2019年冬ドラマ

【メゾン・ド・ポリス】1話のあらすじと感想評判「新人刑事・牧野ひより(高畑充希)がおじさん達と初対面!

スポンサーリンク



ドラマ「メゾン・ド・ポリス」第1話が2019年1月11日(金)に放送されました。

ここでは、「メゾン・ド・ポリス」第1話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の声(評価評判)を紹介していきます。
新人刑事とおじさん達がどうやって、事件を解決していくのでしょう!

【メゾン・ド・ポリス】1話のあらすじ(ネタバレ)

おじさん達との出会い

新人刑事の牧野ひより(高畑充希)は、管轄内で起きた焼死事件について、夏目惣一朗(西島秀俊)という人物を尋ねます。

今回の焼死事件は5年前に起きた「デスダンス」という事件に類似しており、その事件を担当していた夏目に当時の事を聞くためでした。

ある屋敷を訪ねた牧野でしたが、庭先で掃除をしていた男性が対応しますが相手にされません。

諦めて帰ろうとした牧野でしたが、そこに伊達有嗣(近藤正臣)が現れ、牧野を屋敷に案内します。

伊達から屋敷の事を聞かされて、おじさん達のシェアハウスと説明を受けて困惑します。

そして、牧野の前に次々と個性的なおじさん達が現れて、その自由なやり取りに圧倒されます。

牧野はおじさん達が元警察官である事を聞かされて、玄関で掃除していた人物が夏目だと知りました。

今回の事件の捜査情報を教えるように言われた牧野は一旦断りますが、伊達の一言で話は進みます。

改めて、来客として案内された牧野は、夏目を先頭におじさん達から「ようこそ、メゾン・ド・ポリスへ」と紹介されました。

動き出した2人

上司から了承を得た牧野は高平厚彦(小日向文世)の進行によって、焼死事件の詳細を話し始めます。

公園で被害者の園田政二が火を付けられて焼かれる動画がネットに投稿されたのです。

牧野は犯人である本間弘喜の元を訪れて、5年前の事件を問いますが、本人は犯行を否認します。

当時、担当した刑事の夏目から威圧的な態度を取られて、自白させられた事を聞かされます。

驚く牧野の前に夏目が現れて、当時の事を弘喜に問い詰めるのでした。

「メゾン・ド・ポリス」に戻った2人でしたが、捜査の話が本題から逸れてしまい、牧野は一旦警察署に戻りました。

迷う気持ち

上司に業務報告をして、事件の捜査を直接行うと進言しますが、伊達の手回しにより「メドン・ド・ポリス」に再び通うように言われます。

落ち込む牧野は先輩の杉岡沙耶(西田尚美)に誘われて、飲み屋に行きました。

相談するつもりだった牧野でしたが、逆に愚痴を聞かされながらお酒を飲まされ続けます。

翌朝、過去の出来事を思い出しながら、目を覚まして出勤した牧野は二日酔いになっていました。

そして、上司達と話している1人の女性が牧野の目に入ります。

その女性は本間弘喜の母親である弘子で弘喜の無罪を改めて、訴えに来ていたのでした。

捜査会議が開かれて、焼死事件の犯人は園田政二の息子の義政が犯人だと断定して、捜査は開始します。

しかし、牧野は「デスダンス」事件の犯人が弘喜ではなく、他の人物の犯行だと言いますが上司から怒られて話を聞いてもらいませんでした。

牧野と夏目は園田家を訪れて、当時の園田政二の行動を家族に聞きます。

夏目は以前通っていた事を話し始め、出会い系サイトを利用して父親に会っていた人物を突き止めます。

帰り道に夏目がお店に通っていた話は高平から教えてもらった知識を使った作り話だったと聞かれ呆れる牧野でしたが、夏目は事件の起きた公園にそのまま向かい、現場を調査します。

