2019年冬ドラマ

【家売るオンナの逆襲】2話のあらすじと感想評判「ワケあり客に立ち向かう三軒家万智(北川景子)の秘策とは!」

スポンサーリンク



ドラマ「家売るオンナの逆襲」第2話が2019年1月16日(水)に放送されました。

ここでは、「家売るオンナの逆襲」第2話のあらすじ(ネタバレ)と感想、視聴者の声(評価評判)を紹介していきます。

三軒家万智(北川景子)の前に再び現れる留守堂謙治(松田翔太)が何を仕掛けてくるか、注目ですね!

【家売るオンナの逆襲】1話のあらすじと感想評判「伝説の三軒家万智(北川景子)が帰ってきた!」

【家売るオンナの逆襲】2話のあらすじ(ネタバレ)

困惑する展開・・・

庭野聖司(工藤阿須加)は、神子巴(泉ピン子)という女性の物件が決まった事を課長の屋代大(仲村トオル)に報告します。

ワケありの神子は今まで紹介してきた物件では満足せずに首を縦に振りません。

ようやく購入を決めたかに見えましたが、突如「気が変わった」と言い、契約に至りませんでした。

三軒家万智(北川景子)が事務所に戻り、珍しく鼻歌を歌っていた姿に布施誠(梶原善)は声を掛けますが、「家を売るためだ」と答えます。

外出した三軒家は屋代に「今晩、家に帰りません」と連絡して、屋代は落ち込みました。

不思議な男性

足立聡(千葉雄太)は仕事帰りに趣味のフェンシングに行きます。

そこで、留守堂謙治(松田翔太)と会った足立は彼の不思議な魅力に再び酔い痴れました。

行き付けのBAR「ちちんぷぃぷぃ」に来ていた足立と留守堂の前に屋代と布施が現れます。

足立は屋代に留守堂を紹介して、「三軒家さんのご主人ですよね」と言われて、驚きました。

お酒が入り、会話は三軒家の鼻歌の話になりましたが、留守堂は何か考え込むのです。

留守堂が先に帰りますが、屋代は足立に仲良くし過ぎない様に警告します。

そして、食事の話が始まり、屋代は三軒家の料理が「世界各国のフルコース」だと衝撃的な発言をするのです。

1人で歩いていた三軒家は後ろから同じ鼻歌を歌いながら、留守堂が近付き「シーラカンスですね」と言い残して、その場を立ち去りました。

初めてのネットカフェ!

庭野は残業で遅くまで仕事をしており、帰宅する手段を考えて歩いていましたが、白洲美加(イモトアヤコ)と遭遇して、ネットカフェの前に行き付きます。

そのまま、ネットカフェに泊まりましたが、周囲の環境に慣れずに一睡も出来ませんでした。

出社した三軒家は先に来ていた屋代に今夜の食事の事を伝え、今晩も帰らない事を伝えます。

庭野は宅間に昨夜のネットカフェの話をして、事務所ではその事が話題になりました。

奮闘する三軒家

庭野は神子に次々と物件を案内しますが、悉く断られてしまい、次の物件に移動しようとした時に三軒家が登場します。

神子は三軒家の容姿や態度が気に入らず、嫌味を言い放ちますが、三軒家は「神子様には私が家を売ります」と伝えました。

庭野と神子はスイーツを食べに行き、ネットカフェの話をしますが、神子は表情を変えます。
そして、庭野に「飲み行くぞ」と一緒に「ちちんぷぃぷぃ」に飲みに行きました。

「ちちんぷぃぷぃ」に行くと足立と留守堂がいるのでした。

帰り道、スーパーを訪れた屋代はカップラーメンを食べようと手にした瞬間に三軒家が現れます。

咄嗟にラーメンを戻して、一緒に買い物をしてもいいかと屋代が尋ねると「もちろんです!」と三軒家は真顔で答えました。

食材の事から日頃の食事に話が進み、2人は噛み合わない討論が続き、周囲から熱い視線を浴びるのです。

買い出しを終えて、仕事に戻る三軒家に屋代は神子の事を聞くと「私に売れない家はない!」と言い、仕事に向かいました。

予想外の遭遇!?

