2019年夏ドラマ

【刑事7人】4話を見逃した方へ!動画の無料視聴はこちら!

ドラマ「刑事7人」(シーズン5)の4話が2019年8月7日(水)に放送されました。

ここでは、ドラマ「刑事7人」4話をリアルタイムで見逃してしまった方のために動画を無料視聴する方法をご紹介します。

※ドラマ「刑事7人」はU-NEXTで全話配信中です。登録時に貰えるポイントを使用して無料視聴ができます。

▼今すぐ視聴したい方は下のリンクからどうぞ▼
U-NEXT公式ページを見てみる >

無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。解約も簡単にできます。

ドラマ「刑事7人」の見逃し配信動画を無料で見る方法をご紹介!

放送から1週間以内の場合の無料視聴方法

放送から1週間以内の場合、Tver(民放公式テレビポータル)もしくはテレ朝キャッチアップという動画配信サービスを利用すれば、無料視聴が可能です。(スキップできないCMが何回か流れます)

1週間の限定配信となっていて、次回の放送開始直前まで視聴できます。

Tverで無料視聴する

テレ朝キャッチアップで無料視聴する

放送から1週間以上経っている場合の無料視聴方法

放送から1週間以上経過している場合は、Tverやテレ朝キャッチアップで見ることはできません。

調査したところ国内ドラマの配信サービスを行っているVOD(ビデオオンデマンド)のなかで、ドラマ「刑事7人」を無料視聴できるサービスはいくつかありますが、当サイトのおすすめは業界大手のU-NEXTです。

登録から31日間無料で、CMもないので快適に見られます。

また他のサービスに比べ、登録・解約が比較的簡単です。

(VOD各社の配信状況)

U-NEXT
FODプレミアム
auビデオパス
Hulu
ビデオマーケット

「刑事7人」をU-NEXTで視聴する方はこちら
(無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。解約も簡単にできます。

U-NEXTの特徴

U-NEXTは、31日間無料のお試しトライアルを実施中です。
しかも無料期間中に解約すれば、料金は一切かかりません。

動画配信数も15万本と圧倒的です。

国内ドラマだけでなく、海外ドラマ・映画・アニメ・バラエティ番組も充実しています。
さらに雑誌70種類以上が読み放題となっています。

登録時に600ポイント、さらに無料期間終了後には毎月1200ポイント(1ポイント1円換算)が貰えるので、ポイントを使って有料コンテンツ(新作映画や漫画など)を楽しむこともできます。

ドラマ「刑事7人」はポイント作品となるので、登録時の600ポイントを使って見逃し動画を見ることができます。

「刑事7人」をU-NEXTで視聴する方はこちら
(無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。解約も簡単にできます。

U-NEXTで配信中の作品例(最近の国内ドラマ)

  • ミストレス(長谷川京子主演・2019年春)
  • 東京独身男子(高橋一生主演・2019年春)
  • スパイラル 町工場の奇跡(玉木宏主演・2019年春)
  • なつぞら(広瀬すず主演・朝ドラ)
  • パーフェクトワールド(松坂桃李、山本美月主演・2019年春)
  • 私のおじさん~WATAOJI~(岡田結実主演・2019年冬)
  • よつば銀行 原島浩美がモノ申す!(真木よう子主演・2019年冬)
  • ハケン占い師アタル(杉咲花主演・2019年冬)
  • 後妻業(木村佳乃主演・2019年冬)
  • まんぷく(安藤サクラ主演・朝ドラ)
  • リーガルV(米倉涼子主演・2018年秋ドラマ)
  • 僕らは奇跡でできている(高橋一生主演・2018年秋)
  • ハラスメントゲーム(唐沢寿明主演・2018年秋)
  • 義母と娘のブルース(綾瀬はるか主演・2018年夏)
  • ラストチャンス 再生請負人(仲村トオル主演・2018年夏)
  • 高嶺の花(石原さとみ主演・2018年夏)

など(※2019年8月時点)

 

U-NEXTの特徴まとめ

31日間の無料お試し期間あり
お試し期間中に解約すれば、料金は一切不要
登録時に600ポイント、無料期間後には毎月1200ポイント貰える(1ポイント1円)
・業界TOPの動画配信数(15万本以上)
・さらに70種類以上の雑誌が読み放題

U-NEXTは無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。登録・解約手続きも簡単なのでこの機会にぜひ試してみてください。

