2019年春ドラマ

【ミストレス】7話のあらすじ(ネタバレ)と感想「香織(長谷川京子)の嘘と、孤独」

スポンサーリンク



ドラマ「ミストレス~女たちの秘密~」第7話が2019年5月31日(金)に放送されました。

4人が、それぞれ抱えた孤独。

友美(水野美紀)は亡き夫の愛人の存在と、恋した男の不実に混乱し、香織(長谷川京子)は愛し始めた貴志(杉野遥亮)の無邪気さと秘め事の重さに苦しむのです。

”思う人には思われず、思わぬ人から思われる”___そんな樹里(大政絢)の胸をかきむしりたくなるような恋。

夫以外の男の子供を身ごもってしまった冴子(玄理)。

嘘や、想いとはかみ合わない現実に苦しむようになった彼女らの苦悩は深くなるばかりです。

ここでは、「ミストレス」第7話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の声(評価評判)を紹介していきます。

ミストレス~女たちの秘密~
【ミストレス~女たちの秘密~】キャスト(出演者)紹介!長谷川京子ら4人の女性がリンクするオンナたちの本音前クールの「トクサツガガガ」や文化庁芸術祭で大賞を獲った「透明なゆりかご」など丁寧な作りでドラマ好きからの評価も高いNHKドラマ10。 ...

【ミストレス】7話のあらすじ(ネタバレ)

母の襲来

その夜、香織のもとに木戸佳恵(麻生祐未)が尋ねてきました。

愛人だった木戸光一郎(橋本さとし)の妻であり、今の想い人・貴志(杉野遥亮)の母である佳恵の存在は、香織にとっては胸に刺さった大きな棘でした。

彼女は揺れる感情を抑え込んだような瞳で「貴志が学校を辞めて働きたいと言っている」と相談しに来たのです。

香織の説得で京都の大学院に戻ったはずの彼は、実はその家に入り浸っているのですが。

そのどこまでを知っているのか…?

光一郎の死の秘密をある意味共有している香織と佳恵ですが。

父と息子の両方と関係を結んでいる香織はその罪悪感と、しかし押し止められない貴志への恋慕に苦しんでいます。

佳恵は、リビングにあった香織のスケッチを見て、意味ありげに言うのです。
「あら…これ先生のお顔?よく似てる…お綺麗ですものね」
息子が描いた絵を、それと気づかないはずはありません。

彼女は、重ねて香織に貴志が大学院に戻るようにと説得を頼んで帰るのですが。

「先生、一つだけお聞きしていいですか?
あのこと…息子には言ってませんよね?___主人のモルヒネのこと」

それは、木戸光一郎の死に直結する秘密だったのです。

安岡の“不実”

