」。タイトルも「家政婦は見た!」「家政婦のミタ」のコメディ作品な感じですし、完全にふざけたお笑いドラマ?と思っていたら意外としんみりするところもあり第1期、第2期と人気を博しました。

満を持して第3期では、ヒロインに「3年A組」での好演も記憶に新しい川栄李奈さんを迎えてパワーアップ!

辞意ネタや過去の名作のオマージュなども散りばめられており、テンポが良くあっという間の1時間になることでしょう。

ここでは、ドラマ「家政夫のミタゾノ」のキャスト(出演者)、世間の反応、スタッフなどについてご紹介します。

ドラマ「家政夫のミタゾノ」あらすじ(ストーリー)と原作情報

「家政夫のミタゾノ」あらすじ

三田園薫(松岡昌宏)は、女性社会の家政夫業界で、掃除、料理、洗濯、子育てに至るまで家事という家事をすべt完璧にこなすパーフェスト女装家政夫。

今回、三田園はアラブの石油王のところにいましたが、むすび家政婦紹介所の所長である結頼子(余貴美子)がから「すぐに戻ってきて!」と日本に呼び戻されます。

脱税疑惑をかけられ、営業停止に追い込まれていたむすび家政婦紹介所でしたが、この度営業再開となり、これを機に従業員を増員。頼子の甥・村田光(伊野尾慧)と、新人家政婦の恩田萌(川栄李奈)が入り、三田園が教育係に任命されるのです。

三田園たちが派遣されたのは、大企業丹波フーズ会長・丹波幸之助(大和田伸也)の家。丹波の条件は、高身長の美しい女性ということだったので、三田園たちは追い返されそうになってしまいます。

しかし、三田園がデキる男だと分かり、家政夫兼ボディガードとして丹波家で雇われることに。というのも、丹波は誰かに命を狙われていると感じていたのです。

丹波家には、歳の離れた若き美人妻・ユリア(太田莉菜)や、そのユリヤを快く思っていない、丹波の妹・悦代(大島さと子)をはじめとした一癖も二癖もありそうな人物がわんさか。

三田園が得意の?のぞき見で丹波家に起きている不審な空気を解決することができるのでしょうか?

「家政夫のミタゾノ」原作

「家政夫のミタゾノ」には原作はなく、オリジナル作品となります。

そのため、展開が読みづらいですよね。

また、オリジナルであるため、今回でも大企業丹波フーズは、「丼・来放題(ドン・キホーダイ)」を運営しているなど「あれどこかで聞いたことがあるような」というクスッとできる時事ネタも盛り込まれているのも魅力です。

「家政夫のミタゾノ」の脚本を担当するのは、八津弘幸氏。日本を代表する人気脚本家の一人として知られており、過去の作品としては、

  • 半沢直樹(TBS)
  • 下町ロケット(TBS)
  • 陸王(TBS)
  • 刑事七人(テレビ朝日)
  • 小さな巨人(TBS)

などドラマ史に残るような名作を数多く生み出しています。

「半沢直樹」で代表されるように、人物の裏までえぐるような生々しいヒューマンドラマを得意としているだけあって、「家政夫のミタゾノ」のなかには、コメディ要素の中にもリアリティを追求したヒューマン要素が隠れているのです。



スポンサーリンク

ドラマ「家政夫のミタゾノ」キャスト(出演者)紹介

むすび家政婦紹介所

「三田園薫…松岡昌宏」

料理に洗濯、掃除などの家事はもちろんボディガードまでしてしまう、むすび家政婦紹介所のエース家政夫。

長身の女装という風代わりがいでたちながら、類まれなるスキルの高さですぐに依頼主からの信頼を得る。

性格的に依頼主の秘密を知ってしまうと、それを暴かないと落ち着かないところがあり、ついついのぞき見をしてしまうこともたびたび。

※松岡昌宏さんプロフィール

生年月日:1977年1月11日(42歳)

出身地:北海道札幌市

代表作:必殺仕事人(テレビ朝日)、天国に一番近い男(TBS)、ナースマン(日本テレビ)、サイコメトラーEIJI (日本テレビ)、鉄腕ダッシュ(日本テレビバラエティ)など

※松岡昌宏さんコメント

「ご無沙汰しております。家政夫の三田園でございます。またまたこうして皆様とお会いする機会をいただけたこと、心から痛み入ります」

引用元:映画ナタリー

松岡さんのコメントというよりは、ミタゾノになり切ってのコメントですよね。今シリーズでは、はたして何回「心から痛み入ります」が聞けるでしょうか?楽しみです。

「村田光…伊野尾慧(Hey! Say! JUMP)」

三田園が教育係を任されたむすび家政婦紹介所の見習い家政夫。所長の甥っ子で社会経験を積むために家政夫となった。

三田園に「三田園さんは女ですか?男ですか?」などド直球な質問をぶつけるなど良い意味でも悪い意味でもピュアな心の持ち主。

※伊野尾慧さんプロフィール

生年月日:1990年6月22日(28歳)

出身地:埼玉県入間市

代表作:そして、誰もいなくなった(日本テレビ)、トーキョーエイリアンブラザーズ(日本テレビ)、戦う!書店ガール(関西テレビ)、ピーチガール(映画)、めざましてれび(フジテレビ情報番組)など

「恩田萌…川栄李奈」

むすび家政婦紹介所の若手家政婦。まだまだ若手だがプライドが高く上昇志向。仕事はしっかりこなすが、人をなかなか信用しない疑り深い性格で依頼人の家の秘密を勝手に推測する。ただ、時々恐ろしいほど推理を外すことも。

※川栄李奈さんプロフィール

生年月日:1995年2月12日(24歳)

