まんぷく

【まんぷく】10話のあらすじと感想「咲(内田有紀)の容体が悪化」

スポンサーリンク



ここでは、NHK朝ドラ「まんぷく」第2週「・・・会いません、今は」の10話のあらすじ・感想についてお伝えしています。

咲(内田有紀)が入院し結核だと判明します。ショックを受ける福子(安藤サクラ)、鈴(松坂慶子)、克子(松下奈緒)たち。萬平(長谷川博己)は福子の力になりたいと結核専門医を紹介しに今井家を訪れます。そこで、咲の病気が治ったら福子に結婚を申し込むつもりだと鈴に宣言するのでした。

朝ドラ「まんぷく」 10話のあらすじ

咲(内田有紀)の病気が治るまでは会うのを控えることにした福子(安藤サクラ)と萬平(長谷川博己)。福子は萬平に手紙を書き、病院を紹介してくれたことのお礼と鈴(松坂慶子)が交際を反対したことを詫び、そして咲が元気になったらまた会えるのを待っていると綴りました。その手紙を真剣な表情で読む萬平。

萬平の会社に世良(桐谷健太)から電話がかかってきます。いつもの調子で以前話をした好きな女性とはどうなったのかと聞いてきます。

咲は、毎日見舞いに来る鈴(松坂慶子)を気遣います。そこに克子と忠彦(要潤)がやってきます。忠彦は病室で桜を見ることができない咲のために、大きな桜の絵を描いて持ってきたのです。素晴らしい絵に感激する咲。

屋台で萬平と世良が会っています。福子とは咲の病気が治るまでは会わないことにしたことを話します。その間仕事に専念すると言う萬平に世良は一緒に仕事がしたいと話し、加地谷(片岡愛之助)は信用できないと言います。

普段通りに働く福子ですが、咲の心配と萬平との交際を反対されていることが心に引っかかって元気がありません。そんな福子に野呂(藤山扇治郎)は缶詰を渡します。

その様子を見ていた恵(橋本マナミ)は、野呂にもう福子のことは諦めろと進言しますが、元気づけるために缶詰を渡しているだけだと言い、今度は恵にも缶詰を渡すのでした。

福子は咲の見舞いに行きます。咲と真一(大谷亮平)は病院を紹介してくれた萬平にお礼を言ってくれと福子に頼みますが、萬平と会えない福子は言葉を濁します。

帰宅して夕食を食べる福子と鈴。萬平の話になりまた口喧嘩になってしまいます。鈴は自分が会社を経営していた福子の父と結婚して苦労をしたこと、夢をあきらめなければならなかったことを話し、堅実な大きな会社の勤め人と結婚することを強く勧めるのでした。福子はそんな鈴に何も言えなくなります。

萬平は加地谷から根菜切断機に続く新しい製品を考えることをすすめられます。あまり気乗りする様子のない萬平に、加地谷はこの会社の社長は俺だと高圧的な態度をとります。きれいごとで金儲けはできないと言う加地谷の言葉に納得がいかない様子の萬平。

床に就いた福子は落ち着かず、不安を隠せません。不安だからこそ萬平に会いたい思いが募るのでした。一方、萬平も福子からの手紙を見つめ福子への思いを募らせていました。

その夜、咲の容体が悪化します。福子と克子は医師からもう何日も持たない予断を許さない状態だと告げられます。真一はそのこと前から知っていましたが、咲から口止めされていました。ショックを受ける福子と克子。咲はどうなってしまうのでしょうか。



スポンサーリンク

朝ドラ「まんぷく」 10話の視聴者の声は?



スポンサーリンク

朝ドラ「まんぷく」 10話の感想

福子と萬平は会えない日が続いています。その切ない感じが伝わる10話です。仕事をしていても身が入らない福子。咲が元気になることを信じてお手紙を萬平に送りますが、その読み方もどこか暗い感じです。

咲の結核が治るかわからない、萬平とは会えない、母には反対されているでは、明るく振る舞うことはできないですよね。私がもしその状況にいたら、本当に苦しいですね。よく2人とも耐えていると思います。

「・・・会えません、今は」という今週のテーマにとってもどっぷりはまっている10話ですね。昨日までは楽しいシーンが沢山出てきたのに、今回はやり取りが楽しいシーンは出てきません。

唯一その中でもちょっと明るくなったのが世良が出てきたシーンでした。音楽も変わり、とてもリズミカルな感じな萬平とのやりとりだったのですが、すぐに福子と会えていないことに結びついてしまい、話が弾みません。

季節が春になったようです。克子の夫忠彦が満開の桜の花の絵を持ってきました。その絵の素晴らしいこと!絵を咲に見せた時の音楽も春の音楽です。綺麗な桜の絵は、いつもの忠彦の絵とは、全く方向性が違います。

とっても優しく包み込まれるような絵。愛を感じました。その絵を見て喜んでいる咲を見て包み込むような眼差しで咲を見つめる忠彦。なんだか、愛する人を優しく見守っている表情にも見えました。

母、鈴とのやり取りでやっと普段の福子が垣間見れた場面がありました!15分間ずっと暗い感じでいくのかなと思っていたので、福子が、「ただいま」と母に声をかけた時の福子の笑顔にホッとしました。

やっぱり福子は笑顔が似合いますね!会話を交わしながら福子の萬平に対する気持ちも伝わってきました。お互いに求め合えている福子と萬平が羨ましいです。私もそんな時期があったな〜と恋愛時代を思い出させてくれます。

恋愛は障害があって燃えるものみたいなことを伝えたいのでしょうか?普通に幸せになってしまったら、面白くないのかもしれませんね。でも、なんでこんなに福子は苦しまなければならないのかと考えさせられますね。

10話の終わりぎわに咲が何日も持たないと、鈴は知らされません。なぜその場に鈴がいなかったのか?とても違和感を感じました。でもここで鈴に伝えたら、鈴は寝込んでしまうでしょうね。物語の流れ上鈴を入れなかったのでしょうか?少し不思議に思った場面でしたね。

咲が持たないと知らされていない鈴がどのような反応をするのか?本当に咲は死んでしまうのか?咲が死んでしまったら、福子と萬平はどうなってしまうのか?ますます楽しみになってしまいます。

朝ドラ「まんぷく」のあらすじネタバレ(第1週~17週)NHKの朝ドラ「まんぷく」が2018年10月からスタートしました! ここでは、まんぷくのノベライズ版をもとにあらすじのネタバレを紹...


スポンサーリンク