「刑事7人」をU-NEXTで視聴する方はこちら

※2019年8月時点の情報です。配信状況など詳細は公式ホームページにてご確認ください。

動画共有サイトを使っての視聴は辞めたほうがいい理由

  • Pandora(パンドラ)
  • Dailymotion(デイリーモーション)
  • miomio(ミオミオ)

などの動画共有サイトでも見逃し動画を視聴できる可能性はあります。

しかし、これらのサイトはドラマや映画を違法でアップロードしているので次のようなデメリットがあります。

動画共有サイトのデメリット

・画質、音質が悪い
・途中で止まったり、見られなくなる
・広告が多く、ストレスになる
・動画は急に削除される
・ウイルス感染や個人情報流出の危険

安全に高画質・高音質でドラマ「刑事7人」の見逃し動画を見るならU-NEXTがおすすめです。

無料登録後、31日以内に解約すれば料金は一切かかりません。

解約は非常に簡単にできます。

U-NEXT公式ページを見てみる >

ドラマ「刑事7人」4話のあらすじ

【4話のあらすじ】

東京郊外の林道で、胸を刃物で刺された高校生・池添俊也(竹田光稀)の遺体が見つかった。遺体のそばにあったスマートフォンを確認した専従捜査班の青山新(塚本高史)は、被害者の俊也が『悪魔に殺されるかもしれない』と書き込んだSNSを発見する。

 法医学教授・堂本俊太郎(北大路欣也)は、今回の被害者の俊也と、去年担当した事件の被害者で、両親の無理心中に巻き込まれた息子・田所信一(加藤峻也)は同じ高校の生徒だという。

“同じ高校”という共通点に引っかかった天樹悠(東山紀之)が、無理心中事件の資料を調べたところ、信一がノートに『悪魔にとりつかれている』と書き記していたことがわかる。

 また、天樹と野々村拓海(白洲迅)は、高校で二人の担任をしていた増沢育子(かとうかず子)と俊也の両親から、二人が親友だったことや、信一が亡くなって以降、俊也がふさぎ込んでいたという話を聞く。

さらに、弁護士の木下和成(長谷川朝晴)のアドバイスに背中を押された両親から、心中事件が起きた夜に、信一を訪ねた俊也が田所家の方から走ってくる男を目撃していたことを告白された拓海は、俊也はその男を目撃したことが原因で殺害されたのではないかと推測する。

しかし、俊也の部屋を調べていた天城は、両親の顔が黒く塗り潰された写真を発見し、事件にはもっと別の深い裏があるのではないかと考え始める。

 そんな中、海老沢芳樹(田辺誠一)のもとに、東京拘置所から一通の手紙が届く。差出人は、富岡忠司(芹澤興人)――3年前に老夫婦を殺害し、海老沢が逮捕した死刑囚だ。

海老沢が接見に行くと、富岡は過去にまだ自供していない殺人事件を起こし、それは“悪魔”の指示で実行したものだと言い始める。

空き地を掘り起こすと…そこには富岡の供述どおりに白骨死体が! 

しかも死因は、信一らの無理心中で使われたものとまったく同じ成分の青酸カリによる中毒死であることが判明する。

 ここにきて“悪魔”というキーワードで3つの事件が繋がった――!

 さらに心中事件の前日、信一の父親・洋一(古川康)が同僚に「“先生”に会わなければならない」と意味深な発言をしていたこともわかる。

“先生”と“悪魔”は同一人物なのか…? 天樹ら専従捜査班が、“悪魔”の正体に迫る!

引用元:「刑事7人」公式サイト

 

※ドラマ「刑事7人」はU-NEXTで全話配信中です。登録時に貰えるポイントを使用して無料視聴ができます。

▼今すぐ視聴したい方は下のリンクからどうぞ▼
U-NEXT公式ページを見てみる >

無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。解約も簡単にできます。

ドラマ「刑事7人」4話放送前の視聴者による展開予想や期待の声(ネタバレなし)

次回は、高校生の少年が殺害され、しかも、彼の親友もまた両親の無理心中に巻き込まれて命を落とすという、複雑な展開がスリリングだと感じました。

天樹をはじめとした専従捜査班の活躍は、全員がそれぞれの持ち味やキャラクターが成り立っていて、見応えがあります。

次回では、海老沢が過去の事件とリンクする部分に挑むのも見どころだと思い、彼が過去に逮捕した死刑囚との接見で、「悪魔」というキーワードが現れることに、複数の事件が繋がるというのも面白く、ストーリー全体を通して、見逃せないシーンがたくさんあると思い、期待しています。
(40代男性)

