2019年春ドラマ

【インハンド】5話のあらすじ(ネタバレ)と感想「紐倉は元助手の入谷と過去に何が?」

スポンサーリンク



ドラマ「インハンド」第5話が2019年5月10日(金)に放送されました。

ついに紐倉の過去が明らかになりそうですね!

ここでは、「インハンド」第5話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の反応(評価評判)を紹介していきます。

インハンド
【インハンド】キャスト紹介!山下智久演じるドSな奇人学者が解き明かす謎とは?山PとTBSドラマのコンビだと、「アルジャーノンに花束を」や「最高の人生の終り方〜エンディングプランナー〜」など印象的なハートウォーミン...
インハンド
【インハンド】視聴率(最新速報)と推移分析!視聴者の評価評判は?金10ドラマ「インハンド」が2019年4月からスタートします。 現在連載中の漫画「インハンド」が原作の今作は主演を山下智久さんが務...

【インハンド】5話のあらすじ(ネタバレ)

過去に苦しむ紐倉

紐倉哲(山下智久)は過去の出来事を思い出して、苦しんでいました。

高家春馬(濱田岳)と牧野巴(菜々緒)は右手の幻肢痛を知り、PTSDの疑いを耳にします。

過去の紐倉に関する記事を牧野が高家に見せますが、紐倉が関与してないと信じるのです。

網野肇(光石研)は上層部からサイエンス・メディカル対策室の必要性を問われて、必死で説明をある事を閃きます。

対策室に帰り、牧野達にアドバイザーとして紐倉を招く事を伝えられますが、牧野は以前に断られていました。

網野は対策室の存続を牧野に託して、「頼むぞ」と彼女に委ねられます。

心理カウンセラーを呼んでいた高家は紐倉に近付けようと試みますが、失敗してしまうのです。

高家は「幻肢痛を治すために治療して欲しい」と紐倉に言いますが、「余計なお世話だ」と断られます。

彼は以前に治療を試みた事を明かして、高家は原因が入谷さんの事かと尋ねました。

紐倉は入谷廻(松下優也)を自らが追い込んだと話して、当時言った言葉を思い出せずに記憶が欠落していると説明しました。

すると紐倉は急に苦しみ始めて、義手を外して「もう出て行ってくれ」と心配する高家を研究所から追い出すのです。

紐倉の過去を知る人物

研究所を出た高家はカプセルに泊まっていて、そこに牧野がやってきました。

彼女に事情を説明すると、フューチャージーンという会社のCEOである福山和成(時任三郎)の存在を挙げて、彼に会いに行く事にします。

会社を訪れた2人はアポなしで面会を断れるが、裏口に回ると福山に遭遇しました。

紐倉の事を聞き、「助けて下さい」と訴えて、「紐倉の助手をしています」と高家は伝えます。

福山は2人と話す機会が作り、紐倉をCDCに誘ったのは自分だと口にして、入谷がクローン病で行くのに反対した事を明かすのです。

そして、「2人に何があったんですか」と聞かれた福山は、少し時間を空けて話を始めました。

CDC時代のある出来事

5年前、フィリピンの孤島で島民の感染症を福山・紐倉・入谷の3人は調査していました。

紐倉と入谷は兄弟のように仲良くしていて、「良いコンビだったよ」と福山は口にします。

「あの…何があったんですか」と牧野が真相を尋ねると、「最初の犠牲者は7歳の少女だった」と口にします。

現地の島民だった少女はある夜、体調崩して紐倉達の元にやってきました。

「感染症かもしれない」と紐倉が入谷に忠告して、エボラウイルスの疑いを福山に報告するのです。

CDCするとすぐにアメリカ陸軍が現地に入り、紐倉達は監視下に置かれることになりました。

住民達を診察していきますが、重症患者を先に運んで治療するように福山に進言する2人でしたが、アメリカ陸軍の指揮官が了承しません。

紐倉と入谷はアメリカ陸軍の予期していた行動を「あまりに段取りが良過ぎる」と怪しみ、少女の感染源を調べ始めます。

ジャングルを調べる紐倉は墜落した米軍機の痕跡を見つけて、エボラウイルスを軍が輸送していた事が判明しました。

村に戻った2人の前に亡くなり少女が運ばれる姿を目に入り、入谷は追いかけようとするが、紐倉が止めるのです。

すると福山から「撤退だ」と指示を受けますが、入谷は拒否をして「病原体を持ち帰るんだよ」と言い出して、紐倉と対立するのです。

紐倉の必死の説得に「分かったよ」と彼は笑顔見せます。

予期せぬ展開

