2019年冬ドラマ

【メゾン・ド・ポリス】3話のあらすじと感想評判「牧野ひより(高畑充希)が、謎めく事件の真相に迫る!」

スポンサーリンク



ドラマ「メゾン・ド・ポリス」第3話が2019年1月25日(金)に放送されました。

ここでは、「メゾン・ド・ポリス」第3話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の声(評価評判)を紹介していきます。

今回も牧野ひより(高畑充希)とおじさん達がどう解決していくのか、楽しみです!

【メゾン・ド・ポリス】2話のあらすじと感想評判「牧野ひより(高畑充希)が直面する不可解な事件!?」

【メゾン・ド・ポリス】3話のあらすじ(ネタバレ)

青いペンキに隠された謎

高層マンションの建設予定地で猫が殺害される事件が起きました。

4つの事件とも猫の死体には青いペンキがかけられて、「青猫事件」と呼ばれます。

牧野ひより(高畑充希)は課長の新木幸司(戸田昌宏)の指示を受けて、「メゾン・ド・ポリス」のおじさん達が事件を担当する事を伝えられました。

ネットでは話題になっていますが、おじさん達は興味がなく、やる気が出ません。

瀬川草介(竜星涼)が食材を持ってきて、外にいた1人の女性を連れて来ました。

区の広報誌「そよかぜ」の編集者の大槻仁美(橋本マナミ)が現れます。

大槻は広報に犯行予告が届き警察に相談しますが、話を聞いてもらえずに「メゾン・ド・ポリス」に助けを求めに来たのです。

おじさん達は美人の大槻の虜になり、捜査に協力する事を急遽決定しました。

事件現場に向かう牧野達!

