まんぷく

【まんぷく】56話のあらすじと感想「世良(桐谷健太)も進駐軍に連行される。」

スポンサーリンク



ここでは、NHK朝ドラ「まんぷく」第10週「私は武士の娘の娘」の56話のあらすじ・視聴者の評価評判・感想についてお伝えしています。

進駐軍が突然たちばな塩業に突入してきて連行される萬平(長谷川博己)たち従業員。全員が取り調べを受けますが、進駐軍は反乱を企てていたと決めつけ、萬平たちの言い分を全く聞いてくれません。

福子(安藤サクラ)は萬平たちを助けるためにあらゆる法律事務所に電話をかけますが、どこの法律事務所も進駐軍が相手では引き受けてくれませんでした。

朝ドラ「まんぷく」  56話のあらすじ

萬平(長谷川博己)たちが連行された夜、克子(松下奈緒)と忠彦(要潤)が福子(安藤サクラ)と鈴(松坂慶子)の元へ駆けつけます。どうして武器なんてここにあったのかと聞く克子。福子はもともとここは陸軍の施設であったことを説明します。

忠彦は、去年マッカーサー暗殺未遂事件があってから進駐軍は武器や弾薬を持っていた場合の取り調べを強化していると言います。疑いが晴らせなかったらどうなるのかと聞く福子。忠彦は軍事裁判にかけられ、最悪の場合は…と言葉を濁します。

源が父親のいない子になったらと取り乱す鈴。福子は入社したばかりですぐに連行されてしまった真一にも申し訳ないと思っていました。

今、自分たちに何ができるのか考えようという忠彦。福子は萬平が連行されるときにダネイホンを瓶詰めして、塩も納品してくれと話していたことを思い出します。

従業員全員が連行されてしまった今、このままでは会社は倒産してしまうという忠彦。福子は今自分ができることは会社を守ることだと言い、みんな頷くのでした。

その夜、萬平は進駐軍の執拗な取り調べを受けていました。どうやってあの倉庫を手に入れたのかと聞かれた萬平は、世良(桐谷健太)のことを思い出します。しかし萬平は世良の名前を出せば、世良も進駐軍に捕まると思い黙っています。

牢の中では従業員たちが話をしています。高木(中村大輝)が自分たちが手榴弾を使ったせいでこんなことになって申し訳なかったと謝ります。ほかの従業員たちは社長である萬平の責任もあると言い出します。

神部(瀬戸康史)は、萬平は自分たちを救ってくれた恩人だと言うとまたみんなで言い争いが始まります。すると監視員のチャーリー(岡崎体育)がうるさいと止めに来ます。

従業員たちは、日系アメリカ人で見た目も言葉遣いも日本人のチャーリーに対して同じ日本人を牢に入れて心が痛まないのかと言い放ちます。すると、チャーリーは英語で日本は嫌いだ。金髪の白人に生まれたかった。と言い去って行きます。

たちばな塩業では塩やダネイホンの納品が遅れてその対応に福子が追われていました。鈴、克子、忠彦が総力を挙げてダネイホンを作り塩を運んでいました。鈴は疲れて愚痴をこぼしています。

すると一台の車がやってきます。新聞社の人間でした。萬平たちが進駐軍に連れて行かれたことを記事にしようと追求してきたのです。福子たちは反乱企てるようなことはしていないと反論します。

真一(大谷亮平)も執拗な取り調べを受けていました。たちばな塩業に入社した経緯や想いを正直に話しても進駐軍には全く伝わらず疑いの目を向けられるだけでした。

萬平は取り調べで倉庫を紹介してくれた世良の名前をだすことはしませんでした。しかし、進駐軍はお前が言わなくてもこちらで調べればすぐにわかると言っていたことが気になっていました。

一方、世良は新聞にたちばな塩業の従業員たちが反乱を企てて逮捕されたという記事を見て驚きます。その記事は三田村(橋爪功)の目にも入っていました。

世良はすぐに福子に電話をかけます。福子は萬平たちが反乱なんて企てるわけがないと言います。世良はそれなら弁護士をつけて徹底的に戦うべきだと言いますが、話をしている最中に進駐軍が入ってきて世良も連行されてしまうのでした。



スポンサーリンク

朝ドラ「まんぷく」  56話の評価評判は?



スポンサーリンク

朝ドラ「まんぷく」  56話の感想

今日のお話は光が全く見えず、何も進歩のない15分間でした。世良と三田村が新聞でたちばな塩業の事を知り、世良も連行されてしまい、新聞社がたちばな塩業を訪れる。こんな小さな動きしかありませんでした。萬平は世良から今の工場を紹介されたということは絶対話しませんでした。

世良には恩があるからでしょう。以前憲兵に萬平が捕まった時世良が助けてくれたと思っているからなのだと思います。でも、専売所の値段をごまかしたことは頭になかったのでしょう、必死に世良をかばっていました。萬平は何故そんなに世良を守りたいのでしょうか。

萬平は人を疑う事をしたくないのでしょう。人のためになる仕事をしたいと言っているぐらいですから、人を疑ってはいけないと思っているのです。でも、福子に浮気の疑惑が出た時は、真っ先に福子を疑っていましたけど。

たちばな塩業にいる4人は何とか商品を出荷しようと奮闘します。15人でやっていた事を4人でやるのは無理です。でも、何もしないというわけにもいかないからやるしかない。福子たちも従業員達もドンドン泥沼にハマっていっています。

神部が英語が出来るという発見もありました。今まで全くそんな素振りはしていなかったので、ビックリでした。そう考えると英語を話せていた福子はその当時としてはやはりかなりの教養を持っていた事が今になってわかります。

朝ドラ「まんぷく」のあらすじネタバレ(第1週~17週)NHKの朝ドラ「まんぷく」が2018年10月からスタートしました! ここでは、まんぷくのノベライズ版をもとにあらすじのネタバレを紹...


スポンサーリンク