まんぷく

【まんぷく】2話のあらすじと感想「鈴(松坂慶子)の腹痛の原因は何?」

スポンサーリンク



ここでは、NHK朝ドラ「まんぷく」第1週「結婚はまだまだ先!」2話のあらすじ・感想についてお伝えしています。

女学校を卒業し、大阪東洋ホテルで働き始めた福子(安藤サクラ)。長女の咲(内田有紀)の結婚が決まり結婚準備を進める中、急に腹痛を訴えてうずくまった鈴!どうなってしまうのでしょうか。

朝ドラ「まんぷく」2話のあらすじ

布団に横になり医師に診てもらう鈴。医師はどこも悪くなさそうだと言うが、鈴は自分の親は盲腸で亡くなっているので、自分もそうかもしれないと話します。

姉妹の部屋で、お母さんが盲腸だったら結婚どころではないと話す咲に克子(松下奈緒)は、おかあさんは咲をお嫁に行かせたくないから仮病を使っているのではではないかと言います。そんなことはないと福子と咲は反論します。

横になる鈴を心配し、明日は病院に行ってきちんと検査をしたほうがいいと進める福子と咲。しかし、鈴はもう覚悟はできていると言って聞きません。

克子は自宅で夫の忠彦(要潤)に鈴が病院に行きたがらないとこを話しますが、忠彦は克子の手の絵をキャンバスに描きながら、克子の手は形が奇麗だと褒めるだけです。

福子はホテルでの電話交換手の仕事を丁寧にこなしていました。福子は休憩中、フロント係の保科恵(橋本マナミ)を見ていました。フロント係の恵に憧れを抱いているようです。

福子は、ホテルの調理室係の野呂幸吉(藤山扇治郎)から調理室で手に入るというアメリカのツナ缶をもらいます。なんで私にくれるのだろうと思いながらもツナ缶を手にする福子。

福子が自宅に戻ると、咲と咲の婚約者の小野塚真一(大谷亮平)が鈴の見舞いに来ていました。病院に行くことを進める二人に鈴は、結婚は自分の具合が良くなるまで待ってくれないかと言い出します。

困惑しながらもふたりで話し合ってみると答える小野塚と咲。納得のいかない様子の福子。

福子は鈴に野呂からもらったツナ缶をとてもおいしいから食べてみてと進めますが、鈴はお腹が痛くて食欲もないから食べたくないと言います。

福子は友人の敏子(松井玲奈)、ハナ(呉城久美)と映画を見に出かけました。しかし、福子は鈴の病気と咲の結婚のことが心配で映画をよく見ることができませんでした。二人にそのことを相談すると、敏子もハナも、鈴は咲が結婚で家を出ることが寂しいのではないかと言います。

ある日、福子は仕事で立花(長谷川博己)からの電話を間違えて外国のお客様につないでしまうという大失敗をしてしまいます。福子は間違えて電話をつないでしまった外国のお客様の部屋へ謝りに行きます。

必死に自分の知っている英語を話し、身振り手振りで必死に謝る福子。そのころ立花は仕事が上手くいかないこと、関西弁が上手く使えないことに悩んでいました。

仕事で失敗し落ち込んで帰ってくる福子。すると、腹痛で寝ているはずの鈴が台所でツナ缶を食べているところを発見します!鈴は口にツナ缶をつけながら、おなかが痛い!と叫びますが、どういうことでしょうか?



スポンサーリンク

朝ドラ「まんぷく」2話の視聴者の反応は?



