2019年冬ドラマ

【家を売るオンナの逆襲】ドラマの評価と視聴率を分析!続編への期待は!?(後編)

スポンサーリンク



前編では第1話から第5話の各話の視聴率と内容(あらすじ)を紹介しました。

第5話では今シリーズから登場した留守堂謙治(松田翔太)の正体が明らかになりました。

まさか、三軒家万智(北川景子)と小学校の同級生だったとは意外でしたね!

留守堂が不動産屋を目指した理由や名前や顔を変えたのは三軒家が影響していたと知り、驚きです!!

急展開でしたね…(笑)

今回は第6話から第10話(最終回)の各話の視聴率と内容(あらすじ)を紹介していきます。

後半の視聴率・内容(あらすじ)

第6話(2月13日) 三軒家と留守堂の最強タッグが誕生!?

前話では三軒家と留守堂の繋がりが明らかになり、彼は今まで抱いていた思いを打ち明けます。

しかし、彼女には気持ちが届きませんでした。

三軒家は屋代大(仲村トオル)の事を愛していますもんね!

そして、同じ不動産屋として切磋琢磨していく関係となったようですが…。

今回は恋愛自由の2組の夫婦に家を売る事になりますが、三軒家は留守堂に協力を得たのです。

見事に4人のスタイルに合った家を探し出します。

最強コンビの三軒家と留守堂の誕生は業界を震撼させたのではないでしょうか(笑)

全てが一件落着にしたように見えましたが…。

屋代の前に三郷楓(真飛聖)という女性が現れるのですが、一波乱ありそうな雰囲気になります!!

ついに結成した最強コンビの活躍が見る事が出来た第6話の視聴率は…11.2%でした!

第7話(2月20日) ボーリング対決の結末は如何に…!?

三軒家は会社が推進する「ウーマンプロジェクト」に参加するようになりました。

メンバーには朝倉雅美(佐藤江梨子)と宇佐美サキ(佐津川愛美)がいましたが、2人の立場や考え方の違いがあって少しずつ亀裂が生じます。

結婚している2人ですが、キャリアウーマンとワーキングプアで意見・主張は対立してしまいます。

さらに買おうとする家が同じ物件になってしまい、仲はさらに悪化するのです。

そこで、三軒家と留守堂がボーリング対決する事になったのですが…。

ボーリング経験がほとんどない三軒家は斬新な投球フォームをします。

最初は上手くいきませんが、練習する事に斬新なフォームがしっくりくるようになり、結果勝利を収めます。

留守堂が違反した瞬間を写真で撮っていて、それが証拠になりました。

いつ撮っていたのか、分からないほどですけど…(笑)

そして、2人に合った家を提案して見事に売る事が出来たのです。

「働き方」について考える事になった第7話の視聴率は…11.0%でした!

第8話(2月27日) 庭野誠司(工藤阿須加)と父親は和解するのか?

新宿営業所に庭野の父親が訪ねてきて、実家を売ろうします。

庭野は父親との仲は良くなく賛同しませんでしたが、三軒家が代わりに売ろうとして必死で止めようと…。

悩む庭野は棟方すみれという女性を担当して、自らと同じ立場である事に同調します。

夢を追う親の事を心配する2人は協力して、実家を守ろうとするのです。

結果として、実家を売る事になったのですが、2人も親から「卒業」して自らの道を選ぶ事が出来ました。

さらに足立聡(千葉雄大)も留守堂に思いを伝えて、「卒業」します。

庭野と足立はようやく「卒業」ですね!

足立もいつも「足立王子」に戻り、一安心です(笑)

また、三軒家と屋代も誤解が解けて、夫婦関係も元通りになりました。

波乱の展開から、一気に落ち着いた第8話の視聴率は…10.2%でした!

前話に比べて、下方傾向ですが巻き返し出来るのか、次回に期待です!!

第9話(3月6日) 留守堂がついに豹変する!?

休日に仲良く三軒家と屋代は買い物に出掛けます。

屋代は赤のスーツを買いますが、なんと近くに留守堂の姿が…。

同じスーツを買い、2人を少し離れたところから様子を見る留守堂はあまりに目立ちました。

庭野の前に再び三軒家が立ちはだかりますが、今回も見事に勝てません。

三軒家の仕事を売る姿勢は凄いですね!

庭野はなかなか勝てそうにありませんね(笑)

足立は調子を取り戻して、思い切った提案をするなど完全復活です!

三軒家は馬場親子に条件の合った家を用意します。

各人が家を売る事が出来ましたが、1人調子が良くない人物が…。

そう!留守堂です!

彼は三軒家への思いを抑えきれずに彼女に伝えますが、予期せぬ事実が明らかになります。

なんと留守堂の記憶はなんと勘違いだったのです!

困惑する留守堂は三軒家の事を憎むようになる急展開を迎えるのでした。

留守堂が豹変をした第9話の視聴率は…10.2%でした!

なんとか2桁キープしましたが、最終回は有終の美を飾る事ができるのでしょうか!!

第10話(3月13日) 三軒家と留守堂の決着は…!!

留守堂が姿を消して1年が経ち、新宿は状況が変わります。

テーコー不動産新宿営業所はライバル会社のリッチブラストの影響を受けて、売上が厳しい立場になっていました。

ライバル会社の副社長に留守堂が就任して、AI三軒家万智を駆使してくるのです。

三軒家達は協力して壮大な策を取りますが、「新宿ガーデンハウス」を復活させました。

ちなみにライバル会社から買い取るのに…「100億」です!!。

社長に直談判して、了承を得るとは流石ですね(笑)

留守堂も最後に自分らしさを取り戻しましたが…。

落ち着きを取り戻したテーコー不動産は三軒家が社長とチーフを兼任する事になり、屋代と足立も昇格します。

当時の社長が「100億」出す条件がこれだったのですね…(笑)

そして、留守堂も同級生の「やまだかずこ」と結ばれました。

安心と驚きですね!

ようやく、落ち着きを取り戻しましたが、また更なる続編への期待が高まりましたね!!

様々な展開が合った第10話(最終回)の視聴率は…12.6%でした!

前話よりポイントが上昇して、最終回も2桁キープです!!



スポンサーリンク

今作のドラマ展開、続編への期待

「家売るオンナの逆襲」では、様々なテーマが取り上げられましたね!

今の社会問題を考える機会になり、改めて向き合うテーマが多くある事を認識できたと思います。

今回は新たに登場した留守堂が大きな影響を与えて、波乱の展開が最後まで続きました。

途中、足立との恋愛?は進展するのかとの方向性もありましたが…。

さらに三軒家への思いが強くなった留守堂の豹変ぶりもヤバかったですね!

毎話が新たなテーマであり、話が進む事に明らかになる事など様々な展開は面白かったですね!!

最後に三軒家は社長になり、さらに子供出来た事が判明して、続編を期待する事が多く上がっています。

新たな展開の続編が楽しみですね!!



スポンサーリンク