同じころ、安岡(甲本雅裕)が友美の家を訪れました。

友美の周囲に起こった無言電話や怪しげな女の出現を心配していた彼ですが。

「もしかしたら…”知り合い”かもしれないと…別居中の、妻ではないかと」

彼は、離婚したシングルファーザーだという話でしたが。
まだその離婚は成立していなかったのです。

昼間に、ママ友からそのことを忠告されていた友美は“やっぱり…”という思いに落胆し、安岡を責めてしまいました。

「どうして、そんな嘘をついたんですか?嘘でしょ?嘘じゃないですか!」

踏みにじられた気持ちの持っていき場がない友美は「奥さんに慰謝料請求されて困ってるっていう噂を聞きました。保険金が入ったから、私に近づいた…?」

動揺し、否定する安岡でしたが、彼の真意はまだ見えてきませんでした。

夜が明けて…

樹里は、玲(篠田麻里子)の結婚披露パーティを飛び出した勢いで曽我部(森優作)とベッドになだれ込みましたが…結局何も起こらないままに朝を迎えてしまったのです。

「今は、樹里さんが必要な時に隣にいられるだけで十分です…!」
彼は変わらず純粋に樹里のことを信奉していました。

その笑顔に半ば呆れる樹里ですが。

「付き合ってくれてありがとう」

しかしその本当の想いは、ここにはなかったのです。

冴子は過剰に気遣う夫の悟史(佐藤隆太)に本当のことを言えず、苦しんでいましたが___しかし、思いがけないチャンスをつかみかけていました。

キャリアのハンデにしかならないと思っていた妊娠。

しかし、そんな冴子が“出産予定の社員が企画した商品”のプロジェクト・リーダーに抜擢されたのです。

サブに任命された坂口(細田善彦)が、実はお腹の子供の父親だということは…まだ誰も知りません。

貴女らしくない!

樹里は玲(篠田麻里子)の仕事場のスタジオで彼女を待ち伏せしていました。

玲たちが樹里のスポーツクラブを辞めてしまったので、会いたい思いを抑えられず、おしかけてしまったのです。

「こないだ、これでお別れだって、言わなかった?」

玲の態度は、取り付く島がありませんでした。

「忘れ物…言い忘れたことがあって…」
「何?」
「セックスフレンドにならない?」

樹里は明るく誘う言葉を並べました。

約束も束縛もジェラシーもなし、お互いに会いたい時に合って、純粋に楽しむパートナー…。

しかし、呆れたように玲は突き放しました。

「自分を安売りするのやめたら?もっと、自分を大切にしなよ」

取り残された樹里は、雨の中呆然と玲を見送ったのです。

諍いの余波

友美の娘・萌が学校で安岡の娘とケンカになった時、先生にその理由を答えなかった、と聞いて友美は思い悩んでいました。

萌は安岡と友美の関係を見守っていたのですが。

安岡の娘が「うちのママの方が100倍素敵。ママが戻って来たらまた三人で暮らすの」と言われて仲違いをした、というのです。

自分たちの関係がもとでそんな余波が生まれてしまったことを、友美は悔いていました。

冴子は悟史の出張の間に樹里の部屋に泊まりに来ていました。

樹里も「1人で眠る気分じゃなかった…」と吐露し、歓迎したのです。

「胸が痛い…多分、恋した…素敵な女の子に」

冴子はそんな樹里とじゃれて、しばし悩みを吹き飛ばすように笑っていました。

貴志は家を出ると母親の佳恵に宣言しました。

「学校にはそのうち戻るよ。今は知識より実際の現場を多く経験したいんだ!」

そんなことは許さない、と言う佳恵に「もう僕に干渉しないで!」と反発する貴志。

「好きな人がいるんだ」
「誰なの?」
「いい加減な気持ちで付き合ってるわけじゃない。将来のことも考えてる。だから、黙って見守ってて___」
「あなたが急にそんなことを言いだしたのは、その人のためなの?」

