2019年春ドラマ

【緊急取調室3】3話のあらすじ(ネタバレ)と感想「デイトレーダー詐欺!清楚な奥様の裏の顔」

スポンサーリンク



ドラマ「緊急取調室3(キントリ)」第3話が2019年4月25日(木)に放送されました。

ここでは、「緊急取調室3」第3話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の声(評価評判)を紹介していきます。

前回キントリに危機が迫っているようなことを真壁と梶山が言っていましたが、今回はどんな展開が待っているのでしょうか?

【緊急取調室3】3話のあらすじ(ネタバレ)

5億稼ぐ女

カリスマ・デイトレーダーで「5億稼ぐ女」として有名だった宝城理沙(筧美和子)がマンションで殺されているのが発見されます。

理沙と同じマンションに住む第一発見者の平井かすみ(仙道敦子)が被疑者として逮捕。

しかし実際デイトレーダーをしていたのはかすみで、理沙に仮想通貨用の口座を作らせて売買をおこなっていたのです。

逮捕したはいいものの行き詰まっており、磐城和久(大倉孝二)、監物大二郎(鈴木浩介)と渡辺鉄次(速水もこみち)の3人は「自白に追い込んでくれると信じてる」と言って、取り調べをキントリに任せるのでした。

清楚な女性の裏の顔

監物と渡辺は事件の状況をまとめます。

凶器はアタッシュケースで、頭を強打されたのが原因だろうということでしたが、理沙の遺体の側に血痕のついた一万円札が落ちていました。

アタッシュケースに万札がびっしり詰まっていたらおそらく1億だろうということで、小石川春夫(小日向文世)は「犯人が持ち帰った可能性もある」と言います。

かすみの取り調べのメインは経済犯罪に精通している小石川で、サブとして菱本進(でんでん)が入ります。

かすみは見たところ凄腕のデイトレという感じではなく、清楚な奥さんといった感じでした。

小石川は理沙を表舞台に立たせた経緯と2人の間柄について聞きます。

「投資本が出したかったけど、インパクトを求めて若くて美人で学歴もある理沙さんに頼みました。部屋も隣同士で会えば話をする間柄だった。理沙さんは多額の借金があったから喜んで引き受けてくれました。契約は1年。100万円の他に生活費50万円を支払う約束をした」と言うかすみ。

デイトレーダーの認識不足なところもあったとはいえ、詐欺行為は認めました。

菱本はかすみが指輪をしているのに気づいて結婚しているのかと聞き、かすみは「5年前に亡くなりましたが」と言いますが、結婚はしていないはずと渡辺。

確認に行った監物と渡辺を見送ってから、真壁は「どう考えても自分の代わりに理沙を表舞台に立たせるのはおかしい」と言い、それに玉垣松夫(塚地武雅)も梶山も同感するのでした。

始めたきっかけは

監物と渡辺が聞き込みに行くと、かすみにはだいぶ年上の夫がいたことが発覚します。

しかし遺産目当てにされるほどの多額の資産は持っておらず、死因は病死で間違いなく、遺言書も有効なもので、過去の悪事のせいで表舞台に立たないという理由ではなさそうでした。

「騙すことを楽しんでいたのかも」と言う小石川の意見に同意した真壁は、菱本の代わりに取調室に入ります。

真壁はかすみになぜデイトレーダーを始めたのかを聞き、「以前バーテンダーをしていたときにデイトレをしていたお客さんがいて興味をもったのがきっかけ」とかすみ。

真壁はかすみがデイトレで一発当てようとして始めたんじゃないか?と仕掛けてきます。

小石川「デイトレで勝ち続けることは不可能ですよ?」

かすみ「頭と腕が良ければ勝てます。その証拠に私の勝率は8割。仮想通貨は売買益が大きいとどのくらい課税されるかご存知ですか?」

小石川「最大で45%です」

かすみ「他の税金も合わせて55%になります。そのお金をあなたたちのような無能な警察官に使われているなんて腹が立つわ。一番無能なのはあなたたちの上司でしょうけど」

そう言ってかすみはモニターを見つめ、それを見ていた磐城は「えっ。私?」と驚き、小石川も「東大卒の無能な上司に伝えます」と言うのでした。

稼いだお金は老後資金を稼ぐため、また仮想通貨の取引に使うとのことでした。

お金より大事なものは何かと聞かれたかすみは「若さと健康」と笑顔で言い、やはり楽しんでいる様子でした。

手ごわい相手

警察には仮想通貨の詐欺で訴えてくる高齢男性が多数訪問してきていました。

総額は約1億で、主犯はかすみで理沙を殺害したのだろうと監物は言いますが、1億の行方は不明でした。

かすみの取り調べは続いており、理沙の詐欺のことは知らなかったし共犯でもないと言う始末。

いったん休憩と取調室から出てくると磐城が来ていて小石川に「知能犯はお手の物だと思っていましたが、キントリに来て頭も腕も鈍りましたかね」と嫌味を言いますが、「いえ、むしろ冴えてます。録音機器があって妙な圧力がないからでしょうかね」と余裕の笑みで言い返します。

