2018年秋ドラマ

リーガルV 7話のあらすじと感想評判 「馬場ちゃん(荒川良々)のお手柄」

スポンサーリンク



ドラマ「リーガルV」第7話が2018年11月29日(木)に放送されました。

ここでは、「リーガルV」第7話のあらすじと感想、視聴者の声(評判)を紹介していきます。

前回は、高級婚活相談所を訴えましたが、海崎(向井理)との対決のすえ一審で負けてしまいました。今回こそはリベンジに燃える翔子(米倉涼子)たちでしたが…。

リーガルV 7話のあらすじ

集団訴訟に向けて立ち上がる京極法律事務所のメンバー。被害者を全国から集めるために、各地で集団訴訟の説明会を開きます。しかし説明会ではみんな下を向いて、しり込みする男性たち。訴えるのは控えたいと、諦めます。

人気コメンテーターの高市哲也(野間口徹)が被害者だと判明し、会いに行く小鳥遊翔子(米倉涼子)。しかし高市に「自分は被害者ではない」と門前払いをされます。

こうなれば女性を集めるしかないと、伊藤理恵(安達祐実)は婚活相談所にいた女性たちに声を掛けます。女性と数人の男性とで、集団訴訟を開くことに決まりました。しかし証拠がなく詐欺の立証が難しく、原告団をもっと増やす必要もあります。

その頃、Felix & Temma法律事務所で天馬壮一郎(小日向文世)と話す、国内最大のコンピューター企業「ミカド通信」の会長・我妻憲史郎(国広富之)。

翔子は一年前まで婚活相談所の会員だった白鳥美奈子(菜々緒)に近づきます。白鳥には300万円の被害額がありました。なぜ相田の弁護をFelix & Temma弁護士事務所が引き受けたのか探る翔子。

我妻は「Felix & Temma法律事務所」の最大のクライアントで、相田とは何らかの関係があることをつきとめます。そのため、婚活相談所の弁護を引き受けた天馬たち。

ある日、原告の男性陣が訴えるのをやめると言い出します。ネットに自分の名前や住所がさらされ、恥だと言って去っていく男性陣。残るは女性のみとなりました。

裁判の日

裁判で塩見は必死で自分の気持ちを訴えます。傍聴席にはコメンテーターの高市が座って聞いていました。次に伊藤も、裁判で被害者として証言します。サクラ会員からもらった手紙やメールに共通点があるとして、詐欺マニュアルがあるのではないかと証言する伊藤。

海崎は伊藤が起こした横領事件のことを言い、発言に信憑性がないと訴えます。それを聞いて伊藤は「前科がある者の証言は、信用されないの?」と涙ながらに訴えます。

裁判が終わり、高市が自分も被害者として一緒に戦うことを翔子たちに誓います。そしてその後ろには、大勢の被害者が集まっていました。

原告が増えて一気にやる気の出る翔子たち。馬場雄一(荒川良々)は我妻を尾行します。車に乗る我妻を尾行する馬場に、一人の男性が近づきます。ビビった馬場はその場に携帯を落としてしまいました。

馬場に声をかけた男性は、かつて相田と共に婚活相談所を立ち上げた男性でした。裁判のことを知って、役に立ちたいと翔子たちに言います。翔子は、詐欺マニュアルがあったのか問い詰めました。

Felix & Temma法律事務所で、海崎に詐欺マニュアルが見つかったと和解を申し込む翔子と青島圭太(林遣都)。そこへ天馬が入ってきます。「マニュアルがあるのであれば、見せてほしい」と言う天馬。そしてマニュアルをもとに、実際に指示した証拠があるのか聞かれ、席を立つ翔子と圭太。

実はマニュアルの実物は手に入っておらず、だまして和解を進めようとしていました。そこへ馬場やってきて、馬場がなくした携帯に相田と我妻が車で愛し合っていた動画が写っていたのを見せます。これで和解ができると、意気揚々と天馬の元に戻る翔子と圭太。

被害者との和解が成立し、婚活相談所のロビーにいた原告たちと相田が対面します。被害者に謝るよう翔子は言い、土下座する相田。それを見た原告団も納得します。

後日、圭太は受刑者・守屋至(寛一郎)に翔子のことを嬉しそうに話します。守屋に「あなたは自分の意志で、人を殺すような人ではない」と翔子が言っていたと伝える圭太。守屋が翔子に会いたいと言います。刑務所に行く翔子。面会室を開けようとすると、天馬が出てきて驚く翔子。

ここでドラマは終わります。



スポンサーリンク

リーガルV 7話の感想

集団訴訟をおこそうとした翔子たちですが、男性陣は二の足を踏んでなかなか立ち上がりません。男性陣に対し、女性は強い意志をもって挑みます。男性はこんな時にメンツを気にします。それに対して女性は強い生き物です。

裁判で証言台に立った伊藤。彼女の証言は、涙を誘うものでした。犯した罪は消えません。しかし罪を償った伊藤。早くいい人を見つけて、幸せになってほしいです。

そして白鳥の意外な過去も判明しました。かつて婚活相談所で婚活をしていた白鳥。そのことを海崎に知られたくないと言う白鳥は、少し可愛かったです。最後には相田代表の土下座を見れて満足げでした。

今回も裁判で負けてしまった天馬の怒りは頂点に達していました。事務所で発狂する天馬。みんな引いていました。秘書の中沢は、天馬がワイングラスをもっただけでビビってしまっていました。過去に2度もワインをかけられているので、完全にトラウマになっています。

そして刑務所にいる守屋に会いに行く翔子でしたが、そこには天馬の姿がありました。ついに自らが動き出した天馬。翔子のことを本気でつぶしに行こうとしています。次は天馬がどんなことを仕掛けてくるのか、翔子たちが心配です。



スポンサーリンク

リーガルV 7話の視聴者の声(評判)とまとめ

今回は迫力のある白鳥に、ビビる海崎が可愛い反応をしたのがみなさん気に入ったようです。なかなか見れない伊崎の表情でした。次回も期待です。

次回はついに翔子が弁護士資格をはく奪された真実が判明します。

今回は馬場ちゃんが偶然撮った動画が決め手で、和解成功。次週は一人で戦う圭太に注目です!



スポンサーリンク