2018年秋ドラマ

リーガルV 第3話のあらすじと感想「大鷹(勝村政信)が大活躍」

スポンサーリンク



ドラマ「リーガルV」第3話が2018年10月25日(木)に放送されました。ここでは、「リーガルV」第3話のあらすじと感想、視聴者の声(評判)を紹介していきます。

前回はパワハラ裁判でFelix&Temma法律事務所の白鳥美奈子(菜々緒)と戦った翔子(米倉涼子)たち。今回もどんな依頼が舞い込んでくるのでしょうか?

リーガルV 3話のあらすじ

京極事務所のメンバーで山に来た翔子。楽しくみんなではしゃいでいると、そこへ大鷹高志(勝村政信)がやってきます。

ある殺人事件の弁護をしている大鷹。じつはこの山で二か月前に女性の遺体が発見されました。事件当日、女性は夫の浅野洋平(桐山漣)と一緒にいました。

凶器からは浅野の指紋、そして浅野は妻に保険1億円をかけていました。警察は浅野を殺人容疑で逮捕。しかし浅野は殺人を否認します。妻とは喧嘩をして先に帰り、殺人が行われた時間には愛人と新宿にいたと証言。

しかしネットには赤いパーカーを着た浅野が、事件当日に山にいた写真や目撃証言の口コミが多数あります。

世間でも注目されているこの事件。小鳥遊翔子(米倉涼子)は、もし裁判に勝てたら京極事務所を大々的に宣伝する約束で大鷹に協力することを言います。

事件当日、高校時代の恩師である美術教師・蟹江光晴(岡本信人)夫妻を見かけたという浅野の証言にそって、蟹江に会いに行く大鷹と翔子。しかし蟹江夫妻は新宿で浅野には会っておらず、東京へは10年近く行っていないと言います。

裁判の日、何のアリバイ証言もなくもうだめだと諦める大鷹。

第一回公判期日

目撃者の多くが、赤いパーカーを着た男性を山で見たといいいます。しかし印象に残っているのは赤いパーカーで、浅野の顔は誰も覚えてはいません。

そして浅野の愛人が事件のあった日、浅野とホテルで待ち合わせたと証言します。しかし過去に浅野から暴力を受けたことがあるなど、浅野にとって不利な発言をしてしまいます。

不利な証言をされた浅野は怒って、「なぜ蟹江先生を証人に呼ばなかったのか?」と大鷹に怒鳴ります。「きれいな若い奥さんと、蟹江先生を見た」と浅野が叫ぶのを聞いて、祥子はもう一度蟹江に会いに行きます。

翔子たちが蟹江の家を尋ねると、蟹江は不在で蟹江の妻・蟹江光代(原日出子)が出迎えてくれました。「蟹江は生徒思いの熱心な先生だ」と妻は言います。

しかしその頃、馬場雄一(荒川良々)が蟹江のことを尾行していました。若い女性教師とホテルから出て来る蟹江。翔子と大鷹が、「事件があった日も、浮気相手と新宿にいたのでは?」と問い詰めますが、知らないと言って認めません。

翔子は大鷹に、蟹江をもっと問い詰めるべきだと言います。しかし大鷹は、「蟹江の妻に浮気のことがばれると、離婚することになる。だから別のやり方で裁判を進める」と言って帰ってしまいました。

京極から大鷹の過去を聞く翔子。大鷹は検察時代に裁判で失敗し、妻と離婚。娘と離れて暮らす、寂しい経験をしています。蟹江には、そうなってほしくないと思う大鷹。

次の日、事件のあった日の浅野の新しい目撃写真がネットに投稿されます。写真には、山にいる浅野の顔がはっきり映っています。しかも写真にうつる時計は、事件後の時間を指しています。

伊藤理恵(安達祐実)が写真を投稿した人物を突き止めます。真壁修一。浅野が写る他のネット写真を投稿したのも、この人物でした。しかしこの写真を見て何か違和感を覚える大鷹。

