まんぷく

【まんぷく】77話のあらすじと感想「萬平(長谷川博己)が釈放される。」

スポンサーリンク



ここでは、NHK朝ドラ「まんぷく」第13週「生きてさえいれば」の77話のあらすじ・視聴者の評価評判・感想についてお伝えしています。

東(菅田将暉)は萬平(長谷川博己)の逮捕が不当逮捕だったことに気が付きます。

大蔵省から財務局に奨学金は非課税であると言う通達が以前に出ていたことを確認できたのです。

世良(桐谷健太)と東は新聞社の知り合いを通じて、この不当逮捕について記事にしてもらいます。

そしてとうとう国への訴えを取り下げることを条件に萬平を釈放できることになるのですが、萬平自身が納得せず国への訴えは取り下げないと主張するのでした。

朝ドラ「まんぷく」  77話のあらすじ

東(菅田将暉)は福子(安藤サクラ)に国への訴えを取り下げれば萬平(長谷川博己)は釈放されることになったと電話で報告します。

しかし、萬平自身が訴えを取り下げることを拒否していることは福子には伝えられませんでした。

どうしたらいいのか頭を抱える東。

東の事務所に東京財務局から電話がかかってきます。

早く訴えを取り下げて欲しいと言い、訴えを取り下げなければ裁判になると言ってくる税務局に対して東も一歩も引かず奨学金は非課税のはずだと話すのでした。

刑務所の中では、萬平が剛田(イッセー尾形)に訴えを取り下げず釈放を断ったことを話していました。

剛田は萬平に釈放させてくれると言っているのだからここから出た方がいいと強く言います。

香田家では世良(桐谷健太)と神部(瀬戸康史)がやって来て、世論は完全に萬平の味方なのになぜすぐに萬平は釈放されないのかと話しています。

10万円を支払うかどうかで揉めているのではないかという克子(松下奈緒)。

すると神部は、鈴(松坂慶子)が東に10万円が惜しいと言ったのではないかと疑いますが、鈴はそんなことは言っていないと言います。

忠彦(要潤)たちから、東にちゃんと釈放されない理由を聞いた方がいいと言われた福子は東に電話をかけます。

すると東は正直に萬平が訴えを取り下げることを拒否しているため釈放されないことを話します。

その話を聞いて福子は、萬平はそういう人なのだと納得し、そういう人じゃないとダネイホンはできなかったと言います。

福子はそれでも萬平には帰ってきて欲しいため、東京に行き萬平と話をすることにします。

福子は幸を連れて萬平に面会に行きます。

幸の顔を見て顔がほころぶ萬平。

福子は萬平に訴えを取り下げたくない気持ちはよくわかると話をします。

そして、三田村(橋爪功)が亡くなったことを話し、三田村は亡くなる直前でも生きていれば希望はあると福子を励ましてくれたことを話します。

でも、萬平は刑務所の中に入っていたのでは発明家として世の中のために何もできないから、この先に希望はないとはっきり伝えるのでした。

そして、源や幸が成長していくこれからのことを考えて欲しいと涙を流します。

金網越しに萬平が幸に指を出すと、萬平の指をぎゅっと握りしめる幸。

福子は自分の名前と幸の名前で「幸福」だと伝えるのでした。

その福子の言葉に心を動かされた萬平は東に訴えを取り下げると言い、福子と子供たちと新しい人生を歩むと話します。

萬平がいろいろありがとうございましたと東にお礼を言うと、東はこちらこそ萬平と福子にはいろいろと勉強させてもらったと感謝するのでした。

そして萬平が釈放される日がやってきました。

萬平は金網越しに剛田を見つけてお世話になったとお礼を言うと、剛田はお前はここにいるような男じゃないから頑張れと声をかけます。

そして、剛田は萬平の後姿を見ながら良い相が出ていると呟くのでした。

萬平が香田家に帰ってきます。

父の姿を見つけて萬平の元に走って行く源。

福子はやっと家族みんながそろったと嬉しそうです。

その夜、初めて福子たち家族4人は揃って眠りにつきました。



スポンサーリンク

朝ドラ「まんぷく」  77話の評価評判は?



スポンサーリンク

朝ドラ「まんぷく」  77話の感想

萬平は頑として訴えを取り下げることをしません。

最終的に福子に真相がわかってしまって、福子が萬平を説得に行きますが、財務局に「あの弁護士は萬平を釈放したくないのか?」と思わせてしまうくらい東は戦うつもりだったのでしょう。

会議で萬平が釈放されないのはおかしいといった世良と神部が真っ先に疑ったのが東でした。

おかしいことにこの2人が気がついたから良かったものの、親戚だけで話していたら訳のわからないまま過ごしたのです。

最初、神部と世良に隠そうとしていましたが、隠すことができなくて良かったとここで感じました。

他人の意見も取り入れることはとても大事なのだと思いました。

親子が再会できた時のあの幸せそうな顔は、いいです。

牢屋にいては萬平がやりたいことは出来ない早く牢屋から出て人のために人が喜ぶことをした方がいい。

福子は萬平をうまく説得することが出来るようになりました。

最初は喧嘩してぶつかっていましたが、落ち着いて冷静に話をすることで、萬平は受け入れてくれる。

感情的になってしまうと相手も感情的になってその倍になって反抗してくる。

福子は今までのことを色々経験してそれがわかっていたので、幸を連れて行き萬平に見せることで落ち着きを持たせ説得を成功させました。

今年の終わりでいい感じで終わって良かったです。

来年からはまた新しいまんぷくが楽しみでなりません!

朝ドラ「まんぷく」のあらすじネタバレ(第1週~17週)NHKの朝ドラ「まんぷく」が2018年10月からスタートしました! ここでは、まんぷくのノベライズ版をもとにあらすじのネタバレを紹...


スポンサーリンク