2019年春ドラマ

【インハンド】最終回(11話)のあらすじ(ネタバレ)と感想「紐倉がエボラを食い止める!!」

スポンサーリンク



ドラマ「インハンド」最終回(11話)が2019年6月21日(金)に放送されました。

日本中を震撼させる新型エボラを紐倉は食い止める事が出来るのでしょうか。

ここでは、「インハンド」最終回(11話)のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の反応(評価評判)を紹介していきます。

インハンド
【インハンド】キャスト紹介!山下智久演じるドSな奇人学者が解き明かす謎とは?山PとTBSドラマのコンビだと、「アルジャーノンに花束を」や「最高の人生の終り方〜エンディングプランナー〜」など印象的なハートウォーミン...
インハンド
【インハンド】視聴率(最新速報)と推移分析!視聴者の評価評判は?金10ドラマ「インハンド」が2019年4月からスタートします。 現在連載中の漫画「インハンド」が原作の今作は主演を山下智久さんが務...

【インハンド】最終回(11話)のあらすじ(ネタバレ)

明らかになった真実

紐倉哲(山下智久)と福山和成(時任三郎)がある山小屋に行くと、研究者の柏木亮(夕輝壽太)が倒れていました。

新太(磯村勇斗)とともに新型エボラの研究をしていたのです。

突如、福山は吐血して肺癌を患っていると事を明かしました。

相羽村の事はテレビで報道されて、新型エボラは猛威を振るいます。

対策本部とテレビ電話でやり取りをする紐倉は新型エボラが致死率100%で、感染してから5日も持たない事を報告しました。

封鎖から31日目には村長の市原正幸(遠山俊也)が亡くなってしまいます。

紐倉は山の中に入り、動物達の死骸を目にしてチェックしていきました。

建物に戻った紐倉は疲れて寝ている高家春馬(濱田岳)に声を掛けて、身体の事を心配します。

この窮地でも今は耐えるしかないと紐倉は口にしました。

サイエンス・メディカル室の牧野巴(菜々緒)と網野肇(光石研)は対策本部でセルフキットの導入を提案して、感染拡大を阻止しようとします。

相羽村では杉山美園(石橋杏奈)が各家を回り、棚橋弘樹(平岡祐太)の家の前に足を運びました。

セルフキットを置きますが、2人は直接会う事が出来ずに涙しながら、玄関越しに話をします。

数日後、棚橋は遺体で自宅から運び出されて、その姿を見て美園は悲しみました。

スパイの正体が判明

金子盛夫(内場勝則)と瀬川幹夫(利重剛)が相羽村の相談をしていると御子柴隼人(藤森慎吾)が部屋に入ってきます。

サイエンス・メディカル室に戻った御子柴に牧野は「変な事聞いていい」と言いながらも、「何でもない」と躊躇いました。

牧野はスパイの事を尋ねようとしていたのを察して、「僕で正解です」と御子柴は認めます。

そこに網野が現れて、怒りを露にした牧野は外に出て行きました。

御子柴は網野に金子と瀬川のやり取りを音声データに録音していた事を明かすのです。

そして、2人は収賄で逮捕されました。

入院していた福山の見舞いに来ていた紐倉は謝罪されて、村を救う方法を聞かれます。

抗ウイルス剤と口にした紐倉に別の方法があると福山が提案しました。

苦しむ福山は紐倉に新太に伝言を頼み、「未来を頼んだぞ」と残して息を引き取ります。

ワクチンの研究を開始

43日目、新型エボラの生ワクチンを作る事を決意した紐倉は周囲の協力を得ながら、研究を始めました。

学校の一室で研究を進めながら、山に入って配置していた囮を確認します。

夜になり、囮に中身を取りに来た新太と遭遇して、彼の研究場所に行きました。

そこで柏木が動物に新型エボラを感染させて、山に離した事を明かして高家はテロ行為だと批判して、新太のやり方を否定します。

紐倉に理解を求める新太には自らの行動の正当性を問うと「大間違い」だと言って、否定な言葉を口にして、福山の言葉を伝えました。

その場に泣き崩れた彼は警察に連行されていきます。

月日はあっという間に経ち、封鎖から285日目になりましたが、ワクチンは出来ていません。

美園と牧野はテレビ電話でやり取りをしながら、タイムカプセルの話をします。

同級生とともに20年前のタイムカプセルを掘り出して、中身を見ながら思い出を振り返りました。

そこに紐倉もやってきて、今から20年後に向けてのタイムカプセルを作る事を提案して、村民が次々と箱に手紙を入れていきます。

美園も手紙を入れた後、陣痛が始まって倒れこみました。

相羽村に産婦人科医がおらず、隣町にも行けない状況で報告を受けたサイエンス・メディカル室で遠隔で指示を受けながら手術をする事を勧められます。