京極事務所のメンバーで証拠集めに奮闘します。馬場は真壁を尾行し、青島圭太(林遣都)
は赤いパーカーや写真に写った靴の大きさなどを調べます。京極雅彦(高橋英樹)は投稿された写真と同じ位置に大鷹を立たせ、同じ時間に写真を撮ります。

その頃、蟹江が勤める高校に来た翔子。そこへ蟹江と不倫をする若い女性教師がやってきます。翔子は蟹江には他の浮気相手がいることを伝えます。

一方、Felix&Temma法律事務所で大鷹は天馬壮一郎(小日向文世)から一緒に仕事をしようと言われます。しかしその代わりに今の案件から手を引くように言われました。

次の日、裁判所の前で京極事務所のメンバーが大鷹を待ちます。なかなか来ない大鷹。みんなが心配していると、やっと大鷹がやって来ました。大鷹は証拠集めに手こずっていただけでした。

第二回公判期日

大鷹は同じ時間に撮った写真と、真壁が撮ったものを比べます。すると、人物の影の長さが違っていました。写真は時計の部分が、ねつ造されたものでした。

次に、事件があった日に真壁が赤いパーカーに浅野と同じズボンと靴を買っていたことを店員が覚えていました。真壁が真犯人だという大鷹。

次に蟹江が証言します。
蟹江は浅野とは新宿では会っておらず、浅野に罪を認めるようにいいます。その時、傍聴席に座っていた蟹江の浮気相手の女性教師が、事件の日に新宿のホテルに一緒にいたことを証言します。蟹江の妻も、蟹江に真実を語るよう言います。

そして蟹江はついに、事件当時は新宿にいて浅野に会ったことを認めます。浅野に謝る蟹江。浅野は無罪となり、真壁が真犯人でした。

大勢の記者の前で会見を行う大鷹。会見を見て駆け付けた娘と抱き合います。結局、京極事務所の名前は会見で言えませんでした。

裁判が終わり、大鷹は荷物をまとめて天馬の事務所へ向かいます。しかし白鳥に門前払いを受けます。裁判に勝ってしまった大鷹には用はありません。

働く場所を失い、京極事務所で働かしてほしいと頼む大鷹。翔子はすべてを知ったうえで了解します。そして乾杯する大鷹と京極事務所のメンバー。

ここでドラマは終わります。



スポンサーリンク

リーガルV 3話の感想

今回は殺人事件を扱った裁判で、大鷹が大活躍でした。大鷹の知られざる過去も少しわかったお話で、最後には娘ともわかり合えて良かったです。

そして京極事務所で一緒に仕事をすることになった大鷹。今までも常に京極事務所にいたので、なんの違和感もない感じです。

今回は前回までと違って、大きく変わったことがありました。それは前回までは翔子の指示で動いてきた京極事務所のメンバーでしたが、今回は京極事務所のみなさんがそれぞれ自分から証拠集めに奮闘されているようでした。

そのぶん指揮をとる翔子の出番が少なかった気がします。だんだんみなさん裁判に慣れてきた感じがします。次回は誰が活躍されるのか楽しみです。

そして鉄道ネタも少なかった気がします。期待していた分、少し寂しい感じがしました。

今回は海崎の出番はまったくありませんでした。とても残念です。次回は海崎の出番があることを大いに期待します。

これまでも翔子がなぜ弁護士資格を失うことになったのか、翔子の過去も謎のままです。次回は少しその謎が解けるといいなと思います。

次回は友達の現役ホスト兼パラリーガル・茅野明(三浦翔平)が相手側の証人として出廷。そして京極雅彦が初の担当弁護士になるようで、とても楽しみです。



スポンサーリンク

リーガルV 3話の視聴者の声(評判)とまとめ

“ポチ”こと青島圭太役の林遣都さんがかわいい!といったコメントが多いですね。子犬のような林さんの瞳がかわいいですね。

次回は遺産相続についての裁判です。ゲストには袴田吉彦さんと島崎遥香さんです。

今回は大鷹が大活躍でしたね、次週は初の担当弁護士になった京極雅彦に注目です!



スポンサーリンク