そんな小石川は「ちっちゃい男よね!さっきの学歴の話根に持ってるのよ」とキントリメンバーにフォローされるのでした。

菱本と玉垣が交代で入りその後も取り調べは続いていましたが、かすみは5時間も黙ったまま。

しかし菱本が「母親には会ってるのか?」と聞くと「最近は会ってません」とようやく口を開くのでした。

真壁の作戦

真壁はかすみの母親がいる高級老人ホームへ行き、ヘルパーの門倉に案内されます。

真壁は母親の佳恵にかすみのことを聞こうとしますが、「知らないわ」の一点張り。

佳恵は認知症で2年ほど前からこの施設に入り、それまではかすみが介護していたのだと門倉は説明します。

佳恵の夫は人に騙されて借金苦で自殺しており、それの影響なのか「お金は怖いのよ」と何度も繰り返すのでした。

真壁は老人ホームでアンケートをとっているのを見て、詐欺被害者がその老人ホームに見学に行っていたのではないかと読んでいましたが、梶原の調べでそれは当たっていたと分かります。

これでかすみと詐欺事件がつながったし、あとは証拠さえつかめればかすみを追い込めるというところまできました。

監物と渡辺は老人ホームへアンケート用紙のデータ流出のことを聞きに行きますが、門倉から「誰かが約200人分のアンケート用紙が持ち出した」という情報を得ます。

面会者カードを見ると何度もかすみがそこに訪れていましたが、かすみが犯人という決定的な証拠はなく、自白に持ち込むのは難しいだろうという話になります。

真壁は「私に考えがある」と言って、メインに真壁、サブに玉垣が入って取り調べが行われます。

本当の狙いは

真壁は「今日も黙秘するおつもりですか?」と言ったあと、佳恵に聞いた父親が亡くなって大変だっただろうという話を持ち出しますが、「ひもじい思いをしたことのない人に何が分かるの?」とかすみ

かすみ「ここで私が怒りだすとでも思った?格差社会とか階級社会だとかそんなことどうでもいいの。金持ちと力のある者だけが世の中を支配して、貧乏人と弱いものは従うしかないんだって子供のころから分かってたもの。だから自分の力で這い上がったの。仮想通貨詐欺なんてしてないわ」

真壁は「大事な人の前でもそう誓えますか?」と言って佳恵を連れてきて、玉垣も「高級老人ホームに入居させたのはお母さんのためでしょ?」と言いますが「情に訴えるなんて古臭い。昔から母が嫌いなの。ホームに入れたのは自分のため」と笑いながら言われてしまい、作戦は失敗に終わります。

真壁と交代で今度は小石川が入ります。

「犯人の手には理沙の血が付着してる。どんなに洗い流していても、今の科捜研は進んでいてDNA鑑定ができる。たとえば指輪についた血とか」と玉垣。

佳恵を連れてきた門倉は帰ろうとしますが、門倉は残るように言われます。

実は佳恵ではなく門倉に用があって呼んだキントリは、かすみの取り調べを中断させるのでした。

事件の真相

佳恵の入居届けには契約者のかすみの職業が書いてありました。

かすみは職業を隠していたので、ホームの職員は誰もかすみが自営業とは知りませんでしたが、門倉は以前真壁がかすみの仕事を尋ねたとき「デイトレーダー」と言っていたのです。

真壁「アンケート用紙を盗んだのはあなたですよね?情報を理沙さんに渡し、情報をもらった理沙さんは詐欺を行い1億を手に入れた。
小石川「しかしその金はあなたが盗んだ。彼女を殺して」
真壁「お金があるから仕事を辞めるんじゃないですか?ホーム長と引継ぎの話をしていましたよね?」

門倉は「僕じゃない」と言いますが、真壁は「DNA鑑定の話が出たとき、とっさに指輪を外してポケットにしまったのはなぜですか?」と追い詰めます。

取調室の外にも監視カメラが設置されていて、その様子はしっかり記録に残っていたのです。

「あなたが認めないならその指輪に認めてもらう。科捜研に提出して」と真壁は言い、門倉は逃げ出しますが、渡辺に取り押さえられます。

理沙は門倉の働くホームに訪問しており、何回か会ううちにセミナーの案内状が送りたいから個人情報が欲しいと言ってきたのです。

個人情報を渡して20万円もらったものの、1か月前に用紙の紛失が分かってまずいと思い「金は返すから」と家まで訪ねていきましたが、「私の一存じゃどうにもできない」と理沙。

