2018年秋ドラマ

リーガルV 5話のあらすじと感想「勝つまで戦う圭太(林遣都)」

スポンサーリンク



ドラマ「リーガルV」第5話が2018年11月15日(木)に放送されました。ここでは、「リーガルV」第5話のあらすじと感想、視聴者の声(評判)を紹介していきます。

前回は、遺産相続の弁護を引き受けた京極(高橋英樹)。初めて裁判に挑みました。さて、今回の依頼は?

リーガルV 5話のあらすじ

以前、小鳥遊翔子(米倉涼子)から「勝つまで戦うの」と言われた青島圭太(林遣都)。以前からかかえていた案件に苦戦中です。

事件は、初めて翔子と圭太が出会った崖で起こりました。大学生の町村誠(瀬戸利樹)が何者かに襲われて重傷を負いました。町村が重傷をおっているのを見つけ、救急車を呼んだ武藤正洋(戸塚純貴)。

凶器の包丁からは武藤の指紋が検出され、町村も武藤に刺されたと証言。武藤は実刑判決を受けることになりました。しかし武藤は約束通りの時間に行くと、すでに町村が倒れていたと証言。二人の証言が食い違います。

人気学生ベンチャー企業で代表を務める町村。しかし事件前に町村が企業の解散を提案。圭太は武藤に事件のあった日のことを詳しく聞きますが、母親まで亡くしもうどうでもいいと自暴自棄になる武藤。

圭太は事件のあった現場に翔子と向かいます。すると近くにラブホテルを見つける翔子。なにか手掛かりが見つかるかもしれないとホテルに向かいます。

そして事件の現場に戻ると町村の父親・紘一(志垣太郎)がいました。花を供え、手を合わせる父親。父親から息子が有罪になったのも、妻の望(片岡礼子)が亡くなったのも圭太のせいだと言われました。

真犯人の心当たりがないか、懸命に情報を集めていた武藤の母。その後、ネットの誹謗中傷にも耐えながら過ごしていました。しかし息子が一審で実刑判決が出た後、書き込みが増え、耐えられなくなった母親は自殺。「被害者にも加害者にも家族がいる。守らないといけない」と言って京極たちも協力します。

町村が代表を務める「トゥモロー」は、やくざとつるんで活動をしていました。そして伊藤理恵(安達祐実)は「トゥモロー」のグループがパーティーを開いていた写真をネットで見つけます。その写真は翔子と圭太で行ったホテルで撮られたものでした。

真犯人の情報を求めて再びホテルへ向かう翔子と圭太。ホテルの受付嬢(YOU)が武藤の写真を見て、事件当日4時に駅で見たと言います。4時は事件があった時間。しかし駅で武藤を見たという証言だけでは、勝つ見込みがありません。

その頃、町村を尾行する馬場雄一(荒川良々)。「トゥモロー」の町村の後輩にあたる中西とやくざにずっと町村は見張られています。中西は町村に「トゥモロー」の代表をやめられては困ると思い、犯行に至ったとにらむ翔子たち。

しかしなぜ、町村は幼馴染みの武藤を犯人に仕立て上げるのかわかりません。翔子と圭太は町村に会いに行きます。町村は変な言いがかりはやめてくれと言って足早に去っていきました。証拠がないのでどうしようもないと、弱音を吐く圭太。そんな様子を見て、翔子は喝を入れます。

その頃京極事務所では、今回は翔子の様子がいつもよりも熱がこもっていると話す京極たち。翔子は中学卒業前、父親が投資詐欺でだまされ、全財産を失い失踪。そして翔子は母親と別の町に引っ越した過去がありました。自分と武藤の家族を思い重ねる翔子。

裁判の日。

証言台にホテルの受付嬢がたちます。4時に駅で武藤を見たと証言します。しかしそれを証明することはできません。

次に中西が証言します。現場にあった包丁を中西が購入していたことを突き止めた圭太。しかし中西は何も言いません。

最後に証人に立った町村に、圭太は手紙をもってきたと言います。その手紙は武藤の母親が町村に向けて書いたものでした。手紙には、母親の悲痛な叫びがつづられていました。そして息子と幼馴染みの町村には、感謝している。この困難を乗り越えて、二人が友情を取り戻すことが望みだと書いた武藤の母。しかしもうこの世には、武藤の母親はいません。

それを聞いていた町村は、武藤に罪をきせてしまったことを泣いて詫びます。暴行を加えたのは武藤ではないと、はっきり証言する町村。暴行は後輩の中西に受けたと証言しました。裁判が終わり、圭太に礼を言う武藤の父親の姿がありました。

あくる日、翔子は武藤の母親への悪口を書き込んだ人たちに、一人30万円ずつの損害賠償請求を求めます。請求書を受け取り怒った人々が法律事務所に駆け込みます。ネットに書き込んだ人々は、軽い気持ちで書いていました。しかし「それで人一人死んでるんだよ。自分達が殺人犯だと自覚してる?」と翔子はにらみつけます。

その夜、ある事件を圭太に見せる翔子。翔子は自分は弁護士資格はないので、圭太に以前弁護をしていた男性の弁護をするよう頼みます。

ここでドラマは終わります。



スポンサーリンク

リーガルV 5話の感想

今回はネットでの誹謗中傷を取り上げたストーリーでした。悪口を書き込むほうは、軽い気持ちで書き込みます。しかし書き込まれた本人は、一生消えない心の傷を負うことになります。周りに流されて、真偽を確認しないままネットに書き込んでしまうと、明日は我が身です。簡単に書き込まないよう、気を付けないといけません。

今回は圭太の熱い気持ちが伝わる裁判でした。圭太の執念と、武藤の母親の気持ちが勝利に導きました。息子を信じる母親の手紙は、心にグッとくるものがありました。今頃本当であれば息子と喜び合えたのに、ネットでの悪口で自殺へと追い込まれた母親。悔やまれます。

そして今回は、翔子の中学生の頃の過去が明らかになりました。父親が詐欺にあい、法律さえ知っておけば回避できたとして、翔子は弁護士の道に進みました。圭太には頭がよかったから弁護士になったと言っていましたが、翔子も大変な過去を過ごしていました。驚きです。

そして翔子から圭太への依頼。以前翔子が担当をしていた、殺人犯の弁護です。絶対に負けられない戦いだと、圭太を見つめる真剣な表情の翔子。いったいどんな事件で、どんな裁判になるのでしょうか。翔子の弁護士資格を失ったことと何かつながりがあるのか。



スポンサーリンク

リーガルV 5話の視聴者の声(評判)とまとめ

今回は「ポチ」こと圭太の奮闘する姿に、心を打たれた方が多いようです。そして初めてのラブホテルにドキドキする圭太は、可愛かったです。

次回は不動産トラブルを抱えた男性のお話です。ゲストに矢部太郎さんと東ちづるさん。

今回は執念で勝利を勝ち取った圭太のお話でしたね。次週は初の潜入捜査をする伊藤理恵に注目です!



スポンサーリンク