CDCに戻り、紐倉にある写真が送られてきましたが、そこにはアメリカ陸軍の驚くべき様子が写っていました。

暫くして、アメリカ陸軍の指揮官が挨拶に訪れて、入谷の事を聞かれます。

紐倉は島民の様子を尋ねると、無事平和になったと報告を受けて握手を交わしました。

その後、紐倉は「話がある」と入谷の元に足を運び、写真が届いたことを伝えます。

島民と連絡先を交換していた入谷は連絡が途絶えた事を明かして、「恐らく島は全滅だ」と衝撃な事を口にするのです。

アメリカ陸軍は新型のエボラウイルスを隠蔽するための行動だと分かりましたが、「持ち帰ったのか」と紐倉が入谷に尋ねます。

入谷は無断でウイルスを持ち帰って研究していて、中止するように忠告しました。

投降するように勧める紐倉の言葉に耳を傾けず、入谷は屋上に逃げます。

すでに軍は情報を把握して、彼らを取り囲んでいたのです。

入谷は「お前が憎い」と厳しい言葉を紐倉に浴びせますが、足を滑らせて落ちそうになりました。

右手で紐倉が必死で捕まえて引き上げようとしますが、銃弾が彼の腕に命中して入谷はそのまま落下してしますのです。

入谷の思いを知る

真相の経緯を語った福山は「1つ聞いて良いかな」と高家に助手になった理由を聞きます。

「あいつは必要な奴だからです」と答えて、自らの思いが入谷と同じだったと話しました。

その言葉に「渡したいものがあるんだ」と高家と牧野の前に入谷の遺留品を出してきます。

「持って帰ってくれないか」と頼まれた高家は宿泊先に戻り、中身を見ると現地で撮った写真が出てくるのです。

研究所に荷物とともに戻ってきた高家は「福山さんから預かった」と入谷の遺留品を渡します。

そして、「入谷さんは紐倉の事、恨んでなかったよ」と手帳のあるページを見せるのです。

紐倉が目を通していくとワクチンを作る段階の実験中、入谷は自らがエボラウイルスに感染してしまっていた事が分かりました。

その事を入谷は隠して、更に屋上での厳しい言葉は紐倉を共犯者にしたくなかったためだと高家は口にします。

紐倉は手帳を見ながら過去の事を思い出して、「哲、ありがとう」と最後のページに書かれていた言葉に涙を流しました。

涙する紐倉は当時の写真を見ると、高家の写真が端っこに貼り付けられていて「あいつ」と言います。

席を外していた高家を呼び、「僕が間違っていた」と言い始めて、「君は優秀な助手であり、大切な仲間」と彼らしかぬ言葉を口にしました。

素直じゃない紐倉は飼っている犬に話し掛けていて、「ちゃんと言ってよ、俺に」と高家は訴えるのです。



スポンサーリンク

【インハンド】5話の感想

過去の事を思い出して苦しむ紐倉の様子に助けたいと思う高家は優しいです。

紐倉の厳しい言葉を浴びせられて、一度は研究所を離れますが牧野と共に福山に会いにいくのは高家らしい行動だと思います。

福山からCDC時代の入谷との出来事を聞く事が出来ましたが、まさか流れている情報とは異なっているとは驚きました。

アメリカ陸軍が新型のエボラウイルスに関わっていた事が原因で2人の仲は悪化させていたのだと知りました。

入谷は研究を独自で進めようとしますが、自らも感染してしまうとは悲しすぎる展開です。

その事実を紐倉には伝えずに全てを自らの責任にしようとした入谷の思いや行動は凄いと思います。

紐倉もようやく彼が最期の言葉を思い出しますが、2人は固い絆で結ばれていたのだと改めて感じました。

入谷の遺留品や高家の行動が彼の苦しみを救ったようです。

紐倉らしくない言葉を高家に口にしますが、今まで閉じていた扉を開けたのだと思います。

これからも2人の良いやり取りが見れそうで安心しました。

次回はドーピング疑惑の選手を調べる事になりますが、その人物も癖がありそうです。

紐倉は真相を突き止める事が出来るのか、楽しみです。

そして、高家との良いコンビを披露して欲しいと期待しています。



スポンサーリンク

【インハンド】5話の評価評判

まとめ

紐倉の過去がようやく明かされましたが、悲しい出来事があったのですね。

その事実を知った高家と紐倉が再びコンビを組む事になって安心しました。

今回も面白いとの声や涙したとの声が多く上がっていて、感動する回だったと思います。

アドバイザーを務める事になった紐倉はある選手のドーピング疑惑を調査していきます。

ドーピング以外にも何か隠されているのではないかと、新たな展開が楽しみです。



スポンサーリンク