彼女はもう全てを悟らざるを得ないところまできていたのです。

無邪気さと、残酷さ

香織の家にやってきた貴志は、それまでとは打って変わって、まるで解き放たれたように年齢相応の明るさを取り戻していました。

知り合いの設計事務所で働かせてもらえそうだ、と快活に語る彼に「将来に関わることだし、もう少し慎重に考えて…」と促す香織ですが。

貴志は「ちゃんと考えてる」と言います。

しかし、彼の目には香織しか映っていないのです。

「好きだ」
頬に唇を寄せた彼にはにかむように微笑みながらも言葉をのんだ香織に「“私も”って言わないんだ?」と催促する貴志。

その明るさに、香織は苛まれていくのです。

「貴女と、真剣に付き合いたい。母に、貴女のことを話そうと思う」

もう、コソコソしたくない…、という彼は、しかし核心の部分を語らない香織に、年齢を気にしているのかと問うのです。

「それぞれとも何か、隠してる?」
ドキッとした香織は考えあぐねた末に「そんなんじゃないわ」としか言えませんでした。

「旅行に行こう。誰にも気兼ねしなくていいところに」

貴志の無邪気さは、そのたびに香織の胸をえぐっていたのです。

父と娘

樹里のもとに、ドバイ滞在中の父親(声:山寺宏一)から電話がかかってきました。

「曽我部はどうだ?パパの目に狂いは無かったろ?彼なら、ありのままの樹里を見てくれると思うぞ?」

「パパはどうして結婚なんかしたの?しかも二回も。

なんでみんなそんなに結婚したがるのかなと思って。

そんなにいいものなの?」

「そうか!やっと結婚に興味を持ったか?」

「全然!」

「命短し、恋せよ乙女!、だ」

父の思いもわからなくはないけれど、まだ納得はできない…樹里は複雑な表情を浮かべていました。

和解

友美の元を、香織が訪ねました。

互いに酷いことを言ってしまった…決裂した話を抱えていた二人は、しかし「ごめん!」と同時に謝り、仲直りをしました。

「この間は、友ちゃんの気持ちを考えないで…」
「私も、酷いこと言っちゃって…凄い反省してる…」

笑いあって仲直りした二人は冴子と樹里に女子会開催通知を送りました。

エビとホタテを美味しく調理した友美のご飯に舌鼓を打ちながら、以前のように笑い転げて過ごす4人は、ことさらに明るく振舞うのです。

「私ね、みんながいてくれて本当に良かったって、思ってるのよ」
友美が言うと香織が「みんなそう思ってるわよ」とデザートをつつきながら言いました。

そのなかで、冴子が口火を切りました。

「私、まだみんなに言ってないことがあって…お腹の子の父親…悟史じゃないの」

なんとなくそうじゃないかと思ってた、と友美が言うと樹里も賛同しました。

相手が坂口だということ。
何も言っていないけれど、恐らく気付いているだろう、ということも。

冴子が一緒に生きていきたいのは悟史___でもずっと黙っているわけにはいかない。

産むつもりなの?と驚く友美。

「産みたい…けど、産めるわけない…どうしたら良い?」

思い悩んでいる冴子に、香織が言いました。

「打ち明けてみたら?悟史さんのことが大切なら、ほんとうのことを話すべきじゃないかしら?」

彼なら、わかって受け入れてくれるかもしれない、という可能性を示唆する香織ですが。

それは諸刃の剣。

受け入れている貰えなかったら…?

でも自分の気持ちを偽って悟史と付き合っていけるのか?

