まんぷく

【まんぷく】66話のあらすじと感想「萬平(長谷川博己)が脱税容疑で逮捕され、有罪判決が下ってしまう。」

スポンサーリンク



ここでは、NHK朝ドラ「まんぷく」第11週「まんぺい印のダネイホン!」の66話のあらすじ・視聴者の評価評判・感想についてお伝えしています。

ダネイホンは東京進出が成功し、萬平(長谷川博己)たちの予想を超える売れ行きを見せていました。しかしダネイホンの偽物が出回り始めてしまい、世良(桐谷健太)はこれからのために大学病院からの推薦をもらいそれをラベルに表記するように萬平に提案します。

そして嬉しい知らせが飛び込んできます。福子(安藤サクラ)が妊娠したのです!萬平と福子は喜びを分かち合うのでした。

朝ドラ「まんぷく」  66話のあらすじ

萬平(長谷川博己)はダネイホンの大学病院の推薦を得るために東京へ来ていました。福子(安藤サクラ)の妊娠を聞いてご機嫌の萬平は自然と笑みがこぼれます。ニヤニヤしている萬平を気味悪がる神部(瀬戸康史)。

たちばな栄養食品の東京販売会社に着いた萬平は社員たちをねぎらいます。大学病院のお墨付きがもらえればどんな偽物が出ても心配ないと言う萬平。翌日に大学病院を訪ねることになります。

赤ちゃんができたことを克子(松下奈緒)たちに報告に行く福子と鈴(松坂慶子)。みんな喜んでくれます。すると鈴はタカ(岸井ゆきの)に神部と手紙のやり取りをしていることを聞いたと話します。急に表情が曇る忠彦(要潤)。

鈴がどうしてそんなに怖い顔をしているのかと忠彦に尋ねると、子供たちが忠彦はタカの恋の邪魔をしているのだと言います。鈴は悪気なく神部は泥棒だったからね…と言いますが、それで余計話がややこしくなってしまいます。

東京では萬平たちがみんなで食事をしています。そこは神部が来たことのある美代子(藤本泉)が働いている店でした。すると社員たちが美代子のことを美人だと言い始めます。

世良は美千代のことを神部にぴったりじゃないかと言いますが、萬平は神部にはタカがいるから駄目だと言います。神部とタカが恋仲だと聞こえてきてショックを受けている様子の美代子。

世良は美代子のほうが絶対に美人だと言いますが、神部はタカほど美人な人はいないと一途な一面を見せます。

萬平は東京での様子を報告するため福子に電話をします。そして萬平は列車の中から見えた富士山の話をします。お腹の中の赤ちゃんが生まれて大きくなったら4人で富士山に登ろうと言って電話を切ります。すると夜中にもかかわらず一本の電話が鳴り響きます。

翌朝、大阪のたちばな栄養食品の電話がなります。鈴が電話に出ると、神部から萬平がまた脱税の容疑で進駐軍に逮捕されたと言います。驚く鈴と福子。

少しして真一(大谷亮平)からまた電話が入ります。萬平はまた進駐軍の取り調べを受けています。萬平が若手社員たちに渡していた奨学金が給与とみなされ、その分の税金を払わなかったとして所得税法違反の疑いがかけられていると言います。

とうとう萬平は軍事裁判にかけられてしまい「重労働4年、罰金7万円」の有罪判決が下ってしまいます。そして、牢に入れられて4年間出てこれないといいます。突然の出来事にみんなが納得いかず心配しています。

裏では萬平のダネイホンの偽物をつくっていた悪徳会社の社長たちが萬平逮捕の新聞記事を見て高笑いをしているのでした…。



スポンサーリンク

朝ドラ「まんぷく」  66話の評価評判は?



スポンサーリンク

朝ドラ「まんぷく」  66話の感想その1

今日は萬平たちのダネイホンの売れ行きが絶好調で福子の妊娠判明の幸せな展開から萬平が逮捕され有罪判決まで怒涛の展開が続きました。先週も進駐軍の取り調べが続いたので辛い展開がまた始まりそうで少ししんどいですね。

しかし、奨学金として若手社員たちに出していたお金が給与としてみなされるというのは話がおかしいようにも感じますし、最後に出てきた悪徳会社の社員たちの高笑いも気になるところです。なにか萬平の逮捕には裏がありそうです。

奨学金をもらって夜学に通っていた若手社員たちも全く悪くないのに責任を感じてしまいそうで心配です。真一と世良も今回の不可解な逮捕に納得できない様子でした。

来週の予告には弁護士役の菅田将暉さんがでてきました。萬平と福子たちを救う救世主となれるのか期待が高まります。福子が妊娠中ですし、赤ちゃんのためにも萬平には一日でも早く牢のなかから出てきて欲しいです。

今回は美代子の存在も気になりました。神部とタカの結婚話を聞いてかなりショックを受けている様子でしたので神部に想いを寄せているのでしょう。神部はタカ一筋のようですがこれからどういう展開が待っているのか気になりますね。

なにはともあれ萬平が早く牢から出てきて罰金の問題も早く解決してくれるといいですね。明るい展開をまた期待したいです。

朝ドラ「まんぷく」  66話の感想その2

やっぱり、あのままではすみませんでした。偽物のダネイボンを作っていた人達の罠でした。今回はすぐに起訴されて4年の懲役と7万円の罰金。今回は今までのようにはいかないようです。奨学金の制度がこの時代はよく理解されていなかったのでしょうか。

萬平は何故こんなに進駐軍や憲兵に捕まってしまうのでしょう。そのうち2回は人に陥れられています。偽物のダネイボンを作っている人達が陥れたという事がわかっても、今回は今までの中で一番大変なことになるのだという事が予告を見て感じ取れます。

鈴と福子が克子の家に第2子ができたことを報告しに言った時の鈴の余計なことの連発。鈴は気がついていないようでボロボロ、タカと神部のことを色々暴露していきます。最後には泥棒と結婚することを強調する鈴。鈴ぶしが発揮しています。

最近鈴は持ち上げられて大人しくしていると思ったら、やはり鈴です。すぐに元の鈴に戻ってしまいます。流れが良くなってくると調子に乗ってしまうのでしょう。おばあちゃんの顔をした小学生です。

福子の第2子出産。タカと神部の恋の行方。萬平の今後。問題がなくなったと思ったらまた問題が出てくる。予告を見ると弁護士も出てくるようで、今回の進駐軍の事は裁判で決着をつけるのでしょうか?また来週一週間がどのような展開になるのか見守ります。

朝ドラ「まんぷく」のあらすじネタバレ(第1週~17週)NHKの朝ドラ「まんぷく」が2018年10月からスタートしました! ここでは、まんぷくのノベライズ版をもとにあらすじのネタバレを紹...


スポンサーリンク