まんぷく

【まんぷく】96話のあらすじと感想「いじめにあっている子供たちに言葉をかける福子(安藤サクラ)。」

スポンサーリンク



ここでは、NHK朝ドラ「まんぷく」第17週「ラーメンだ!福子!」の96話のあらすじ・視聴者の評価評判・感想についてお伝えしています。

萬平(長谷川博巳)は家でも手軽に作れる一夜漬けラーメンについて考えていましたが、なかなかアイデアが浮かばずにいました。

一方、香田家ではタカ(岸井ゆきの)の妊娠がわかりみんなで喜びます。

源(二宮輝生)と幸(三宅希空)は、萬平の仕事のことが原因で学校でいじめを受けてしました。

しかし、源の幸への励ましもあり福子(安藤サクラ)たちには言わずに頑張ろうと話します。

そんな二人のことを全く知らない福子と萬平でした。

朝ドラ「まんぷく」  96話のあらすじ

神部(瀬戸康史)が福子(安藤サクラ)の家にやって来て、タカ(岸井ゆきの)に赤ちゃんができたことを報告します。

驚くとともに喜ぶ福子と萬平(長谷川博己)。

しばらく萬平のラーメン作りの手伝いはできないという神部に、萬平はタカについていてあげた方がいいと話します。

悔しいけれど嬉しいのでそうすると言って笑顔の神部。

子供たちが学校に行く時間になり送り出す福子でしたが、二人の足取りは重いのでした。

香田家では、タカのお腹を吉乃(深川麻衣)が触って赤ちゃんができたことをうらやましがっています。

自分も赤ちゃんが欲しいがなかなか忠彦(要潤)のような人とは巡り合えないと言って、忠彦を喜ばせます。

吉乃は好きになった人とはずっと一緒にいたいから家にいてくれた方がいいと言うのです。

それを聞いた鈴(松坂慶子)は、そんなのは最初だけでだんだんうんざりする人もいるんだから…と話します。

吉乃は何かに一生懸命に打ち込んでいる人がいいと言いますが、鈴は萬平のようになったらいけないからしっかりとした仕事についている人と結婚すべきだと釘をさすのでした。

福子が克子(松下奈緒)の家にやって来て、タカに食べさせてあげて欲しいと卵をたくさん持ってきます。

福子がタカの妊娠を忠彦も喜んでいるだろうと言うと、克子は忠彦はタカの妊娠をもちろん喜んでいるしもう一ついいことがあったのだと言います。

忠彦は、吉乃から「おとうさんのような人と結婚したい」と言われたことが嬉しくてたまらないのでした。

福子はタカの所に持って行った卵を譲ってくれたアキラ(加藤雅也)としのぶ(牧瀬里穂)にお礼を言いに行きます。

すると、しのぶの「自分もおなかに子供がいるときは栄養を取るのが一番大変だった」という言葉に福子はびっくりします。

2人に6人も子供がいることも知らず、さらに2人とも実家がお金持ちだと聞いてさらに驚く福子。

家に帰り福子が萬平に話をしていますが、萬平はラーメンのことを考えるのに夢中で聞こえていない様子です。

すると萬平は新しいラーメンの条件を思いついたと言い、冷蔵庫のない家でも買えるように「常温で保存できること」、妊婦や子供達でも食べられるように「安全な食品であること」が追加されます。

これで萬平の作りたい理想のラーメンの条件が出来上がりますが、そのラーメンがどんなラーメンなのかはまだ見えていないという萬平。

そこへ子供たちが傷をつくって泣きながら帰ってきます。

何があったのかきちんと話すように福子と萬平が言うと、源(二宮輝生)は萬平の仕事のことで友達にバカにされ、ラーメンを作っていると言い返したら喧嘩になったと言います。

萬平に「ラーメンなんてやめて!!ラーメンを作るのは止めて理事長の仕事に戻って!」と泣きじゃくりながら言う源。

幸も「貧乏は嫌だ!もういじめられるのは嫌だ。」と泣いています。

萬平は、「ラーメンを作るのは恥ずかしいことじゃない」と二人に言いますが、泣き止まず嫌だと泣き続けます。

福子は2人に大きな声で「嫌じゃない!!」と言って、うちは貧乏にはなったけれど不便な思いは何もしていないはずだと話します。

そして、萬平は本当は世の中の人を喜ばせることができる発明家なのだと言います。

本当にそんなラーメンが出来るのかと萬平に聞く源と幸。

すると萬平は「もちろんできる!」と力強く答えます。

福子は、そのバカにした友達だって萬平が考えたラーメンを食べたらおいしいと笑顔になるはずだから、何を言われても気にせずに今に見てろと思っていなさいと言います。

すると二人は「わかった。」と言って福子に抱きしめられながら泣くのでした。



スポンサーリンク

朝ドラ「まんぷく」  96話の評価評判は?



スポンサーリンク

朝ドラ「まんぷく」  96話の感想

今日のお話は3つの事実が発覚しました。

1つは吉乃の結婚相手の理想が忠彦であるということ。

鈴は完全否定し、さらに忠彦をけなすのですがそれがまたエグい。

今まで思っていたことを発散するかのように、気持ちよさそうに忠彦に言いたかったことをベラベラと喋っていました。

幸せそうな両親を見てきているから言えることなのだと思います。

2つ目はパーラー白薔薇の夫婦2人がお金持ちの育ちだったということ、6人も子供がいたということ。

お金持ちの家に育ったからこそ、自分の好きなことをやりたいという欲求で宝塚や俳優になりたいと反発していたのでしょう。

元々のお金持ちの家に育った人は縛りが嫌になってしまうのかと思います。

だから、自分のこと表現することに憧れるのでしょうね。

3つ目は源と幸がいじめられていたことを萬平と福子が知ることになります。

萬平は何もいうことが出来ず、福子がなだめるのですが、その説得の姿が「母強し」だなと感じました。

今まで色々な苦労をしてきて、萬平はそれに答えてきた。

その信頼感から出る、福子だからこそ言える言葉が沢山ありました。

もしかすると福子が不安な時は「今に見てろよ」と心の中で思っていたかもしれません。

萬平は余計に早くラーメンを作らなければと思ったでしょう。

朝ドラ「まんぷく」のあらすじネタバレ(第1週~17週)NHKの朝ドラ「まんぷく」が2018年10月からスタートしました! ここでは、まんぷくのノベライズ版をもとにあらすじのネタバレを紹...


スポンサーリンク