「本当のこと言わなかったら…逆に関係が壊れてしまうかもしれない。

いつか、嘘をついている自分に耐えられなくなるんじゃない?」

その言葉は、しかし香織が自らに投げかけている問いでもありました。

樹里と冴子が連れ立って駅までの道を歩いていました。

「もし、悟史に話して許してもらえなかったら…」

うつむく冴子に、樹里は「その時はうちにおいでよ。私一人だし。あそこなら大声で泣いても平気だし!」

困ったときはお互い様!という樹里に、冴子は腕を絡ませて「ありがとう」とつぶやいたのです。

香織の家に残った友美は、安岡のことをどうするのか、と聞かれました。

「わからない…でも、きっと問題は私の方にあるのよ。パパが行方不明になってから、私の時間はずっと止まったままだった」

「うん」

「私、あの女に会ってみようと思う。俊哉に何があったのか知りたいの。そうしないとこれから先の生き方を決められないのよ」

そして、友美も香織に問いました。

「まだ会ってるの?彼と…香織、それがどんなに危険なことかわかってる?
もし、モルヒネのことがバレたら…」

友美は、木戸の死の秘密を共有していたのです。

「わかってる…」

香織はただそう答えるしかありませんでした。

本音と、そして建て前と…

ジムに玲がやってきました。

「この間はごめんなさい。酷い言い方をして___貴女とはいい“友達”でいたいと思ってる…どうかな?」

そう言って、彼女は右手を差し出しました。

「わかった」

それが本意ではなくても、樹里は右手を取り、微笑むのです。

冴子はプロジェクト・リーダーの話を引き受ける決意をしていました。

ただし、坂口をそのチームから外す、という条件で。

「そろそろ独り立ちする、いい機会でしょう?」

そう言う冴子に「そんなに僕を遠ざけたいんですか?急に避けるようになったのは、僕と寝たからですか?」

言葉に詰まる冴子に、坂口は強い口調で迫りました。

「僕の子供なんですよね?僕にできることは何でもします!」
「あなたには関係ない」
「関係なくはないでしょ?僕を遠ざけて、ご主人をだまして、その子を産んで育てていくつもりですか?
そんなこと、よくできますね…残酷にもほどがある」

坂口の言葉の鋭さと、込められた憤りを受け止めきれず、冴子は何も言えませんでした。

“恋すること”の正体

曽我部が、可愛らしいケーキを携えて樹里を訪ねてきました。

「お父様から、樹里さんが結婚のことについて悩んでいると聞きました。
迷わせてしまったなら、お詫びします」

居住まいを正して、彼が言いました。

「結婚してください。
僕の全てをかけて幸せにします!」

樹里は彼に問いました。

「曽我部さんにとって、結婚て、何?」
「え?」
「私の何を解ってるの?解ってないくせに…」
「樹里さんは楽しくて明るい方ですが、時々すごーく寂しそうな顔をするときがありますよねもし僕が傍にいたら、絶対…絶対にそんな顔をさせない自信があります」
「何その“謎の自信”」

蓮っ葉な樹里の口調にもめげずに笑う曽我部に我慢できず、樹里は酷い言葉を言い放ってしまうのです。

本当の私は、あなたが考えているような人間じゃない。
ピュアでも天使でもない…欲望を満たしてくれる相手ならだれでもいい…しょっちゅう相手をとっかえひっかえしてる酷い女よ。
曽我部さんは今まで心が満たされたセックスしたことある?

私、やっとわかったの。
恋をするって、そういう事なんだよ…___私、好きな人がいるの!

曽我部はひるみ、しかし言いました。

「その人も、樹里さんが好きなんですか?
貴女を幸せにできる人ですか?」

直截なその問いに、樹里は答えることができず、唇をかみしめていました。

対決

友美は、夫の愛人だというミキ(筧美和子)とその子供を自宅に入れて話をしました。

「お金のこと、決心ついたの?」
その物言いに苛立ちながらも、友美は問い返しました。

「そのことで呼んだんじゃないわ。あなたと、俊哉(吉沢悠)のことを知りたい」

そのなれそめを聞きだそうとする友美にミキが語りました。

兄の経営するバーで働いていたころに、俊哉が仕事関係の人たちと良く訪れていて知り合ったこと。

それで二人で会うようになり、一緒に暮らし始めて子供ができた、と。

「事故があった時、私はすぐにあなたの国に行ったのよ。
フェリーが沈んだ場所にもいったけど、夫が死んだなんて信じられなくて…でもそのうちに、会社のひとにもお悔やみを言われるようになって」

