2018年秋ドラマ

リーガルV 1話のあらすじと感想「翔子(米倉涼子)が法律事務所で大活躍」

スポンサーリンク



ドラマ「リーガルV」第1話が2018年10月11日(木)に放送されました。ここでは、「リーガルV」第1話のあらすじと感想、視聴者の反応(評価評判)を紹介していきます。

リーガルV 1話のあらすじ

黒い服を着てさっそうと、教会を歩く小鳥遊翔子(米倉涼子)。

一方、京極雅彦(高橋英樹)は翔子に電話を何度もかけますが、つながりません。京極はFelix&Temma法律事務所へ行き、受付で翔子を呼んでほしいと言います。しかし翔子は一年前に退所していました。それを聞いて驚く京極。

翔子と同じ葬儀に、大手弁護士事務所の「Felix&Temma法律事務所」の海崎勇人(向井理)と白鳥美奈子(菜々緒)も来ていました。翔子の後姿を見つけ驚く海崎。しかし白鳥が「翔子は海外に逃亡したはずだ」と言います。

翔子は新聞の訃報の欄を見て、裁判になりそうな事柄がないか調べていました。

お墓に手を合わす青島圭太(林遣都)。そこへ一人の男性が来ます。「妻の自殺はあんたのせいだ、帰ってくれ」と言われ、頭を下げてその場を去ります。

その様子を見ていた翔子は圭太の後を追います。海にいた圭太に「自殺をしてはいけない」といい、もみ合う二人。翔子は海に靴を落としてしまいます。

新しい靴を買って電車に乗る翔子と圭太。翔子は鉄道の事にやたら詳しく、自分たちが乗っている電車のことを説明します。そして「私たちも頑張らないとね」という翔子。

帝国大学の講義が最後だと、生徒の前で挨拶する京極。以前に翔子から法律事務所を立ち上げないかと名刺をもらっていました。しかし携帯のつながらない翔子に騙されたんだと元検事の大鷹高志(勝村政信)は言います。しかしこの時すでに京極は500万と実印を翔子に渡していました。

鉄道バーで、圭太はなぜ自分の事を知っていたのかを翔子に聞きます。圭太は以前にFelix&Temma法律事務所の面接を受けていました。しかし翔子は圭太を落としていました。

最近も圭太は自分の力不足のせいで、敗訴したことを言います。それを聞いた翔子は、弱者を救うために一緒に法律事務所を立ち上げようといって飲食代を払わすに店を後にします。ここも自分が払うのかとあせる圭太。

圭太は満員電車に乗ります。ホームでは三島麻央(山谷花純)が「この人痴漢です」といい、安田勉(児島一哉)を指さします。自分はやってないと言って抵抗する安田。しかし大勢の人に取り込まれます。圭太は安田に名刺を渡します。そして駅員に連れて行かれる安田。

京極と大鷹が翔子をさがします。そこへ翔子と茅野明(三浦翔平)がやって来ました。京極を見つけて喜ぶ翔子。ビルに京極事務所と書かれた表札があり、それを見て京極は喜びます。

事務所へ入る翔子たち。大鷹は元検事で、今は弁護士だと翔子に説明します。

事務所に圭太はまだきていません。その頃圭太は安田の妻と安田が務める一流企業「君島化学」の富樫博之に安田が痴漢で逮捕されたと電話をします。そこへ会社の専務の相原守男がやってきて、富樫は安田が痴漢をしたことを伝えます。

圭太が事務所に到着すると大鷹から「君もだまされたのか」と言われます。

圭太が翔子に詰め寄ります。圭太はFelix&Temma法律事務所で働くことになると思っていました。すでに前の事務所を辞めている圭太。翔子は「ここはあなたが弱者を守る法律事務所だ」と言います。

事務所を住居兼にする翔子。そして事務員を雇うために面接をします。面接に来た伊藤理恵(安達祐実)と馬場雄一(荒川良々)は二人とも前科がありました。それでも翔子は二人を採用します。

警察で取り調べを受ける安田。やっていない罪を認めろと言われます。

Felix&Temma法律事務所で話す天馬壮一郎(小向文世)と君島化学の専務。君島化学の特許の件は海崎が担当することになりました。

一方京極事務所では、安田が送検されたと圭太が説明します。するとみんながこの事件が初仕事になると喜びます。しかし痴漢事件と聞いて落ち込む人々。痴漢事件は冤罪となることは難しいので、すぐに辞任しろと大鷹は言います。

翔子に駅弁をつけるので、一緒に安田のところに来てほしいと圭太は頼みます。

安田と示談の話をする圭太。しかしやってもいないことを認めることが出いないと安田は言います。「一生懸命今まで生きてきたのに、一度うそをつくとこれからもあきらめないといけなくなる」と安田は言います。

そして安田は7年間チームリーダーとして開発を進めてきたバイオテクノロジーの特許出願の日に、痴漢冤罪にあったと説明します。安田は同僚の富樫を呼んでほしいと言います。安田の勤める企業の名前を聞いて、翔子は一部上場の会社だと興奮します。