そこでかすみのことを知った門倉は理沙が電話で席を外している隙に家の中を物色し、大金が入ったアタッシュケースを見つけますが、その現場を理沙に見られてしまいます。

大金を見て真面目に働くのが馬鹿らしくなった門倉はアタッシュケースを理沙に投げつけ、理沙はそのまま亡くなってしまいました。

そしてお金は自宅にあると自白するのでした。

お金より大事なもの

小石川と真壁は取調室で理沙を殺したのは門倉だとかすみに言います。

しかし理沙を操ったのはあなたで、門倉が奪った残りの5千万をあなたは持っているとも付け足します。

真壁は「それ結婚指輪に見せかけたスマートリングでしょ。ドアにかざすだけで解除ができる。隠し場所は最新設備のトランクルーム」と言います。

かすみは指輪を外して負けを認めます。

小石川「金より大事なものはデイトレで得られるスリルと興奮。勝ったときに得られる恍惚感でしょ?それが欲しくて詐欺に手を染めた」

かすみのターゲットは金持ちの高齢者で、デイトレをしている時だけは生きてるって実感できたと言います。

それを聞いて真壁は「口では階級社会なんて関係ないなんて言ってても、本当は妬んでるし憎んでる。そんな社会に復讐したかったんだろうけど、そんなことしても何も変わらない」と憐れむ目で言います。

かすみは狂ったように笑いながら「でも楽しかった」と言い、詐欺罪で再逮捕されました。

連れられて行くかすみに真壁は佳恵が「お金は怖いのよ。気をつけてねかすみ」と言っていたことを言うのでした。

キントリメンバーと監物、渡辺はいつもの居酒屋でくつろいでいました。

渡辺の「科捜研に指輪を持ちこんだところでDNA鑑定できる可能性は低かった」という言葉に真壁はびっくり。

小石川は「金より大事なものは正義だな」とみんなに小突かれながら言うのでした。



スポンサーリンク

【緊急取調室3】3話の感想

前回の将棋対決と同様、仮想通貨のことはよく分からないので少々置いてけぼり感があった3話でした。

しかし仮想通貨のことが分からなくても、お金は怖いということははっきり分かりました。

今回は殺人罪ではなく詐欺罪だったのでこれまでとちょっと違いましたね。

きっと理沙を殺したのはかすみだと思っていたので、ヘルパーの門倉だったとはとすっかり騙されました。

かすみは初めのころの取り調べでは本当に普通の事件とは関係のない品のある奥さんという感じでしたが、取り調べが重なるにつれてどんどん狂っていく様子がなんだか見ていて辛かったです。

かすみは父親が早くに亡くなってひもじい思いをした過去のこともありますし、仕事をしながら母の介護もしなければいけないとなると発狂しそうな状況だったんじゃないかと思います。

誰かの助けがあったならデイトレにはまってこんな事件は起こらなかったんじゃないだろうかと思ってしまいました。

かすみのやったことは許されないことですが、母親の介護などでいっぱいいっぱいな中唯一癒されていたのがデイトレということで、まだ40代で若いのに相当追い詰められていたんだなと同情してしまいました。

今回は監物と渡辺のもつなべコンビが活躍していましたね。

いい味を出していてこの2人も好きです。



スポンサーリンク

【緊急取調室3】3話の評価評判

ドラマ【緊急取調室】の見逃し動画を無料視聴する方法

放送から1週間以内の場合、Tverやテレ朝キャッチアップで無料視聴が可能です。

Tverで無料視聴する

テレ朝キャッチアップで無料視聴する

放送から一週間以上経過している場合、auビデオパスで無料視聴ができます。
詳しくはこちらをご覧ください。
【緊急取調室3(キントリ2019)】3話を見逃した方へ!動画の無料視聴はこちら!

まとめ

「緊急取調室」第3話のあらすじや、視聴者の声などをご紹介しました。

真壁が言っていた「復讐しようとしても何も変わらない」という言葉も、かすみの言っていた「金持ちと力のある者だけが世の中を支配して、貧乏人と弱いものは従うしかない」という言葉もどちらもその通りだなと頷いてしまいました。

こういう問題は昔からありますが、今でも問題になっていますし他人事じゃないなと思います。

かすみのセリフ1つ1つは視聴者の声を代弁しているようでした。

さて次回はどんな事件が待っているのでしょうか?



スポンサーリンク