そう言う友美に、ミキは反論しました。

「私にはお悔やみも、会社からのお金もなかったわ」
「当たり前でしょう?!私は妻なんだから!」
「この子は俊哉の子よ!」

ミキは友美のSNSをずっとフォローしていて、美味しいものをいっぱいのせて、私たちとは別の世界のひとだと思ってた、と言うのです。

「息子には、お金をもらう権利がある!俊哉ならきっとそうしてくれるわ!」

急に俊哉がいなくなって、時間が止まったみたいだった___ミキのその言葉に友美はハッとしました。

「お金がもらえないなら仕方がない…今までと同じ暮しをしていくだけよ。
それが人生だと思うしかないわ」

「パパ?」

リビングの棚に合った俊哉の写真を見てミキの息子が言いました。

「そうだね」

肯定したミキに、友美は本音を投げかけました。

「私の友達は、貴女のことを詐欺師だって言ってる。私同じ意見よ」

その言葉に、彼女は息子の手を引いて出ていきました。

本当のこと

香織は、貴志に連れられて、木戸の墓参りに来ていました。

「貴女とここに来たかったんだ」

白い花束を供えて、彼は言いました。

「父さん、僕の大切な人です。
僕はこの人に救われたんだ。
父さんを無くして長いトンネルみたいなところにいたとき、香織さんが現実に引き戻してくれた。
香織さんと生きていこうと思っています」

墓地のなかを歩いている間、口を開かない香織に「何か怒ってる?」と貴志が問いました。

「怒ってなんかないわ…」
「ホントに?ならいいけど___どうしたの?」
「話さなきゃいけないことがあるの」
「何?」
「私、ずっと嘘ついてた」
「え?」
「私なの。バレンタインのカードを書いたのは…私」

動揺した彼が香織の目をみつめていました。

「どういうこと…?あなたが、父の愛人だったの?違うって言ったよね?あの時、あんなにはっきり…」
「聞いて!」
「聞きたくない!貴女に会って、世界が変わった、救われた、って思ったのに、なんで?!」
「あなたのことが好きだから…これからもずっと、一緒にいたいから…私のこと、知って欲しかったから…だから…これ以上、嘘をつくのが耐えられないの」

手を払われ、見たこともない目で自分をみつめる貴志に、香織は取り返しのつかないことをしたのだと悟っていました。



スポンサーリンク

【ミストレス】7話の感想

最後まで見て、ドキッとしました。

「信じられない」と訴える瞳の貴志の表情に被るようにテロップがながれますが。

主題歌のNakamuraEmiさんの曲のタイトルが「ばけもの」___まるでこの瞬間のためにつけられたタイトルみたいだ、と思ったのです。

その、ほんの数分前までは人生を捧げるレベルで愛していたはずの香織が、まるで別の何かにすり替わったように見えたのかもしれません。

実はそれこそが“本質”だったのですが。
若い彼には、受け止めきれない大きな塊が直撃したように、すべてがフリーズしているかのようです。

それにしても、SNSでは貴志と曽我部についての書き込みが多かったですね。

曽我部に関しては総モテ状態。
圧倒的な支持です。

今回も天然で純粋に、一途に恋をする男を体現していました。

ほんわかしたルックスによらず。
彼はかなり男前だと思っています。

貴志に関しては、そこに至るまでになんとかならなかったんだろうか、と思わざるをえません。

恋の暴走特急状態で、だれにも止められず…最悪の形で知ってしまうなんて。
気の毒すぎます。

その裏返しで、来週彼が父の死の核心にも迫っていくことになりそうです。

せめて、幸せになってくれることを願ってやまないのです。



スポンサーリンク

【ミストレス】7話の評価評判

まとめ

予告を見て「え?ここまでまず予告でばらす?」と思うほど、次週も怒涛の展開です。

全10話、とはっきり明記されていたので、あと3話。

香織の過去が貴志にバレ、冴子は夫に自ら告白し…そこに友美の事情と樹里の事実上の“初恋”の行方…とてんこ盛りすぎて一週間が待ちきれません。

どれもこれも、成就が難しくて問題ばかり。

その痛みや悩みを打ち明け合える友達がいて、それだけは幸いだったんだろうなぁ、と思っています。

しかし、そんな中にいたダークホース。

友美の夫の愛人だった、と言う彼女は無茶苦茶なこと言ってるよオイ!と思って見ていましたが。

夫、酷い奴だなぁ。

いい加減なことをしてきたツケが次世代の子供の人生を揺るがしかねない。

人の良い友美は、そういうところに付け込まれると完全に切り捨てることができないタイプなのかもしれません。



スポンサーリンク