特許は無事に出願されたと富樫は言い、富樫は安田に信じていると言いました。

君島化学の特許出願のほとんどが安田のアイデアで、見込み利益は300億円。それをきいた翔子はやる気を出し、圭太に指示を出します。

安田に会いに専務と海崎が来ました。海崎は、安田に裁判で戦うつもりかを聞きます。安田のせいで会社のイメージが悪くなるといい、会社をやめろと言われる安田。今の自分に何ができるか考えろと言われます。

圭太と翔子に突然示談をすると言い出す安田。しかし翔子が「まだあなたには戦う権利が残されている」といいます。

駅でビラを配り目撃者を探します。そして被害者女性の周辺も調べます。その頃茅野が働くホストクラブで遊ぶ翔子。

事件当時、安田は電車に乗りながら右手でメールを打っていました。初公判はこれで戦うしかないと言います。

キャバクラの面接を受ける翔子。そこに痴漢被害の三島がやってきます。三島はキャバクラで働いていました。

東京地方裁判所 第一回公判期日

証人尋問で検事は痴漢の詳細を被害者にききます。

反対尋問では圭太が三島に山田の携帯の話をします。右利きの安田が携帯を右で操作して、左手でおしりを触ることは無理があると言います。

被告者質問で、圭太が「特許出願を控えた人が痴漢をするとは思えない」というと裁判官から結婚式の日にも痴漢をする人はいると言われてしまいます。

第二回公判期日の前に、翔子は三島に偽証罪は罪になるといいます。
裁判が始まり圭太は鉄道の専門家を呼んでいると言い、翔子が登場します。

鉄道検定一級を持つ鉄道の専門家として呼ばれた翔子。

三島は事件の日大学に行くために電車に乗っていました。しかし三島の乗っていた車両は大学へ行くために乗り換える際に不便な場所にあり、通いなれた場所なのに離れた車両になぜ乗ったのか等不可解な点を圭太が指摘します。

三島の発言も不可解な点が多いことが判明します。それを聞いて三島は動揺し「ごめんなさい」と泣き出します。

事務所に遅刻してきた圭太が、被害者の三島が被害届を取り下げ、安田は無罪となったことを話します。喜ぶ翔子と圭太。しかし翔子はここからが本番だと言います。

君島化学では安田に代わって新しく開発部長を務めることになった富樫と専務が海崎と話をします。そこへ安田が無罪になったと電話が入ります。ちょうどそこに京極事務所から手紙が届き、君島化学に損害賠償請求の通知書が届けられます。

安田の家へ行き次の仕事を探さないとという富樫。しかし翔子に富樫のほうが次の仕事を探したほうがいいと言われます。

ホストクラブで飲んでいる三島を移した携帯の動画を見る安田と富樫。「痴漢ですって叫ぶだけでお金が入る」と三島が言います。三島に頼んで、50万円で富樫は安田を痴漢にでっち上げようとしていました。富樫は安田に嫉妬していました。

京極が専務に突然会いに行きます。そして君島化学に対して告発会見をすると言い、内容は特許を巡る君島化学の内紛とありました。開発に貢献した安田を排除し、会社が特許を独り占めするのはおかしいと京極が言います。

専務は新製品の開発発表の前に会社のスキャンダルを世に広められると困ると言い、海崎に助けを求めます。しかし海崎はこっちの負けだと認め、和解を進めるしかないと言いました。

君島化学から3億円がとれて、翔子たちには2割が入るので6000万。それを聞いて圭太は驚きます。

海崎は今回のことは裏で翔子がやったことだと天馬に伝え、それを聞いて動揺する天馬。

京極事務所でお祝いをする翔子たち。茅野も事務員として働くことになりました。大鷹から翔子は弁護士資格がないと言われると、翔子は「資格がないと困っている人に手を差し伸べることもできないのか。でも弁護をするのは圭太たちで自分は管理人」と言います。

ここでドラマは終わります。



スポンサーリンク

リーガルV 1話の感想

失敗しない天才医師の役から様々な役をこなす米倉涼子さん。今回は弁護士免許を剥奪された元弁護士です。鉄道オタクの役柄も随所にちりばめられていました。自由で小悪魔的な米倉さんに、みんなが振り回される様子がとてもコミカルで面白い作品です。

弱小弁護士集団の京極法律事務所に集まる人々は個性のある方々ばかり。一方、対立する大手弁護士事務所はやり手の弁護士の集まりといった感じです。

今回は圭太が大活躍でしたが、最後には京極も出てきてしっかり仕事をしていました。

翔子がFelix&Temma法律事務所と以前に何があったのかも気になるところです。そして海崎との関係も気になります。

軽快でリズミカルな音楽とストーリーを見て、どんどん引き込まれていきました。一つのの事件が一話で完結するのも、見やすくて次への事件の期待につながります。次回も大変な事件が待ち構えていそうで楽しみです。



スポンサーリンク

リーガルV 1話の視聴者の反応(評判)とまとめ

みなさん向井理さんのクールな役どころに惹かれる方が多いように思いました。
次回はもっと向井さんの出演シーンがあればいいですね。

次回は斉藤由貴さんがゲストの回です。今何かと話題のパワハラについてのお話となっています。

今回は鉄道ネタの盛りだくさんなお話でしたね、次週も翔子と海崎に注目です!



スポンサーリンク