スポンサーリンク

朝ドラ「まんぷく」2話の感想

「私は武士の娘です」という母の鈴が、お腹が痛いと崩れるところから始まります。

お医者さんを自宅に呼んで診てもらいますが、「どっこも悪いところはないんだけどな〜」と困っているお医者さん。辛そうな顔をする鈴ですが、どこも悪くないのに、なんでお腹が痛くなるのだろうと、不思議に思いました。

鈴のおばあさまが盲腸で亡くなったから、私もそれかもという鈴。盲腸で亡くなる時代だったのですね。お医者さんがなんでもないよ言っているのに、盲腸かもという鈴の言葉に疑問を抱きながら、2話を見ていきます。

鈴が盲腸だったら、私は結婚どころではないという咲。そこに、お茶を持った克子が部屋に入りながら、「仮病じゃないの?」と言います。

「え?」と私はここで思いました。なるほど、仮病か・・・と。
咲をお嫁に行かせたくないから、仮病だと言います。

母のことを心配する福子と咲。この心配することを想定して、鈴は仮病を使っているのかもしれませんね。検査した方がいいと言う福子と咲に、鈴は、「私は覚悟ができています」と言います。「私は武士の娘ですから」とここでも、武士の娘を突き通す鈴。

咲姉ちゃんが結婚するって言っているのに、そんなことを言わないでと、福子がいうと、咲の結婚をキーワードにして、「痛い痛い」と声を出す鈴。やはり、仮病なのかと私も疑い始めます。

咲と福子は仮病あのかと思わずにしんじつづけ、痛み止めを飲ませようとしますが、本当は痛くもない人に薬を飲ませてしまっていいものなのかと、心配してしまいました。

だいぶ慣れた感じで、仕事をこなしている福子。一つ仕事を終えるたびに、大きなため息をついています。「お昼を取っていいわよ」の先輩の言葉に、低い心の声「あ〜」その声が、どれだけ神経を使って福子が仕事をしているのかが伝わってきました。仕事って慣れるまで大変ですからね。

調理師見習いの野呂にはなしかけられる、福子。名前が思い出せず、ずっと考える仕草が、可愛い感じです。

「仕事にはもう慣れた?」の言葉に福子は「仕事にはもう・・・慣れてません」と仕事にはは明るい声で、慣れてませんを低い言葉で言うところが吹き出してしまいました。

アメリカのツナ缶を福子に渡す野呂。福子は不思議そうに嬉しそうに去っていく野呂を見ます。「なんで私に?」という福子。福子は野呂が自分に好意を持たれているということに気がついていません。面白いですね。

仕事を終え、家に帰ってきた福子。枕元に咲と咲の婚約者慎一が座り、検査をするようすすめています。鈴は、自分の具合が良くなるまで、慎一に咲との結婚を伸ばしてほしいと話します。

「咲さんと相談します」と慎一。「え?」と低い声で反応する福子。福子も薄々仮病だと感じ始めたのではないのでしょうか?

福子の親友敏子と、ハナで今日はチャップリンの映画を観て、デザートを食べています。母の話を福子がすると、敏子が、福子と鈴が2人きりになるのが、鈴が心配なのではないかと言います。

克子と同じ考えの敏子。病気は本当だと思っているハナ。考え方が違う親友を持った福子は、いいですね。

「大阪東洋ホテルでございます」と澄まして仕事をしている福子。受付嬢の真似をして、品良く言っているつもりなのでしょうね。

違う部屋に電話を繋いでしまった福子。先輩にこっぴどく言われます。電話を間違って繋いでしまった、ブラウン氏の所に謝罪に訪れる福子。流暢な英語で、謝ります。

ここで、福子がなんで可愛くないのに一流ホテルに就職ができ、受付嬢ではなく電話交換室に行かされた謎が解けました。

仕事を終え、母の寝室に行くが、母はいません。台所に行くとうつむいて何かをしている鈴。ツナ缶を食べている鈴。

その現場を見られて、「お腹が痛い〜」と叫ぶ鈴。「え〜」と呆れたように言う福子。ツッコミどころ満載の2話でした。

3話も楽しみです。

朝ドラ「まんぷく」のあらすじネタバレ(第1週~17週)NHKの朝ドラ「まんぷく」が2018年10月からスタートしました! ここでは、まんぷくのノベライズ版をもとにあらすじのネタバレを紹...


スポンサーリンク