出身地:神奈川県

代表作:3年A組-今から皆さんは、人質です-(日本テレビ)、いだてん(NHK大河ドラマ)、とと姉ちゃん(NHK朝ドラ)、アシガール(NHK)、僕たちがやりました(フジテレビ)、夕凪の街 桜の国 2018(NHK)など

「阿部真理亜…平田敦子」

おやつとスキャンダルが大好物のむすび家政婦紹介所に所属するベテラン家政婦。

この世界に長くいるだけあって、幅広い人脈と豊富な情報量を持っている。

※平田敦子さんプロフィール

生年月日:1963年7月2日(55歳)

出身地:東京都

代表作:SP 警視庁警備部警護課第四係(フジテレビ)、HOPE〜期待ゼロの新入社員〜(フジテレビ)、居酒屋ふじ(テレビ東京)、増山超能力師事務所(日本テレビ)、贖罪(WOWOW)など

「式根志摩…しゅはまはるみ」

むすび家政婦紹介所に所属する家政婦。特に男女関係の噂話が大好き。

人に流されやすく、おだてられるとなんでも聞いてしまうようなタイプ。

※しゅはまはるみさんプロフィール

生年月日:1974年9月29日(44歳)

出身地:東京都世田谷区

代表作:カメラを止めるな!(映画)、成田離婚(フジテレビ)、わが母の記(映画)、家族あわせ(映画)など

「結頼子…余貴美子」

むすび家政婦紹介所の所長。毎回、騒動をのぞき見してくる三田園にハラハラしながらも内心ちょっと楽しみにしている部分も。

アラブから三田園を呼び戻し、甥の光の教育係を頼む。

※余貴美子さんプロフィール

生年月日:1956年5月12日(62歳)

出身地:神奈川県横浜市

代表作:濃姫(テレビ朝日)、おくりびと(映画)、シン・ゴジラ(映画)、ソロモンの偽証(映画)、銭形平次(フジテレビ)他多数

丹波家

「丹波幸之助…大和田伸也」

専門チェーン『丼・来放題(ドン・キホーダイ)』を成功され、飲食業界のドンに君臨している丹波フーズの会長。個人資産800億円。

しかし、誰かに命を狙われていると感じ怯えている。

※大和田伸也さんプロフィール

生年月日:1947年10月25日(71歳)

出身地:福井県敦賀市

代表作:八代将軍吉宗(NHK大河ドラマ)、徳川吉宗(NHK大河ドラマ)、藍より青く(NHK朝ドラ)、水戸黄門(TBS)、ヤンキー母校に帰る(TBS)などほか多数

 

「丹波ユリア…太田莉菜」

幸之助よりかなり年下の美人年下妻。

※太田莉菜さんプロフィール

生年月日:1988年1月11日(31歳)

出身地:千葉県

代表作:ロング・グッドバイ(NHK)、ザンビ(日本テレビ)、ホットロード(映画)、海月姫(映画)、君と100回目の恋(映画)など

「丹波悦代…大島さと子」

丹波幸之助の妹。若き幸之助の妻ユリアをよく思っていない。

※大島さと子さんプロフィール

生年月日:1959年9月17日(59歳)

出身地:神奈川県川崎市高津区

代表作:火曜サスペンス劇場(日本テレビ)、精霊流し〜あなたを忘れない〜(NHK)、土曜ワイド劇場(テレビ朝日)、はぐれ刑事純情派(テレビ朝日)、嬢王(テレビ東京)など



スポンサーリンク

キャスト展望

「家政夫のミタゾノ」では、第一期でのヒロインに清水富美加さん、第二期に剛力彩芽さんと、ミタゾノ出演後に色々起きてしまったスキャンダラス女優になってしまいました。

そのため、家政夫のミタゾノはデスドラマのように一部で囁かれていますが、今回第3期のヒロインは川栄李奈さん。

最近、飛ぶ鳥を落とす勢いでAKB卒業組の出世頭になっている川栄さん。果たしてデス疑惑を吹き飛ばすような好演を期待したいですね。

そして、やっぱり松岡昌宏さんの女装姿は見ものですよね!イケメンだけあって意外と美人だし…。

キャスティングについての世間の反応は?

Twitter上では、キャストにも名を連ねているいる伊野尾慧さんが所属するHey!Say!JAMP!が主題歌に決まったことで、伊野尾ファンが熱狂していますね。

確かに主演ではない出演陣が主題歌を担当するのは珍しいですし、この話題がドラマに相乗効果を呼びそうです。

スタッフ紹介

脚本

  • 八津弘幸(過去の作品:半沢直樹(TBS)、下町ロケット(TBS)、刑事七人(テレビ朝日)、陸王(TBS)、ルーズベルト・ゲーム(TBS)など

音楽

  • ワンミュージック(過去の作品:黒革の手帖(テレビ朝日)、監獄のお姫さま(TBS)、世界一難しい恋(日本テレビ)、グッドワイフ(TBS)など

演出

  • 片山修(過去の作品:タイガー&ドラゴン(TBS)、花より団子(TBS)、恋を何年休んでますか(TBS)、11人もいる(テレビ朝日)、相棒17(テレビ朝日)ほか
  • 小松隆志(過去の作品:GTO(フジテレビ)、サラリーマン金太郎(テレビ朝日)、スミカスミレ 45歳若返った女(テレビ朝日)、不機嫌な果実(テレビ朝日)、はいすくーる仁義(映画)など
    ほか

主題歌

  • Hey!Say!JAMP!(愛だけがすべて―What do you want?)

エグゼクティブプロデューサー

  • 内山聖子(過去の作品:ドクターX(テレビ朝日)、黒革の手帖(テレビ朝日)、交渉人〜THE NEGOTIATOR〜(テレビ朝日)、必殺仕事人2009(テレビ朝日)など


スポンサーリンク