2018年秋ドラマ

リーガルV 8話のあらすじと感想評判「翔子(米倉涼子)のために立ち上がる京極法律事務所」

スポンサーリンク



ドラマ「リーガルV」第8話が2018年12月6日(木)に放送されました。

ここでは、「リーガルV」第8話のあらすじと感想、視聴者の声(評判)を紹介していきます。

前回は、婚活詐欺での裁判に勝った翔子(米倉涼子)たち。以前翔子が担当していた守屋(寛一郎)受刑者に会いに刑務所を訪れると、そこには天馬(小日向文世)代表がいて…。

リーガルV 8話のあらすじ

守屋至(寛一郎)に会うために訪れた刑務所で、偶然天馬壮一郎(小日向文世)に会う小鳥遊翔子(米倉涼子)。驚きを隠せません。刑務所では守屋と世間話をする翔子ですが、事件のあった日のことを話すと、守屋は不機嫌になります。

その頃、青島圭太(林遣都)は翔子が以前担当していた裁判のことで話したいことがあると、事務所のメンバーに伝えます。NPO法人「貧困を救う会」の幹部職員・市瀬徹(夙川アトム)をかっとなった守屋が刺し殺した事件。有罪となった守屋の事件ですが、翔子は納得できないでいました。

事務員の三人は、翔子に裁判で助けられた過去がありました。みんなで協力して守屋の事件を見直すことを誓います。かつて守屋の事件を追って、やくざと接触していた翔子。それを週刊誌にとられて弁護士資格を失っていました。

弁護士会から京極法律事務所に手紙が届いていました。翔子が非弁行為をしていたとして、業務停止処分の可能性があると警告されます。大鷹高志(勝村政信)は、翔子を切り捨てないと、事務所を続けていくことは難しいと言います。それを聞いてみんなは大反対。

次の日、圭太が事務所に行くと翔子の「出ていきます」と書いた置手紙がありました。翔子がいないならばと、事務員三人も出ていきます。大鷹も京極雅彦(高橋英樹)も出ていき、あとは事務所に圭太一人が残りました。

多くの貧困児童を救ってきたNPO法人「貧困を救う会」。代表に大峰聡(速水もこみち)がいます。大峰は母子家庭で育っていました。「貧困を救う会」の募金イベントにやって来る天馬。海崎勇人(向井理)は、天馬が大峰と何か関係があるのではないかと探ります。

翔子はその頃、守屋の妹・未久(久保田紗友)の働いている旅館に泊まっていました。未久に兄・守屋の件を話すとそそくさと部屋を出ていきます。

圭太が一人事務所にいると、伊藤理恵(安達祐実)が入ってきます。伊藤は市瀬が募金を着服していたことを、潜入捜査でつきとめました。

次に事務所に戻ってきた茅野明(三浦翔平)と馬場雄一(荒川良々)は、守屋と妹は「貧困を救う会」に積極的に参加しており、市瀬と守屋は初対面ではなかったことを伝えます。

そして最後に来た大鷹は「貧困を救う会」とやくざに接点があったことを突き止めていました。

そのことを知った圭太は、守屋に会いに行きます。守屋は「もうどうでもいい」と口をつぐみますが、圭太は翔子のことを考えるよう説得。刑務所を出た圭太はどうすればいいのか悩みます。すると圭太の前にあらわれた翔子。

翔子は守屋に会いに刑務所へ。翔子は守屋に未久の話をします。未久が田舎の旅館で仲居をしていると聞いて驚く守屋。

守屋が事件の真相を話し始めました。大峰から市瀬を殺すよう命じられた守屋。やくざから殴るけるの暴力を受けた守屋は、市瀬を殺すしかありませんでした。妹の未久のことをちらつかせ、守屋は歯向かうことができず、殺人を犯しました。

翔子はNPO法人「貧困を救う会」に来ていた天馬に接触を図ります。翔子を見て「弁護士に必ず戻して見せる」という天馬。また一緒に法廷に立てる日を楽しみにしていると言って天馬は帰ります。

その頃、事務所に京極も戻ってきました。大峰の母親と天馬には接点があったことをつきとめました。最後に事務所に戻ってきた翔子。裁判で守屋の事件を暴こうと意気込みます。

一方のFelix & Temma 法律事務所では、天馬を被告とした訴状が届いたと白鳥美奈子(菜々緒)が天馬に伝えます。原告は翔子。一年前に弁護士免許をはく奪されたことによる民事訴訟で天馬を訴えます。

それを知った海崎は、自分が天馬の弁護をすると言います。大峰と天馬との関係を知られると困るのではないかと言われた天馬は、白鳥を部屋から追い出し、海崎と二人で話をします。

ここでドラマは終わります。



スポンサーリンク

リーガルV 8話の感想

守屋の事件の真相がようやく明らかになりました。それと共になぜ翔子が弁護士免許をはく奪されたのかもわかりました。やくざに金を渡して、事件の真相を聞き出そうとしていた翔子。そのことが週刊誌に撮られてしまい、資格を失いました。

そして殺人を犯すしかなかった守屋。ひどすぎます。どうにか守屋を救う道はないのでしょうか。

翔子は守屋の事件解決に向けて全力です。京極法律事務所のメンバーは一時期バラバラになってしまい、どうなることかと思いました。しかしみなさん翔子のことを思う方々ばかり。潜入捜査や独自で調べて様々な情報を得てきました。

そして翔子も守屋の妹・未久と会い、未久が生活に不自由していることを伝えると守屋の態度が一変しました。事件のことを事細かく伝える守屋。大峰のひどいやり方には腹が立ちます。どうにか大峰を懲らしめてやりたいです。そして天馬も懲らしめたい一人です。

次回は天馬と翔子が法廷で戦います。ようやくこの二人の戦いが見られる日が、やって来ました。どんな戦いを見せてくれるのか、今から楽しみです。翔子や圭太には絶対負けられない裁判になります。事務所のメンバーみんなで力を合わせて、頑張ってほしいです。



スポンサーリンク

リーガルV 8話の視聴者の声(評判)とまとめ

次回が最終回と知り、驚きの声がたくさんありました。もっともっとこのドラマを見ていたかったです。最終回も楽しみたいと思います。

そして次回は拡大スペシャル。ついに天馬と翔子と法廷での戦いです。

今回は一人で守屋の事件を探ろうとする圭太がかっこよかったです。もちろん事務所のメンバーも様々な情報を集めてきてくれて、翔子への愛を感じました。

次週は法廷で争う翔子に注目です!



スポンサーリンク