まんぷく

【まんぷく】8話のあらすじと感想「咲(内田有紀)が結核とわかる。」

スポンサーリンク



ここでは、NHK朝ドラ「まんぷく」第2週「・・・会いません、今は」の8話のあらすじ・感想についてお伝えしています。

萬平(長谷川博己)は突然福子(安藤サクラ)に告白したものの、動揺して忘れてくださいと言ってしまう。そのことが頭から離れない二人。そして意を決した萬平は福子に正式に結婚を前提とした交際を申し込み、福子もそれを受け入れるのでした。

朝ドラ「まんぷく」 8話のあらすじ

福子(安藤サクラ)と萬平(長谷川博己)は初めてのデートに出かけていました。緊張する二人でしたが、福子と萬平はお互いの生い立ちを話します。

福子は父親を小学校に上がる前に亡くしていて長女の咲(内田有紀)が働いて家を支えてくれていたが、今は福子と鈴(松坂慶子)の二人暮らしで福子が家計を支えていることを話します。

大変だっただろうと言う萬平に、暮らしは大変ではないが母の鈴が心配症で大変だと話します。萬平は咲の結婚式での鈴の様子を覚えていました。

咲の家では咲が寝込んで咳が止まらなく苦しい様子。

デート中の福子は萬平に克子(松下奈緒)夫婦のことも話します。忠彦(要潤)が絵を描いていること、家計は忠彦の親に援助してもらっていること。

二人は屋台でラーメンを食べます。今度は萬平が自分のことを話します。萬平は小さい頃に両親を亡くし、親戚の家を転々としてきたことを話します。驚く福子に、そんな深刻な話ではないから聞いてくださいと言う。

人に迷惑をかけるのが嫌で18歳で働き始めて修理屋で働き、25歳で独立して大阪に来てアメリカ製の機械を改良したりし始めたという。今は共同経営者と会社を経営していることを話すと、福子は萬平をご立派ですと笑顔で褒めました。

自分の会社を見てみませんか?という萬平に、ぜひ見てみたいと福子は答えました。

萬平は福子を自分の会社へ案内します。今開発中の根菜切断機を説明する萬平。その仕組みに福子は驚きます。そして萬平は、自分はこれから世の中の役に立つような仕事、みんなが喜んでくれるような仕事をしたいと語るのでした。

加地谷(片岡愛之助)が会社に入ってきます。福子に加地谷を紹介する萬平。おまえにそんな相手がいたのかという加地谷に、そうじゃありませんと答える萬平。社外の者を会社に入れるなと言い去っていく。

萬平は福子を今井家まで送ります。今日は楽しかったという二人。萬平はさっき加地谷にそういう相手ではないと言ったことは本心ではなく、本気で福子と結婚を前提に付き合いたいと思っていると話します。

福子は、自分はべっぴんでもないし、いいところもないと言おうとしますが萬平はそんなことはありません!と大きな声でそれを否定します。

家の中の鈴にその声が聞こえます。萬平は、福子は可愛いし心も優しいと福子のいいところをたくさん言ってくれます。嬉しそうな福子。また会ってくださいと頭を下げる萬平に福子はこちらこそと答えました。笑顔で今井家を後にする萬平。その背中を笑顔で見送る福子。

家に入るや否や鈴は今会っていたのは誰なの!と大きな声で聞きます。福子は、萬平は会社を経営している立派な人だと説明しますが、鈴は経営者なんて博打打ちみたいな人はダメだと猛反発します。

一方咲は咳がひどくなるばかりで苦しんでおり、真一(大谷亮平)も心配していました。

大阪東洋ホテルでは野呂(藤山扇治郎)が恵(橋本マナミ)に福子が告白されたのは本当かと問い詰めていました。そのことを見ていた恵はその通りで福子もそれをわかりましたと答えていたことを話す。ショックをうける野呂。

フロントでは福子が大きなため息をついていました。どうしたのか?と尋ねる恵に福子は萬平のことを鈴が反対していることを相談する。恵は、私はそういう経験がないからアドバイスできないと困惑する。

フロントに牧(浜野謙太)がやって来る。ホテルの客と面会に来たようだが、咲の妹がどうしてここにいるのか?と尋ねる牧に福子は以前からこのホテルで働いていると答える。

しかし、牧は咲が救急車で運ばれたのにどうしてここにいるのかというのだ。驚く福子。急ぎ会社を早退して咲のもとに向かう。

病院に着き咲の部屋に着く福子。咲はベッドで寝ていました。福子は付き添う真一にただの風邪ではなかったのかと聞く。すると真一からは「結核だ」という言葉が返ってくる。ショックを受け、心配そうな表情で咲を見つめる福子なのでした。



スポンサーリンク

朝ドラ「まんぷく」 8話の視聴者の声は?



スポンサーリンク

朝ドラ「まんぷく」 8話の感想

萬平と福子がデートをするところから始まります。萬平が「ツバキが綺麗だな」という言葉に、ワンテンポ遅れて「わー」と変な反応をする福子。本当はツバキなんてどうでもいい感じですね。嘘くさい反応が相手に合わせている感じで面白いです。

自分たちの家族のことを話す2人。楽天家だから私と笑いながら話す福子はだいぶ大人になったな〜と感じます。まだ話が始まって私たちが観ているのは一週間なんですけどね。母鈴のこともよくわかっているようで、心配症だという事を福子はわかっていたのですね。

お互いのことを知らないうちに付き合いはじめたので、話さないとわからないのですよね。お互いの家族のことがわかって、萬平が仕事をするにあたって、みんなのためになるようなことをしたいとはなします。そこで、福子の眼がキラキラ輝きます。恋をしていますね、福子も。

萬平が福子を褒める時の感じが、押して押して押しまくれ〜って感じですね!照れながら前髪を触る仕草も可愛く見えてしまいます。真剣な顔で福子のいいところを話す萬平。とても誠実なんだなと感じます。

萬平とデートをして家まで送ってもらって萬平が帰る時、2人でニヤニヤしながらわかれるのですが、その時の福子の顔がとっても乙女な顔をしています。まさに、恋する乙女ですね!

途中途中で咲が咳をしている映像が出てくるのですが、その咳が尋常じゃありません。長引いている風邪ではないのだなということが、画面からも伝わってきます。それを伝えるためにあえて途中途中に咲の咳の映像を入れてくるのでしょうね。

母鈴に萬平との交際を反対されていることを保科に相談する福子。その時、牧が受付に。咲が救急車で運ばれたことをなぜ、牧が知っているのか?病院まで!めちゃくちゃストーカーじゃないですか!牧は。怖いです。ツッコミどころ満載の牧の登場ですね。

病院に着いた福子は咲が結核だということを真一から告げられます。見てる方からすると、ま、そうだろうなという感じですね。逆に真一は血を吐くまでわからなかったのかな?と不思議に思います。あんなに咳が出ているのに。

今は結核になっても治せる病気ですが当時は、一度かかったら治らない病気。こんなに美しい咲が新婚で病気になってしまうなんてなんてストーリーなんだと、内容にケチをつけたくなってしまいました。

人生はたのしいことばかりではない。ということなのでしょうね。
次回は咲の病気を知った家族はどのような反応を示すのか?萬平と福子はうまくいくのか?この2大テーマになってくるでしょうね。

朝ドラ「まんぷく」のあらすじネタバレ(第1週~17週)NHKの朝ドラ「まんぷく」が2018年10月からスタートしました! ここでは、まんぷくのノベライズ版をもとにあらすじのネタバレを紹...


スポンサーリンク