次回は、林道で殺されていた高校生の側に、被害者が「悪魔に殺されるかもしれない」とSNSに書き込んだスマホが発見される、というところから専従捜査班の捜査がスタートします。

悪魔か…8月の放送ですからね。昭和平成なら1回くらいは「夏の怪談」エピソードがあったところですが、SNSに悪魔についてのカキコ、というのがいかにも現代らしい。

そして捜査班の前には「去年の無理心中事件の現場にあったノートに『悪魔に取り憑かれた』と書き込まれた」「3年前に老夫婦が殺害された事件で裁かれた死刑囚が『悪魔に指示されてもう一件殺人を犯した』といっている」とまさに悪魔に魅入られたように事件の情報が集まってきます。

不気味な悪魔ムードを醸し出すため、またまた映像スタッフがイマジネーションあふれる画づくりに張り切っていることでしょう。

そして悪魔っぽい存在と対峙したときの天樹は「厳しい顔の大天使」になるのかなと楽しみです。
(50代女性)

予告によれば、海老沢がちゃんと活躍してくれるようです。

いつもなら過去の事件とのつながりを発見するのは、天樹ですが、この4話では海老沢のもとに、かつて彼が逮捕し、今は死刑囚となっている男から手紙が届き、現在起きているふたつの事件と接点が出てきます。

キーワードは「悪魔」。

見どころはその「悪魔」とは誰なのか、ということでしょう。

天樹が三つの事件をどのようにつなぎ合わせ、どんな因果を明らかにしてくれるのか楽しみです。
(50代男性)

3話も推理が全くできなかった面白い内容でしたが、4話も予告を見た時点ですでに私の脳がお手上げという状態です。

しかし、がんばって、推理をしてみました。

4話で悪魔に殺されると言っていた高校生が何者かに殺害されます。

この被害者の高校生の親友は過去に一家無理心中に巻き込まれたのですが命を取り留めた高校生でした。

恐らく、この一家無理心中だと思っていた事件はそうではなくて、二人の高校生が起こした殺人事件なのではないかと予想しています。

そして、この真相を知っているのが高校の女教師で今回の高校生の殺人事件にも手をかしているというのもありかもしれないと思っています。

それから、殺人事件の推理同様、私が5話で楽しみにしているのは天樹の人情味あふれる言動です。

天樹の優しい言動は東山君が本来持っている優しさから醸し出されているようで、東山君ファンとしてはとても嬉しいです。
(40代女性)

※ドラマ「刑事7人」はU-NEXTで全話配信中です。登録時に貰えるポイントを使用して無料視聴ができます。

▼今すぐ視聴したい方は下のリンクからどうぞ▼
U-NEXT公式ページを見てみる >

無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。解約も簡単にできます。

ドラマ「刑事7人」4話の視聴者の感想(ネタバレあり)

メロメさん(20代女性)
メロメさん(20代女性)
全体的にモヤモヤする印象を受ける回でした。

被害者が残した悪魔という言葉も何となく伝えたい事は分かりますが、ちょっと無理やり感が滲みでていて本格刑事ドラマとしてはお粗末な気がします。

また高校生殺しから1年前の一家心中事件、はたまた失踪事件などの一連の犯行がすべて繋がっていたという展開は結構面白かったですが、その犯人の動機があっさりし過ぎていたのもひっかかります。

犯人の言葉に悪人は悪人だと言ったようなセリフがありましたが、最初の被害者の高校生が引きこもってしまった原因は1年前の一家心中で巻き込まれた親友の死が原因であり、その一家心中を企てたのも今回の犯人だった事を考えれば、なぜターゲットだけを殺さなかったのかという疑問が生まれます。

そう考えると犯人の動機としては人が死ぬのが好きといったサイコパス的なものの方がしっくりするのに、専従捜査班のメンバーが誰もその事にツッコミを入れないのが不思議でたまりません。

故にエンドロール後に画面に出た油絵が伝えたい事もよくわかりませんでした。とはいえ殺された高校生の両親が親友が死んだことで心を病んでしまった自分と向き合う所か死んでほしいと語る両親の姿を見て悪魔だと感じたと思えば、結構良いストーリーだと感じます。