公園の土を袋に詰めましたが、2人の前に弘子が現れました。

夏目を恨んでいる弘子はその場を去りますが、牧野が追いかけます。

信じる気持ち

牧野は弘子にともに自宅に行き、弘喜の過去の話を聞きます。

5年前の焼死事件は弘喜が罪を擦り付けられたと推測する牧野は犯人だと疑っている義政の行動を監視します。

牧野は自転車で出掛ける義政を追っている途中で見失いますが、背後から何者かにスタンガンで襲われて、気絶させられました。

ようやく牧野に連絡が付いた夏目でしたが、犯人に拘束されている事を言われて、途中で電話が切れてしまいます。

危機を感じた藤堂雅人(野口五郎)・迫田保(角野卓造)・高平は自らの部屋や持ち場に戻り、捜査を開始します。

外出していた伊達から犯人と疑われていた義政は友人宅で見つかった事を伝えられましたが、牧野の消息は不明になっていました。

藤堂や迫田から捜査した結果を聞いた夏目は別室に移動して、アイロンをかけ始めて事件の真相を推理し、ある答えに辿り着きます。

意外な犯人に・・・

気絶していた牧野は目を覚ましたが彼女の前に現れたのは、なんと弘子だったのです。

そして、焼死事件の真犯人が弘子である事を告げられ、さらに1セント硬貨を弘喜から聞かされた事を知ります。

遺書を残して、弘子は牧野を道連れに火を付けようとした時、夏目が現れます。

弘子は夏目の事を許せずにナイフで刺そうと迫りますが、その場に駆け付けた迫田と藤堂によって助けられました。

真実と現実

牧野は再び弘喜と面会して、弘喜が母親を模倣犯にするための罠を仕掛けたのだと言いました。

ついに本性出した弘喜は目の色を変えて、牧野に暴言を吐きます。

牧野は涙を流して拘置所を後にしますが、夏目が車で迎えに来ました。

自らの過ちに牧野は夏目に謝罪して、その場を去ろうとします。

夏目に連れられて「メゾン・ド・ポリス」にやってきた牧野が目にしたのはおじさん達が今回の事件を解決した事を祝っている光景です。

伊達から今後も捜査に協力するようになった事を伝えられて、牧野がおじさん達のグループリーダーとして、今後も一生に捜査にしていく事になりました。



スポンサーリンク

【メゾン・ド・ポリス】1話の感想

新人刑事の牧野は元警察官の共同生活をする「メゾン・ド・ポリス」を訪れますが、個性の強いおじさん達に圧倒されていましたが、まさかの展開に大変だったと思います。

念願だった刑事になる事が出来た牧野にとって、「メゾン・ド・ポリス」は異次元に見えたはずです。

まさかの元警察官のおじさん達の自由なやり方に振り回される牧野の姿を見るに連れて、自然と応援していました。

事件の捜査をしていく上で伊達の存在がとても大きく感じましたし、これからもおじさん達の中心の人物でいるように思えました。

過去に何か大きな出来事を抱えている牧野は、その事がきっかけで刑事を目指したのだと感じます。

不器用ですが、素直で前を真っ直ぐ向いている牧野の気持ちが自然とおじさん達の仕事に対する燻っている気持ちに火を付けたのだと思います。

そして、牧野がピンチになった時に各人が自らの能力を発揮して解決していくのは凄いです。

夏目が弘子にナイフで刺されそうになりますが、そこに現れて追田の逮捕術には驚きしかありませんでした。

元警察官である各人はそれぞれ特化した能力を持っていますが、まだまだ腕は落ちてないようです。

今後もおじさん達が牧野を中心に数々の事件を解決していく事に期待しています。



スポンサーリンク

【メゾン・ド・ポリス】1話の評価評判

まとめ

新人刑事の牧野がキャラの強いおじさん達とともに事件を解決していきますが、面白かったです。

おじさん達のクセが強いため、各人物が印象に残りましたね!

このストーリーの設定には、面白いという声が挙がっており、次回も期待する人も多いようです。

次も再び事件が起こりますが、牧野とおじさん達のやりとりに注目です。

今後の新人刑事の牧野とおじさん達を期待しましょう!



スポンサーリンク