2019年春ドラマ

【インハンド】3話のあらすじ(ネタバレ)と感想「高家を助ける事は出来るのか!?」

スポンサーリンク



ドラマ「インハンド」第3話が2019年4月26日(金)に放送されました。

高家春馬(浜田岳)に危険が迫りますが、紐倉哲(山下智久)は助ける事が出来るのでしょうか!

ここでは、「インハンド」第3話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の反応(評価評判)を紹介していきます。

インハンド
【インハンド】キャスト紹介!山下智久演じるドSな奇人学者が解き明かす謎とは?山PとTBSドラマのコンビだと、「アルジャーノンに花束を」や「最高の人生の終り方〜エンディングプランナー〜」など印象的なハートウォーミン...
インハンド
【インハンド】視聴率(最新速報)と推移分析!視聴者の評価評判は?金10ドラマ「インハンド」が2019年4月からスタートします。 現在連載中の漫画「インハンド」が原作の今作は主演を山下智久さんが務...

【インハンド】3話のあらすじ(ネタバレ)

クラゲと不老不死の関係性

高家春馬(浜田岳)は紐倉哲(山下智久)の助手として研究所にいます。

紐倉が飼育をしている動物達に餌を上げて掃除も行い、忙しく働いていました。

彼は紐倉からベニクラゲを取り寄せるように指示を受けていました。

しかし、見つける事が出来ずに違う種類のミズクラゲを注文します。

ベニクラゲではないと意味がないと怒る紐倉が以前、苦しんでいた状況を高家は思い出すのです。

その様子に「なに」と尋ねますが、「何でもないよ」と隠します。

すると紐倉はベニクラゲを「不老不死の生物」と言い、ある講演会に向かいました。

パナシアンーディーという美容団体の講演会に参加する2人は代表の瀬見まき子(観月ありさ)から不老不死の言葉を聞き、テロメラーゼという若返りに繋がる酵素の名前が出ます。