留守堂が再び先に帰り、庭野は神子を家まで送ろうとしますが、彼女は機嫌が悪くなり、足早に帰宅します。

再び終電を逃した庭野はネットカフェに泊まりに行きましたが、三軒家が横に現れて、「カップルシート」の部屋に泊まる事になるのです。

困惑する庭野に三軒家は口癖の「GO!!」を言い、部屋に行くように促します。

三軒家と2人きりになった庭野は動揺を隠しきれず、鼻血を出してシャワーに行くように言われるのです。

シャワーに向かう庭野は神子とバッタリ遭遇して驚きますが、すると今度は留守堂が登場して、自分の部屋に呼びました。

留守堂はネットカフェを使っている女性や男性の事を話し始め、それぞれのライフスタイルや価値観でネットカフェに住んでいる人がいる事を庭野に伝えます。

神子は留守堂の話に惹かれて、自らが住んでいたアパートの事を話し始めて、取り壊されるアパートからネットカフェで暮らす事になった経緯を語りました。

「ちちんぷぃぷぃ」で庭野は留守堂に神子の事を相談して、ある決断をします。

庭野は留守堂にネットカフェに30連泊もしているのか聞くと、「宝の山だから」と言いました。

庭野は神子にある介護サービスが充実した施設を紹介しますが、入居する事を断りました。

神子は再びネットカフェに戻りますが、3日後に店が閉店するとの張り紙を目にして、店員に抗議します。

すると三軒家が現れて、ネットカフェをポケットマネーで買った事を伝えます。

思い切った作戦!

「ここの店を潰すため!」と言う三軒家はネットカフェに住んでいる住人のそれぞれが抱えている問題を大声で説教します。

神子は涙ながらに反論しますが、三軒家は「吹き溜まりの殿堂」を作る事を提案したのです。部屋から出てきた人達が集まり、拍手をして神子を後押しするのです。

屋代は布施に銀行の残高が無くなっていた話をしましたが、そこに三軒家が現れて、元の残高に600万プラスした額を戻したと言いました。

ある日、インターネットカフェ「ばばあ」を立ち上げた神子を訪ねた庭野でしたが、そこに三軒家は家を売りに来たのです。

ネットカフェは「不動産屋にとっては宝の山」と言い、留守堂の言葉を思い出します。

残業する三軒家と足立の2人でしたが、帰宅しようとする三軒家に声を掛けます。

そして足立は最近、鼻血が出る事を相談しますが、耳鼻科に行くように進めました。

三軒家は鼻血が出るメカニズムを問い、足立は納得するのです。

屋代と庭野が昼間の話をしていた時に留守堂が現れて、翌日に「フカヒレラーメン」が出てきた話から様々な料理の写真を見せます。

そして、留守堂の口から三軒家がホームレスだった過去の話が出て、屋代の問いに笑み答えました。



スポンサーリンク

【家売るオンナの逆襲】2話の感想

ワケアリの客である神子に振り回される庭野の真面目さや不器用な姿を観ていると、応援したくなります。

今回、神子の役を泉ピン子が演じましたが、見事なくらい役が合っていたと感じました。

他の人が演じる事が出来ないくらい神子のキャラを演技している姿に納得です。

三軒家は再び家を売るために家にも帰らずに仕事に没頭していますが、その事を愚痴する屋代の姿は悲しく感じます。

しかし、「世界のフルコース」と言葉が出るくらいの食事の内容が豪華過ぎます。

神子と留守堂がネットカフェで次々と出てくる展開に驚きましたが、留守堂の策略には前回と同じ見事だと思います。

三軒家は神子にネットカフェを売るために自らの金で買い取りましたが、手段が大胆過ぎて、予想出来ませんでした。

通帳の残高が0になっていて慌てふためく屋代に毅然と残高増えた事を言う三軒家は凄いです。

神子がネットカフェを買い、楽しく働く姿にホッと安心しました。

三軒家は神子に売っただけではなく、さらに家を売るための作戦だったとは、「さすが!」の言葉に付きます。

留守堂は三軒家の過去を知っていましたが、一体どのような繋がりがあるのか気になりました。

徐々に明かされていく三軒家と留守堂の関係が次回さらに知る事出来る事を期待しています。



スポンサーリンク

【家売るオンナの逆襲】2話の評価評判

まとめ

三軒家はワケあり客の神子に見事家を売る事が出来ましたが、手段の大胆さに驚きました。

今回も面白いとの声もあり、泉ピン子さんの演技力も素晴らしかったですね!

そして、三軒家と対峙する留守堂は一体どのような人物なのか、気になります。

足立は留守堂の魅力に翻弄されますが、2人の関係は進展するのか、皆さん注目していますね!

次回も三軒家が予想もしない手段で家を売っていきますが、彼女らしいやり方を見せてくれると楽しみです!!



スポンサーリンク