なにより最近影が薄かった海老沢がメインで死刑囚との会話で熱血漢ぶりを見れたのはよかったです。

じんべいさん(50代男性)
じんべいさん(50代男性)
弁護士の木下が、なぜ死んだ二人の高校生が問題を抱えていることを知ったのか、そこに焦点を当てれば木下の背後にいる真犯人はほぼ見当がつきます。

「悪魔」の正体は増沢先生だったわけですが、犯行理由について彼女の言い分は、教育とか人間の本質の問題ではなくて、ただ彼女自身が教師として無能だった、あるいは無知だったのだと感じます。

教師が人を変えられるなんて、そもそも思い上がりであって、教えられることは学ぶことで自分を変えられるかもしれないという可能性であり、それだってほとんど伝えられないと思います。

大学を出たてで、すぐに先生と呼ばれる立場になった教師が、何年経験を積んだところでわかることなんて限りがあると、自分を振り返らなかったことが、増沢の愚かさですね。

今回は珍しく海老沢が頑張りました。

レギュラーなのに登場回数がちょっと少ないですから、こういう時にしっかり存在感を見せてくれないとまずいですしね。

その代り、水田のシーンが少なかったのはちょっと残念です。

はるみさん(50代女性)
はるみさん(50代女性)
弁護士でありながら木下はなぜ、と疑問でしたがまさか操られていたとはびっくりです。

海老沢が何度も富岡のところに通い、真実を掴もうと懸命になる姿が刑事としてすばらしかった。

しかし、もっと早く富岡が全て話していれば、木下を生きて償わせることができたのに。

木下は弱みを握られ仕方なくやっていたのかもですが、保身のためだし恐ろしいことをする理由にはならないでしょう。

増沢は一見優しく、面倒見の良い教師に見えてとんでもなく恐い考えをする人だったんですね。

最後まで黒幕だったとは全く分からず、真相は混乱を極めるものでした。

しかも、やったことは今回の事件だけではないようで、今までそれが発覚しなかったのが恐いです。

天樹たちが暴かなければ、延々と続けていたのかと思うとぞわっとしますね。

追い詰められ、悩んでいる人達を救ったつもりでいたのでしょうが、それに教え子を最悪の形で利用するというのが理解不能です。

おそらくは、増沢は初めは本当に生徒思いの教師だったかもしれません。

いつからか恐ろしい考えに取り付かれてしまったのが、哀れにも思いました。

ふななさん(50代女性)
ふななさん(50代女性)
教師生活40年、きっと多くの生徒を送り出したであろう教師増沢育子が、悪魔でした。

なぜそんなことが起こったのでしょう。

3年前に老夫婦を殺害し死刑囚となった富岡が新たな殺人を告白します。

殺されていた男からは青酸カリが。それは、1年前に一家心中した家族が使用したもの。偶然なんてありはしません。

もし、富岡が告白しなければ、事件として浮かび上がることはなかったでしょう。

そして、一家心中した家族の高校生も、殺されました。いずれの事件も、弁護士木下和成が起こしたことでした。弁護士ならば、人を苦しみから救うべき仕事です。

それを、殺人を当たり前のように犯してしまうとは。信じられません。

そして、木下の自殺。でも、それは、警察に突き止められたために、殺されたということ。

そして、その犯人が。恩師である増沢。教師であるならば、ヒトの命を奪うようなことを止める立場です。

それなのに、教え子に殺人をさせるとは。

増沢の言い分にも、腹が立ちます。悪い生徒はいくら更正させようとしても、無理で。有効活用しただけみたいな言い分。

そして、木下や、富岡だけでなく、他の元教え子を何人も、犯罪者にしてしまって。教師という資格はありません。それ以上に、人として、失格です。

天樹達の「先生」という言葉から、弁護士木下、そして教師増沢にたどり着きました。

もし、富岡の告白がなければ、増沢は、いつまでも、悪魔でいたのだと思うと、ソッとします。

まとめ

ドラマ「刑事7人」4話の無料視聴方法・感想などをご紹介しました。

放送から1週間以上経過している場合、U-NEXTで登録時にもらえる600ポイントを利用して無料視聴できます。

U-NEXTの特徴まとめ

31日間の無料お試し期間あり
お試し期間中に解約すれば、料金は一切不要
登録時に600ポイント、無料期間後には毎月1200ポイント貰える(1ポイント1円)
・業界TOPの動画配信数(15万本以上)
・さらに70種類以上の雑誌が読み放題

「刑事7人」をU-NEXTで視聴する方はこちら
(無料期間中に解約すれば料金は一切かかりません。解約も簡単にできます。