そして、アンチエイジングに活用していると伝えて、「こちらをご覧下さい」と自らの運転免許所を画面出して、場内から拍手が沸き上がるのです。

力説するまき子は「これはもう…」と突如言葉を失う様子を見せて、紐倉は彼女の様子が気になります。

彼はまき子が大学時代の先生である事を口にして、さらにヘロザメーゼの事も当時から知っていたのです。

紐倉と高家は2階にある上級会員のフロアに入り、周囲を調べます。

しかし、関係者から拒まれますが、紐倉は強引に会いに行こうとしました。

そこに副社長が現れて、高家に制止されて2人は下に降りて行くのです。

降りたところに牧野巴(菜々緒)と遭遇して、購入した物を確認しながらダメ出しをします。

2人は牧野に「じゃあ、なんで」と講演会に来た理由を聞くと「調査よ」と答えました。

実は彼女の部署であるサイエンス・メディカル室にパラシアンーディー会員に認知症の疑いがあるとの情報が入ったのです。

室長の網野肇(光石研)に牧野は「調査して良いですね」と迫り、承諾を得ました。

3人は研究所に場所を変え、話の続きをして高家は強烈に違反をします。

牧野が協力するように紐倉に頼みますが、「とにかく、僕は断るよ」と言うのです。

紐倉は大学時代の講義に妹のみき子(松本若菜)も参加していた事を思い出して、「分かったよ」と調査に参加する事を決めました。

3人が調査を始める

論文を会社に提出して相手に興味を持ってもらう事を思い付いた紐倉はテーマを「ホルモンにしよう」と言います。

牧野は同僚の御子柴隼人(藤森慎吾)とともに副社長と派手な服を着ていた男性が会っている様子を伺っていました。

2人は何か揉めている様子を見せるのです。

「何だこれ」と2時間同じ状態でいる紐倉に寄ってきた動物に驚きます。

そして、紐倉の言葉を高家がパソコンを打ち始めていきますが、嘘の入っている内容に高家は心配するのです。

以前なら肯定する事のない高家は「今は100年先を見てる」と助手になってから変わった事を伝えました。

高家が紐倉に学生時代のまき子の事を尋ねると意外な言葉が返ってきます。

みき子が「ウェルナー症候群」という早老症に罹っている事を口にして、「亡くなっているだろうな」と答えました。

牧野は職場で先日、副社長と会っていた人物を特定しましたが、「それからもう1つ」と網野から言われて、もう1人の男性と紐倉に接点がある事を知るのです。

その後、研究所を訪れた牧野はまき子からコンタクトがあり、面会する事を耳にします。

彼女は先日の男性との接点を紐倉に尋ねますが、「知らない」と答えました。

潜入調査を試みる2人

まき子の会社に出向き、紐倉と高家の立場を逆して、面会します。

高家とまき子が別室で話をしている間に紐倉は会社内を調べ始めるのです。

2人が話をする中で、テロメラーゼの事を聞くが教えてくれません。

彼女はその理由を聞き返しますが、高家は返答に迷います。

廊下からは副社長が2人を見て、何かを察しました。

紐倉はまき子の部屋に入り、みき子が写っている写真を見つけて机の中を探し出すのです。

するとある引き出しに鍵が掛かっていて、道具で開けようと試みます。

引き出しを開けて資料を見ると「こんなことだろうと思ったよ」と口にしました。

その時、廊下から足音が聞こえて隠れますがバレしまい急いで逃げるのです。

潮見はその報告を受けて、高家も紐倉からその場を離れるように伝えられますが、社員達に囲まれてしまいました。

紐倉から取ってきた資料を見た牧野は驚きを隠せません。

タイミングよく高家の携帯から連絡が入りますが、相手はまき子でした。

紐倉は「まき子先生、僕ですよ」と尋ねますが、彼女は覚えていなかったのです。

そして、「持って行ったものを返してくれる」と言われて、高家の安否を聞きます。

彼に代わり、「何やってんだよ、バカ」とまさかの言葉を口にした紐倉は電話を切るのでした。

牧野は紐倉の行動に愛想を尽かせて、その場を去ります。

危険が迫る高家

車で上級会員専用の建物に連れて来られて、ベッドで拘束された高家の目に輸血用に使う血が入ります。

一方、職場では牧野の輸血による違法な事が起きていた事を網野達に報告しました。

高家は潮見からアンチエイジングの実態を聞きますが、ビジネス目的のやり方を批判します。

彼女は「私、年を取るのが嫌なの」と言われて、「俺だって死にたくない」と口にする高家は血を抜かれます。

紐倉は研究所で食事を取っている際、飼っている犬が近寄ってきた時に「面倒だな、人間のの感情は」と言い、外に出掛けるのです。

ある男性を訪ねて、パナシアンーディーの上級会員が使用している場所を聞きますが、教えてもらえません。

彼は「取引しよう」と交渉をしている時に牧野達が建物を囲いますが、紐倉達は逃げてしまうのです。

紐倉が助けに来る

高家が血を抜かれている時に建物内の警報機が鳴り、紐倉が現れました。

倉庫に火を付けて消火器を隠した彼は副社長と取っ組み合いになります。

相手を倒した紐倉は「暴力反対」と投げかけた。

高家の下に辿り着き、まき子から「誰」と問いかけられる。

「僕の事、本当に忘れちゃったんですね」と言い、当時採取したものを見せると「紐倉君」とようやく彼の事を思い出した。

そして、彼女に血液検査を受けるように勧めて、「クロイツフェルトヤコブ病」の感染を疑うのです。

認知症の症状が起き、治療しなければ死に至る病気で、輸血の際に感染したと推測します。

さらに不老不死の考えが間違っている事や進化するために生物は死を必要としている事を伝えて、「それに抗う事は化学じゃない」と言い放ちました。

紐倉は「みき子さんのためですか」と尋ねると「そうね」と答え、老い対する恐怖が芽生えた事を口にします。

そんな彼女にみき子が何を望んでいたか聞くと忘れてもらう事だと言い、まき子は泣き崩れました。

紐倉は彼女腕を掴み、「僕も忘れる事にします」と姉妹の事を記憶から取り除くと伝えます。

そして、高家を助けて「お前が死んだら動物達が困るからな」と言い、彼も「ありがとう」と感謝しました。

紐倉の過去

回復して元気になった高家と紐倉が話していると義肢装具士が訪ねてきて、メンテナスを行います。

会話の中で睡眠薬の事を耳にした高家は驚くのです。

一方、牧野は同僚の御子柴から紐倉の事を聞き、CDCに勤めていた事があり、アメリカ陸軍と揉めていた事を知りました。



スポンサーリンク

【インハンド】3話の感想

美容団体の代表が不老不死を宣言していましたが、最初から怪しい雰囲気が漂っていました。

まさか、その代表の瀬見まき子が紐倉の大学の恩師だとは驚きです。

大学時代から研究を続けているまき子がベニクラゲを使って、若返りを実現させたかに思えましたが、実は輸血だったとは予想外でした。

高家も本社に潜入した際に捕まってしまいましたが、無事で安心しました。

毎回のように紐倉が道具を使ってどんな鍵も開けているように感じます。

紐倉のいきなり連絡した事や、捕まってから投げかけた言葉は厳し過ぎだと思います。

高家を見放したかに思いましたが、自ら乗り込んで助けに行くとは不器用でも優しい人物だと感じました。

2人のコンビは誰にも真似する事が出来ないくらい強い絆になっているようです。

そこに牧野が加わるとさらに軽快なやり取りが見る事が出来て、楽しいです。

紐倉が毎話ごとに口にする大事な場面での言葉はとても良いと思います。

彼にしか言えない重みを感じますが、過去に何があったのか気になります。

牧野も同僚から紐倉の事を聞きますが、今後さらに過去が明らかになりそうです。

次回も謎の病原体を紐倉達が調査していきますが、どうやって真相を突き止めるのか注目しています。

また、紐倉の過去に何があったのか、彼を苦しめている事が知りたいです。



スポンサーリンク

【インハンド】3話の評価評判

まとめ

大学の恩師がやっていた違法を暴いた紐倉の心境は複雑だったはずです。

彼が投げかけた言葉は重みがありましたね。

今回も面白いとの声や紐倉と高家とのコンビを評価する声が多く上がっています。

2人のやり取りは毎回楽しみですね。

次回は謎の病原体の調査しますが、一体にどうなるのか気になります。



スポンサーリンク