まんぷく

【まんぷく】4話のあらすじと感想「咲(内田有紀)の幸せな結婚式」

スポンサーリンク



ここでは、NHK朝ドラ「まんぷく」第1週「結婚はまだまだ先!」の4話のあらすじ・感想についてお伝えしています。

鈴(松坂慶子)の腹痛は咲(内田有紀)の結婚を寂しがるゆえの仮病でした。そんな時、福子(安藤サクラ)は勤務先のホテルでフロント係に異動になります。そして、自分が母を支えるから咲の結婚を許してほしいと説得します。そんな福子の言葉を聞いた鈴は咲の結婚を許すのでした。

朝ドラ「まんぷく」4話のあらすじ

大阪東洋ホテルで働き始めて1か月。福子はフロント係に異動になり、嬉しい気持ちいっぱいで働いていました。

今井家では咲が勤務先の宝飾店に小野塚(大谷亮平)が結婚指輪を買いに来たこと、克子(松下奈緒)の夫の忠彦(要潤)が結婚のお祝いに絵を描いてくれていることを嬉しそうに報告します。幸せ一杯の咲。

福子は咲に何かお祝いがしたいと敏子(松井玲奈)、ハナ(呉城久美)に相談すると、おもしろい機械があることを耳にします。

その機械を見に行ってみると、そこは萬平(長谷川博己)の店「たちばな工房」でした。そこで福子は写真をそのまま映画のように映すことができる幻灯機をみせてもらい、結婚式で使わせてもらいたいとお願いします。

萬平は幻灯機を、お金をもらわずに貸そうと思っていることを加地谷(片岡愛之助)に話します。加地谷は、幻灯機は画期的なものなのだから価値を上げるためにも借用料をもらうべきだと話します。困惑気味の萬平。

咲の結婚式を翌日に控え、今井家では克子もやってきて咲の昔話に花を咲かせていました。昔、今井家に白馬に乗って咲に交際を申し込みに来た、牧善之助(浜野謙太)という歯医者がいた話で盛り上がります。

お父さんが生きていたらきっと喜んだだろうと言う克子。鈴も仏壇を見ながら咲の花嫁姿を一緒に見たかったとつぶやくのでした。

夜、咲は鈴に涙を流しながら今まで育ててくれた感謝の気持ちを伝えます。鈴は咲の手を握り、幸せになるのよと言います。

咲の結婚式。咲の隣には忠彦の絵が飾ってあります。

そして、福子が萬平に頼んだ幻灯機を使った出し物の時間がやってきます。しかし幻灯機の調子が悪くなかなか始めることができません。焦る萬平。福子は機転を利かせて咲との思い出を話し始めます。咲と小野塚の幸せを願う福子の話に出席者からは涙がこぼれます。

幻灯機の準備ができます。咲の赤ちゃんの頃から大人までの成長の様子を映し出す画面にみんな涙を流し、結婚披露宴は幸せと感動の雰囲気に包まれます。

帰路に就く萬平に福子はとてもいい披露宴になったとお礼を言い、謝礼金を渡そうとします。しかし、萬平は自分の作った幻灯機で皆が感動して喜んでくれたことに胸が一杯だからお礼を言いたいのはこちらだ、と言って受け取りませんでした。

萬平は福子の咲を想う披露宴での話を思い出しながら笑顔で会場を後にするのでした。



スポンサーリンク

朝ドラ「まんぷく」4話 視聴者の声は?



スポンサーリンク

朝ドラ「まんぷく」4話 感想

「大阪東洋ホテルで働き始めて1ヶ月。」と芦田愛菜ちゃんのナレーションで始まりました。第4話。福子はたった1ヶ月で電話交換手からフロントに移動したのですね!ありえない快挙なんだとこのナレーションを聴いて感じました。

福子は嬉しいことが続きすぎて、お客様にニコニコ。確かにニヤニヤされて接客されても、困りますね・・・受付嬢に「そんなに笑わなくてもいいのよ」と言われて、真顔になる福子の表情がまた面白いです。

親友2人とまた、橋の下の川沿いでラーメンを食べています。そこで敏子のお父さんが、心斎橋で不思議な機会を見たと福子に伝えます。何のことでしょう?と思っていると次の場面が何とあのたちばな工房が映し出されます。

ここで繋がったのですね!でもどのように繋がっていくのかワクワクしながら、まんぷくの続きを見ていきます。

現像機を映しながら説明する萬平の横で福子は「すご〜い映画見たい」と子供のようにはしゃぎます。「この現像機を結婚式に使わせてください」と萬平に話します。このやり取りをしている間の、福子の表情の豊かなこと!こっちまで嬉しくなってきます。

何かを企んでいるような顔をしてたちばな工房を後ろ手に見ながら、クルッと一回転し帰っていく福子を見て、なんだか、ワクワク感が伝わってきました。

ここで、不思議な登場人物登場です!以前の咲の職場でお世話になっている歯医者の牧が、白馬に乗って咲に交際を申し込む場面になります。そのやり取りがまた不思議で、鈴に向かって申し込んでいます。

思わず吹き出してしまいました。背が低すぎると鈴は断ったようですが、それを三姉妹で、咲の結婚式の前日に思い出しながら、笑って話しています。

結婚式当日です。福子は「特別な出し物を用意しました」と話します。初めてのことで慌てているせいか、現像機がうまく作動しません。困った福子は、前髪を触ります。現像機が治るまで場を繋ごうと、昔の話を話します。

福子は咲が男の人にモテていたから鈴に言われて、福子が毎回デートについて行っていたそうです。なんでこんな話をするのかなぁ〜。ただの場つなぎなのかな〜。話をしていくにつれ今の旦那様、真一とのデートの話になります。

その時も福子がデートに同行。でも福子は「この人は今までの人とは違う。咲姉ちゃんにぴったりやって。この2人が結ばれればいいのにって。」数々の咲の相手の男性を見てきた福子は、男の人を見る眼を持ってしまったのですね。

現像機を2つ使って、子供の頃からの写真を映し出していきます。この時代にはこういうやり方はなかったのでしょうね。みんなが感心しながら写真を見ています。今では当たり前の結婚式のスライドショーです。

萬平を送る福子。その眼差しはとても大人びた表情でした。

これからこの2人はどのような展開になり愛を育んでいくのでしょうね。

朝ドラ「まんぷく」のあらすじネタバレ(第1週~17週)NHKの朝ドラ「まんぷく」が2018年10月からスタートしました! ここでは、まんぷくのノベライズ版をもとにあらすじのネタバレを紹...


スポンサーリンク