躊躇う高家に「凄い人間なんだよ」と牧野が励まして、紐倉も「僕が助手をしてやる」と後押しをして、手術に臨みました。

予期せぬ展開に

産婦人科医の指示の元、高家が手術を行っていきます。

動揺する高家に「落ち着け、高家」と紐倉が声を掛けて2人は目を合わしました。

指示に従いゆっくり進めていく2人は、無事手術を成功させて元気な赤ちゃんが生まれます。

「お前にしてはよくやった」と紐倉が笑顔で声を掛けて、高家は涙を浮かべました。

299日になって、紐倉が高家に実験室に来るように校内放送をしますが、外にいた高家は体に異変を感じてその場から動けなくなります。

紐倉に連絡をして、自らが新型エボラに感染した事を伝えました。

牧野にも報告が行き、「どうして」と涙を浮かべながら落ち込みます。

時間が経っていく中で紐倉は研究を進めますが、彼は衰弱していきました。

研究を進める紐倉の前に牧野が現れて、2人で高家の元に向かいます。

感染してから初めて会った紐倉は「ワクチンが間に合わなくて、すまない」と謝りました。

更に「人間の事が好きになった」と高家のおかげだと伝えますが、高家の力尽きてしまうのです。

牧野は外で泣き崩れて、紐倉も悔しがりますが、牧野に声を掛けて「まだ終わってない」と言いました。

奇跡的に生存した高家

高家の体内では弱毒化ウイルスによって命を落とす事なく、「高家は助かるよ」と良子と牧野に伝えました。

そして、彼の体内で何が起こっているのか探すために皆の協力を得て、紐倉は再び研究を進めます。

凄い勢いで研究が進めて臨床実験までこぎつけて、相羽村の封鎖は解除されました。

村の外にいた人達との再会に村民達は喜びます。

牧野は娘や同僚達と再会して、労いの言葉を掛けられました。

高家は紐倉に「やっぱ、お前は天才だよ」と声を掛けます。

彼は「小さな虫達だ」と高家に伝えて、「さあ、帰るぞ」と言います。

牧野が仲裁に入り、3人は手を合わせて写真を撮りました。

その後、外務省に返り咲いた牧野は外国に行き、高家は国境なき医師団に参加する事が決まりました。

紐倉はパスポートを手にして、寄生虫の研究に没頭しています。

高家がある国に訪れた際に「奇遇だな」と紐倉が現れて、再び彼の助手として手伝いました。



スポンサーリンク

【インハンド】最終回(11話)の感想

相羽村に感染した新型エボラは猛威を振るい、次々と犠牲者が増えていくのは悲惨でした。

美園も恋人の棚橋を失う事になってしまい、村は危機的状況になります。

その中でも美園が出産する明るい話もありましたが、なかなか村の状況は変わらず辛かったです。

紐倉はワクチンの研究に難航して、高家も新型エボラに感染してしまってこの先どうなるのか心配しました。

高家は奇跡的に助かって、その事でワクチンの研究が進み安心しました。

紐倉にとって、大事な助手である高家がいなくなってはいけないと改めて思います。

デコボコの2人ですが、2人は最高のコンビです。

今回、新型エボラが拡がった原因が分かりましたが、あまりに身勝手な理由でした。

新太も研究を続けていますが、間違った方向に進んでいた事をようやく知る事が出来たと思います。

高家と紐倉の思いが伝わったと思いますが、今回の悲惨な出来事は事前に阻止する事が出来たはずです。

無事に相羽村は封鎖解除する事になり、3人はそれぞれの道を進む事になって良かったです。

牧野は外務省に返り咲き、彼女らしく働いている様子でした。

高家も念願の国境なき医師団に参加する事になりましたが、まさか現地で紐倉と再会するとは驚きました。

紐倉も優秀な助手がいなくなり、寂しかったのだと思います。

2人はこれからもずっと一緒に研究を進めていくのが1番と感じました。



スポンサーリンク

ドラマ【インハンド】の見逃し配信動画を無料視聴する方法

放送から1週間以内の場合、Tver(民放公式テレビポータル)やTBS FREEで無料視聴が可能です。

Tverで無料視聴する

TBS FREEで無料視聴する

放送から1週間以上経過している場合、Paravi(パラビ)で無料視聴できます。
詳しくはこちらをご覧ください。
【インハンド】最終回(11話)を見逃した方へ!動画の無料視聴はこちら!

【インハンド】最終回(11話)の評価評判

まとめ

紐倉達が相羽村を救う事が出来て良かったですね。

新型エボラに感染した高家も助かって安心しました。

今回も面白いとの声が上がっていました。

最終回を迎えて、続編を望む声も多くあります。

再び3人のやり取りを見たいですね。



スポンサーリンク