その日の夜、事件現場の前で張り込んでいた牧野達は木曜の夜に犯行があると予想します。

張り込んでいる車に大槻がお弁当の差し入れを持って現れて、夏目惣一郎(西島秀俊)は 「女性らしい気遣いだな」と牧野に言いました。

大槻の登場に浮かれる藤堂雅人(野口五郎)と迫田保(角野卓造)に呆れた牧野は現場の見回りに行こうとしますが、大槻も同行します。

2人が歩いていると建物から物音がして、ゆっくり内部に入りました。

先頭に立った牧野が乗り込むと主体が猫でホッとしますが、突如大槻が悲鳴を上げます。

急いで大槻の元に向かった牧野と夏目達が駆け付けると、目の前には猫ではなく人間の死体が現れるのです。

死体には青いペンキがかけられ、柳北署では第一発見者の夏目達が事情聴取を受けます。

夏目達は新木と原田照之(木村了)から嫌味を言われますが、犯行時間の19時には「メゾン・ド・ポリス」で牧野と一緒にいた事もあり、アリバイがありました。

大槻はアリバイがなく疑われますが藤堂と迫田は庇います。

新木から「首を突っ込むな!」と事件に関わらないように忠告されるのです。

夏目は「青猫事件のホシはこっちで追わしてもらう!!」と言い残して、その場を去ります。

捜査会議が始まり、死体の身元は歌田圭吾(誠一郎)で、現場責任者でした。

警察は他殺だと考えていて、青猫事件と同一犯と推測します。

牧野は会議後に新木に呼ばれて、おじさん達を監視するように命じられるのです。

捜査を開始するおじさん達

牧野が「メゾン・ド・ポリス」に行くと、こちらでも捜査会議が始まっていました。

おじさん達に事件の詳細を聞かれますが、牧野は口にしません。

しかし、顔の表情で読み取られて、次々と捜査内容が判明します。

そこに大槻が現れ、広報誌に投稿されたメールやハガキなどの内容をまとめた書類を持ってきました。

犯行予告の日付のメールの投稿があった事が分かり、犯人は投稿の常連者だと推測します。

牧野はおじさん達の態度の変わり方に腹を立て、「メゾン・ド・エロス!」と愚痴りながら、先輩の杉岡沙耶(西田尚美)とお酒を飲みました。

愚痴をこぼしていた2人に瀬川が登場して、3人で飲み始めるのです。

翌朝、目覚めた牧野は自分の部屋にいる瀬川が視界に入り、さらに布団の中にいる杉岡に驚き困惑します。

すると夏目から電話があり「聞き込みに行く」と言われ、急いで「メゾン・ド・ポリス」に向かい、車で出掛けました。

聞き込みを行う牧野と夏目

疑いのある4名に話を聞きに行った2人は、まず1人目の工藤千代子(今本洋子)を尋ねます。

工藤は猫が好きでイラストを投稿していていましたが、事件について「人間がやることではない!」と強い口調で否定をするのです。

2人目の瀬戸俊樹(矢野聖人)はガードマンをしていて、エッセーを投稿していました。

アリバイはシステムの担当者に聞くと分かると言います。

3人目の山崎翠(川俣しのぶ)は窓から見える富士山を撮って、広報に送っていましたがアリバイを証言する人はいませんでした。

4人目の土屋亮治(多田木亮祐)はクセのある人物でクレームを投稿していたのです。

聞き込みを終え休憩をする2人ですが、夏目は1人分しかコーヒーを買ってなく、牧野は怒りました。

夏目は牧野に「俺は認めてない!」と言い、さらに「お前の見立ては?」と問います。

牧野は4人目の土屋を疑い、その夜2人は彼の行動を追い、何かを持って建物に入る姿を目にしました。

猫2匹を可愛がる土屋が立ち上がった瞬間に牧野は彼に飛び掛かり、取り押さえるのです。

土屋は猫に与えるエサを持っていただけで、「猫ちゃんは大好きなの!」と怒りました。

明らかになる事実

新木から説教された牧野は「本当に申し訳ございません!」と謝りますが、大槻が部屋に現れます。

宛先不明で「殺してしまった責任を取ります」とのメッセージが広報に届いた事を告げられるのです。

すると牧野の携帯が鳴り、夏目から現場に上司を連れるように言われて、新木に説明をしました。

新木は話を聞き入れてくれませんが、牧野は「事件を見る目だけは確かだ!!」と必死に訴えて説得に成功します。

現場に集まった牧野達を前に藤堂は犯行当日の状況を再現するために実験を始めるのです。

遺体の役を牧野が担当して、左腕にペンキをかけて乾き方を検証しますが、不満を口にする新木達に藤堂は徹底的に調べる事を告げると静まりました。

牧野の傍に来た杉岡から父親の事を聞かれて、自分の見解を話している時にペンキが乾き始めて、藤堂を呼びます。

30分で乾き始めた事に藤堂は20時30分頃にペンキがかけられた事を言い、牧野は殺人事件と青猫事件の犯人が別人だと口にすると、迫田が皆をあるところに案内するのです。

青いペンキがついたマンションの看板のペンキを夏目は落とし始め、事件を推理します。

「建設反対」の文字が浮き出ると急いで山崎のマンションに向かい、夏目が先陣を切って踏み込みました。

部屋には山崎の姿はありませんでしたが、夏目は「きっと富士山の見える場所にいる!」と言い、屋上に向かうのです。

旦那の遺影を持っている山崎を見つけて、牧野は飛び掛かります。

山崎は旦那の好きな富士山が見えなくなるため、マンション建設に反対していました。

犯行当日に歌田と揉み合いになって、殺してしまった山崎に牧野は「殺意はなかったんですよね?」と言葉を掛けて、「ごめんなさい」と言いながら連行されます。

その夜、大槻も参加して事件解決を祝っていましたが、牧野は瀬戸が自宅に泊まった事を皆から言われ、「じゃあ、あたし帰りますね」と先に帰りました。

もう1人の犯人

牧野は犯行現場に足を運び、青猫事件の犯人を逮捕しようとします。

現場にいた瀬戸に事件の事を話し始めて、「少しの良心もないんですか!!」と言い、「絶対バツを受けさせてやる!!」と捕まえようとします。

牧野は瀬戸を逃がしそうになりますが、おじさん達が現れて夏目が取り押さえました。

心配したおじさん達は牧野を助けに来て、夏目は「ほら!」とコーヒーを渡すのです。

そして、皆が牧野に「お疲れ!」と声を掛けて、事件は解決しました。



スポンサーリンク

【メゾン・ド・ポリス】3話の感想

「メゾン・ド・ポリス」のおじさん達に担当する事件が回ってきて、もっと大きな事件を捜査したいと口にするのは、現役時代の熱い思いを取り戻した証拠です。

事件は意外な展開に向かいますが、牧野の捜査を冷静に見る姿勢は確実に刑事として、成長した証だと感じました。

夏目は牧野と一緒に聞き込みを行いますが、彼女の事を相当心配している様に見えます。

牧野も捜査でミスをして新木に怒られますが、犯人を逮捕する正義感がとても強く伝わりました。

藤堂が現場で犯行当日の状況で実験を行いますが、自らが納得するまで徹底的に調べる姿勢は凄いです。

歌田の犯人が山崎だと分かり、牧野は青猫事件の犯人を逮捕に向かいますが、おじさん達はその行動を理解して、助けに行く姿に感動すら覚えました。

夏目も牧野のための缶コーヒーを渡しますが、彼女の事を認めたのだと思います。

そして、牧野の活躍に「お疲れ!」と温かく言葉を掛けるおじさん達の優しさとチームワークは素晴らしいです。

チームとして、牧野を支えるおじさん達の刺激を受けて、日々成長を見せる彼女がさらに大きく見えたようでした。

途中で牧野の父親の事が出てきましたが、次回はさらに真相が明らかになってくるのではないでしょうか。

牧野の過去に一体何があったのか、気になります。



スポンサーリンク

【メゾン・ド・ポリス】3話の評価評判

まとめ

牧野とおじさん達が事件を解決しましたが、本当に良いチームですね!

夏目が牧野にコーヒーを渡しシーンが印象に残ったとの声もありました。

おじさん達は牧野に対する優しさは素晴らしいですね!!

次回は牧野の父親の事が明らかになってきそうです。

そして、今の牧野の心境にも注目ですね!



スポンサーリンク